毎日1分「メルマガ出直し英会話教室」

  • ¥0

    無料

英語初心者が、たった1年で、英語が話せるようになる英会話教室。「日常のこと、自分のこと」を自分の英語で話す「英会話のコツ・秘訣」を紹介!海外勤務体験から得たネイティブの感覚も分かる。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
毎日1分「メルマガ出直し英会話教室」
発行周期
週1~2回
最終発行日
2018年07月12日
 
発行部数
1,575部
メルマガID
0000155025
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 英会話

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆------------------------------------------◇
ビジネス英語・日常英語の「出直し英会話教室」
第1303号 2018/07/12 (木曜) 発行部数 23269
発行者:松永 利親、鈴木 拓
◇------------------------------------------◆

【 初めて当メルマガを御覧になるあなたへ 】
--------------------------------------------
出直し英会話教室の松永 利親(利千家:としちか)と申します。
本メルマガのメイン発行者です。

こちらが簡単な自己紹介です
→< http://denaoshi.chot.biz/2006/04/post.html >


英語学習アドバイザーの鈴木 拓(すずき たく)と申します。
本メルマガのサブ発行者として監修をさせていただいております。

こちらが簡単な自己紹介です
→< http://www.thebelltree.com/archives/2005/12/post_2.html >


当メルマガをお読み頂きありがとうございます。

「英語を話せるようになる」ように、
英文、単語、話すコツなどをお伝えしています。

あなたの英語学習に役立つよう頑張りますので
これからよろしくお願いいたします。

(頂きました全てのお問い合わせに返信できない
場合がございますことを何卒ご了承下さいませ)


(レポートをご依頼頂きました方にも、当メルマガが配信されています。
もし、登録を中止したい方は、こちらより解除できます。)

「出直し英会話」より、同じ内容のメルマガが届いている場合は、
こちらを「配信中止」頂きます様お願い致します。

配信中止ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000155025.html


こちらのメルマガが、統括の「メインメルマガ」になります。

「メインメルマガ」の登録ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000160437.html

(ご迷惑をお掛けしますことをお詫び致します)



【 英語をゼロからやり直す方が、上手く行く? 】
--------------------------------------------

「簡単な英語なら分かるのに、、、

しゃべるとなると、口から英語が全く出ない?」


「英語」を話すには、

あなたが持つ「英語の知識」を
「英文にする」トレーニングが必要なんです。


英語で話せるようになるには、

1.英語は、ピラミッドのような積み重ねです。
基礎から順にステップを踏まないと
努力が水の泡になってしまいます。


2.英文をつくれるようになるには、
「もう一歩踏み込んだ」知識を応用する
トレーニングが必要です。


3.簡単な知識でできる英文を作るトレーニング
に専念する

この3つを行うことが大事です。


「英語の解説を聞いてもよく分からない」
初心者の方でも、

「しゃべるとなると、簡単な英語も出てこない」
初中級の方でも

ゼロから「英語がつかえる」ようになるのが


ゼロからの英語やり直し教室
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/03.html

(ネイティヴの音声付き + サポート制度 )


学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
累計25400人の方に英語指導を行う鈴木さんが

「あなたが英語を話せる」ようにしてくれます。

「 英 語 で 話 せ る 快 感 」を
ぜひ、味わってくださいね!




【 金のことは気にするな。俺が持ってるのは】
--------------------------------------------

映画の英語です。


CARTER と EDWARD は、がんの治療で同じ病室に
入院しています。


(日本語文と英語文は同じではありません。)


(カーターの「棺おけリスト」をエドワードが書き直します)


EDWARD: 45年が、あっという間だったと思っているんだろ?
俺たち、できるさ。
俺たち、やるべきだよ。


(今回はここからです)


CARTER: いやぁ、わしには無理だ。


EDWARD: 金のことは気にするな。
俺が持ってるのは、金だけだから。


CARTER: いや、でもな、わしには分からん。


EDWARD: お前、何が分からないんだ?


CARTER: このリストは例えだ。
わしは、ただ、ちゃんと、しっかりこの、、、


EDWARD: あーだ、こーだ。
例えだと。




まだ、下の「英文」を見てはいけません。
見る前に、自分で「英語」を言ってみましょう♪

(あなたの表現が一番です!自信をもってね)

ハーイ、それでは、ど--ぞ--



【ネイティブの英語感覚を身につける解説】
--------------------------------------------

自分だったらどんな英語?と想像しましたか?
英文が違っても全く気にすることはありませんよ。

英文だけで意味を取ってみましょう。


(カーターの「棺おけリスト」をエドワードが書き直します)


EDWARD: You think 45 years went by fast?
We could do this.
We should do this.


(今回はここからです)


CARTER: No, I couldn't.


EDWARD: Don't think about money.
That's all I got is money.


all I got

all I got というフレーズで、

私が手に入れたものは、ただ◯◯だけ

という感じの表現がありますね。


All I want is you.
欲しいのは君だけ

All I have is a voice.
私が持っているのは声だけだ。

All you have to do is speak.
やらなきゃいけないことは話すことだけ

All you have to do is give her some time
やらなきゃいけないことは、彼女に時間を与えるだけ


ゼロから「英語をつかえるようになる」には、
身近な英単語を使って、

1「本当の基礎から、順番に身につけていく」
2「身につけた知識を使うトレーニングに専念」
3「講師の指導の下、徐々に、応用へと伸ばす」

を行っていくことですね。

あなたも「英語をつかえる」ようになれますよ。

ゼロからの英語やり直し
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/03.html



CARTER: But I don't know. I...


EDWARD: What don't you know?


迷っているときに、

But I don't know. I...

というフレーズは、よくネイティブが使いますね。

でも、

What don't you know?
お前、何が分からないんだ?

という、切り返しはイイですね。

モヤモヤしていること。

何がモヤモヤか、言葉に出してクリアにする。

難しいですね。



CARTER: It was meant to be metaphorical.
I'm just trying to get a handle on...


It was meant to be metaphorical

I mean ですと、

「つまり、言いたい事は、」
そんな感じでよく使われますね。

I mean, you were always interesting...
つまり、あなたはいつも興味深い方でした、、、


was meant to be と、受け身で使われていますね。

ちょっと婉曲、回りくどい感じもしますね。


日本語でムリヤリ英語を作ったり、
日本語訳でムリヤリ英語を理解したり、

学生時代にやった「丸暗記、慣れ、雰囲気」で
英語を勉強しても伸び悩んでしまいますね。

基本の「英文法」を早く身につけて下さいね。

英文法セミナー
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/02_1.html



metaphorical

metaphor は、「比ゆ、たとえ」という感じですね。

すこし難しそうな単語ですが、
会話でとてもよく使われますね。

(not using `like' or `as')

a form of expression
in which
a quality or characteristic is given
to a person or thing
by using a name, image, adjective etc

normally used of something else
which has similar qualities etc.

`He's a tiger when he's angry'
is an example of (a) metaphor.
「彼は怒ると虎だ」というのが、
metaphor の一例です。


もしあなたが、英語を話せないのなら、、、

それは、英語の知識がバラバラなせい?
英語の知識が話せるまで身についていない?

仕事でも旅行でも、まずは英会話に必要な知識♪

英語を話すための英語学習G4C
こちら → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html



EDWARD: Blah, blah, blah.
Metaphors.



このように、ドラマでは
「会話によくつかわれる表現や、感じ」が
状況といっしょに、よくわかりますね。

あなたも、ナチュラルな英語が話せるように、
ぜひ、ドラマの英語も学習に入れて下さいね。

そして「どんなシーンで決まり文句を使うか?」
解説を英会話レッスンで聞いてくださいね。


九州・福岡でも英会話が学べます。

マンツーマンですので、あなたのレベルに合う
レッスンが行えます。

ネオイングリッシュ福岡 ⇒ http://chot.biz/lesson/private/

(九大学研都市、姪浜などです)

メールアドレス: toiawase@chot.biz

旅行、ビジネス英会話、TOEIC、学校試験も
お問い合わせ下さい。




【編集後記】
--------------------------------------------

次の文は、どこが間違いですか?

1. This bag is too small to put this book.
「このバッグは小さすぎて、この本を入れられない」


では、こちらは?

2. This topic is too difficult to talk.
「この議題はむずかしすぎて、話せない」


(「英会話のための英文法 G4C」より)

答えはこちらから → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html



これまでの英文法は、試験のためや、
辞書のような、ムズカシイものばかりでした。


試験には必要かもしれませんが、、、
英会話にはあまり必要でない英文法もあります。


しかし、ネイティブの英会話講師たちも、

「英文法を理解している人は、上達が早い!」
と認めます。


そこで、
話すための、英会話だけに絞った英文法
をキチンと学べるものが、こちら

英会話のための英文法 G4C

こちらです → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html

(ネイティヴの音声付き + サポート制度 )


英語を話せるようになるには、
まず勉強する内容はズバリ、3つ!

1.会話に必要なシンプルな語彙

2.会話でよくつかわれる決まり文句

そして、

3.言いたいことを英文に組み立てる英文法

この3つです。


1.語彙と、2.決まり文句は、
テキストや海外ドラマで学ぶこともできます。

たくさん身につけるほど、

言いたいことが楽に言えますし、

相手の言ってることが楽に理解できます。


しかし、言いたいことを英文にしようと、
英文法を勉強してみても、


これまでの英文法は、
試験のためや、辞書のような、
ムズカシイものばかりでした。

まるでニュースや専門家のような話し方に
聞こえることもあります。


そこで、
話すための英会話だけに絞った英文法を学び、

さらに、会話においてじっさい使えるように

「その使い方」までトレーニングを行います。


知っている、知識だけ、、のレベルではなく、
具体的につかえるようになるため

「話す英文」を作っていきます。


講座内容での疑問は、すぐに鈴木さんに質問が
できるので、確実に理解しながらすすめます。

第1--4号 品詞 文型 副詞 第31、32号 分詞
第5、6号 前置詞 第33--36号 第5文型
第7--10号 従属接続詞 第37、38号 動名詞
第11、12号 等位接続詞 形容詞 第39--44号 疑問文
第13--14号 受動態 there be S 第45、46号 疑問節
第15--20号 時制 第47、48号 特殊疑問詞
第21、22号 助動詞 第49、50号 関係詞
第23、24号 仮定法 第51--54号 比較
第25--30号 不定詞

(全530ページを越えるボリューム)


サイトにある「無料サンプル」で、
ぜひ内容をご確認くださいね♪


英会話のための英文法 G4C

サンプルがあります → http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/06.html



学習法を変えて、1年でTOEIC900点を取り、
累計25400人の方に英語指導を行う鈴木さんが

あなたが英語を話せるように
「会話に狙った英文法」を教えてくれます!




【サブ発行者:監修の 鈴木 拓 より】
--------------------------------------------
松永さん、ご紹介ありがとうございます!
 
 皆さんの英語学習のお役に立てればと思っておりますので、
 まずは松永さんにご紹介いただいたサイトだけでもご覧になってください。


また、英語の形を理解して、
前からドンドン意味を読み解ける

英語真っすぐリーディング講座
こちら →< http://denaoshi.chot.biz/J/2010/09/04_1.html >

(ネイティヴの音声付き + サポート制度 )

英語長文や英字新聞が読める「英語力」を
身につけることができます。


  何卒よろしくお願いいたします。(鈴木 拓)




【このメルマガを友人、家族の皆様にご紹介】
--------------------------------------------
このまま友人、知人、同僚、家族の方に
転送してしまってもかまいません。

「↓から無料で読者登録できるよ」と
教えてあげてください。

→< http://denaoshi.chot.biz/2006/05/post_259.html >



【 登録中止と「統括メインメルマガ」のご案内 】
--------------------------------------------

この度は、当メルマガをお読みくださり、
ありがとうございます。

こちらがメインの統括メルマガになります。

メインメルマガの登録ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000160437.html


このメルマガの登録中止はこちらです。

配信中止ページ
→ http://www.mag2.com/m/0000155025.html

(ご面倒をお掛けしますことをお詫び致します)



【ビジネス英語・日常英語学習の「出直し英会話教室」】
--------------------------------------------
 メルマガ名 :ビジネス英語・日常英語学習の「出直し英会話教室」
 発 行 者 :松永 利親、鈴木 拓(ハンドルネーム:Ken Adams)
発 行 ペース:毎週火・木曜日発行
配信停止・解除:http://denaoshi.chot.biz/2006/10/post_595.html
連絡先(松永):de[at]chot.biz
連絡先(鈴木):denaoshi[at]eikaiwa-school.net

※1:スパム対策のために@を[at]にしています。

※2:講座を受講中の方は、受講者様専用アドレスにご質問下さい。

※3:相互紹介は受け付けておりません。

※4:新規の広告主様は募集しておりません。


・出直し英会話教室
→< http://denaoshi.chot.biz/ >
サイト・メルマガ概要
→< http://denaoshi.chot.biz/gaiyou.html >

・TOEIC、英検、英会話、英語の学習法紹介 ACE
→< http://www.thebelltree.com/ >
会社概要
→< http://www.thebelltree.com/vandelay.html >


Copyright(C) 2005-「出直し英会話」転載はご遠慮ください。


--



--------------------------------------

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ