猪股 真のYesなビジネスの作り方(CSRマーケティング)

  • ¥0

    無料

株式公開(IPO)を目指す会社の経営戦略とマーケティング、M&AをメインとしたCSR経営のコンサルタントが、起業・創業期から上場監査前までのコンプライアンス経営やマーケティング、ファイナンス等のお役立ち情報をお送りしています。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
猪股 真のYesなビジネスの作り方(CSRマーケティング)
発行周期
不定期刊
最終発行日
2017年10月02日
 
発行部数
634部
メルマガID
0000160283
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 一般ニュース > 社会

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■猪股真のYesなビジネスの作り方(CSRマーケティング)
~正しいマーケティング経営実践でポジションを強化する~
http://www.mag2.com/m/0000160283.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2017/10/01━

こんにちは。
経営コンサルタントの猪股真です。

株式公開(IPO)を目指す会社の経営戦略とマーケティング
M&Aをメインに、起業・創業期から上場監査前までの
コンプライアンス経営やファイナンス等のお手伝いを
しています。


----------------------------------------------------
◆このメルマガの内容とは?

グローバル経済の時代にあって、企業経営に社会的責任が
求められます。この社会的責任は、自由競争の一方で法令
遵守によるコンプライアンス経営が求められるもので、
安心・確実なマネジメントに繋がります。

多くの企業は、コンプライアンスを「法令遵守」と訳して
いますが、狭義の法令遵守では企業統治はできません。

このメルマガ読者の皆さまは、コンプライアンスを
「お天道様に向かって恥ずかしくないこと」と訳してみて
ください。

今日は何をして、明日はどこに向かうべきか、
自ずと答えは導きだせると思います。

 - - - - - - - - - - - -

安倍首相が衆議院を解散して、事実上の選挙戦が始まり
ました。

民進党の既公認取消しと希望の党への公認申請による、
こちらも事実上の合流を目指すことによって、政党が
再編しそうですね。

中長期的に政党再編は予想されていたことですが、想像を
超えるダイナミックな動きで驚かされます。

普段の国会でも、このくらいダイナミックに物事を進めて
もらいたい思いましたが、さて選挙結果はどうなるので
しょうか。


----------------------------------------------------
◆ドローン飛行許可サービスをリリースしました。

先月は、埼玉県小川町での音楽フェスの情報をお伝え
しましたが、今月は新サービスリリースのニュースを
お伝えしたいと思います。

私の事務所の行政書士部門で、ドローンの飛行許可取得を
支援するサービスを正式にリリースしました。
http://drone.solicitoroffice.com/

「ドローンて、あのオモチャのドローンですか?」と
聞かれそうですが、はいそうです。ドローンは勝手に
飛ばしてはいけません。航空法によって規制されます。

先日も京都でドローンを飛ばした人が逮捕されました。

まったくダメという訳ではないのですが、2つの考え方と
いくつかの具体的な方法の組み合わせによって、禁止
されています。

ここで全てを挙げることは難しいのですが、だいたいの
イメージをお伝えすると、

・人または物から30m以上の距離が確保できない場所
・人家の密集している地域
・空港の周囲
・地表150m以上
・夜間飛行
・目視外飛行
・イベント会場上空
・物の投下
・危険物の輸送

これらの場合は原則禁止で、ケース・バイ・ケースによって
許可等の申請手続きが必要です。

ドローン以外にも、ラジコンのヘリや飛行機でも重量が
200g以上になれば、同じように許可等が必要です。

つまり、ドローンの登場によって新たに法規制が敷かれた
分野と考えていただけると理解しやすいかと思います。

ただ一方で、ドローンを飛ばしてみたい、趣味や仕事で
活用したいという方もいらっしゃるでしょう。そういう
人はぜひ前向きに捉えて、正々堂々と許可を取得して
活用していただきたいと思います。

さて、許可取得の実態ですが、ドローンそのものが新しい
道具ということもあり、当初は試行錯誤の部分もあった
制度ですけれども、本年度からある程度の形がまとまって
きまして、制度そのものが更新されました。

今年からの新制度では、誰でもどこでもという訳ではなく、

・操縦士育成機関の講習を受講すること
・ドローン損害保険に加入すること

この2点がポイントで、現時点ですべてのケースで義務
ということではありませんが、【例えばイベント会場の
上空からドローンで撮影したい】といった場合には、
直下に大勢の人がいることが想定されますので、許可を
取得するのが難しい事案といえます。

難しいというのは、ドローンや許可等の制度が新しいと
いうこともありますが、技術が現在進行形で進化中と
いう側面もあり、ケース・バイ・ケースによって簡単
だったり、難しかったりするということになります。

許可申請は飛行計画の3週間前までに必要です。

もし空撮や大きな物件の検査などのビジネスニーズで
ドローン飛行をさせたいという場合には、上記の全ての
準備を万全に整えたうえで、許可申請を進めることを
お勧めします。

私どもの事務所では、ウェブ完結で申込み・決済から、
国土交通省の事前審査まで終了させて、あとはハンコを
押して出すだけというところまで最短スケジュールで
ご提供できますので、ぜひ正規のルートでドローンの
飛行許可を取得してください。
http://drone.solicitoroffice.com/

それでは、今月もよろしくお願いいたします。


----------------------------------------------------
◆コンサルティングのご依頼について

猪股真への経営コンサルティングのご依頼は、公式サイト
と事務所サイトからお願いいたします。

【公式サイト】
http://www.mack-inomata.com/?=mm

【事務所サイト】
http://www.solicitoroffice.com/office/advisor.html?=mm

サイトに詳しい条件を掲載しておりますので、ぜひご一読
下さいますよう、お願い申しあげます。


--------------------------------------------------------
◆CSRマーケティング読者アンケートのお願い


読者の皆さまからのご意見やご感想を、メルマガ内容の改
善のためにアンケートにご協力をお願いします。

ざっくばらんなご感想をいただければ幸いです。

1.一番良かった点はなんですか?
2.一番良くなかった点はなんですか?
3.疑問点はございますか?
4.その他、ご意見・ご感想等、ご自由にお願いします。

上記のどれでも結構ですので、コピーしてメールに貼り付け、
お気軽にご記入・送信くださいませ。

ひとつひとつにご返信することはできないかも知れませんが、
次回以降のメルマガに反映させていきたいと思います。

メールのあて先
mack_inomata☆☆yahoo.co.jp

スパムメール防止のため、☆☆を半角のアットマークに替えて
ください。お手数をお掛けします。


--------------------------------------------------------
●このメールマガジンの転送は自由です。あなたの友人、知人、
同僚、上司、取引先、関与先等へ教えてあげてください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■猪股真のYesなビジネスの作り方(CSRマーケティング)
~正しいコンプライアンス経営の実践でマーケットを開拓する~
http://www.mag2.com/m/0000160283.html

●公式サイト:http://www.mack-inomata.com/?=mm
●事務所:http://www.solicitoroffice.com/?=mm
●医療法人設立N&Aセンターhttp://iryou-houjin.jp/?=mm
●KSF株式会社設立:現役MBA講師&行政書士が教える
儲かる会社を設立する方法 http://www.new-company.jp/?=mm
●一般社団法人設立支援センター http://goo.gl/9Kwwso
●パスポート申請支援センター http://goo.gl/BhN5kE
●古物商許可申請書取得支援センター ーhttp://goo.gl/8xdxfY
●軽貨物自動車運送業経営届出センター http://goo.gl/rfXgu8
●利用運送事業登録会社設立支援センター http://goo.gl/UgNQau
●車回送運行許可ディーラーナンバー取得支援センター http://goo.gl/BzUhQO
●中古車販売開業会社設立センター http://goo.gl/qsbkl4

※メルマガは上記のサイトから簡単に登録できます。

●発行者:経営コンサルタント猪股 真
●ご感想はお気軽に! mack_inomata☆☆yahoo.co.jp
※スパムメール防止のため、メールアドレスのアットマークを
☆☆に変えています。メール送信の際には、@に置き換えて
下さい。お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

●転送はもちろんOK!です
●発行システム:「まぐまぐ」を使っています。登録解除は
http://www.kaijo.com/からメルマガIDを入力してできます。

--------------------------------------------------------



















メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ