最新!商品、マーケティング情報の仕込み方

  • ¥0

    無料

最新の「商品、マーケティング情報」の仕込み方発信。このマガジンは商品プランナー、商品開発士、商品開発コーディネーター、バイヤー、マーチャンダイザーやこれから独立起業される人達のためのマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
最新!商品、マーケティング情報の仕込み方
発行周期
不定期
最終発行日
2018年02月07日
 
発行部数
71部
メルマガID
0000151466
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > 企画・プレゼンテーション

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏★☆☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     『 最新!商品、マーケティング情報の仕込み方』
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆☆★┛

こんにちは。『最新!商品、マーケティング情報の仕込み方 』編集部です。

≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡
マーケティングコンサルタントの資格 情報
 JMC(社)日本販路コーディネータ協会
      メールマガジン http://www.jmcp.jp/
≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡          
このメールマガジンは、(社)日本販路コーディネータ協会、日本商品開発士会
が発刊しています。

----------------------------------------------------------------------
■商品企画と商品開発が果たす役割は大きく異なる
----------------------------------------------------------------------
商品企画と商品開発は両輪の役割を持っています。
商品企画で行われる作業は、顧客調査や市場調査などで集めたデータを分析し、
顧客が潜在的に欲している商品の形をイメージとして明確にすること。
どのような商品をつくるのか、というおおもとのイメージを固めることでより
良い商品を生み出すための土台をつくり、プロジェクトの目指すべき方向性を
明らかにする仕事です。

商品企画では、商品のターゲットの絞り込みが重要な意味を持ちます。
どのような年齢のどういった人が使用する商品なのか、どのような場面で使用
する商品なのか等、商品そのものではなく商品が使われる場面や使用者を想定
することで、商品のイメージを具体的なアプローチから形にしていく作業が
行われます。

商品企画で明確化されたイメージを現実の形に起こす作業が商品開発です。

商品企画がアイデアやコンセプト・イメージといった無形のものであるのに対し、
商品開発は実際に販売可能な具体性のある結果が求められます。商品企画は実現
困難なものであっても成立しますが、商品開発では実現可能性のないものは商品化
には至りません。
したがって、商品開発に失敗すれば、どのように優れた商品企画であっても最終的
な商品が完成せずにプロジェクトそのものが頓挫してしまいます。
商品開発にはイメージを形にする知識、スキルと技術力が求められますが、
といっても開発の仕事も技術優先ではなく、常にマーケティングが優先します。

このように商品企画と商品開発は混同されがちな作業ですが、新商品に果たす
役割は大きく異なります。両者の違いと役割を知ったうえで、より良い結果を
生み出すことが、ビジネスの成功に繋がっています。

----------------------------------------------------------------------

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 最新!商品、マーケティング情報の仕込み方編集部
日本商品開発会:http://www.jmcp.jp/
本社:東京都北区赤羽西4-4-2 倉上ビル1階
TEL:03-5948-6581

登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000151466.htm
・【注意】本文章の内容は、無断で転写・複写・コピーを硬くお断りいたします
・このメールマガジンは≪まぐまぐ≫を使って配信しています。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

-PR-
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ