糖尿病教室~知識はあなたを救う~

  • ¥0

    無料

病院薬剤師・日本糖尿病療養指導士が糖尿病について基本から最新情報までお届けします。糖尿病予備軍や生活習慣病、メタボリックシンドロームにも役立つ情報満載。あなたをサポート!

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
糖尿病教室~知識はあなたを救う~
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年02月15日
 
発行部数
26部
メルマガID
0000153389
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 糖尿病教室★知識はあなたを救う★  2018/2/15

   608時間目  ≪合併症の検査・末梢動脈疾患≫
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

あなたの肩、上がってませんか。
深呼吸して、リラックス。血糖値もさがりますよ。

★このメールマガジンは糖尿病についてあらゆる角度からアプローチしてあなた自身が主治医となって治療を促す事を目的としています。


糖尿病が悪化するのは悲しいですよね。
本当の糖尿病を知らないから、手遅れになることも。

糖尿病治療の近道はあなたが主治医になること。
その知識を提供していくのがこの【 メルマガ糖尿病教室 】です。


週に1回、木曜日に発行しています。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

◆合併症の検査・末梢動脈疾患

末梢動脈疾患(PAD)は、主に足の太い動脈の血管が硬くなったり、細くなったり、つまったりすることで、歩きにくくなったり、足先の怪我が治りにくかったり、するような合併症を調べる検査です。

動脈が硬くなっていることで、変化するのは、血圧。血圧は、心臓から送り出された血液が血管が波打つことによって心臓から遠い足先まで送っています。血管が硬くなると、この「波打つ」ということが起こりにくくなります。血圧とは、血管の波うちが一番広がっている時と、一番小さく縮んでいる時を測定して記録に残しています。

足の血圧と、腕の血圧の比で動脈硬化の進行を見る検査がABIです。ABIと同時にPWV(脈波伝導速度)もはかれます。患者さんは仰向けに横になっているだけの検査なので、侵襲性もない検査です。ABI(下肢の収縮期血圧/上肢の収縮期血圧)の正常値は1.0~1.4で、0.9以下では閉塞病変を疑います。1.4を超える場合は、血管の石灰化が強く、血圧測定が正確に行えていないと判断され、数値は参考にはなりません。

PWVは血管の波うち具合を検査します。血管がしなやかでやわらかくて、弾力があれば、速度は遅くなります。血管が硬くなっていると、血管が波打たないので、脈波は早くなります。


PADが強く疑われる場合には、下記の検査を行います。

・下肢動脈エコー

・MRA

・下肢動脈造影

・皮膚かん流圧(SPP)


いずれにしても、足の血管がどのような状況なのかを把握するために行います。あまりにも細くなりすぎている、つまっている場合には、心臓の血管と同じように風船で膨らませ、ステントという細い管を血管内に留置することもあります。


1年に1度は、ABI、PWVの検査を受けることをおすすめします。



参考文献:糖尿病治療ガイド2016-2017

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%


ここまで読んでくださったあなた、本当にありがとうございました。

内容に関する質問、わかりにくい点等はメールにてご質問下さい。
このメルマガに返信して頂くと、私に届きます(^_-)。
 

★もしよければ、あなたの大切な糖尿病のお友達にも紹介して下さいね。


<免責事項>
ご自分の責任の範囲でご利用ください。記載内容を利用し生じた
結果について、当方では責任がとれませんのでご了承ください。


◆◇◆編集後記◆◇◆

先日の連休、新しい犬を迎えることを決めました。

とはいえ、そのうちに、と思ってはいたけれど、とても急に決めてしまったので、今はお店にお預かりしてもらっています。

今週中に、ケージやベッド、トイレなどを準備して、2/18にお迎えにいく予定です。家族中、ワクワクが続いていて、妄想話で盛り上がってます(笑)

先住犬は12歳。仲良くしてくれて、長生きしてくれたらいいな、と思っています。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

発行者:なかのようこ(病院薬剤師・日本糖尿病療養指導士)

登録・変更・解除: http://www.mag2.com/m/0000153389.html
E-mail: healthymidori@yahoo.co.jp                              
ご意見、ご感想、ご指摘、ご要望etc.をお待ちしています。 
応援メッセージも待ってまーす。
      
メルマガで元気になったよ!と現状報告も待っています!
ぜひこのメルマガに返信してネ♪

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
(C) Midori All Rights Reserved

     
このメールマガジンは「まぐまぐ」を利用して発行しています。


※広告は「まぐまぐ」さんが自動挿入しているものです。

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ