RAFIQ Magazine

  • ¥0

    無料

「RAFIQ」とはアフガニスタン・ダリ語で「友だち」と言う意味です。おもに、西日本入国管理センター(大阪府茨木市)がある関西で活動しています。活動のお知らせや報告、難民・入管問題を月1回程度でお知らせします。難民問題に関心のある人はぜひ!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
RAFIQ Magazine
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年05月15日
 
発行部数
468部
メルマガID
0000157082
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◯●◯---------------------------------------------------------●◯●
          在日難民との共生ネットワーク
       ★ RAFIQ  Magazine ★
    2018年 5月号 No.157 2018年 5 月 15 日(火)発行
◯●◯---------------------------------------------------------●◯●

 RAFIQのホームページ → http://rafiq.jp
 RAFIQの Twitter   → http://twitter.com/RAFIQ_network
 RAFIQのFacebook   → https://www.facebook.com/rafiqjapan/
 なんみんハウスWeb  → http://rafiq.jp/N-house/index.html

★★ ===========================
 RAFIQ緊急支援のお願い → http://rafiq.jp/donate.html
=========================== ★★

風薫る爽やかな季節になりました。重いコートから解放され、身も心もウキウ
キする感じです。この春新しい出会いがあった人も少し落ち着いてこられたの
ではないでしょうか。皆さま、いかがおすごですか。
「世界難民の日」(6/20)が目前に迫り、いろいろなイベントが企画されてい
ます。これを機に難民問題にもう一歩近づいてみませんか。


■■■ 今月のもくじ ■■■

1. 6月24日「世界難民の日関西集会」ご協力・ご参加お願いします
2. 「世界難民の日」関連その他イベント
3. 5月9日東日本入国管理センターとの意見交換会内容を公開(JAR)
4. 東日本の入管、記録虚偽記載や自殺問題 入管の処遇は
5. 今までの活動報告
6. これからの予定
7. 編集後記


1.==========================
 6月24日「世界難民の日関西集会」ご協力・ご参加お願いします
===========================

6月24日に行う「世界難民の日関西集会2018」のチラシが出来ました!
 http://rafiq.jp/pdf/wrd_kansai2018.pdf

なお、この集会は、賛同金・当日の資料代・ご寄付で運営されています。
是非ご協力をお願いいたします。

------------------------------------------------
賛同金・寄付:個人 500円/1口、団体 1000円/1口(何口でも)
ゆうちょ銀行 店名 四〇八 店番408 普通預金 口座番号7100544
       加入者名 世界難民の日実行委員会
------------------------------------------------

******世界難民の日関西集会2018のご案内*********

HP:「世界難民の日関西集会2018」
 https://refugeekansai18.wixsite.com/wrldrfg2018kansai

日時:6月24(日)11:30~16:30 集会開始12:30
場所:大阪市住まい情報センター
http://www.osaka-angenet.jp/access/
資料代:一般1000円 学生500円

開催趣旨:「同じ時代、同じ地球に生きる市民として」
 6月20日は国連総会で決定された「世界難民の日」です。毎年世界中でこの
 日に難民に関する取り組みが行われており、この関西でも集会を開いていま
 す。もしあなたのそばに、紛争や迫害から逃れて来た難民がいたらどうしま
 すか? そんな彼らの事をもっと知ってみませんか? そしていま、私たち
 にできることはありませんか?

 世界難民の日とは:http://www.unhcr.org/jp/wrd

今年のテーマ:「そろそろ心の壁壊しませんか?」

集会内容
・趣旨説明「日本の難民問題とは。」
・基調講演「世界と日本の難民について」
    川内 敏月氏(UNHCR駐日事務所副代表)
     参考:http://www.unhcr.org/jp/
・講演   「日本の壁と世界の壁の取材で感じたこと」
    浅倉 拓也氏(朝日新聞記者)
     参考:http://globe.asahi.com/feature/2017092200012.html

・在日難民紹介…JAR提供「難民はここに(日本)います!」
・「無くそう!社会の壁」…「名古屋の事例から」名古屋難民支援室
・「無くそう!個人の壁」…学生の取り組み 高校生の取り組み
・「無くそう!個人の壁」…関西でのRAFIQの取り組み
・「無くそう!制度の壁」…難民認定制度の運用の改定について

・写真展、ブース
  難民出身国の写真などの展示、関西の難民関係のNGOブースなど

主催 2018年世界難民の日集会実行委員会
後援:UNHCR(国連高等難民弁務官事務所)駐日事務所、公益社団法人アムネ
 スティ・インターナショナル日本、全国難民弁護団連絡会議、NPO法人難民
 支援協会(JAR)、特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ)、
 (公財)アジア福祉教育財団難民事業本部(RHQ)
協力:難民ナウ!

★ 最新情報・関連集会はHPで。
 https://refugeekansai18.wixsite.com/wrldrfg2018kansai

問い合わせ・事務局:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
         〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13
         MAIL:refugeekansai@gmail.com
         TEL・FAX:06-6335-4440


2.==========================
 「世界難民の日」関連その他イベント
===========================

6月20日は国連が決めた「世界難民の日」です。
毎年、この時期には「世界難民の日」にちなんだイベントが各地で行われてい
ます。
RAFIQも「1」でご案内したような集会を2006年から実行委員会形式で、おもに
在日難民と日本の難民受け入れに関することをテーマに行なっています。

ここでは、ほかの団体が行うイベントを紹介したいと思います。
最新情報は以下でも掲載しています。
 http://rafiq.jp/date/2018/1806wrd_event.html
 https://refugeekansai18.wixsite.com/wrldrfg2018kansai

各イベントの詳細は各URLをご覧ください。
「★」印はRAFIQも協力、共催、ブース出展などするイベントです。

------------------------------------------------

・「世界難民の日」特別シンポジウム 世界の難民危機と私たちにできるこ
と~「難民とともに生きる」を若者と考える~
 日時:2018年6月2日(土)13:00-15:30(受付開始 12:30)
 会場:グロービス経営大学院内 グロービスホール(東京)
 詳細:https://www.worldvision.jp/news/press/20180426.html

・★LUSH×RAFIQ チャリティーパーティ 世界難民の日プレ企画
 日時:6月2日(土)・3日(日)12:00~18:00
 会場:LUSHなんばパークス店 https://jn.lush.com/shop/namba-parks
  LUSHのチャリティー品の売上がRAFIQの難民支援に寄付されます。

・★対話型☆平和サロン~平和は国境を超えて 講演とoneday展示カフェ
 日時:2018年6月9日(土) 10:00~17:00
 会場:高槻市民会館207号室(高槻現代劇場奥)
 詳細:http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1830.html
  RAFIQもブース出展をします。

・★難民問題を話そう読書会(要申込)
 日時:2018年6月15日(金)18:30~20:00
 会場:まちライブラリー@もりのみやキューズモール
 詳細:https://www.amnesty.or.jp/get-involved/event/2018/0615_7388.html
  RAFIQも共催しています。

・★FNSチャリティキャンペーン現地取材報告会 フジテレビ 山中章子アナ
ウンサーが出会ったロヒンギャ難民の子どもたち
 日時:2018年6月16日(土)14:00~
 会場:カンテレ扇町スクエア1F
 詳細:http://rafiq.jp/date/2018/1806wrd_event.html#0616
  RAFIQもブース出展します。

・★6/16・17 シリア映画上映会
 日時:6月16日(土)、6月17日(日)各15:00~、18:00~
 会場:16日 なんみんハウス 定員20名(要予約)
    17日 天劇キネマトロン 定員30名
 詳細:http://rafiq.jp/date/2018/180616movie.html
  RAFIQとネオ難民カフェネットワークの共催です。

・★難民カフェスペシャル「フィンランドでの難民支援に関わって」
 日時:2018年6月19日(火)19:00~21:00
 会場:大阪中崎町「朱夏」
 詳細:http://rafiq.jp/date/2018/1806wrd_event.html#0619
  毎月第三火曜日に行っている「難民カフェ」の「世界難民の日」バージョ
  ンです。


3.==========================
 5月9日東日本入国管理センターとの意見交換会内容を公開(JAR)
===========================

5月9日、難民支援協会(JAR)は、2018年2月26日に行われた東日本入国管理セ
ンター(茨城県牛久市)との意見交換会の内容を公表しました。

この意見交換会には、中川正春参議院議員、相原久美子参議院議員、石橋通宏
参議院議員、初鹿明博衆議院議員、の同席の下、入管に面会活動を行っている
団体・個人13名が行っています。
入管の詳細がわかりますので、ご紹介いたします。

明らかになったこととして以下の項目が説明されています。
 (1) 全国の収容施設で被収容者数が増え、収容が長期化している
 (2) 全国の収容施設で収容される難民申請者が増加している
 (3) 収容施設外での診療が減っている
 (4) 被収容者数、予算ともに増加しているが、職員数は増えていない

・東日本入国管理センターとの質疑応答(公開版)(18/5/9 認定NPO法人 難
民支援協会)
 https://www.refugee.or.jp/jar/report/policy/2018/05/09-0000.shtml


4.==========================
 東日本の入管、記録虚偽記載や自殺問題 入管の処遇は
===========================

東京入管(東京都)や東日本入管センター(茨城県牛久市)で、病気が悪化し、
手術をしたものの術後の状態が悪く、病気の苦痛による入管への訴えが「騒
ぎ」として収められたり、職員による日誌の記載が実際の訴えと違ったり、日
誌と報告書の記載が違うというとんでもない事態が発覚しました。
また、長期収容を止めるよう、収容者がハンストで抗議したり、その中で送還
を苦に収容者が自殺したりする事件が起きています。
RAFIQが支援している収容中の難民からも、体調が悪く診療所への受診を申請
してもすぐには見てもらえないという訴えはよく聞きます。

● 東日本入管インド人自殺事件

2018年4月13日、東日本入管センター(茨城県牛久市)で、収容中のインド人
男性が死亡しました。死亡は搬送先の病院でしたが、発見されたときにはタオ
ルが首に巻かれた状態で収容所内シャワー室で倒れていたということです。
インド人は前日に仮放免不許可となっており、不許可になったことを苦にした
自殺ではないかと見られます。後日、このインド人は入国後3日以内に難民認
定申請をしており、難民不認定処分がおり、(送還のために)収容されていた
ものと見られます。
また、難民申請している人がたとえ不認定となったとしても、ノン・ルフルマ
ンの原則により、送還は認められません。

東京弁護士会、ほか関東の支援団体が声明を出しています。

RAFIQのHPにこの関連記事をまとめましたので、ご覧ください。

・RAFIQ 在日難民との共生ネットワーク|東日本入管インド人自殺事件
 http://rafiq.jp/date/2018/1804East_imm_Indian.html


● 入管も虚偽記載? 東京入管文書改ざんか!?

東京入管では、2017年6月、収容中のトルコクルド男性が虫垂炎の手術を受け
たものの、術後の処置を病院で行わせず、悪化し、腹膜炎を起こしたという件
で、収容者の訴えから暴言を吐いて、1ヶ月以上放置したにもかかわらず、本
人からの訴えが病院に連れて行く2日前だったと日誌で虚偽記載していたこと
が明るみになりました。
また、訴えの状態を日誌に記載したのと、入管の上司に提出した報告書との記
載が違うことも、関東の支援団体の調査で分りました。
このクルド人男性は命をとりとめ、現在は仮放免されています。

以下のブログをぜひお読みください。3ページあります。

・入管収容施設における医療放置の実態 急病人に逆らうなと恫喝
  (18/5/4 Pinkydragon~ SYI (収容者友人有志一同)Blog~)
 https://pinkydra.exblog.jp/27255662/

・収容中「診療1カ月放置」 東京入管、発症日虚偽記載か(18/4/23 東京
新聞)
 http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201804/CK2018042302000114.html
・入管への収容 病人放置は看過できない(18/4/26 信濃毎日新聞 社説)
 http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180426/KT180425ETI090005000.php


5.==========================
 今までの活動報告
===========================
【活動報告】

・4/17 難民カフェ ミニテーマ「難民出身国の文化を聞こう。イラン編」
(主催:ネオ難民カフェネットワーク /大阪市内)

・4/21 難民研究フォーラム・シンポジウム「難民受け入れにおける責任の分
担は可能か?」(主催:難民研究フォーラム /東京都)に参加
 案内:http://ngo-ayus.jp/2018/04/20180416-3/

・4/22~ なんみんハウス 環境整備+懇親会
  シェルター上のロフトや郵便受けなど老朽化しているところを修理・補強
  しました。1階事務所の押入れや台所の吊戸棚、、資料室の本棚の棚を増
  やしたりして収納力を高めました。
  9人がお手伝いくださいました。ありがとうございました。

・5/4 高槻ジャズストリート「社会貢献のひろば」にブース出店(主催:同
事務局 /高槻市)
  一時的に風が強かったり、雨が降ったりしましたが、盛況でした。

・5/5 GLORRYゼミ(難民問題研究会)ワークショップ(なんみんハウス)

・5/8 RAFIQ大阪入管面会

・5/12 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」(なんみんハウス)

・5/12 ボランティア説明会(なんみんハウス)

・5/13 2018世界難民の日関西集会実行委員会(なんみんハウス)

・5/14(月) 出前講座 大阪女学院大学


【支援する難民の状況】

・4月中旬 ガーナ人Cさん、在留資格を取得。5月、難民不認定処分取消裁判
を取り下げ。
・5/10 大阪入管収容者が大村入管センター(長崎県大村市)へ移送。
  中東出身で関空で収容された2名。二人とも約1年の収容。
  長崎県の支援者と連絡を取り合って支援を続行します。


【ホームページ更新履歴】(4/11~5/10)日にちは更新日
RAFIQのホームページのRAFIQ magazineで紹介しきれていない記事等を紹介し
ます。

・4/12 強制退去訴訟:ベトナム女性の処分取り消し 入管手続き不適切 名
古屋地裁判決(18/4/11 毎日新聞)
 https://mainichi.jp/articles/20180411/ddh/041/040/003000c

・4/12 「東京入管トルコ・クルド難民収容問題」を更新
 http://rafiq.jp/date/2018/1802Tokyo_Kurd.html
 (4/11に仮放免されたことを更新しました)

・4/25 RAFIQのリーフレットを新しくしました。
 リーフレット
   http://rafiq.jp/pdf/2018RAFIQ_leaflet01.pdf
  または
   http://rafiq.jp/rafiq.html
 講座のチラシ…
   http://rafiq.jp/pdf/RAFIQ_kouza_omote.pdf
  または トップページ
  または 各定例イベントの案内ページ
 寄付のお願い
   http://rafiq.jp/pdf/RAFIQ_kouza_ura.pdf
   http://rafiq.jp/donate.html

・4/28 RAFIQ English Page:Updated by "RAFIQ Magazine" April issue
   Refugees News http://rafiq.jp/eng/refugees_news.html
   RAFIQ Activites http://rafiq.jp/eng/activities2018.html

・5/4 ビルマ・ロヒンギャ:4/30までの記事を一挙紹介
 http://rafiq.jp/nanmin/rohingya.html#news

・5/7 韓国でキリスト教に改宗したイラン人…裁判所「迫害の懸念あれば難
民」(18/5/6 中央日報)
 http://japanese.joins.com/article/145/241145.html


6.==========================
 これからの予定
===========================

※ 世界難民の日関連の企画は「2」をご覧ください。
※ 主催記載のないものはRAFIQ主催です。

・5/15(火)19:00~ 難民カフェ
 ミニテーマ「6月20日の世界難民の日とは」
 場所:朱夏 大阪市北区中崎町1-1-18
    http://amanto.jp/groups/shuka/access/
 参加費:1500円(軽食と飲み物付き)
 主催:ネオ難民カフェネットワーク

・5/18(金)14:00~ 「大阪入管参観」に参加
 場所:大阪入管
 主催:アムネスティ・インターナショナル日本 国内人権ネットワーク

・5/20(日) 出前講座 近畿大学 国際学部

・5/23(水) 出前講座 近畿大学 総合社会学部

・5/26(土) 出前講座 関西国際保健勉強会「ぼちぼちの会」

・6/2(土)14:00~ 「GLORRYゼミ(難民問題研究会)ワークショップ
「もし、自分が難民になったら…」国外避難~入国管理局収容編」(要予約)
 場所:なんみんハウス
 参加費:500円
 定員:8名(会員、難民問題に関心のある一般の方)
 主催:GLORRY
 詳細:http://rafiq.jp/active/GLORRY_seminar.html

・6/3(日)10:00~ アフガンカフェ in 生野
 場所:生野区「よすが」
 主催:RAWAと連帯する会
 詳細:http://rawajp.org/?p=911

・6/9(土)14:00~ 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」
 場所:なんみんハウス
 参加費:1,500円(RAFIQ会員1,300円・学生1,000円)要予約
 詳細:http://rafiq.jp/active/nanminkouza.html

・6/9(土)16:00~ ボランティア説明会
 場所:なんみんハウス
 対象:初級講座「難民についてもっと知りたい」を受講された方
 詳細・予約:http://rafiq.jp/active/nanminkouza.html

・6/10(日)15:00~ 2018世界難民の日関西集会実行委員会
 場所:なんみんハウス

・6/12(火)13:00~ RAFIQ大阪入管面会
 集合場所:大阪地下鉄中央線「コスモスクエア駅」改札口付近
 要予約。 当日、身分証明書お忘れなく。
 詳細・予約:http://rafiq.jp/active/menkai_iko.html

・6/15(金) 出前講座 大阪大谷大学

・6/24(日)11:00開場 世界難民の日関西集会2018
 詳細は「1」をご覧ください。

・7/8(日)11:30~ 地球文化祭 Vol.2 GLORRY×Afghan
 場所:なんみんハウス
 主催:GLORY
 詳細:http://rafiq.jp/date/2018/180708EarthCultureFes.html


【難民の裁判情報】

難民不認定異議申立て(第2次審査)が却下されると、多くの難民認定申請者
はその処分取消を求めて提訴します。本人尋問でない限り、数分~数十分で終
わってしまいますが、弁護士から報告がありますので、ぜひ支援する立場で傍
聴をお願いします。
傍聴することは、その問題に国民が関心を持っていることを表し、裁判所への
圧力にもなります。

・5/17(木)14:00~ 難民不認定処分取消 第9回裁判 本人尋問
 原告:カメルーン難民Jさん
 法廷:大阪地裁806号法廷


7.==========================
 編集後記
===========================

4月27日の夕方、私たちは大変歴史的な場面を見ました。ネットやテレビや新
聞などで! まだまだ予断は許さないですが、1950年に起こった朝鮮戦争は、
休戦状態のまま現在に至っていましたが、「戦争状態を停戦にし、平和協定を
結ぶ」としたのです。
戦争の当事者である朝鮮と韓国が平和の手を結ぶことに半島の住む人民の思い
が集結されているように思います。
今まで「脱北者」と言われる朝鮮からの難民が出ていました。ほとんどが中国
に逃れ、韓国に渡った人が多かったのですが、日本にも流れ着き、韓国が受け
入れていたことを思うと、両国がこれからどんなふうに変わっていくのかは分
かりませんが、難民が出ることも徐々に少なくなっていくといいと思います。

日本は朝鮮戦争に深く関わっています。北朝鮮の圧政により脱北者が出たと思
う人が多いようですが、その原因を作ってきたのは第二次世界大戦前の日本に
あります。私たちは歴史をよく学んで、これからの両国とも平和を基本として
付き合っていきたいですね。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
※このメールは「まぐまぐ」を利用して配信しております。
※登録・解除はこちらでご自身の手でなさってください。
※ http://www.mag2.com/m/0000157082.html (まぐまぐから)
※ http://rafiq.jp/mag/mag_index.html (RAFIQ HPから)

バックナンバー: http://rafiq.jp/mag/mag_index.html

RAFIQ Magazine 2018年 5 月号 2018年 5 月 15 日発行

発行:在日難民との共生ネットワーク RAFIQ
ホームページ: http://rafiq.jp
お問い合わせ:TEL・FAX:06-6335-4440
       rafiqtomodati@yahoo.co.jp
発行責任者:Carlan

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ