糖尿病教室~知識はあなたを救う~

  • ¥0

    無料

病院薬剤師・日本糖尿病療養指導士が糖尿病について基本から最新情報までお届けします。糖尿病予備軍や生活習慣病、メタボリックシンドロームにも役立つ情報満載。あなたをサポート!

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
糖尿病教室~知識はあなたを救う~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年09月21日
 
発行部数
25部
メルマガID
0000153389
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 糖尿病教室★知識はあなたを救う★  2017/9/21

   588時間目  ≪糖尿病腎症の治療・第5期≫
  
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

歩くのが気持ちいい季節になってきましたね~♪

★このメールマガジンは糖尿病についてあらゆる角度からアプローチしてあなた自身が主治医となって治療を促す事を目的としています。


糖尿病が悪化するのは悲しいですよね。
本当の糖尿病を知らないから、手遅れになることも。

糖尿病治療の近道はあなたが主治医になること。
その知識を提供していくのがこの【 メルマガ糖尿病教室 】です。


週に1回、木曜日に発行しています。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

◆糖尿病腎症の治療・第5期

合併症にもいろいろあります。

★急性合併症
   糖尿病ケトアシドーシス
   高血糖高浸透圧症候群
   感染症


★慢性合併症
   糖尿病網膜症
   糖尿病腎症
   糖尿病神経障害
    ・多発神経障害
    ・単神経障害
   糖尿病硬化性疾患
    ・冠動脈疾患
    ・脳血管障害
    ・末梢動脈疾患
   糖尿病足病変
   骨病変
   手の変形
   歯周病
   認知症
   がん?(現在関連について研究継続中)

というわけで、今回は糖尿病腎症のうちの第5期を学びます。

5期は透析療法期とよばれています。
腎臓から、体にたまった老廃物を排泄することができないため、毒素が体にたまってきます。それを「透析」することによって、老廃物を体から取り除きます。

血液を外に出し、そこから老廃物を抜き取り、残った血液を体内に戻す、そんな感じです。

透析は週に3回程度行う必要があります。1回4時間程度かかります。

透析療法期になると、塩分制限、カリウム制限が緩和されることが多く、食事療法もまた変更となります。

たんぱく質の摂取量は0.9~1.2g/kg体重/日程度の摂取が推奨されています。

この時期も血糖コントロールは適切に行います。
また、血圧は高くならないようにコントロールします。コレステロール、中性脂肪などの管理をして、禁煙を行います。透析と透析の間で水分を摂り過ぎると、むくむことになりますので、水分制限もあります。

薬も透析で除去されるもの、除去されないものがありますので、それらをきちんと区別して処方されます。透析で除去されるようなお薬は透析終了後に内服します。透析前にのむと、すべて透析で取り除かれてしまうからです。

また、腎臓が正常な人は、老廃物もですが、薬も少しずつ体の外に尿として排泄されます。腎機能が低下していると、少しずつ減っていきません。透析の時に、一気に減らす、ということになります。薬も少しずつ減っていくということを考慮しなくてよいので、腎臓の機能に応じて、薬の量も決めていきます。半分~1/3量で効果のあるものもあります。また、腎臓の機能が低下していると、飲めない薬も多くなってきますので、治療の選択肢が狭まります。



腎臓の病気だけで透析治療を受けている人と違い、糖尿病腎症で透析治療を受けている人は、血管の動脈硬化もすすんでおり、血圧変動などの透析関係の副作用も多く出現します。また、腎症がそこまで進んでいると、ほかの合併症も進行していることが多く、視力低下、下肢の神経障害によるしびれ、全身の神経障害による自律神経障害(不整脈や起立性低血圧、便秘・下痢といった消化管障害などなど)が起こりやすい状況です。


合併症の気配を感じる前に、血糖コントロールです。

もしも、気づいたら糖尿病で、気づいたら、合併症があったなら、今から糖尿病治療です!明日からはダメです。今日です。今です!


神経障害のことも少し触れましたが、次からは神経障害を勉強しましょう♪

参考文献:糖尿病治療ガイド2016-2017

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%


ここまで読んでくださったあなた、本当にありがとうございました。

内容に関する質問、わかりにくい点等はメールにてご質問下さい。
このメルマガに返信して頂くと、私に届きます(^_-)。
 

★もしよければ、あなたの大切な糖尿病のお友達にも紹介して下さいね。


<免責事項>
ご自分の責任の範囲でご利用ください。記載内容を利用し生じた
結果について、当方では責任がとれませんのでご了承ください。


◆◇◆編集後記◆◇◆

9/17、9/18の連休は、子供とキャンプに行く約束をしていました。友達親子総勢26名で。

でも、台風のためキャンセルとなり・・・。

大阪は夜中に台風が通過したので、どちらの日も日中はよいお天気でした。

9/17は近所のイオンモールのイベントに友達さそって参加し、陶器作りをして、ゆのみを作りました。

9/18は自宅の庭にお友達を誘って、なんちゃってバーベキューをしました。ホットプレートをお庭に置いて、お肉焼いたり、焼きそば作ったり。気分はバーベキューです(笑)

急に決まった予定でしたが、子供も私も楽しい二日間となりました。


が・・・。炊事中に左手中指をやけどしてしまって、2cmくらいの水疱ができてしまって。しっかり冷やしたんですけどね。
痛いです。うずきます。


9/26火曜日はカンバセーションマップというものを14:50~1時間程度、勤務先(大阪府寝屋川市)で行います。参加無料で、どなた様もご参加いただけます。
ご興味のあるかたは、一度メール下さいね。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行者:なかのようこ(病院薬剤師・日本糖尿病療養指導士)

登録・変更・解除: http://www.mag2.com/m/0000153389.html
E-mail: healthymidori@yahoo.co.jp                              
ご意見、ご感想、ご指摘、ご要望etc.をお待ちしています。 
応援メッセージも待ってまーす。
      
メルマガで元気になったよ!と現状報告も待っています!
ぜひこのメルマガに返信してネ♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(C) Midori All Rights Reserved

     
このメールマガジンは「まぐまぐ」を利用して発行しています。


※広告は「まぐまぐ」さんが自動挿入しているものです。

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ