RAFIQ Magazine

  • ¥0

    無料

「RAFIQ」とはアフガニスタン・ダリ語で「友だち」と言う意味です。おもに、西日本入国管理センター(大阪府茨木市)がある関西で活動しています。活動のお知らせや報告、難民・入管問題を月1回程度でお知らせします。難民問題に関心のある人はぜひ!

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
RAFIQ Magazine
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2018年07月15日
 
発行部数
469部
メルマガID
0000157082
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 団体 > NPO・NGO

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◯●◯---------------------------------------------------------●◯●
          在日難民との共生ネットワーク
       ★ RAFIQ  Magazine ★
    2018年 7月号 No.159 2018年 7 月 15 日(日)発行
◯●◯---------------------------------------------------------●◯●

 RAFIQのホームページ → http://rafiq.jp
 RAFIQの Twitter   → http://twitter.com/RAFIQ_network
 RAFIQのFacebook   → https://www.facebook.com/rafiqjapan/
 なんみんハウスWeb  → http://rafiq.jp/N-house/index.html

★★ ===========================
 RAFIQ緊急支援のお願い → http://rafiq.jp/donate.html
=========================== ★★

今年は梅雨入りも早く、梅雨明けも早くて、例年より早く夏が来ました。
夏に入る前の大雨はすごかったですね。皆様のところは大丈夫でしょうか。
RAFIQ Magazineはいつもどおり長めのメールマガジンでお届けします。


■■■ 今月のもくじ ■■■

1. UNHCR「世界難民の日」に向け2017年度世界難民数発表!
 6,850万人が強制移動、世界的な取り組み必要
2. 【緊急!】ガーナ難民男性の在留を求める嘆願署名のお願い
3. 6/24 「世界難民の日関西集会2018」報告
4. 勝訴後「難民不認定」となったスリランカ難民、再勝訴!
5. 今までの活動報告
6. これからの予定
7. 編集後記


1.==========================
 UNHCR「世界難民の日」に向け2017年度世界難民数発表!
 6,850万人が強制移動、世界的な取り組み必要
===========================

6月20日の「世界難民の日」に向け、6月19日にUNHCRは前年度の難民数を発表
しました。
2017年は、家を追われた人の数は6,850万人、そのうち紛争・迫害によって家
を追われた人は2,540万人になっており、UNHCRの単年度の統計では最大の増加
になっています。世界の人口の110人に1人が強制移動を強いられていることに
なります。

プレスリリースでは、

  2017年は、難民の強制的な帰還、政治利用、責任転嫁、などの事象が確認
  されており、不当に収容されたり、就労の機会を奪われたり、「難民」と
  いう言葉の利用さえ認めれらない国も確認されています。

ということにも触れられていました。

今回のレポートの内容では、日本についても言及しており、

  日本は特異的に低い認定率になっており、12,900人の処理数の内、認定は
  100人未満であり、率は1%以下になっている。

として、特に認定の少ない国として、ガボン・イスラエル・パキスタン・韓
国・日本 の国名があげられていました(世界の平均認定率は約40%です)。

日本の人道支援の内容が問われています。

・【プレスリリース】グローバル・トレンズ2017:強制移動は6800万人超、難
民への世界的な取り組みの重要性高まる - UNHCR Japan
 http://www.unhcr.org/jp/20021-pr-180619.html

・UNHCRグローバル・トレンズ・レポート(年間統計報告書)2017
 http://www.unhcr.org/5b27be547

なお、RAFIQのHPでは、グローバル・トレンズの紹介とメディア等の記事をま
とめて紹介しています。過去の紹介もありますので、ご覧ください。

・6/19発表 UNHCRグローバル・トレンズ2017関連(18/6/22 RAFIQ)
 http://rafiq.jp/nanmin/GlobalTrends.html#2018


2.==========================
 【緊急!】ガーナ難民男性の在留を求める嘆願署名のお願い
===========================

RAFIQが長く支援しているガーナ難民男性の在留資格を求める嘆願書を法務大
臣及び大阪入管に提出するため、皆様にご協力をお願いします。署名締切まで
あと10日に迫りました!

6月24日の「世界難民の日関西集会2018」に本人らがアピールを行いました。
その場で署名してくださった方、ありがとうございました。

 ●提出方法●

 提出締切:2018年7月25日(水) その後本人の出頭日に提出します。

・郵送で送付:RAFIQ 〒532-0002 大阪市淀川区東三国4-9-13
        なんみんハウス
・FAXで送付:06-6335-4440 (なんみんハウス)まで
・データで送付:rafiqtomodati@yahoo.co.jp まで
  Word版→署名入力して、印刷せず、メール添付でもOK!
  PDF版→署名記載後印刷して、写メやスキャンなど画像データにしてメー
     ル添付でもOK!

※ 嘆願書の内容、Word版、PDF版の署名データは以下にあります。

・RAFIQ 在日難民との共生ネットワーク| 【緊急!】ガーナ難民男性の在
留資格を求める嘆願署名
 http://rafiq.jp/date/2018/1807Ghana_shomei.html


3.==========================
 6/24 「世界難民の日関西集会2018」報告
===========================

6月24日に行われた「世界難民の日関西集会」には、約150名が参加してくださ
いました。大阪北部の地震直後の中、参加してくださった皆様ありがとうござ
いました。当日余震など何もなかったのが何よりでした。
高校生から70代までの多様な方が参加してくださいました。
当日スタッフとして、RAFIQの会員やボランティアが大活躍してくださり、無
事終えることが出来ました。

UNHCR 川内敏月さんからは、6月19日に発表された「グローバルトレンズ
2017」から世界の難民の現状、そして在日難民の現状とUNHCRの関わりをお話
くださいました。

朝日新聞記者 浅倉拓也さんからは、現在取り組んでおられる毎月1回発行の
GLOBEで取材した、世界の「壁」取材しての感想を中心にお話くださいました。

お二人への質疑応答のあと、支援団体やグループが、今回のテーマである「そ
ろそろ壁を壊しませんか?」に取り組んできた報告やアピールがなされました。
RAFIQとGLORRYも支援の方向性などをお話しました。

最後にこれが一番の壁である「制度」について、現状をRAFIQからお話しまし
た。

報告は「世界難民の日関西集会2018」ホームページに掲載されています。
集会の様子の画像などもアップされています。是非ご覧になってください。

・世界難民の日関西集会2018
 https://refugeekansai18.wixsite.com/wrldrfg2018kansai

・集会簡単報告
 https://docs.wixstatic.com/ugd/dcf796_acd415b3d3d04f0696cd52b2222156ea.pdf

・当日講演内容等資料
 https://refugeekansai18.wixsite.com/wrldrfg2018kansai/blank-4


4.==========================
 勝訴後「難民不認定」となったスリランカ難民、再勝訴!
===========================

7月5日、東京地裁でスリランカ難民の難民不認定処分取り消し「再」訴訟で勝
訴しました!! 久しぶりのうれしいニュースです。

この方は、6月24日の「世界難民の日関西集会2018」で名古屋難民支援室の報
告でも取り上げられていた方で、大阪地裁で2011年に勝訴したにもかかわらず、
法務大臣が紛争が終結して安全になったという理由で、難民認定をしなかった
方です。
何年もかかって裁判でやっと勝訴しても、法務大臣が認定しないというケース
が増えています。この判決は画期的な勝訴!です。

判決は法務大臣に「難民認定を命じ」ているため、きちんと履行しなければな
りません。

難民の申請等に関する経過やメディアの記事などをまとめたものをwebに掲載
しました。こちらも合わせてお読みください。

・RAFIQ 在日難民との共生ネットワーク|スリランカ難民 勝訴後の「難民
不認定」取消求め再訴訟
 http://rafiq.jp/date/2018/1807SriLanka.html


5.==========================
 今までの活動報告
===========================

【活動報告】

・6/16 「山中章子アナウンサーが出会ったロヒンギャ難民の子どもたち」
(主催:FNSチャリティキャンペーン、UNICEF、カンテレ /大阪市)にブー
ス出展、アピール

・6/16~17 難民の映画「ソニータ」上映会(主催:ネオ難民カフェネット
ワークとの共催 /大阪市)

・6/19 「難民カフェスペシャル・フィンランドでの難民支援に関わって」
(主催:ネオ難民カフェネットワーク /大阪市内)

・6/24 世界難民の日関西集会2018(主催:同実行委員会 /大阪市)

・7/8 地球文化祭 Vol.2 GLORRY×Afghan(主催:GLORRY なんみんハウス)
  約35名の方が来場してくれました。難民の方とじっくり話せ、楽しいため
  になる1日が過ごせました!

・7/9 出前講座 多文化共生人権研修集会

・7/10 RAFIQ大阪入管面会

・7/10 カメルーン難民Jさん裁判傍聴

・7/14 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」(なんみんハウス)

・7/14 ボランティア説明会(なんみんハウス)

・7/15 2018世界難民の日関西集会実行委員会(主催:同実行委員会 なんみ
んハウス)

【ホームページ更新履歴】(6/11~7/10)日にちは更新日
RAFIQのホームページのRAFIQ magazineで紹介しきれていない記事等を紹介し
ます。

・6/18 なんみんハウスWeb:「グッズ」のページを更新
 http://rafiq.jp/N-house/goods.html

・6/18 外国人就労拡大の陰で 入管「長期収容者」の実態は? 自殺、病気…
07年以降死者13人(18/6/16 西日本新聞)
 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/425062/

・6/18 難民申請:シリア男性、待望のだんらん 桑名在住のサワスさん 家
族呼び寄せに5年(18/6/17 毎日新聞)
 https://mainichi.jp/articles/20180617/ddq/041/040/006000c

・6/22 大村入国管理センター等の長期収容者について仮放免等収容代替措置
の活用による速やかな解放等を求める理事長声明 (18/6/21 九州弁護士連
合会)
 http://kyubenren.org/seimei/180621seimei.html

・6/22 茨城)難民申請者、長引く収容 牛久のセンターの中は?(18/6/20
 朝日新聞)
 https://www.asahi.com/articles/ASL6M2SMJL6MUJHB002.html

・6/27 RAFIQ English Page:Updated by "RAFIQ Magazine" June issue
   Refugees News http://rafiq.jp/eng/refugees_news.html
   RAFIQ Activites http://rafiq.jp/eng/activities2018.html

・6/30 「シリア・アラブ共和国から避難する人々の国際保護の必要性につい
て」更新V (2017年11月3日 UNHCR、PDF)
 http://bit.ly/2KORYJV
 International Protection Considerations with regard to people
fleeing the Syrian Arab Republic, Update V (2017/11/3 UNHCR)
 http://www.refworld.org/docid/59f365034.html

・6/30 大阪弁護士会が大村入国管理センターに勧告 収容中のベトナム人男
性に仮放免許可を(18/6/29 産経新聞)
 https://www.sankei.com/west/news/180629/wst1806290016-n1.html

・7/4 ビルマ・ロヒンギャ:6/30までの記事を一挙紹介
 http://rafiq.jp/nanmin/rohingya.html#news

・7/4 南スーダン難民報告 独立の果てに(18/6/24~18/6/28 毎日新聞)
 https://mainichi.jp/ch180600027i/%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E3%81%AE%E6%9E%9C%E3%81%A6%E3%81%AB

・7/7 “不法滞在者”か“難民”か? ~19歳クルド人 日本への告白~
(日向史有)(18/7/6 Yahoo!ニュース)
 https://news.yahoo.co.jp/byline/hyugafumiari/20180706-00088225/

・7/10 なんみんハウスWeb:資料室の所蔵書籍・資料のリストを更新
 http://rafiq.jp/N-house/siryousitu/siryousitu_index.html


6.==========================
 これからの予定
===========================

・7/17(火)19:00~ 難民カフェ
 場所:朱夏 大阪市北区中崎町1-1-18
    http://amanto.jp/groups/shuka/access/
 参加費:1500円(軽食と飲み物付き)
 主催:ネオ難民カフェネットワーク

・7/25(水) 出前講座 クラーク高校

・7/25(水)18:30~ ワークショップ難民
 場所:神戸青少年会館 5Fレクリエーションホール
 参加費:無料 要予約
 主催:(公財)アジア福祉教育財団難民事業本部など
 詳細:http://rafiq.jp/date/2018/1806wrd_event.html

・7/28(土) 出前講座 大阪国際交流センター

・8/4(土)14:00~ 「GLORRYゼミ(難民問題研究会)ワークショップ
「もし、自分が難民になったら…」国外避難~入国管理局収容編」(要予約)
 場所:なんみんハウス
 参加費:500円
 定員:8名(会員、難民問題に関心のある一般の方)
 主催:GLORRY
 詳細:http://rafiq.jp/active/GLORRY_seminar.html

・8/5 出前講座 開かれれゆく対話の文化祭

・8/11(土)14:00~ 難民初級講座「難民についてもっと知りたい」
 場所:なんみんハウス
 参加費:1,500円(RAFIQ会員1,300円・学生1,000円)要予約
 詳細:http://rafiq.jp/active/nanminkouza.html

・8/11(土)16:00~ ボランティア説明会
 場所:なんみんハウス
 対象:初級講座「難民についてもっと知りたい」を受講された方
 詳細・予約:http://rafiq.jp/active/nanminkouza.html
 
・8/14(火)13:00~ RAFIQ大阪入管面会
 集合場所:大阪地下鉄中央線「コスモスクエア駅」改札口付近
    要予約。当日、身分証明書お忘れなく。
 詳細・予約:http://rafiq.jp/active/menkai_iko.html

・8/21(火)19:00~ 難民カフェ
 場所:朱夏 大阪市北区中崎町1-1-18
   http://amanto.jp/groups/shuka/access/
 参加費:1500円(軽食と飲み物付き)
 主催:ネオ難民カフェネットワーク

・8/29(水) 出前講座 豊中人権センター


【難民の裁判情報】

難民不認定異議申立て(第2次審査)が却下されると、多くの難民認定申請者
はその処分取消を求めて提訴します。本人尋問でない限り、数分~数十分で終
わってしまいますが、弁護士から報告がありますので、ぜひ支援する立場で傍
聴をお願いします。
傍聴することは、その問題に国民が関心を持っていることを表し、裁判所への
圧力にもなります。

・9/4(火)16:00~ 難民不認定処分取消 第11回裁判
 原告:カメルーン難民Jさん
 法廷:大阪地裁806号法廷


7.==========================
 編集後記
===========================

最後になりましたが、6月18日の大阪北部の地震や、7月に入ってからの台風7
号とその後に引き続いた広範囲な大雨の被害に遭われた方へ、心からご冥福と
お見舞いを申し上げあげます。

大阪北部の地震では事務所のなんみんハウスがある淀川区は震度5で、なんみ
んハウスは古い民家ですが、無事でした。
コア会員の中には、家の中が散乱したという方もいましたが、現在に至るまで、
ケガやライフラインの被害報告はありませんでした。

台風7号以後の大雨でも、支援者等が利用する交通機関がストップするなどが
あり、支援の予定だった方がなんみんハウスに来られないということがありま
したが、人的物的被害はありませんでした。

また、私たちが支援する難民のみんなも大きな被害はありませんでしたので、
ご安心ください。多方面の皆様からご心配を頂き、ありがとうございました。

地震や大雨は今後も予想される天災です。日々、気をつけて過ごしましょう。
なんみんハウスの地域では「防災マニュアル」があります。これをもとに難民
の方や外国人の方にもわかるようにして共有し、地域の防災にも協力していき
たいと思います。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
※このメールは「まぐまぐ」を利用して配信しております。
※登録・解除はこちらでご自身の手でなさってください。
※ http://www.mag2.com/m/0000157082.html (まぐまぐから)
※ http://rafiq.jp/mag/mag_index.html (RAFIQ HPから)

バックナンバー: http://rafiq.jp/mag/mag_index.html

RAFIQ Magazine 2018年 7 月号 2018年 7 月 15 日発行

発行:在日難民との共生ネットワーク RAFIQ
ホームページ: http://rafiq.jp
お問い合わせ:TEL・FAX:06-6335-4440
       rafiqtomodati@yahoo.co.jp
発行責任者:Carlan

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ