かんたん!会社の税金マメ知識

  • ¥0

    無料

ここで得た知識は決して悪用しないでください。経営者であるあなたが知っておくべき、節税のポイント、やってはいけない●●などを法人税専門の税理士小谷羊太がお届けします。キーワードは起業、独立、設立、会計事務所、中小企業、税金、申告など

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
かんたん!会社の税金マメ知識
発行周期
不定期
最終発行日
2012年08月27日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000156009
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > 会計・経理・財務

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号




マガジンID: 0000156009 NO.0230 2012.8.27
〇≫──────────────────────────≪〇
☆★☆ 『かんたん!会社の税金マメ知識』【税まめ】
★豆★
☆★☆ 税理士:小谷羊太(こたにようた)
〇≫──────────────────────────≪〇

『かんたん!会社の税金マメ知識』【税まめ】は、

会社の税金でちょっと知っておけば役に立ちそうなことを
超かんたんにお伝えするメールマガジンです。

≡☆────────────────────────────────

・・・何かを起こそうとする人は
いつも何かしら、すごいオーラを感じます。
行動は夢を実現させるための第一歩です・・・・

≡☆────────────────────────────────

こんにちは!

大阪で税理士をしています、小谷羊太(こたにようた)といいます。
よろしくお願いします!

このメルマガは読者さんが『税の本質』を知ることによって、
素晴らしい人生になるようにという想いから発行しています。


実は、税金の世界、特に法人税は経済と密接な関わりがあるんです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^

税金のセンスを正しく理解することは、経営ノウハウの基盤を固める上
で、とても有用(事によっては必要)なことなのです。

楽しみながらそういったセンスを培っていただければ嬉しいです。


もし今号の記事に面白いと思った情報があれば、
このメルマガをそのままあなたの友達にも転送してあげてください。

◆このメルマガの登録解除は
こちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000156009.html



では、今回もはりきっていきましょう!



──────────≡☆──────────────────────
今回の豆知識 ▼【なにが大事なのか・・】
──────────≡☆──────────────────────

以前、フェイスブックで投稿した記事だけど、
このメルマガでもなにかヒントになればと思って掲載します。。


活きた海老をトングで掴み、
沸騰した鍋に入れて食すという少し変わった演出をするお店がある。
その活きた海老は鍋の具材とは別に玉手箱のような箱に人数分のみ入ってて、
パターンとしては食事の後半にそれを食す。

食事を楽しんでる間にも、
時々海老が跳ねて、ふたが飛んだりすることがあるので面白い。

残酷に感じる人も多いためだろうか、注文時には、
「湯でたものがいいか、活きたままがいいか」を聞かれる。

僕は客人をもてなす為にその店にいつも行くので、
もちろん「活きたまま」のものを注文する。

しかし、今日は、
さぁ、食べよう!とした段階で、その玉手箱の蓋を開けると、

既に赤みがかっている・・・
もう一匹のほうをつついてみても、何の反応もない・・・。


あれ?と思ったが、鍋に入れてみても、
いつもであればピクピク動くはずのものが、今日はびくりとも動かない・・。

ちょうどお店の人が隣のテーブルを片付けていたので

「この海老、古いな・・」

と、ぼそっ と言ったら、

慌てて 「新しいものをご用意します」 との返事。

「あ、いいよいいよ、今度から気をつけてね」

と言ったが、

「いえいえ、そんな訳にはいきません、新しいものをすぐにご用意しますので」

そこから少しだが、押し問答が始まった。。

「もういいから!持ってこないで!」
って強く言ったら、やっと引き下がってくれた。

しばらくして、食事も終わり、少し談笑のあと、客人(女性)が席を外しているときに、
店長らしき人が「さきほどの海老の代わりです」といってアイスクリームを持ってきた。。

「あ、お連れの方はトイレでしょうか?」

びっくりしたが、思わず「はい」と答えてしまった・・。

「じゃあ、溶けるといけないので、お連れの方の分は、後でお持ちしますね・・」
といって、僕の分を一つだけ残し下がっていった。

一見ちゃんとしたサービスに思えるかもしれないが、
気に入らないことだらけのサービスだと感じた。

一生懸命で、悪気がないのはわかるが、最初の僕の一言

「この海老、古いな・・」

の一言が、的を射ていたのではないだろうかとさえ思う・・。

どうということもないことで、
しかもこちらが怒っているわけでもないのに・・・

大げさなフォローが、客にとっては反って大きな不信感に繋がる。

最後は、最悪
「お連れの女性は、トイレですか?」
完全にバカの言うこと。

店が常に気を付けておかなければならないこと、


それは、

「お客様に恥をかかせない」 こと。


最初のクレームもそうだが、
大きな声で謝られても、回りの客はじろじろこっちを見てしまう。

僕も客人に恥をかかせてはいけないと思い、
ニコニコしながらもういいですよ、気にしないでください。

と何度も伝えたが、譲ろうとしない。


そして、こともあろうか、 「トイレですか?」は無いと思う。


詫びのつもりで過剰なサービスをしても、
それは店側の勝手な自己満足でしかない。

過剰なサービスに対して、客が思わず言ってしまう一言、

「スイマセン・・」

この一言を店側が客に言わせしまえば何もかも終わってしまう。

客はそのような店の対応にかえって気を遣い、
逆に気まずい空気が流れる・・・そこで、何故か客側が謝ってしまう場面となる。


ちなみに、客人が席について、アイスクリームを持ってきたときには、
僕のアイスクリームはもう半分溶けてた・・。

さぁ、食べましょうか!とニコニコしながら食べたけど・・。

事のいきさつを客人に伝え、ついでに、 今日のこと投稿してもいいかな?って聞いたら、
アイスクリームを笑顔で食べながら了承してくれた(笑)


あ、それと、そのお店は気に入ってて、時々行ってるお店なので、
なんとも思わないんだけど、

要は「相手に恥をかかせない」 言動はすごく大事。

サービスって、お客様に喜んでもらうことが基本だと思うので、
喜んでもらうために、恥をかかせてしまう場面があってはならいんだと思う。。

女性が席を外したのを見て 「トイレですか」 は、
知らない女性に面と向かって言ったら、きっとビンタされるんじゃないかと…



──────────≡☆──────────────────────
今回の豆知識 ▼【フリーで働く!と決めたら読む本】
──────────≡☆──────────────────────

フリーで働く!と決めたら読む本。

この本、
フリーになったばかりの友達にあげたら、
とても喜ばれる。

よし、読むわ!


でも、それからしばらくしても、
フェイスブック、その他のNSNとかでも、その友達見てないし、
この部分、どう思う?とか、本の感想とか、何~んも相談にこないので、

ちゃんと、読んでないのかな~~~~?

てのがよくわかる。。

いや、きっと読んだのは読んだのだろうが、
読んだつもりでも、僕ら起業家が基準としているところまで、
ちゃんと深く読めてないってことなのかな?


この本を読めば、
何かしらの行動やアクションは自ずとなにかしら起こすはず。

いや、起こさなければ、読んだ意味が無い。


そんなわけで、
東北、関西、四国、東京、色々なところを走り回って、
フリーになった起業家が行動を起こすためのセミナーを実施している。

著者自身である中山マコトさんが自ら教えてくれるからこれは心強いセミナー。

安くてうまい・・いや、安くてうんまい・・。

とにかく顔を出して見るべし・・・


滋賀県
http://4u-planning.com/shiga/

その他の情報は中山さんの公式ホームページで探してください。
メルマガとかでも情報流れてるので・・・
http://www.nakayama-makoto.com/index.html


──────────
今回の記事で、
知り合いにも教えてあげたい!って思ったものがあれば、
どんどん転送してあげてください。

◆このメルマガの登録解除は
こちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000156009.html
【かんたん!会社の税金マメ知識】:不定期配信・最新号のみ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
──────────≡☆──────────────────────
編集後記
──────────≡☆──────────────────────

最近は、東京にもちょくちょく行きます。

東京は、いつ行っても、

「人が多いな~~~~!」

ってのが正直ないつもの感想・・・でも楽しい(^^)。


それでは、次回またお会いしましょう!

こたにようた
──────────────────────────────────≡☆

◆このメールマガジンは法人税専門の内容だけでなく、
◆あなたの役に立てそうな情報をガンガンお届けしています。
◆実務で適用される場合には税務署又は顧問税理士への確認をお願いします。
◆学問的な見解については発行者の私見が含まれています。
◆これらの情報について発行者は如何なる責も負いません、ご了承ください。
◆口コミ 転送 大歓迎です。どんどんお友達ご友人に紹介してください。
◆このメールマガジンの記事転載をご希望の方は個別にお申し出ください。
◆実務の無料相談には応じていません。税務に関する相談は顧問契約が前提
となりますのでご了承ください。

◆登録解除は
こちら⇒ http://www.mag2.com/m/0000156009.html
──────────────────────────────────≡☆
──────────────────────────────────≡☆
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

■発行者:小谷会計事務所 税理士 小谷羊太(こたにようた)
●独立/起業・決算の調整・申告届出・税金に関わるあれこれ・・・
煩わしいことは全てお任せください→ http://www.yotax.jp/

▼ご意見ご感想はこちら↓
メールアドレス:houjin@zac.att.ne.jp
匿名でHPなどへ掲載させていただくことがあります。

メールマガジン:
かんたん!会社の税金マメ知識【税まめ】
http://www.houjinzei.com/magazine/zeimame/

▼フェイスブックページ:
https://www.facebook.com/kotaniyota.official

▼フェイスブック:
「小谷羊太」で、検索
いつでもフィード購読できるようにしています。
よければ、どうぞ(^^)

▼ツイッター:@yotaxjp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Copyright - (C) - 2005-2012 All Rights Reserved

------------------------------------------------------------------------
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発
行しています。http://www.mag2.com/ (マガジンID: 0000156009)



メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ