ギター名曲ワンポイントレッスン

  • ¥0

    無料

「禁じられた遊び」「アルハンブラの思い出」をはじめとするクラシックギターの名曲を少しずつとりあげ、その演奏法を解説します。発行者(広垣進)の音楽日記もあります。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ギター名曲ワンポイントレッスン
発行周期
第2・4水曜日
最終発行日
2017年10月11日
 
発行部数
208部
メルマガID
0000160149
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 音楽 > 楽器

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 講座風メールマガジン~「ギター名曲ワンポイントレッスン」 ■

発行;広垣 進(伊勢市)        …… 第2、第4水曜配信
HP;http://www.amigo.ne.jp/~hiro7167/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


27.カナリオス(サンス)

1)編曲(使用する楽譜)について

私の手元にある楽譜を見てみますと、大きくわけて、2種類のものが出
ているように思います。
ひとつは「東京音楽書院」の「学生のためのスペインギター名曲集」ほ
かに代表される2頁程度の短いもの(編曲者は明記されていません)、
もうひとつはイエペス編「スペイン組曲」に代表される何頁にも及ぶ長
いものです。
前者は第6弦がEのまま、後者は第6弦をDに下げます。
私の場合、前後に弾く曲によって、とぢらを使うかを考えるようにして
います。
「調弦は変えずに、別の調性の曲をもってきたい」という理由により、
最近は前者の楽譜を使うことが多くなってきました。


2)リズム

8分の6拍子と4分の3拍子が交互に出てくるリズムがいのちです。
中南米の作品でよく使われますね。
ラウロの「ヴェネズエラ風ワルツ」などでは、この2つのリズムがメロ
ディーと伴奏、同時に刻まれますのでやっかいですが、この曲ではもう
少しシンプルです。
でも、慣れないと結構難しいものです。
このリズムを体得するには、楽器を置いて、「イチトニイトイチニイサ
ン」とか「イットニイトイチニッサン」とかを繰り返して唱えてみる方
法がお勧めです。
これに軽く手拍子などを添えたり、鉛筆で机の隅を軽くたたいたり……
というのもいいでしょう。
これだったらどこででもできますね。


3)消音のこと

低音は開放弦が多いです。
開放弦の低音は、弾くときはラクですが、いつまでも鳴ってくれている
ので困りものです。
放っておくと音楽に関係のない、非和声音が鳴っていて響きが濁ってき
ます。
放っておかれた低音が次の和音に含まれる音の場合は、「濁る」という
ほどではなくても、透明度が落ちます。
これを防ぐには、テンポの遅い曲ですと、たとえば第5弦を消音したい
ときに、次の低音弦を弾いた直後に、親指が瞬間的にまわりこんで、第
5弦に触れる(次が第6弦のときは、これをアポヤンドするだけ)……
という方法があります。
が、この曲の場合、テンポが速く右指で消す余裕がありませんよね。
また、右指で消していると、指のコントロールがきかなくなりますよね。
一般的には、空いている左指を使って消す……という方法がありますが、
これまた、このような速い曲では難しいです。
そこで私は数箇所、開放弦で弾ける音を、敢えて隣の低音弦で弾くよう
にしています。
たとえば、第4弦の開放弦の代わりに第5弦の第5フレットを押さえ…
という具合です。
これですと左指を離すだけなので消音は簡単です(もっとも、限られた
箇所しか、この方法は使えませんが)。
――――――――――――――――――――――――――――――――

<私の音楽日記>  http://blog.goo.ne.jp/hiro7167

10月6日(金) 「一晩考えます」

今日は志摩観光ホテルでのライブの日です。
「今日は一日中雨」という予報でしたが、朝5時の段階で降っていなか
ったので、「しめしめ、今のうちに」と思い、還暦記念コンサート(来
週末)に弾く曲のうち、唯一、今夜のライブで「弾かないぞ」と決めて
いる曲、バッハの「シャコンヌ」を(一日ブランクになるのを避けるた
め)一度通して三郷山に向かいました。
「シャコンヌ」は演奏時間も長く、指も酷使する曲です。そのため、普
段の練習において、少し疲れた状態で弾き始めてしまうと、「こんなに
弾けないのでは、とても人前には出せないな」というひどい出来栄えに
なることも珍しくありません。
でも今日は元気に弾き切りました。そしてまだ薄暗い三郷山を歩きなが
ら、「極力疲れていない状態で本番を向かえるようにした方が、絶対い
いな」と思いました。プログラム原稿はまだ作成していません。幸い、
ライブをやっている関係で、
手がけている曲は多く、(シャコンヌ以外の曲を)さしかえる選択肢は
たくさんあります。
といっても、コンサートは1週間後ですので、明日には全曲決定し、決
めた曲に集中していかねばなりません。今夜のホテルライブでの出来ば
えを振り返って、一晩考える……というのが自然でしょうね。


10月10日(火) 「ショパンかタレガか」

6日(金)の続きになります。
この日の晩、ホテルライブでショパンの「ノクターン」(自編)を弾い
ていて「やはり左手がきついな。この後、シャコンヌを弾くには、ちょ
っとリスクがあるぞ」と思いました。「ノクターン」自体は毎回のライ
ブでとりあげています。弾けない曲(編曲)ではありません。でもセー
ハが多く、左手にいくらかの疲れが残ります。
で、昨日印刷した還暦記念コンサートのプログラムからこの曲が消えま
した。代わりにタレガの「マリエッタ」「アデリータ」の2曲が入って
います。
自分の中ではショパンのピアノ曲とタレガのギター曲はよく似た位置を
占めます。「ギター本来の響きを無理なく出せる」という意味ではやは
りタレガに軍配が上がりますが、「クラシックの名曲」を期待してみえ
る方にば申しわけない曲目変更かもしれません。けれど「ノクターン」
はこれから先も、演奏する機会がいくらでもあるでしょう。


――――――――――――――――――――――――――――――――

<コンサート情報等>

★ご案内/広垣
http://blog.goo.ne.jp/sh72 ……をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼購読・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0000160149.html
http://www.melma.com/backnumber_152232/
――――――――――――――――――――――――――――――――
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ