クンダリーニ・ヨーガと体育の科学

  • ¥0

    無料

著者サイト

トップアスリートはなぜ本番に強い?脂肪を燃やすメカニズムとは?KRI認定ヨーガ伝導者と運動と脳のプロフェッショナルが,根性論を最新理論で覆す!火の呼吸によりクイックに心と体を癒すヨギ・バジャン師直伝のクンダリーニ・ヨーガの情報も満載!

   

メールマガジン最新号

『クンダリーニ・ヨーガと体育の科学』
■―Vol.-11_2007/5/6_号― 感覚器官の制御 ―



皆様こんにちは!
辻です。



またまた、久しぶりの発行となってしまいましたー
楽しみに待ってくださっていた方にはご迷惑をおかけいたしました!



─────────────────────────────────
■クンダリーニ・ヨーガ version − 食事制限の本当の意味とは…
─────────────────────────────────



厳格なヨーガ修行には必ず、肉やお酒を摂らぬようなことが求められます。
多くの宗教にもそのような教義がみられます。



今日は、食事などの制限がなぜ必要なのかヨーガ的な観点から述べたいと思います。



今から2000年ほど前に書かれた
『ヨーガ・スートラ(ラージャ・ヨーガの根本経典)』には、



初期のヨーガ修行では、ヤマ:禁戒(禁止事項)、ニヤマ:勧戒(お勧め事項)
などの道徳訓を実際のアーサナや瞑想と平行して守るように伝えられています。



道徳訓と書きましたが、それは多くの方々が、


ヨーガにおける、ヤマ:禁止事項(非暴力、正直、不盗、不淫、不貧)を
単なる道徳訓で、高い境地に至れば必要のない事柄、


または、はじめから必要のない道徳的な事柄と思っているように思えます。



実際は、これらの、戒律を守るのは、ヨーガでいう第5番目の制感行法の訓練なのです。



つまり、瞑想の前段階として、自己の感覚器官が制御できるように戒律を設け、
そしてそれを守る準備段階、訓練という位置づけなのです。



感覚器官の制御は、アーサナや呼吸法だけではほとんど不可能にちかいといえます。



ですから、ヤマ、ニヤマの実践ができずして、心の制御は不可能といえますし、
とても瞑想を行える準備が整っているともいえません。



過度の肉食は大腸ガンなどを誘発する恐れがあるといわれていますが、
本来ヨーガは健康法ではなく心の制御のしかたを学ぶための修行法です。



ヨーガ行者は、解毒のために肉食を避けているというより、
非暴力、不盗、感覚の制御など様々な理由からこういった戒律を守っているのです。



つまり、極端な話、自分は牛肉は食べないが、豚肉は食べる。



そのかわり、いかなる状況でも牛肉は食べないという
自分の中の流儀を徹底して守り通していれば、



それは感覚が制御されはじめているといえます。



ヒマラヤのヨーガ行者は皆、すさまじい身体をしています。



肉体的次元と魂の次元はつながっているので、
彼らは自分たちの肉体の手入れも怠りません。



極度の肉体的訓練はハク(肉体次元)が強くなりすぎるため一説には、
瞑想(魂次元)の邪魔になるといわれていますが、そんなことはありません。



それは、昔のヨーガの経典にも出てきますが、
肉体的訓練だけでは三昧の境地には至れないという比喩表現であり、
むしろ徹底して鍛え上げなければなりません。



なぜなら、ヨーガ行者は、何日間も瞑想で座り続けても健康を害さず、
姿勢も乱れることがない強靭な肉体を作り上げるのが目的だからです。



ですから、瞑想のために毎日、肉体は鍛え上げる必要があります。



鍛えても肉体が疲弊しないまでに極めていけば、
肉体を鍛えることが魂の訓練の邪魔になるということはなくなります。



ヨーガでは、立派な寺院は必要とせず、己の肉体が唯一の社であるという考えです。



ですから、社である肉体ががしっかりしていなければ、
とても内なる神は安定してその中に定住することはできません。



肉体と魂はつながっていますから、
肉体を粗末にしていれば、魂も同じように粗末になっていきます。



今日は、少し、難しい話になりましたが、
皆様も自分の中の流儀をひとつでも良いですから守り通し、
感覚をうまく制御できるように心の制御法してみてください。



ちなみに、脳トレは、脳の働きを良くするのには良いでしょうが、
心の修行にはつながりませんよー(笑)



■編集後記


セミナーのご案内


◎東京シューニヤ・ベーシック
場所:佃区民館:5・6号室(和室)
日時:5/19(土)9-12時
詳細:http://www.3ho-sunya.jp/sunya-basic.html


◎東京シューニヤ・ウォーク
場所:佃区民館:5・6号室(和室)
日時:5/20(日)9:30-12:30
詳細:http://www.3ho-sunya.jp/sunya-walk.html


◎東京シューニヤ・ワークアウト
場所:佃区民館:5・6号室(和室)
日時:5/20(日)13:30-16:30
詳細:http://www.3ho-sunya.jp/limited%20edition.html



◎神戸シューニヤ・ベーシック
場所:エナジーオープンセンター
日時:5/26(土)13-16時
詳細:http://www.3ho-sunya.jp/sunya-basic.html


◎神戸シューニヤ・アドバンス
場所:エナジーオープンセンター
日時:5/27(日)10-17時
詳細:http://www.3ho-sunya.jp/sunya-advance.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【クンダリーニ・ヨーガと体育の科学】

■発行元: 3HO シューニヤ: http://www.3ho-sunya.jp/
■発行責任者: 辻 良史
■お便りは yoga@3ho-sunya.jp までどうぞ
■登録・解除はこちら: http://www.mag2.com/m/0000152559.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyrights since Nov, 2004(C)SUNYA. All Rights Reserved.
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
クンダリーニ・ヨーガと体育の科学
発行周期
週刊
最終発行日
2007年05月06日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000152559
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 東洋医学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ