毎日1分「メルマガ出直し英会話教室」

  • ¥0

    無料

英語初心者が、たった1年で、英語が話せるようになる英会話教室。「日常のこと、自分のこと」を自分の英語で話す「英会話のコツ・秘訣」を紹介!海外勤務体験から得たネイティブの感覚も分かる。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
毎日1分「メルマガ出直し英会話教室」
発行周期
週1~2回
最終発行日
2018年01月16日
 
発行部数
1,616部
メルマガID
0000155025
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英会話

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆------------------------------------------◇
ビジネス英語・日常英語の「出直し英会話教室」
第1254号 2018/01/16 (火曜) 発行部数 23393
発行者:松永 利親、鈴木 拓
◇------------------------------------------◆

【 初めて当メルマガを御覧になるあなたへ 】
--------------------------------------------
出直し英会話教室の松永 利親(利千家:としちか)と申します。
本メルマガのメイン発行者です。

こちらが簡単な自己紹介です
→< http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post.html >


英語学習アドバイザーの鈴木 拓(すずき たく)と申します。
本メルマガのサブ発行者として監修をさせていただいております。

こちらが簡単な自己紹介です
→< http://www.thebelltree.com/archives/2005/12/post_2.html >


当メルマガをお読み頂きありがとうございます。

「英語を話せるようになる」ように、
英文、単語、話すコツなどをお伝えしています。

あなたの英語学習に役立つよう頑張りますので
これからよろしくお願いいたします。

(頂きました全てのお問い合わせに返信できない
場合がございますことを何卒ご了承下さいませ)


(レポートをご依頼頂きました方にも、当メルマガが配信されています。
もし、登録を中止したい方は、こちらより解除できます。)

「出直し英会話」より、同じ内容のメルマガが届いている場合は、
こちらを「配信中止」頂きます様お願い致します。

配信中止ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000155025.html


こちらのメルマガが、統括の「メインメルマガ」になります。

「メインメルマガ」の登録ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000160437.html

(ご迷惑をお掛けしますことをお詫び致します)



【 英語をゼロからやり直す方が、上手く行く? 】
--------------------------------------------

「簡単な英語なら分かるのに、、、

しゃべるとなると、口から英語が全く出ない?」


じっさい英語を話した経験があれば、

「見たり聞いたりしてなんとなくわかる」と
「それを自分で話せる」ことは

まったく別だと実感します。


だから、言いたい「英語」を話すには、

あなたが身につけた「英語の知識」を
「英文にする」トレーニングが必要なんです。


英語で話せるようになるには、

1.本当の基礎からやる

英語は、ピラミッドのような積み重ねです。
基礎から順にステップを踏まないと
努力が水の泡になってしまいます。


2.知識を応用するトレーニングをおこなう

英文をつくれるようになるには、
「もう一歩踏み込んだ」知識を応用する
トレーニングが必要です。

そして、

3.簡単な知識でできる英文を作るトレーニング
に専念する

この3つを行うことが大事です。


「英語の解説を聞いてもよく分からない」
初心者の方でも、

「しゃべるとなると、簡単な英語も出てこない」
初中級の方でも

英会話教室に通えなくとも、自宅で、
ゼロから「英語がつかえる」ようになるのが


ゼロからの英語やり直し教室
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/03.html

(ネイティヴの音声付き + サポート制度 )


学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
累計25200人の方に英語指導を行う鈴木さんが

「あなたが英語を話せる」ようにしてくれます。

「 英 語 で 話 せ る 快 感 」を
ぜひ、味わってくださいね!




【 求職で目当ての会社に直接電話する 】
---------------------------------------------

ビジネスの英会話です。

求職について、目当ての会社に直接電話して
みました。


(日本語を読むとき英語を想像してみましょう。
日本語文と英語文は同じではありません。)



A: あなたに、仕事についていくつか
質問をしてもよろしいでしょうか?

B: いいえ、人事部におつなぎ致しますね。

(質問をしてもよろしいでしょうか May I ask you a few questions)



A: 新卒の求人を出していらっしゃいますか?

B: はい、いくつか募集を出していますよ。

(新卒の求人 openings for freshers)



A: どの職種にご興味があるのか、
お聞きしてよろしいですか?

B: シニアソフトエンジニアです。

(どの職種か、お聞きして Could I ask what position)



まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、自分で「英語」を言ってみましょう♪

(あなたの表現が一番です!自信をもってね)

ハーイ、それでは、ど--ぞ--



【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
--------------------------------------------

自分だったらどんな英語?と想像しましたか?
英文が違っても全く気にすることはありませんよ。

( 英文だけで意味を取ってみましょう。)



A: May I ask you a few questions
about the job?
B: No, I'll transfer you
to the Personnel Department.


I'll transfer you to

transfer は、「移動」を表しますが、
「移す」という意味がキーですね。

電話の転送にも使えますし、道案内でも

... and then transfer to a train for Tokyo
... それから、東京行きの電車に乗り換えてください。

他にも、

銀行でのお金の転送や、

コンピュータのデータ転送や、

人事異動なんかでも聞きますね。


ゼロから「英語をつかえるようになる」には、
身近な英単語を使って、

1「本当の基礎から、順番に身につけていく」
2「身につけた知識を使うトレーニングに専念」
3「講師の指導の下、徐々に、応用へと伸ばす」

を行っていくことですね。

あなたも「英語をつかえる」ようになれますよ。

ゼロからの英語やり直し
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/03.html


Personnel Department

会社の組織名には、いろいろありますね。

広告部 Advertising Department

広報部 Public Relations Department

法務部 Legal Department

経理部 Accounting Department

購買部 Purchasing Department

営業部 Sales Department

製造部 Manufacturing Department

技術部 Engineering Department

人事部 Human Resources Department
Personnel Department


あなたの部署名はありますか?



A: Do you have any openings for freshers?
B: Yes, we have a few openings.


any openings for freshers

opening だけでも、いろいろな意味で使われますね。

開始、開口部、すき間、空き、


空きは空きでも、ここでは「仕事の空き」ですね。

an opening for sales staff

an opening at a grocery store


日本語でムリヤリ英語を作ったり、
日本語訳でムリヤリ英語を理解したり、

学生時代にやった「丸暗記、慣れ、雰囲気」で
英語を勉強しても伸び悩んでしまいますね。

基本の「英文法」を早く身につけて下さいね。

英文法セミナー
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/02_1.html



freshman は、学校や組織での「新人さん」に、
よく使われますね。

学校なら、

freshman ⇒(sophomore)⇒ junior ⇒ senior

の順番ですね。


形容詞で

the freshman year 第1学年

a freshman course 第1学年の課程

のようにも使えますね。



A: Could I ask what position you are
interested in?
B: I'm interested in the senior software
engineer position.


the senior software engineer position


position は、「位置、地位」という感じですが、

I got a position as a project manager

仕事の時には、「部署、役職、担当」を
あらわせますね。


もしあなたが、英語を話せないのなら、、、

それは、英語の知識がバラバラなせい?
英語の知識が話せるまで身についていない?

仕事でも旅行でも、まずは英会話に必要な知識♪

英語を話すための英語学習G4C
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html


あなたが横浜にお住まいなら、
私たちと一緒に英語を話しましょう♪

初心者には「日本語講師」で丁寧にわかりやすく

少し話せるなら「ネイティブ講師」とレッスン

無料体験レッスンもあるので、安心ですね。

ボブとトシの英会話 ⇒ http://denaoshi.chot.biz/bob-toshi/

(桜木町、東戸塚などです)


講座の連絡先は、こちらになります。

メールアドレス: toiawase@chot.biz




【編集後記】
--------------------------------------------

生徒さんの中には、「海外旅行」に行かれる方も
たくさんいらっしゃいます。


ハワイやグアム、アメリカ、

オランダ、ベルギー、イギリス、

トルコやギリシャ


それまで、「ツアー旅行」しか
行けなかった生徒さんも、

英会話を学習することで、少しずつ
「自分のやりたい旅行」を実現していきます。


知らない土地で、
見知らぬ人とコミュニケーションをすることは、

観光名所を見てまわるより、
ワクワクする思い出になりますね。


海外旅行でよく使う表現は、
そんなに多くありません。

状況が決まっているので、丸暗記もできますし、

テキストも、本屋さんでかんたんに手に入ります。


大事なのは、

じっさいの状況をイメージしつつ、
声に出して「話すトレーニングを行う」

ことですね。


頭で覚えるのでなく、

「口が覚えて」
すぐ口から出てくるように

なるまで練習してみてください。


そして、あなただけの楽しい旅行になるように、

ぜひ、英語で話して
「思い出」を作ってくださいね♪


あなたも、本当に使える英語を楽しく学ぶなら
ぜひ、私たちのクラスに遊びに来て下さい。


ネイティブと日本人の講師ですので、
生の英語や、ニュアンスの違い、勉強法など、
様々な情報が手に入りますよ。


ボブとトシの英会話 ⇒ http://denaoshi.chot.biz/bob-toshi/
(桜木町、東戸塚、などです)



そして、

英会話教室に通えなくとも、自宅でマイペースで
「言いたいことを英文にできる講座」があります


学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
累計25200人の方に英語指導を行う鈴木さんの


英会話のための英文法 G4C
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html


英語を話したいなら、勉強する内容は3つ!

1.会話に必要なシンプルな語彙

2.会話でよくつかわれる決まり文句

そして、

3.言いたいことを英文に組み立てる英文法

この3つです。


1.語彙と、2.決まり文句は、
テキストや海外ドラマで学ぶこともできます。

たくさん身につけるほど、

言いたいことが楽に言えますし、

相手の言ってることも
楽に理解できるようになります。

できるだけ日本語訳にたよらず、
英語のまま、ネイティブ感覚で

英語の言葉に強くなり、センスが上がります


しかし、言いたいことを英文にしようと、
英文法を勉強してみても

これまでの英文法は、試験のためや、
辞書のような、ムズカシイものばかりでした。


これでは、自分がじっさいに話したい日本語を、
英語にうまくできないのです。


そこで、話すための、
英会話だけに絞った英文法をキチンと学べるのが

英会話のための英文法 G4C

サンプル → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html


講座内容での疑問は、すぐに鈴木さんに質問が
できるので、確実に理解しながら先に進めます。


学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
現在、英語学習指導を行っている鈴木さんが

あなたが英語を話せるように
「会話に狙った英文法」を教えてくれます!




【サブ発行者:監修の 鈴木 拓 より】
--------------------------------------------
松永さん、ご紹介ありがとうございます!
 
 皆さんの英語学習のお役に立てればと思っておりますので、
 まずは松永さんにご紹介いただいたサイトだけでもご覧になってください。


また、英語の形を理解して、
前からドンドン意味を読み解ける

英語真っすぐリーディング講座
こちら →< http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/04_1.html >

(ネイティヴの音声付き + サポート制度 )

英語長文や英字新聞が読める「英語力」を
身につけることができます。


  何卒よろしくお願いいたします。(鈴木 拓)




【このメルマガを友人、家族の皆様にご紹介】
--------------------------------------------
このまま友人、知人、同僚、家族の方に
転送してしまってもかまいません。

「↓から無料で読者登録できるよ」と
教えてあげてください。

→< http://denaoshi.chot.biz/2006/05/post_259.html >



【 登録中止と「統括メインメルマガ」のご案内 】
--------------------------------------------

この度は、当メルマガをお読みくださり、
ありがとうございます。

こちらがメインの統括メルマガになります。

メインメルマガの登録ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000160437.html


このメルマガの登録中止はこちらです。

配信中止ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000155025.html

(ご面倒をお掛けしますことをお詫び致します)



【ビジネス英語・日常英語学習の「出直し英会話教室」】
--------------------------------------------
 メルマガ名 :ビジネス英語・日常英語学習の「出直し英会話教室」
 発 行 者 :松永 利親、鈴木 拓(ハンドルネーム:Ken Adams)
発 行 ペース:毎週火・木曜日発行
配信停止・解除:http://denaoshi.chot.biz/2006/10/post_595.html
連絡先(松永):de[at]chot.biz
連絡先(鈴木):denaoshi[at]eikaiwa-school.net

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:講座を受講中の方は、受講者様専用アドレスにご質問下さい。

※3:相互紹介は受け付けておりません。

※4:新規の広告主様は募集しておりません。


・出直し英会話教室
→< http://denaoshi.chot.biz/ >
サイト・メルマガ概要
→< http://denaoshi.chot.biz/gaiyou.html >

・TOEIC、英検、英会話、英語の学習法紹介 ACE
→< http://www.thebelltree.com/ >
会社概要
→< http://www.thebelltree.com/vandelay.html >


Copyright(C) 2005-「出直し英会話」転載はご遠慮ください。


--



--------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ