毎日1分「メルマガ出直し英会話教室」

  • ¥0

    無料

著者サイト

英語初心者が、たった1年で、英語が話せるようになる英会話教室。「日常のこと、自分のこと」を自分の英語で話す「英会話のコツ・秘訣」を紹介!海外勤務体験から得たネイティブの感覚も分かる。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

◆------------------------------------------◇
ビジネス英語・日常英語の「出直し英会話教室」
第1202号 2017/06/27 (火曜) 発行部数 23366
発行者:松永 利親、鈴木 拓
◇------------------------------------------◆

【 初めて当メルマガを御覧になるあなたへ 】
--------------------------------------------
出直し英会話教室の松永 利親(利千家:としちか)と申します。
本メルマガのメイン発行者です。

こちらが簡単な自己紹介です
→< http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post.html >


英語学習アドバイザーの鈴木 拓(すずき たく)と申します。
本メルマガのサブ発行者として監修をさせていただいております。

こちらが簡単な自己紹介です
→< http://www.thebelltree.com/archives/2005/12/post_2.html >


当メルマガをお読み頂きありがとうございます。

「英語を話せるようになる」ように、
英文、単語、話すコツなどをお伝えしています。

あなたの英語学習に役立つよう頑張りますので
これからよろしくお願いいたします。

(頂きました全てのお問い合わせに返信できない
場合がございますことを何卒ご了承下さいませ)


(レポートをご依頼頂きました方にも、当メルマガが配信されています。
もし、登録を中止したい方は、こちらより解除できます。)

「出直し英会話」より、同じ内容のメルマガが届いている場合は、
こちらを「配信中止」頂きます様お願い致します。

配信中止ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000155025.html


こちらのメルマガが、統括の「メインメルマガ」になります。

「メインメルマガ」の登録ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000160437.html

(ご迷惑をお掛けしますことをお詫び致します)



【 英語をゼロからやり直す方が、上手く行く? 】
--------------------------------------------

「簡単な英語なら分かるのに、、、

しゃべるとなると、口から英語が全く出ない?」


じっさい英語を話した経験があれば、

「見たり聞いたりしてなんとなくわかる」と
「それを自分で話せる」ことは

まったく別だと実感します。


だから、言いたい「英語」を話すには、

あなたが身につけた「英語の知識」を
「英文にする」トレーニングが必要なんです。


英語で話せるようになるには、

1.本当の基礎からやる

英語は、ピラミッドのような積み重ねです。
基礎から順にステップを踏まないと
努力が水の泡になってしまいます。


2.知識を応用するトレーニングをおこなう

英文をつくれるようになるには、
「もう一歩踏み込んだ」知識を応用する
トレーニングが必要です。

そして、

3.簡単な知識でできる英文を作るトレーニング
に専念する

この3つを行うことが大事です。


「英語の解説を聞いてもよく分からない」
初心者の方でも、

「しゃべるとなると、簡単な英語も出てこない」
初中級の方でも

英会話教室に通えなくとも、自宅で、
ゼロから「英語がつかえる」ようになるのが


ゼロからの英語やり直し教室
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/03.html

(ネイティヴの音声付き + サポート制度 )


学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
累計24500人の方に英語指導を行う鈴木さんが

「あなたが英語を話せる」ようにしてくれます。

「 英 語 で 話 せ る 快 感 」を
ぜひ、味わってくださいね!




【 こちらでお召し上がり?お持ち帰り? 】
--------------------------------------------

レストランに関する英会話をご紹介いたします。

ファーストフードやレストランで注文をします。


(日本語を読むとき英語を想像してみましょう。
日本語文と英語文は同じではありません。)


【 ファーストフードで 】


A: 注文をよろしいでしょうか?
B: フィッシュアンドチップスと
アイスティーをお願いします。

(注文を... Would you like to order?)



A: こちらでお召し上がりですか?
お持ち帰りですか?
B: 持ち帰りでお願いします。

(こちらで?お持ち帰り? Here or to go?)



【 レストランで 】


A: 注文をよろしいでしょうか?
B: サンドイッチ2つと
カフェイン抜きのコーヒーをお願いします。

(注文を... Are you ready to order?)


まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、自分で「英語」を言ってみましょう♪

(あなたの表現が一番です!自信をもってね)

ハーイ、それでは、ど--ぞ--



【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
--------------------------------------------

自分だったらどんな英語?と想像しましたか?
英文が違っても全く気にすることはありませんよ。

( 英文だけで意味を取ってみましょう。)


【 ファーストフードで 】


A: Would you like to order?
B: I'll have a fish and chips and an iced tea.


order

order は、

名詞で、「注文」という意味もありますし、
動詞で、「注文する」も使いますね。


order は、他にもいくつかの意味でつかわれますね。


まず、「順序よく並んでいる、整頓」を
イメージすると良いかもしれません。

in order : 順番に


すると、「社会の整頓」なら
「秩序、治安」などがイメージできますし、

keep order : 秩序を保つ


「治安」を保つために、
「命令、指図」などもイメージできます。


They ordered us to go there.
行けと命令した


「命令」がお店に向かえば、
「注文」になりますね。


ゼロから「英語をつかえるようになる」には、
身近な英単語を使って、

1「本当の基礎から、順番に身につけていく」
2「身につけた知識を使うトレーニングに専念」
3「講師の指導の下、徐々に、応用へと伸ばす」

を行っていくことですね。

あなたも「英語をつかえる」ようになれますよ。

ゼロからの英語やり直し
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/03.html



fish and chips

私はオーストラリアで初めて食べました。

fish は、魚のフライ(と言うよりてんぷら?)
ですが、意外とおいしかったですね。

魚には cod (タラ)、sole (シタビラメ)
などがあるそうです。

chips は、フレンチフライのようなものです。

形はポテトチップスのように
スライスにはなっていませんでした。



iced tea

ice は、動詞で、「~を氷で冷やす」
という意味がありますね。

アイシングですと、スポーツ選手が
痛めた筋肉を冷やしたりしますね。


日本語でムリヤリ英語を作ったり、
日本語訳でムリヤリ英語を理解したり、

学生時代にやった「丸暗記、慣れ、雰囲気」で
英語を勉強しても伸び悩んでしまいますね。

基本の「英文法」を早く身につけて下さいね。

英文法セミナー
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/02_1.html


A: Here or to go?
B: To go, please.


Here or to go?

こちらは、アメリカ版の

「コチラでお召し上がりですか?
お持ち帰りですか?」

ですね。

テイクアウトよりも、to go がよく使われました。



【 レストランで 】


A: Are you ready to order?
B: I'll have two sandwiches and a decaf.


Are you ready

ready は、「準備万端」の状態ですね。

I've packed our cases, so we're ready to leave.
もう詰めたよ、出発する準備はOKだ


他にも、準備でき過ぎで


I'm always ready to help.
はい、いつでも、喜んでヘルプします


You're too ready to find faults in other people.
他人の過ちを見つけるのが早過ぎるよ


もしあなたが、英語を話せないのなら、、、

それは、英語の知識がバラバラなせい?
英語の知識が話せるまで身についていない?

仕事でも旅行でも、まずは英会話に必要な知識♪

英語を話すための英語学習G4C
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html



decaf

カフェイン抜きのコーヒー、紅茶に使われますね。


私がアメリカにいた頃の話ですが、、、

decaf の表示はよく見ましたし、

それから、cream or sugar も聞きましたね。

cream は、「粉末」や、小さい容器に
入っていることもありますね。

cream でなく、milk と言えば、場合によっては、
「牛乳」を入れてくれることもありました。

カフェラテ(伊)やカフェオレ(仏)
みたいな感じですね。


あなたが横浜にお住まいなら、
私たちと一緒に英語を話しましょう♪

初心者には「日本語講師」で丁寧にわかりやすく

少し話せるなら「ネイティブ講師」とレッスン

無料体験レッスンもあるので、安心ですね。

ボブとトシの英会話 ⇒ http://denaoshi.chot.biz/bob-toshi/

(桜木町、東戸塚、保土ヶ谷、元町などです)


講座の連絡先は、こちらになります。

メールアドレス: toiawase@chot.biz


大変申し訳ありませんが、次回木曜のメルマガは
都合によりお休みさせていただきます。



【編集後記】
--------------------------------------------

生徒さんに英会話を教えるときに、
注意していることがあります。

それは、

英語を「学問的にあつかわない」ことです。


「英語を話したい」と思い立って、
いらっしゃった生徒さんたちです。

そこでまた、「学校の勉強」のようなことを
強要しても、やる気がなくなってしまうだけ

ですよね。


でも、じつは英会話と言っても、
英語の文法、とくに基礎はとても大事です。


日本語教師の方と、「会話の指導法」について
お話するのですが、

母国語でさえ、「文法」を学習したことが
無い人たちに、
語学を教えるのはとてもムズカシイし、修得も遅い

と言ってました。


そして、問題なのが、

初心者に必要な「英文法の基礎」を学べる参考書は、
なかなか見つからないことです。


英文法の本は、受験や英語の試験などのための
レベルが高いものばかりです。

だから、基礎から、じっくり、
一から学びたい初心者には不向きなわけなんですね。

わからないことがあっても、
調べる手立てがありません。


英文法を理解するには、2つのコツが必要です。

「一つずつ積み上げていく。
基礎を抜かすと先々、歯が立たない」

「いくつかに分かれている項目でも、
じつは関連性がある、それを理解する」


いろんな項目をバラバラに教えたり、
基礎を省いてはいけないんですね!

全体を見据えて、一つ一つ、関連性を気付かせながら、
教えいくことが大事なわけです。


あなたも、本当に使える英語を楽しく学ぶなら
ぜひ、私たちのクラスに遊びに来て下さい。


ネイティブと日本人の講師ですので、
生の英語や、ニュアンスの違い、勉強法など、
様々な情報が手に入りますよ。


ボブとトシの英会話 ⇒ http://denaoshi.chot.biz/bob-toshi/
(桜木町、東戸塚、保土ヶ谷、元町などです)



そして、

英会話教室に通えなくとも、自宅でマイペースで
「言いたいことを英文にできる講座」があります


学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
累計24500人の方に英語指導を行う鈴木さんの


英会話のための英文法 G4C
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html


英語を話したいなら、勉強する内容は3つ!

1.会話に必要なシンプルな語彙

2.会話でよくつかわれる決まり文句

そして、

3.言いたいことを英文に組み立てる英文法

この3つです。


1.語彙と、2.決まり文句は、
テキストや海外ドラマで学ぶこともできます。

たくさん身につけるほど、

言いたいことが楽に言えますし、

相手の言ってることも
楽に理解できるようになります。

できるだけ日本語訳にたよらず、
英語のまま、ネイティブ感覚で

英語の言葉に強くなり、センスが上がります


しかし、言いたいことを英文にしようと、
英文法を勉強してみても

これまでの英文法は、試験のためや、
辞書のような、ムズカシイものばかりでした。


これでは、自分がじっさいに話したい日本語を、
英語にうまくできないのです。


そこで、話すための、
英会話だけに絞った英文法をキチンと学べるのが

英会話のための英文法 G4C

サンプル → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html


講座内容での疑問は、すぐに鈴木さんに質問が
できるので、確実に理解しながら先に進めます。


学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
現在、英語学習指導を行っている鈴木さんが

あなたが英語を話せるように
「会話に狙った英文法」を教えてくれます!




【サブ発行者:監修の 鈴木 拓 より】
--------------------------------------------
松永さん、ご紹介ありがとうございます!
 
 皆さんの英語学習のお役に立てればと思っておりますので、
 まずは松永さんにご紹介いただいたサイトだけでもご覧になってください。


また、英語の形を理解して、
前からドンドン意味を読み解ける

英語真っすぐリーディング講座
こちら →< http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/04_1.html >

(ネイティヴの音声付き + サポート制度 )

英語長文や英字新聞が読める「英語力」を
身につけることができます。


  何卒よろしくお願いいたします。(鈴木 拓)




【このメルマガを友人、家族の皆様にご紹介】
--------------------------------------------
このまま友人、知人、同僚、家族の方に
転送してしまってもかまいません。

「↓から無料で読者登録できるよ」と
教えてあげてください。

→< http://denaoshi.chot.biz/2006/05/post_259.html >



【 登録中止と「統括メインメルマガ」のご案内 】
--------------------------------------------

この度は、当メルマガをお読みくださり、
ありがとうございます。

こちらがメインの統括メルマガになります。

メインメルマガの登録ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000160437.html


このメルマガの登録中止はこちらです。

配信中止ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000155025.html

(ご面倒をお掛けしますことをお詫び致します)



【ビジネス英語・日常英語学習の「出直し英会話教室」】
--------------------------------------------
 メルマガ名 :ビジネス英語・日常英語学習の「出直し英会話教室」
 発 行 者 :松永 利親、鈴木 拓(ハンドルネーム:Ken Adams)
発 行 ペース:毎週火・木曜日発行
配信停止・解除:http://denaoshi.chot.biz/2006/10/post_595.html
連絡先(松永):de[at]chot.biz
連絡先(鈴木):denaoshi[at]eikaiwa-school.net

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:講座を受講中の方は、受講者様専用アドレスにご質問下さい。

※3:相互紹介は受け付けておりません。

※4:新規の広告主様は募集しておりません。


・出直し英会話教室
→< http://denaoshi.chot.biz/ >
サイト・メルマガ概要
→< http://denaoshi.chot.biz/gaiyou.html >

・TOEIC、英検、英会話、英語の学習法紹介 ACE
→< http://www.thebelltree.com/ >
会社概要
→< http://www.thebelltree.com/vandelay.html >


Copyright(C) 2005-「出直し英会話」転載はご遠慮ください。


--



--------------------------------------




メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
毎日1分「メルマガ出直し英会話教室」
発行周期
週1~2回
最終発行日
2017年06月27日
 
発行部数
1,703部
メルマガID
0000155025
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英会話

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ