稲妻チャート天底予告

  • ¥0

    無料

一本のチャートに秘められた天底予告。チャートは人を裏切りません。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
稲妻チャート天底予告
発行周期
週刊
最終発行日
2018年02月17日
 
発行部数
19,717部
メルマガID
0000156667
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

株ースバリ稲妻チャート 天底予告
         関東財務局長金商879号
         一般社団法人日本投資顧問協会会員

平成30年 2月18号  筆者は株式分析 罫線研究家
▲日経平均ーー
 漸く、NY高に連動した週末2日間
日々下げ過ぎの領域の中 円高にもめけず
 14日安値から916円の戻り幅は 鈍すぎるが
  会員誌にても 日々22267円前後に
戻るとエールを送っていますが
売買代金の少なさは、非常に気になる 売買高伴わない
 戻りは 弱い戻りと解釈したい

▲NYダウー
  日々底値足です、と前号解説しました 史上最高値 1月26日高値
  26616ドルに対しての 高値調べの戻りです。
高値調べとは 2番天井構成への戻りの事です
 まもなく戻り限界日に 達するのでは   
▲為替ー
 日銀総裁にも判らない、円相場の行方  我々に判る訳がないが、
大陰線の出現です、株で言うなら大底足、円高もピークでは
17週期で推移している

    ●夜配信の 稲妻ドットコム情報は  http://data-duo.com/
◎「株式情報広場」◎ http://foomii.com/00063
     毎日配信して月980円 安いょ

□銘柄ナビゲーター□
http://foomii.com/00063「 株式情報広場」
毎朝配信中
▲日経平均3256円の棒下げ場面でも 空売りは
増加しなかった、
9月には、1365銘柄が株不足になり
 この空売り残が バネとなり 大きく反発した。

 現在、株不足は693銘柄へと半減したことで、
 株価を支える 持ち上げる力が 無い。
●7752リコー 1176円
空売り残増加し、逆日歩が付いているが 今年の高値1255円に
 対しての2番天井なのか。下げに強かったのも 空売り残のおかげ
●1570日経レバレッジ 18720円
 何処まで戻れるか この1週間 会員誌では 安寄りに買い迎えを
  貫いて来ましたかーー  週間戻り幅1300円は 予想よりも
  鈍いが。

□データーデュオのコラム□
▲売買高の70%を占め 売りまくる外人投資家 
買い迎う、個人投資家の買い越し額は
 30年ぶりの多さという 1月から徹底して売りまくる
 外人売りの根拠は 何なのでしょうか

▲個人投資家は 過去の例にならい 逆バリ戦法を
 貫いています、潤沢な資金を持つ個人投資家は
 現物そして信用買いです。
 度胸にアッパレ
 平均買いコストは 日経平均21000円前後になります。

▲個人投資家の売買シエアーは、20%しか有りませんが
  株式市場の宝です。 この宝者
全ての投資家に 観音様の 御加護を

   ●投資の御注意●
▼最終的な投資判断は 自己責任でお願いします
▼証券取引行為 金銭証券の売買 預かることは 法律で禁止されています
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ