「異文化交差点」(にほんごNPO)

  • ¥0

    無料

特定非営利法人浜松日本語・日本文化研究会が発行するニューズレターです。会員以外の方でも読むことができます。会の活動レポートの他、日本語文法研究や海外在住会員からの現地レポートなど、日本語と日本文化、外国人交流などに関する生きた情報をお届けしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
「異文化交差点」(にほんごNPO)
発行周期
月刊
最終発行日
2018年05月01日
 
発行部数
296部
メルマガID
0000157056
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 日本語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆◇◆◇◆◇|異||文||化|╋|交||差||点|◆◇◆◇◆◇◆◇
       ~~~Culutural Crossroads~~~~~       
             Vol.177 May         2018/5/1
 
            特定非営利活動法人 浜松日本語・日本文化研究会
                   http://nihongonpo.hannnari.com/
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

☆『異文化交差点』は〈にほんごNPO〉発行のニューズレターです。会員と
会の活動を支援してくださる方に月1回毎月1日に配信しています。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

◇日本語クラス(4月5月)の日程◇
 http://nihongonpo.hannnari.com/school2018.html

━ C O N T E N T S ━
  ●にほんごNPOだより…
   ○思い出BOX(第19回)……………田野聖一
    ●にほんごNPO諸事雑感……………加藤庸子
     ○まっちゃかふぇ………………………杉本英雄
      ●ごげんかせんといけん………………杉本英雄
       ○編集後記

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■□■にほんごNPOだより■□■

◆下記の通り、にほんごNPOの総会を開催いたしますので、
 ご案内申し上げます。

正会員の方には議決権があります。
総会に参加できない方は、お手数ですが委任状の提出をお願いします。
委任状の書式は、改めてご連絡いたします。

会員の方だけではなく、にほんごNPOの活動にご興味をお持ちの方、どなた
でもご参加いただくことができます。お誘い合わせてお越しください。

日時:6月16日(土)9:30~12:00
場所:浜松市立曳馬協働センター(曳馬3丁目)を予定しています。
   (変更の可能性があります)
※駐車場があまり多くありません。乗り合わせてお越しください。

議事:
1)昨年度の事業と決算報告
2)今年度の事業計画案と予算案承認
3)にほんごNPOの組織について
 
休憩後、小グループに分かれ、にほんごNPOの活動のあれこれについて
過去を振り返ったり、未来を見つめたりしながら話し合います。  
新たな活動のアイデアが生まれるかもしれませんね。
皆さまのご参加をお待ちしています。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
■□■思い出BOX■□■(第19回)

◆イメージアップ………………………………………………………田野聖一

齢50にして待望の大学生活がスタートした。

宿題が多くて覚えきれない。
英語の宿題はインターネットを使う。単語の問題、リスニング、
TOEIC演習、TED(※)を見て要約するなどがある。

現代の国際社会の授業ではプリントが2枚出た。
テキストを読んで質問に答える。

「TEDの要約は好きな動画でいいんだよね。」
学芸の基礎の授業のときだ。英語のクラスで一緒だったはずの学生に聞く。
若い女の子はみんな同じ顔に見え確信が持てない。

「レジュメとワークシートの提出だっけ。」
学芸の基礎でも宿題が出ていた。英語のクラスが終わってから声をかける。
この子には宿題のことばかり尋ねている。

先日、非営利セクターの経営の授業を欠席した。
時間割を間違えていた。

おとといは遅刻しそうになり、北棟から南棟まで走った。
講義室には誰もいない。5限目は4時20分に始まる。
時計を見ると3時19分だった。

国際文化概論は毎週先生が変わり違うテーマで話す。
今週のテーマは言語習得だ。

にせ+キャラメル、にせ+カルタ、にせ+タイコ。
「どうして、“てんてん”がついたり、つかなかったりするのでしょう。」

私にマイクが回ってきた。日本語教師なら分かる。
「キャラメルは外来語です。カルタは……。」

教室中がどよめく。妙な行動ばかりしていたが、イメージアップ
できたかもしれない。


※TED:ネットを通じて行なわれている、さまざまなスピーチの動画の
無料配信プロジェクト。https://www.ted.com/

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●○●にほんごNPO諸事雑感●○………………………………………加藤庸子

【slightly too hard な課題が与えられたら】

田野さんの投稿を読んで、TEDを知った。
「ふうむ。英語の宿題としてTEDを利用するのか。面白そうだなあ。」

TEDのホームページの1ページ目を見てみると、短いもので2分20秒、
長いもので24分21秒だった。本数は、約2700本。
これだけあれば、自分の興味・関心や能力に応じて選ぶことができる。
ちなみに田野さんは、4分の動画を選んで要約を書いたそうだ。

どれ、私もちょっと試しに見てみようかな。
数多くのトピックの中から"education"を選び、人気のあるものを表示する。
すると、その中に、"The power of believing that you can improve"
というタイトルのスピーチがあるのに気がついた。

さっそくクリックしてみる。Carol Dweck教授の話しぶりは非常にゆっくりで
発音も明瞭だ。これなら何とか聞き取れる。おや、日本語の字幕も出るではな
いか。辞書はいらないな。むむっ。面白い!おお、思った通りだ。日本語・学
習指導にも生かせそうだぞ。

教授はスピーチの中で、10歳の子ども達に「ちょっと大変すぎる課題」を与え
たときの反応について言及している。「成長型マインドセット」を持っている
子ども達は、「挑戦 大好き!」 「解ることが 何か増えたら 良いな」という
前向きの反応を示したという。一方、「停滞型マインドセット」の子ども達は
「惨めだ」「最悪だ」という気分を味わい、自ら「失敗」の烙印を押したそう
だ。そのような子ども達は、難しい問題を避ける傾向にあるという。

難しい問題を「自分には無理だ」と避け続ければ、脳は発達しない。

教授によると、指導者にできることは「取り組んでいるプロセスを褒める」こ
とだそうだ。彼らの努力、やり方、集中力、忍耐力や進歩。プロセスの称賛が
未来へと続く道を開くのだという。

田野さんのコラムがきっかけで見た動画から、思いもよらないプレゼントをも
らった。よし、明日から「プロセスの称賛」を心に刻んで支援に当たろう。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
□■□まっちゃかふぇ【おそれのある生活】……………………………杉本英雄

 ここ数年メディアで頻繁に使われる言い回しに、「~するおそれがあります。
だから~」があります。

「今夜は大雨になるおそれがあります。十分警戒してください」
「重大な疾患を引き起こすおそれがあります。十分な対策を取る必要がありま
す」etc..

いずれも人をして、ありもしない未来への不安を不必要に煽り立て、その恐怖
から逃れんと必死にその「対策」となる商品を購入しようという強い衝動を引
き起こさせるものです。これはある種の「恐怖商法」ということができましょ
う。

モノやサービスが過剰になっている現代、なかなか消費が伸びません。そこで
人々の不安恐怖につけこむようになったのです。

いまや人々は「専門家」が発する未来への不安恐怖情報を毎日必死になって取
り込み続け、様々な「おそれ」で人生をいっぱいにして生活しているのです。
おそれをたくさん持てば持つほど「賢く知的な」生き方と評価されているので
す。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
●○【ごげんかせんといけん】─21世紀日本語日本文化起源への旅…杉本英雄

No.078「うつけ者」

 人気の高かった芸能人が突然犯罪を起こす、いったい彼彼女に何があったの
かと思うものです。こういうような時、ひとむかし前は「この、うつけ者が!」
と一喝されていたように記憶しています。

さて、このうつけ者を漢字にすると「浮つけ者」となるのではと咄嗟に想いま
した。しかしグーグル日本語変換では、「空け者」と出てきました。ハハァ、
ナルホド。これでもうこの言葉の語源を知ったような気になります(笑)。

では、たしかめてみましょう。

意味は、ぼんやり者、おろか者とあります。由来をググると、そのものズバリ
はなく、「空(うつ)ける」というのが見つかりました。しかし「うつける」
を漢字変換しても出ません。漢字は「空」の他に、「虚」も当てられています。

「空ける」とは、魂が抜けたようにボンヤリする、中が空になる、という意味
です。ま、このくらいでいいでしょう(笑)。

しかし語源としておもしろそうなのは、空け者の類義語となっている「たわけ」
「ぼんくら」「おたんちん」です。

そこで漢字を考えると、「田分け」「凡蔵」「御短珍」が思いつきます。さて
さて、ホントウの由来はこれいかに…(つづく)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
《編者後記》昭和歌謡を平成生まれの若者が歌う、というのはもうそれほど珍
しいことではなくなりました。しかし、洗濯板がリバイバルしているというの
はご存知ですか。テレビでやっていましたが、ミニ洗濯板が出張の友として使
われているんだとか。ちなみに、レコードの復活はもう世界的で、かつての名
盤のみならず、最新アルバムもレコードとCDの両方を出すのがあたりまえにな
っているようです。(杉)
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
★現在の会員数は60名です。
☆ニューズレター読者数は295名です。
★みなさんからの意見、感想、投稿を歓迎します。宛先は下記アドレスへ。
 eiyu@po.mmm.ne.jp
◆掲載記事のうち、署名記事の転載を禁止します。
 配信責任者 杉本英雄 eiyu@po.mmm.ne.jp
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発
行しています。( http://www.mag2.com/ ) ID:0000157056
○登録・解除・アドレス変更はこちらでできます。
http://www.mag2.com/m/0000157056.html
○バックナンバーは下記でご覧になることができます。
http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000157056
http://nihongonpo.hannnari.com/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ