目指せ知財エキスパート

  • ¥0

    無料

エレクトロニクス関連の知財情報、知的財産検定試験・弁理士試験の受験に役立つ情報を配信する

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
目指せ知財エキスパート
発行周期
ほぼ週刊
最終発行日
2016年10月17日
 
発行部数
330部
メルマガID
0000158775
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マナー・一般常識 > 一般常識

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

目指せ知財エキスパート      第306号 2016年10月17日

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【目次】

1.はじめに
2.2016年ノーベル化学賞の発表
3.読んで置くと良いHP記事

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.はじめに

 毎年9月頃になるとノーベル賞を誰が受賞しそうかとの憶測記事が流れます。
 
 特に医学・生理学、物理学、化学、経済学の分野ではClarivate Analytics社
 の予測記事の的中率が高いと言われています。

 今年のノーベル医学・生理学賞を受賞された大隅良典氏(東京工業大学・フロ
 ンティア研究機構特任教授)は、Clarivate Analytics社の2013年9月25日記事
 (下記)で、ノーベル医学・生理学賞を受賞できそうと書かれていました。

 「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を発表。日本からは、東京工業大学の細野
 秀雄氏、大隅良典氏、東京大学の水島昇氏(2013年9月25日)
 http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2013/
 nobel-laureates/#win2016_med

 ノーベル医学・生理学賞を受賞された大隅良典先生にお祝いを申し上げます。
 できたら、ノーベル財団に大隅先生の奥様を共同受賞者に選んで欲しかったと
 思います。

  
2.2016年ノーベル化学賞の発表

 今年のノーベル医学・生理学賞を受賞された大隅良典先生の業績に関する解説
 がマスコミでたくさん報道されていますので、このメールマガジンでは、分子
 機械の設計と合成の研究成果で今年のノーベル化学賞を受賞された、フランス
 ストラスブール大学(受賞対象の研究の現場、以下同様)のJean-Pierre
 Sauvage博士、米国ノースウェスタン大学のFraser Stoddart博士、オランダ
 フローニンゲン大学のBernard Feringa博士の研究成果を話題にします。

 ところで、「機械」とは何でしょう。辞書を引くと、「動力を受けて、目的に
 応じた一定の運動・仕事をするもの」と定義されています。指示を受けて動く
 装置や道具を意味しているようです。

 運動や仕事をさせるための「機械」を有機高分子を合成して作る研究成果で受
 賞者はノーベル化学賞を受賞されたのです。

 1983年ころ、Jean-Pierre Sauvage博士は複数の環状高分子を鎖のようにつない
 でカテナン(複数の環が鎖のように共有結合を介せずに繋がった分子集合体)
 を作ることに成功しました。結合部を動かすことのできる鎖状の機械的な結合
 が分子機械実現への第一歩となったと判断されたようです。

 1991年ころ、Fraser Stoddart博士は環状分子を細い分子の軸が貫いたロタキサ
 ン(環状高分子を棒状高分子が貫通し、棒状高分子の軸の両末端部に軸が抜け
 なくなるような末端基を結合させることで、環状高分子が棒状高分子軸から抜
けなくなった構造の分子集合体)を作成し、棒状高分子軸に沿って環状高分子
 を動かしました。Stoddart博士の研究活動はchem-stationの下記2008/10/13付
 け記事で見られます。

 フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
 http://www.chem-station.com/chemist-db/
 archives/2008/10/-james-fraser-stoddart.php

 下記Bernard Feringa博士の研究室のHP記事によると、現在、Bernard Feringa
 研究室では、有機高分子スイッチ(Molecular Switches)、有機高分子モータ
 (Molecular motors)の研究を進めているとのこと。

Bernard Feringa Research Group
 http://www.benferinga.com/research_sub1.php#motors


3.読んで置くと良いHP記事

この記事に関してもっと詳しく知りたい方は下記HP記事を参照ください。

・Clarivate Analytics社(旧トムソン・ロイター IP&Science)
 http://ip-science.thomsonreuters.jp/

・Web of Science Predicts 2016 Nobel Prize Winners:
 http://ipscience.thomsonreuters.com/news/
 web-of-science-predicts-2016-nobel-prize-winners/

・Press Release: The Nobel Prize in Chemistry 2016、5 October 2016
 http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/
 chemistry/laureates/2016/press.html

・How molecules became machines
 http://www.nobelprize.org/nobel_prizes/chemistry/
 laureates/2016/popular-chemistryprize2016.pdf

 
■■■■■■■■■■■■ 編 集 後 記 ■■■■■■■■■■■■■■■

今年のノーベル化学賞、ノーベル文学賞はチョットびっくりした内容でした。
来年は、だれが受賞するでしょうか。楽しみです。
 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

●本メールマガジンでは、正確さを心がけますが、筆者の誤解、誤記が有り得
ます。利用者自身の責任で本内容を判断して利用下さい。
●本メールマガジンは原文のまま自由に転送できます。
●著作権は本メールマガジン発行者が所有します。
●発行者:epatentsearcher
●発行者サイト:http://epatentsearcher.at.webry.info/
●問い合わせ:epatentsearcher.Nospam@yahoo.co.jp
(@の前の.Nospamを消して送信下さい)
●登録と解除:http://www.mag2.com/m/0000158775.htm
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ