現役翻訳者直伝!翻訳者になるための超基本情報

  • ¥0

    無料

現役の医薬翻訳のプロが、真剣に翻訳者になりたい人向けにお役立ち情報を配信します。翻訳分野の選び方、勉強方法、仕事を獲得する方法、必要な辞書、翻訳者同士のネットワークの作り方、業界団体の情報、Google検索などリサーチ技術など。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
現役翻訳者直伝!翻訳者になるための超基本情報
発行周期
不定期
最終発行日
2010年11月25日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000158666
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

        現役翻訳者直伝!翻訳者になるための超基本情報


*************************************




翻訳お役立ち情報コーナー


*************************************




皆様、こんにちは。

マジェンカです。


NEJM にあったアブストラクト(November 25, 2010)です。

背景と結論部分をみます。


Diets with High or Low Protein Content and Glycemic
Index for Weight-Loss Maintenance



Background

Studies of weight-control diets that are high in protein or low in

glycemic index have reached varied conclusions, probably owing to the fact

that the studies had insufficient power.



Conclusions

In this large European study, a modest increase in protein content and a

modest reduction in the glycemic index led to an improvement in study

completion and maintenance of weight loss.


★ 和訳例 ★

グリセミック指数の高い食事と低い食事の比較

背 景

減量を目的とした高蛋白食と低グリセミック指数食に関する研究ではさまざまな結

論が得られているが,研究の検出力が不十分であったことがその原因と考えられる


結 論

今回の欧州の大規模な研究では,蛋白含量をやや高くしグリセミック指数をやや低

くすると,研究完了例の増加と体重減少の維持につながった.


★ 用語解説 ★

☆ 背景の部分に the studies had insufficient power.とあります。

「研究の検出力が不十分であった」と訳されています。power を検出力と
訳せるか、ポイントです。

☆ 結論の部分に modest がでてきますが

訳文で、やや としていますね。

an improvement in study completion を

研究完了例の増加 としているのも、単に直訳していては
でてこない訳文です。


ダイエット効果を維持するにはこうしたらいい、というヒントが
あり、興味深い内容でした。


★ 要注意 ★

ところで、日本語でも英語でも混同がおきているのが
Case です。


症例は、通常 case となりますが
しばしば、日本語でいう症例と
英語のcaseとが一致しない場合もあります。

日本語では、症例が患者と同じ意味で
使われている場合もあります。

ただそれが患者を指すなら、英語では
patient とすべきです。

英語のcase は基本的に「疾患の状況を説明した事例」
を意味するので、caseとpatientとは同じではありません。

気をつけましょう。



**********************************

タイトル:「現役翻訳者直伝!翻訳者になるための超基本情報」
発行者:マジェンカ
サイト:http://www.iyaku-honyaku.net/

Copyright(c)2009 医薬翻訳ネット All Rights Reserved。

ご意見・ご感想はこちらまで
iyaku2007@yahoo.co.jp

購読解除は
http://www.mag2.com/m/0000158666.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ