あいちの国際交流メールマガジン

  • ¥0

    無料

このメールマガジンは、国際交流、国際協力に関心がある皆さんに、当協会や愛知県内の国際交流団体等が実施するイベント、国際交流に役立つ情報をタイムリーに提供する、読んで納得のメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
あいちの国際交流メールマガジン
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年01月11日
 
発行部数
1,061部
メルマガID
0000152187
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > 団体全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

************************* 第335号 2018/1/11*****
*                                      *
*           あいちの国際交流メールマガジン            *
*                                      *
***** 愛知県国際交流協会 http://www2.aia.pref.aichi.jp *********


◆日本の「おせち」のように、アジア各国では新年のはじまりを祝う料理が多くあります。
 中国では大晦日に家族であるものをつくる習慣がありますが、それは何でしょう?

(1)小籠包 (2)餃子 (3)春巻き (4)焼売

※答えは、このメルマガの最後にあります。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ も く じ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■ 当協会からのお知らせ =============== 6件
・「日本語ボランティア理解講座in知立市」を開催します!
 ・「日本語ボランティア入門講座in豊明市」を開催します!
 ・リソースルーム活動報告&勉強会を開催します!
 ・日本語学習支援基金事務局からのお知らせ
・図書コーナーからのお知らせ
・「平成30年度第1回国際交流推進事業費補助金」の交付事業を募集します


■ 愛知県からのお知らせ =============== 1件
・ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会公式サポーターズクラブ会員募集中!

■ 国際交流団体等からのお知らせ =========== 2件
 ・企画展「HOME-故郷を離れて-」連動イベント1 
 ・企画展「HOME-故郷を離れて-」連動イベント2

■ STAFF TALK(第304回)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
   
┏━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ┓
┃          今 回 の お 知 ら せ         ┃
┗ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━┛

■ 当協会からのお知らせ <<<<< ↓↓ >>>>>

○「日本語ボランティア理解講座in知立市」を開催します。

このたび未経験者を対象に、日本語ボランティア理解講座を、知立市に
おいて開催することとなりました!
講義やワークショップ、地域の日本語教室からの事例紹介を通して、
地域の現状と課題を知り、今後の活動に繋げて頂きたいと考えています。
まずは、身近で困っている外国人住民のために、地域の状況を知ること
から始めてみませんか?また、お近くに関心のある方がいらっしゃいま
したら、ぜひお知らせ頂けますと幸いです。
参加は無料です。ご希望の方は、事前にFAX、Eメールまたは郵送でお申込
ください。
詳細はHPへ→http://www2.aia.pref.aichi.jp/kouryu/j/nihongo/rikai2017.html
【日時】
第1回:平成30年1月20日(土)…10:30-12:30
第2回:平成30年1月27日 (土) …10:30-12:30
第3回:平成30年2月 3日(土)…10:30-16:30
※3回連続講座です。また3日目のみ1日開催になります。
【場所】知立中央公民館(知立市広見3丁目1)
【締切】平成30年1月12日(金)
【定員】30名(先着順)
【申込み・問合先】 
(公財)愛知県国際交流協会 共生相談担当
(〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-6-1 愛知県三の丸庁舎内)
TEL: 052-961-1409
FAX: 052-961-8045
E-mail: kikin * aia.pref.aichi.jp(*を半角の@に変更してください)


○「日本語ボランティア入門講座in豊明市」を開催します!

このたび、外国人児童生徒の指導に関わる日本語ボランティア入門講座を、
未経験者を対象に、豊明市において開催することとなりました!
講義や地域の日本語教室からの事例紹介やワークショップを通して、地域
の現状と課題を知り、今後の活動に繋げて頂きたいと考えています。
ぜひ御参加ください。
また、お近くに関心のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお知らせ頂け
ますと幸いです。参加は無料です。ご希望の方は、事前にFAX、Eメールま
たは郵送にてお申し込みください。
詳細はHPへ→http://www2.aia.pref.aichi.jp/sodan/j/yosei/toyoake2017.html
【日時】
第1回:平成30年2月20日(火)…10:00-16:00
第2回:平成30年2月27日(火) …10:00-16:00 
※2回連続講座になります。
【場所】豊明市文化会館(豊明市西川町広原28-1)
【定員】30名(先着順)
【締切】平成30年2月16日(金)
【申込み・問合せ先】 
(公財)愛知県国際交流協会 共生相談担当
(〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-6-1 愛知県三の丸庁舎内)
TEL: 052-961-1409
FAX: 052-961-8045
E-mail: kikin * aia.pref.aichi.jp(*を半角の@に変更してください)


○リソースルーム活動報告&勉強会
「どうつくる?『行動・体験型教室』を考えよう!」を開催します!
リソースルームの活動を報告するとともに、リソースルームで実施したAEDを
使う教室活動を一例に、命を守るための日本語学習につながる「行動・体験型
教室」をみんなで考えます!リソースルームってどんなことをしてるの?「行
動・体験型」ってどうやってやるの?と思っている方、ご参加ください♪
【日程】2月10日(土)午前10時から正午まで
【開催場所】あいち国際プラザ 2階 アイリスルーム
【対象】日本語ボランティア、日本語教育関係者、日本語教育に関心がある方
【参加費】無料
【申込方法】メールまたはFAXにて、氏名・電話・メールアドレス・所属を記載の上、
お申込ください。
【申込締切】2月3日(土)
【URL】http://www2.aia.pref.aichi.jp/resource/j/1RRtop/hokoku2017.html
【問合先】(公財)愛知県国際交流協会 交流共生課 交流担当  
TEL: 052-961-8746 
FAX: 052-961-8045
E-mail: koryu*aia.pref.aichi.jp(*を半角の@に変更してください)


○日本語学習支援基金事務局からのお知らせ

「日本語教室学習支援事業」の平成30年度対象団体の一次募集を行います
当協会では、外国人児童生徒の日本語学習の促進を図るため、「日本語学
習支援基金」を活用し、外国人児童生徒を対象にした地域のボランティア
日本語教室に助成を行っています。
今回、平成30年4月から平成31年3月までの助成を希望する日本語教室を募
集します。申請方法の詳細はホームページをご覧いただくか、事務局まで
お問合わせください。
【助成内容】愛知県内で外国人児童生徒へ日本語指導や学習支援を行って
いる日本語教室のうち、協会が定める必要条件を満たす教室に対し、運営
に係る経費として、1教室あたり運営費2万円/月と会場費実費(上限1万円)
を助成します。
【申請方法】所定の申請用紙に記入の上、基金事務局に持参又は郵送して
ください。申請用紙はホームページからダウンロードできます。
【申請期限】平成30年2月9日(金)まで<当日消印有効>
【問合先】日本語学習支援基金事務局(交流共生課共生相談担当)
TEL: 052-961-1409
URL: http://www2.aia.pref.aichi.jp/kyosei/j/kikin/jigyouboshu30.html


○図書コーナーからのお知らせ
平成30年2月8日(木)から2月16日(金)の間、蔵書点検のため図書コーナーを
休室させていただきます。なお、上記期間中は図書の返却のみ受け付けています。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたし
ます。


○「平成30年度第1回国際交流推進事業費補助金」の交付事業を募集します

当協会では、毎年度、愛知県内を中心に活動する民間国際交流団体等が実施する
国際交流・国際理解・多文化共生の推進に寄与する事業に対し、補助金を交付し
ています。このたび、平成30年度第1回の募集を下記のとおり行いますのでご活
用ください。
【対象事業】平成30年4月1日から平成31年3月31日までに愛知県内で実施される
      事業(総事業費が概ね200万円を超えない事業)
※平成29年度に当補助金の交付を受けた団体・事業は、平成30年度は申請できま
 せん。
※第2回の募集は平成30年6月頃の予定です。
【補助金額】補助対象経費の2分の1以内で、10万円を上限とする。
【申請受付期間】平成30年2月1日(木)から2月28日(水)まで〔必着〕
 所定の申請用紙にご記入の上、申請してください。
 申し込み用紙は以下のURLからダウンロードできます。
 ※詳しくはHPをご覧いただくか、下記の問合先までご連絡ください。
【問合せ先】総務企画課企画情報担当
 TEL : 052-961-7903 
 E-mail : joho*aia.pref.aichi.jp(*を半角の@に変更してください)
【URL】 http://www2.aia.pref.aichi.jp/koryu/j/jigyo/hojokin.html


■ 愛知県からのお知らせ <<<<< ↓↓ >>>>>

☆ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会公式サポーターズクラブ会員募集中!

2019年に、ラグビーのワールドカップが日本で開催されることをご存知ですか?
全国12会場のうち、愛知県でも、豊田スタジアムが会場の一つとなっています。
ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会を盛り上げるため、公益財団法人ラグビー
ワールドカップ2019組織委員会では、「ラグビーワールドカップ2019(TM)日本大会
公式サポーターズクラブ」の無料メルマガ会員を募集しています。
大会に関する情報をお届けする唯一の公式メールマガジンで、チケット、グッズ、
ボランティアなどの 最新情報を入手できますので、是非ご登録ください!
【申込方法】会員登録は、以下の大会公式サイトから。
URL: http://www.rugbyworldcup.com/supporters?lang=ja


■ 国際交流団体等からのお知らせ <<<<< ↓↓ >>>>>

☆企画展「HOME-故郷を離れて-」連動イベント1 
映画上映・ワークショップ「いま、私たちが伝えたいこと」
【日時】平成30年1月14日(日)13:30‐16:00
【場所】JICA中部 なごや地球ひろば
【内容】ワークショップと映画「ストーム・ストーリーズ~戦禍を逃れた子どもたち」の
上映を通して、難民について知り、そしてそれを「他の誰かに伝えることの大切さ」を理
解し、実践することで国際協力につながるはじめの一歩を踏み出しましょう。
【申込方法及び締め切り】12月1日(金)より1)電話(tel.052-533-0121 月曜・祝日・年末年
始を除く10時から18時)2)メール(jicacbic-hiroba@jica.go.jp3)来訪 のいずれかで下記
内容をお知らせください。※先着順・定員となり次第終了
・イベント名・参加希望日・お名前・連絡先(E-mailアドレス、電話番号)・参加人数
※当日のキャンセルはご遠慮ください。
※LINE ID@jica_nagoya ポイント付与対象イベント
【参加費】無料
【定員】50名
【主催・問合先】独立行政法人国際協力機構 中部国際センター(JICA) 
なごや地球ひろば 地球案内人 中嶋恵美 〒453-0872 名古屋市中村区平池4-60-7
 TEL:052-533-0121 FAX:052-564-3751 Email:jicacbic-hiroba@jica.go.jp

☆企画展「HOME-故郷を離れて-」連動イベント2 
トークセッション「国を超え、同じ市民として生きる」
【日時】平成30年1月20日(土)13:30‐16:00
【場所】JICA中部 なごや地球ひろば
【内容】難民指定を受け、日本に住むネパール出身のゲストを迎え、経験談やネパール文化の
紹介・交流ワークショップを行います。難民認定の制度について専門家によるわかりやすい
解説もおりまぜながら当事者のお話を直接うかがえる貴重な機会です。
【申込方法及び締め切り】12月1日(金)より1)電話(tel.052-533-0121 月曜・祝日・年末年始
を除く10時から18時)2)メール(jicacbic-hiroba@jica.go.jp3)来訪 のいずれかで下記内容
をお知らせください。
※先着順・定員となり次第終了
・イベント名・参加希望日・お名前・連絡先(E-mailアドレス、電話番号)・参加人数
※当日のキャンセルはご遠慮ください。
※LINE ID@jica_nagoya ポイント付与対象イベント
【参加費】無料
【定員】50名
【主催・問合先】独立行政法人国際協力機構 中部国際センター(JICA) 
なごや地球ひろば 地球案内人 中嶋恵美 〒453-0872 名古屋市中村区平池4-60-7
TEL:052-533-0121 FAX:052-564-3751 Email:jicacbic-hiroba@jica.go.jp


  
※ここに掲載した以外にもこちらからイベント情報がご覧になれます。
   http://www2.aia.pref.aichi.jp/kikaku/j/event/kensaku.html


■ STAFF TALK(第304回)
雄大な北アルプスと、畑もある里山の風景が写った安曇野の写真を見せられ、
「この2つの自然のうち、『残したい』とより思う自然はどちらですか?」と
質問されたら皆さんはどちらに手を挙げますか。これは「アジア・アフリカ
について知ろう!」という勉強会に参加し始めて3ケ月が経った頃の講義で
先生から出された質問です。前者と答えた人が20人中4人だったことに、私は
衝撃を受けました。年齢はまちまちながら「アジア・アフリカに深い関心と
関わりを持つ」という共通項から、また既に3ケ月も机を並べたという気心か
ら、「みんなもちろん前者だよね」と思い込んでいたのです。
国際交流や多文化共生に思い込みの先入観は禁物、と言われます。「人の感じ
方や思いは皆違う」という基本的な意識をいつも気に留めておきたいと改めて
思った出来事でした。(S)


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

■ 編集後記
2018年になりましたね~。お正月気分はもう抜けましたか?
新年になにか新しいことを始めたい!と思っている方!当協会主催イベントで、
未経験者向けの講座を開催しますよ。ぜひご参加くださいね(^▽^)/~~
                 (編集:文責 企画情報担当 甲村博美)

次号の配信予定日は平成30年1月25日(木)です。

本メールマガジン等に関するご意見ご要望がありましたら、下記メールアドレス
よりお問合せください。配信したメールマガジンに直接返信することはできませ
ん。

▽ 当協会のメールマガジンはメール配信サービス“まぐまぐ”を通して行って
います。このまぐまぐからもお知らせのメルマガが自動的に配信されるように
なっていますが、不要な方は http://www.mag2.com/wmag/ から配信中止が
できますのでご利用ください。

▽ このメルマガはプロポーショナルフォントで最適にご覧いただくことができます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
あいちの国際交流メールマガジン 隔週 木曜日発行
(お問い合わせ)
公益財団法人 愛知県国際交流協会
〒460-0001 名古屋市中区三の丸2-6-1 愛知県三の丸庁舎内
あいち国際プラザ(開館日時:月-土 10:00-18:00(金は20:30まで))
TEL 052-961-7903
E-mail joho*aia.pref.aichi.jp(*を半角の@に変更してください)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

※答え(2)の餃子です。中国語で「餃子をつくる」の発音は、
「団結する」という意味の中国語「合交(ホーチアオ)」と同じになります。
そのため、「家族が一致団結をする」という願いが込められ、大晦日に家族で餃子を
つくると言われています。また、正月に餃子を食べるのは財運を呼び込むためという
説もあります。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ