お金になる英語 投資家向け英字新聞 Pick up!

  • ¥0

    無料

朝のひととき、わずかな時間で英語を学び、ついでにお金持ちに。投資で成功するためには、広く英語圏の情報も活用する方が良いです。国内メディアと海外メディアの視点はかなり異なります。投資家であり、かつ公認会計士の著者は、何よりも自分自身の学びのために発行しています。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
お金になる英語 投資家向け英字新聞 Pick up!
発行周期
週刊
最終発行日
2012年03月31日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000158260
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 株式 > 投資情報

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号




Alles Gute. 楽しい投資研究所の庄司です。

ちょっと前、Google+ に楽しい投資研究所の出張所を設けました。
たとえばこんな、投資に関するコラムを書いています。

---
オリンパスの株主が、株価下落で損害を被ったとしてオリンパスに損害賠償を請求。
仮に勝ったとして、株主が株主に賠償金を支払うという、ぐるぐる回る形になるのだろ
うか。
[オリンパス株主の集団訴訟。株主が会社を訴えるということ]
※続きはこちらから。 http://bit.ly/HwqHVz
---

よろしければご覧ください。

さて、今回のテーマは「胃の痛い監査人」です。
本編をどうぞ。

---
(英語力と投資力を同時に高める欲張りメールマガジン)
『 お金になる英語 投資家向け英字新聞 Pick-up ! 』
* 中国企業の決算と、胃の痛い監査人 *
---
「経験則だけでは不足する。未経験のリスクに備えよ」
http://amzn.to/m8lozc
当メルマガ発行人の著書 バフェットの謎 発売中です。
---

[ 本編 ]

□Picked-up today

"Auditors on alert ahead of Chinese results season"

A new wave of scandals involving Chinese companies listed overseas could hit
New York and Hong Kong in the coming weeks as the annual results season gets
under way with auditors on high alert for fraud.

[Financial Times, March 26 2011]



(Vocabulary)
auditor : 監査人
alert : 油断なく気を配っている
result season : 結果の季節、すなわち決算発表シーズン
fraud : 詐欺行為、つまり粉飾決算のこと



(記事概略)
12月決算中国企業の決算発表の期日(3月末日)を控え、監査人が受けるプレッシャー
が強まっている。不正がおそろしい。

大手会計事務所デロイト トウシュ トーマツは、ここ2週間で、香港に上場する中国
企業2社(子供服メーカーのBoshiwa Internationalと、粉ミルクメーカー Daqing
Dairy Holdings)の監査人を辞任した。

監査人による辞任は極めてまれな出来事であり、投資家はこれを赤信号と受け止めた。
デロイトの辞任後、取引停止までの間にBoshiwa社の株価は36%下落した。

昨年、デロイトはLongtop社の監査人を辞任してもいる。同社は昨年8月にニューヨーク
証券取引所を上場廃止となった。

監査証拠が偽造される恐れも高まっている。多くの監査人は昨年、銀行確認状を郵送で
受け取ることをやめた。代わりに直接銀行へ赴き、確認状を直接受け取ることにしたの
である。



□SHOJI's comment


最近、大手会計事務所のデロイトは、香港証券市場に上場する中国企業2社の監査人を
立て続けに辞任した。監査意見を付すのがおそろしいがためである。

油断しようものなら、とんでもない内容の財務諸表(粉飾された決算書)にサインさせ
られてしまう。そういう実績(前科)があるからこそ、監査する側も戦々恐々とならざ
るをえない。


"The Bloomberg China Reverse Merger index" という興味深い指数がある。

上場企業を買収する形で、正規の上場審査を経ることなく、上場企業の地位を手に入れ
た、いわゆる「裏口上場」をなした中小の中国企業86社から成る株価指数である。

この株価指数、2010年初頭から△67%という下落を見せている。これら企業群のPER水
準は4.6倍。S&P500採用企業群のPER水準が14.4倍であることを考えれば、かなりのもの
である。


信用の差が数字に表れている。市場の評価額を観る限り、中国企業群の信用度は低い。

良くいえば伸びしろがあるともいえるが、今はどの企業が投資適格といえるのか、僕に
はとんと分からない。

なので、現段階で中国企業に投資しようとは思わない。

ただ、次の世代が経営トップに立つ頃、中国企業群の本当の恐ろしさを僕たちは感じる
ことになるのではないか、とは思っている。



□このメルマガの著者は、他にこんなメルマガも発行しています。

メールマガジン「投資家さん、会計の勉強しませんか?」

優れた投資家とは例外なく会計知識に富んだ者たちである!というのが私の
観察結果です。なので、投資に役立つ会計の勉強をしましょうよ、という
趣旨のメルマガです。


※著者としては月刊を目標に発行しています。が、実質不定期配信の状態
ですね。反省。


これを読んでくださっているのもきっと何かの縁ですよ。なのであなたに
ぜひ、登録して読んでいただきたいのです。しかも無料ですので。
無料ですが全力で書いています(有料レベル)。

※こちらからご登録ください。バックナンバーも読めますよ。
 → http://archive.mag2.com/0000151650/



□お知らせ:当メルマガ発行者の著書「バフェットの謎」発売中です

アマゾンで立ち読みもできるのです。さっそく立ち読みをどうぞ
 → http://bit.ly/aQN8Gz



□ツイッターやっています。
>> http://twitter.com/#!/bahette1


□長文コラムは Google+ にて。
>> https://plus.google.com/114075077668576642663/posts



□「編集後記」としての近況報告

仕事のためにポータブルWi-Fiを買いました。
複数の端末を同時接続可能だというので iPod touch もついでに買いました。
これがまたどちらも便利で驚いています。


※↓もうひとつの編集後記に続きます。
---
発行者:庄司 卓矢(投資家, 公認会計士)

楽しい投資研究所 http://www.1toushi.com/

※発行者へのメッセージは、このまま返信してお送り下さい。

当メルマガの登録・解除はこちらから
・まぐまぐ!:http://bit.ly/mVf4p1
・メルマ!:http://bit.ly/mVnJqj
・めろんぱん:http://bit.ly/pfMwQO

Copyright (c) 2012 All rights reserved by Takuya Shoji
---

□もうひとつの編集後記

Kindle用に買っているFinancial timesや Foreign affairs、普通に紙ベースで購読
している The Economistも全部、iPod touchで読めるのです。しかも表示が美しい。
辞書機能も普通に使えて、なんなんだこれは。

iPhoneやiPod touchなんてなんだかな~、おもちゃじゃないの、とか思っていて
まじごめん、といった心境です。



本日の「お金になる英語」は以上です。最後まで読んでくれたあなたに
ありがとう!(庄司)


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ