Lib Info NARA-奈良県立図書情報館通信

  • ¥0

    無料

2005年11月3日に開館した奈良県立図書情報館のメールマガジン「Lib Info NARA―奈良県立図書情報館通信」を配信しています。施設、機能、イベント情報など、館の最新情報と魅力をお届けします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
Lib Info NARA-奈良県立図書情報館通信
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年07月15日
 
発行部数
1,572部
メルマガID
0000160354
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 地域の情報 > 関西

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ┃----------------------------------------------------------┃
 _┃  ☆Lib Info NARA -奈良県立図書情報館通信  ┃_
 \┃----------------------------------------------------------┃/
 /┗┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┯┛\
  ̄ ̄                              ̄ ̄
         2018.7.15  No.314

   ■7月の休館日→17日、23日、30日、31日
                              
   □休館日
    月曜日(祝日・振替休日にあたるときは、その次の平日)
    毎月月末(土・日・月曜にあたるときは、その前の平日)

           ┼───────────┼
 ┌─────────┤  M E N U  ├─────────┐
 │         ┼───────────┼         │
 ├○┏━┓                           │
 │ ┃1┃トピックス◆7月後半のイベント            │
 ├○┗━╋…───────────────────────── │
 │ ┏━┓                           │
 ├○┃2┃館長連載「図書情報の文化史」             │
 │ ┗━╋…───────────────────────── │
 ├○┏━┓                           │
 │ ┃3┃図書情報館からのお知らせ               │
 ├○┗━╋…───────────────────────── │
 │ ┏━┓                           │
 ├○┃4┃図書館員の気になる一冊                │
 │ ┗━╋…───────────────────────── │
 ├○┏━┓                           │
 │ ┃5┃編集後記                       │
 ├○┗━╋…───────────────────────── │
 │                               │
 └───────────────────────────────┘

           ∩∩♪~ ∩∩ ∩∩       
        ♪~(^-^q) q(^0^)p (p^-^)p ~♪
┌◇┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇1◇  ◆トピックス◆7月後半のイベント
└◇┘━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■映像作家・保山耕一氏の作品 常設上映     
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
映像作家・保山耕一氏が綴る映像詩『奈良、時の雫(しずく)』からセレクト
した作品を月替わりで常設上映する企画。

7月の映像 テーマ 「映像詩・蓮」 8/5(日)まで

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/gallery/2727


■カブリモノ変心塾(かぶりもの制作教室)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「チャッピー岡本 日本の祭カブリモノ展」関連のワークショップ。たった
1枚の平らな紙に、色を塗って切り取るだけで簡単に自分だけのオリジナル
のカブリモノが作れます。今回はお化けや動物、奈良にちなんだカブリモノ
などを作ります。
小さいお子さんから大人の方までどなたでもご参加いただけます。
□2階メインエントランス
□7月15日(日)、16日(月・祝)、21日(土)、22日(日)
□各日 午後2回
1回目 13:30~14:30、2回目 15:30~16:30
□参加費 1,000円(お一人様・材料費込み・当日払い)
□定員 各回30名(先着順・要予約・定員になり次第締め切り)

★申込み方法★
当館のホームページ「申込みフォーム」、FAX(0742-34-2777)、
電話(0742-34-2111)、来館(2F貸出・返却カウンター)にて
受け付けます。
 ※○郵便番号・住所 ○お名前 ○連絡先電話番号(FAXでお申し込みの場
合、FAX番号もお書きください。)○参加希望日程【記入例:14日(土)1回
目】、○参加者される方の学年(未就学児の方は年齢)を記入し、「カブリモノ
変心塾申込み」と明記してください

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/event/2714


■知的書評合戦 ビブリオバトル#92
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本好きな人が集まって、それぞれのおすすめの本をPRするビブリオバトル。
92回目のテーマは「仮面」。 
□7月21日(土)開始13:30(開場13:00) 
□2階メインエントランス
□発表される方は、テーマ「仮面」に沿う本をお持ちください。参加無料、
観戦のみの参加もできます。参加申込み受付中です。

★申込み方法等、詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/event/2710


■図書館劇場13 第2幕 「歴史文化を語る」2
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当館の定番シリーズ、千田館長の公開講座も今年度で13年目となりました。
今年度のテーマは「歴史文化を語る」です。                
□7月22日(日)13:00~16:00(開場12:00)
□1階交流ホール
□講師:千田 稔(当館館長)
飛鳥以前「まほろばとヤマトタケル」
小澤 毅氏(三重大学人文学部文化学科教授)
    「小山田古墳の被葬者を考える」
朗読:都築 由美氏(フリーアナウンサー)
   『飛鳥路』(人文書院)より
   小林秀雄 著「蘇我馬子の墓」
□参加料:1名500円(当日受付にてお支払いください。)
□要申込・定員200名(定員になり次第締め切ります。先着順。)

★申込み方法★
当館のホームページ「申込みフォーム」、FAX(0742-34-2777)、
電話(0742-34-2111)、往復ハガキ、来館(2F貸出・返却カウ
ンター)にて受け付けます。
 ○郵便番号・住所 ○お名前 ○電話番号・FAX番号
 「図書館劇場13第2幕申込み」とご記入の上、お申込みください。
 ※1通につき2名までお申込み可能です。(2名参加の場合は「2名参加」
  と明記してください。)
 ※FAXでのお申込みの場合は、必ずFAX番号もお書きください。
 ※往復はがきでお申込みの場合は、返信用ハガキの表に、送付先の郵便番号、
  住所、氏名を必ず記入してください。

★詳細は以下のページをご覧ください!
 http://www.library.pref.nara.jp/event/2685


■夏休み切り絵教室
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
切り絵作家 西村幸祐さんの展示「切り絵で見る 美しい仏像」関連のワー
クショップ。仏像の切り絵に挑戦してみませんか。
□7月27日(金)、28日(土)、29日(日) 各日とも14:00~
□2階エントランス
□参加費 教材の種類により教材費が必要。教材は当日選択
 はがきサイズ:500円、A4サイズ:2,000円、
切り絵ブック:2,000円
□小学生以上の方を対象(小学生の方の参加は要保護者同伴)
□定員 各20名(要申込み 先着順 定員になり次第終了)

★申込み方法★
お申し込みは、切り絵作家 西村幸祐さんまで直接お申し込みください。

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/gallery/2692


■日本弁理士会近畿支部奈良地区会 夏休みこども工作教室
ガリガリトンボと万華鏡を作ろう!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 日本弁理士会近畿支部奈良地区会の方が講師になって、夏休みこども教室を
開催します。
 紙コップでキラキラ光る万華鏡をつくろう!
 割箸でプロペラがくるくる回るガリガリトンボをつくろう!
□7月28日(土)
 午前の部 10:00~11:30(受付 9:30~)
 午後の部 13:30~15:00(受付 13:00~) 
□1階交流ホール
□小学生対象(未就学児童の方も参加可、保護者の方の同伴必要) 
□参加費 無料
□定員 各30名(要申込み、先着順、定員になり次第終了)
    
★申込み方法★  ※7月21日(土)までに予約をお願いします。
当館のホームページ「申込みフォーム」
FAX(0742ー34-2111)
来館(2F貸出・返却カウンター)
電話(0742-34-2111)にて受け付けます。
 ※○郵便番号・住所 ○お名前(参加者全員) ○電話番号・FAX
  番号 ○参加者の学年(未就学児童の方は年齢)○参加されるコース
  (【午前の部】または【午後の部】)「夏休みこども工作教室申込み」
  とご記入の上、お申込みください。

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/event/2707


■こうもり博物館観察会企画2018 コウモリ観察会
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
コウモリ観察会ではコウモリの超音波を、人間の耳に聞こえる音にする「コ
ウモリ探知機」を使いコウモリを探します。
□7月28日(土)
□18:00~19:30(集合:17:30)
□1階交流ホール・南側庭園
□参加料 300円(未就学児無料)
□持ち物:懐中電灯
□定員:各回60名(先着順)・要申込 
□お申し込みは、メール(koumori@abri.or.jp)で受付。
件名を「観察会」と明記し、○お名前○年齢○希望日 をご記入ください。
□お問合せ:NPO法人東洋蝙蝠研究所・こうもり博物館
電話 0742-95-0023

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/event/2659


■平成30年度 一般財団法人 氷室神社文化興隆財団 公開講座
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
千利休が大成した「わび茶」の祖は奈良出身の珠光とされています。古田織部
が「宗易(利休のこと)いでて、ひとしお珠光名上がる也」(茶道四祖伝書)
と語ったように、実は珠光を高く評価して、その地位を確定させたのが利休で
した。とはいえ、珠光の人物像とその茶の湯については、後世に創られた伝説
で多くの誤解が生じていました。
本公開講座では、近年になって珠光とその茶の湯の実像がかなり明らかになった
ことや、新たなとらえ方が必要になっている利休がめざした「わび茶」について
も語っていただきます
□7月29日(日)13:30~15:30(開場 13:00) 
□1階交流ホール
□茶祖珠光と利休の茶の湯
 講師 神津 朝夫氏(奈良県立大学ユーラシア研究センター客員研究員)
□参加費 1,000円
□定員 100名(要申込み、先着順、定員になり次第終了)
    
★申込み方法★
【申込先】一般財団法人 氷室神社文化興隆財団 事務局まで
 住所、氏名、電話番号を書いて、E-Mail / 電話 /FAX の
 いずれかによりお申し込みください。

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/event/2724


■ITサポーターズによる「ITサポートデイ」
 ★詳細はこちら★
  └→http://www.library.pref.nara.jp/supporter/index.html


■新着図書情報(月に1度更新!)
 ★詳細はこちら★
  └→http://www.library.pref.nara.jp/search/newarrival/index.html


■館の有料施設の予約を受け付けています。県立図書情報館ホームページの
 有料施設利用案内のページをご覧ください。
 ★詳細はこちら★
  └→http://www.library.pref.nara.jp/guide_payroom/info


┌◇┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇2◇  ◆館長連載「図書情報の文化史」素描編     
└◇┘━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第314回 新渡戸稲造『武士道』(16)  館長 千田 稔

 新渡戸稲造が『武士道』を書いたのは、1899(明治32)年の頃である。新渡
戸が武士道をとりあげた理由は、これまでの日本社会において中核的な位置
にあった武家社会が崩壊し、すべてが平等の地位にあるべきとする近代化の
方向を目指し始めたことに対する戸惑いである。新渡戸の不安は、そのよう
な近代国家に生きる人々の倫理的規範は、どこにも見当たらないことであっ
た。そのような状況にあって、新渡戸は武士道に期待すべきではないかとい
う提案をしたのが『武士道』である。
 新渡戸は、武士道の残影に日本の将来をかけていた。

 武士道は一の独立せる倫理の掟としては消ゆるかも知れない、しかしその
力は地上より滅びないであろう。その武勇および文徳の教訓は体系としては
毀れるかも知れない。しかしその光明その栄光は、これらの廃址を越えて長
く活くるであろう。その象徴とする花のごとく、四方の風に散りたる後もな
おその香気をもって人生を豊富にし、人類を祝福するであろう。

 新渡戸の武士道に託する日本のあり方を思うとき、戦闘者たちの生き方し
か、我々の行動を導く指針がないのかという不安感に襲われる。それは、こ
の国が疑念もなく、西洋に、アメリカに傾倒してしまったことにつながる。
 この国の人間の生き方とは、どういうものであったかを考えるために、長
い時間を要しなければならない時にわれわれは、今、さ迷いはじめたのであ
る。

                           (この項目終り)


┌◇┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇3◇  ◆図書情報館からのお知らせ
└◇┘━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★(^-^)★イベントのお知らせ★★★★★★★★

■図書館寄席「花鹿乃芸亭(はなしかのうんてい)」第47回
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
近世以来の伝統的話芸であり世相や風俗の宝庫でもある落語を、図書館で楽しむ
ことができる「花鹿乃芸亭」!
奈良県出身の落語家 桂文鹿(かつらぶんろく)さんプロデュース。
特別企画は旭堂南海さんによる上方講談です。お楽しみに♪
□8月4日(土)開演13:30(開場12:30)
□1階交流ホール
□プログラム・出演者
 露の新幸「開口一番」、桂文鹿「さわやか健康ランド」
中入り
 ★特別企画あんな芸・こんな芸 
   上方講談
    旭堂南海「バナナの叩き売り」
□参加料:1名1,000円(中学生以下500円)
 ※当日受付にてお支払いください。
□要申込・定員200名(定員になり次第締め切ります。先着順)
 
★申込み方法
当館のホームページ「申込みフォーム」、FAX(0742-34-2777)、
電話(0742-34-2111)、往復ハガキ、来館(2F貸出・返却カウ
ンター)にて受け付けます。
 ○郵便番号・住所 ○お名前 ○電話番号・FAX番号
  「第47回花鹿乃芸亭申込み」とご記入の上、お申込みください。
 ※1通につき2名までお申込み可能です。(2名参加の場合は「2名参加」
  と明記してください。)
 ※FAXでのお申込みの場合は、必ずFAX番号もお書きください。
 ※往復はがきでお申込みの場合は、返信用ハガキの表に、送付先の郵便
  番号、住所、氏名を必ず記入してください。

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/event/2694


■「医療・健康相談」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
済生会奈良病院、瀬川雅数院長による医療・健康相談です。
気になる体のこと、病気のこと、薬のことなどご相談ください。 
□8月4日(土)13:00~15:00 
□3階グループ研修室
□申込不要、先着順、無料。
 12:30からグループ研修室前にて番号札を発行いたします。
 相談は番号札の順番でお願いします。(先着6名程度)

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/consultation/2735


■大安寺歴史講座 Ver.9
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 南都七大寺の一つ大安寺による歴史講座。Ver.9の講師は木下正史氏
(東京学芸大学名誉教授)です。テーマは、「国家筆頭の大寺を探る」
□第2回 8月18日(土)「2-天武朝大官大寺と文武朝大官大寺-」
 第3回10月20日(土)「3-東アジア諸国の国家寺院:北魏永寧
              寺・新羅皇龍寺・百済弥勒寺-」
□13:00~15:00
□1階交流ホール
□参加料 各回1,000円
 お申し込みは、電話(090-4293-2309 小林宛)
  またはメール(narastagclub2008@gmail.com)で受付。

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/event/2661

 
■大阪ガス presents「イストワールhistoire」
「朗読」ワークショップ2
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
劇作家であり俳優としても活躍する小栗一紅さんによる朗読ワークショップ
です。
□8月19日(日)、9月16日(日)、10月21日(日)、11月18日
(日)
□10:00~12:00(各日とも)
□講師:小栗一紅(大正まろん)劇作家・俳優・整体師
 朗読劇「みつめればそこに」「ちひさきもののうた」の作・演出家
□1階交流ホール
□参加料 各回1,500円(1回のみの参加も可)
□内容:簡単なストレッチ・発声・朗読(初めてでも大丈夫)
□持ち物:動きやすい服装・飲み物・筆記用具
□定員:20名(先着順)・要申込 
お申し込みは、メール(ogurikazue@yahoo.co.jp)で受付。
件名を「朗読WS」とし、○お名前○年齢○参加希望日をご記入ください。
□お問い合わせ:大阪ガス(株)エネルギー・文化研究所都市魅力研究室
        TEL.06-6205-2366

★詳細は以下のページをご覧ください!
  http://www.library.pref.nara.jp/event/2603


★(^o^)ノ★企画展示★★★★★★★★

■明治150年記念 写真パネル展示「近代の奈良」   <開催中>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
明治維新から満150年となったことを記念して、近代の奈良にまつわる写
真を展示します。
□7月19日(木)まで
□2階カフェ前
□主催:奈良県文化資源活用課


■チャッピー岡本 日本の祭カブリモノ展        <開催中>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
カブリモノ作家チャッピー岡本さんの作品展を開催します。今回のテーマは
「日本の祭」。全国の伝統芸能や奇祭と言われる祭りのいくつかを現代の感
覚でデザインし、オリジナルカブリモノの形で紹介します。  
□7月22日(日)まで
□2階エントランス
□主催:カブリモノ作家 チャッピー岡本


■「奈良県山の日・川の日」および「大和川流域における総合治水」
パネル展                       <開催中>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「奈良県山の日・川の日」の紹介、大和川コンクール入賞作品展示、生活排
水対策および大和川流域における総合治水のPRをパネル展示します
□7月16日(月・祝)まで
□2階セミナールーム前
□主催:奈良県河川課


■平成30(2018)年度 人権啓発ポスター・標語優秀作品展           
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
7月の「差別をなくす強調月間」に向け募集したポスター・標語の中から
選ばれた優秀作品を展示します。
□7月18日(水)~7月29日(日)
□2階セミナールーム前
□主催:奈良県人権施策課


■切り絵で見る 奈良の美しい仏像
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
奈良の風景や仏像を題材に切り絵を製作する切り絵作家 西村幸祐さんの作
品展。「東大寺 金剛力士像」、「中宮寺 菩薩半跏像」など約40点を展示
します。
□7月24日(火)~8月5日(日)
□2階エントランス
□主催:切り絵作家 西村幸祐


★(^-^)ノ★図書展示★★★★★★★★

■第49回戦争体験文庫
昭和7年陸軍特別大演習於奈良・大阪        <開催中>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昭和7年11月11~13日、奈良県から大阪府一帯を舞台に陸軍特別大演
習が行われました。毎年秋に行われる特別大演習は、軍の総司令官たる天皇
が参加して行われるもので、様々な式典や行事が行われ、地域への影響も大
きいものでした。本展示では、写真等を使ってこの特別大演習を紹介してい
ます。
□7月29日(日)まで
□3階戦争体験文庫

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/collection_sentai/exhibition


■あらためて「天皇」を知る200冊 ―譲位と改元をひかえて―<開催中>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
天皇および天皇の歴史に関する図書を紹介します。また、奈良県は、天皇陵古
墳、橿原神宮など、天皇にゆかりの深い地であり、これに関する図書も併せて
展示しています。
□7月29日(日)まで
□2階情報資料スペース

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/gallery/2634


■サイエンスブックの世界~理科読の楽しみ~       <開催中>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
理科読(りかどく)とは「科学的読み物を読んで科学に親しみ、積極的に理科
を学ぼう」という趣旨の造語です。理科の本を手に取ることは少ない方にも届
けたい!サイエンスブックを紹介しています。
□7月29日(日)まで
□3階ブリッジ

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/gallery/2725


■「夏のとも ~どんとこい!読書感想文 2018」     <開催中>
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
夏休みの宿題といえば読書感想文! 
学生の皆さんからは毎年、「何を読んだらいいのかわからない」「どんな
ふうに書けばいいのかわからない」などたくさんの問い合わせがあります。
図書情報館では、青少年読書感想文全国コンクール課題図書をはじめ、読
書感想文を書くためのおすすめ本を展示しています。
□9月27日(木)まで
□3階YAコーナー

★詳細は以下のページをご覧ください!
http://www.library.pref.nara.jp/gallery/2711


┌◇┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇4◇  ◆図書館員の気になる一冊(202) 
└◇┘━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『11の国のアメリカ史 : 分断と相克の400年(上・下)』
コリン・ウッダード [著]  岩波書店 2017.10

 先日、アメリカが中国に対して制裁関税を発動したニュース映像に、トラ
ンプ大統領の後ろで「U.S.A!U.S.A!」と叫ぶ群衆が映し出されてい
ました。オリンピックなどでも見かけるこの光景は、果たしてアメリカ国民
全体の感情を表しているのでしょうか。
 本書は、北米大陸のカナダ・アメリカ・メキシコの3つの連邦における各
州の境界線が恣意的なもので、地図上の線が州内に文化的亀裂を生み出して
いると論じ、その上で、住民の価値観や慣行など様々な共通項をもとにした
11の諸勢力を国でもなく州でもない「ネイション」とし、その創設時から
現代へと至る歴史を明らかにしています。
 最初期に北米大陸へ入植したのは、独自の宗教、政治、民族的特徴を持っ
た様々な国の人々で、中でもイギリスからの移民は出身地域によって性質が
大きく違いました。やがて一つずつ形成されていったネイションはそれぞれ
孤立して発達し、世代を重ねてその特徴を定着させます。ネイションのアイ
デンティティを受け継ぐのは遺伝子ではないため、人々が盛んに移動する現
代でも、移住者はその地域の文化に同化し、ネイション間の相違は解消され
ていません。
たとえばアメリカ合衆国は二大政党による対立が目を引きますが、実は地
域的な対立が大きく、北東部で急進的カルヴァン派によって創設された道徳
的社会的価値観を持つネイション「ヤンキーダム」と、イギリス領バルバド
ス島の奴隷領主が南部に建設した白人優先主義と貴族的特権の歴史を持つネ
イション「深南部」が、そのつど他のネイションを取り込むことで優劣を競
ってきました。かの南北戦争でさえ、自由州対奴隷州という二項対立ではな
く、合衆国全体が4つのネイションに分裂する可能性があったと著者は言い
ます。その時々の利害関係によるネイション同士の連合が国の政治を動かし、
今もその構図が続いているというわけです。
さて、トランプ大統領はメキシコ国境の壁建設を公約としていますが、こ
の地域のネイション「エル・ノルテ」はメキシコ北部一帯から国境を越えて
テキサス州からカリフォルニア州まで広がっており、特にニューメキシコで
は州の半分以上を占め、さらに北のコロラド州にまで至っています。「U.
S.A!」の連呼が表面的なものであるならば、かつてソ連が崩壊したよう
に、北米も分裂・再編する可能性があります。そのとき、メキシコ側の「エ
ル・ノルテ」がアメリカ合衆国に併合されるのか、はたまたネイションごと
国として独立するのかわかりませんが、いずれにせよ物理的な壁が意味を成
すのは、案外短い期間かもしれません。
ともすれば私たちは、先進国の国境を固定したものと考えがちですが、ま
だまだ流動的であると再認識させられる一冊です。
                         (なかにし げん)


       ┌─────────────┐
  ▼▼▼▼▼│過去の気になる一冊はこちら│▼▼▼▼▼
       └─────────────┘
  http://www.library.pref.nara.jp/reference/kininaru


┌◇┐━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇5◇  ◆編 集 後 記
└◇┘━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月も半ばになりました。22日の日曜日には図書館劇場を開催します。
ほかにも「カブリモノ変心塾」、「夏休み切り絵教室」、「夏休みこども工作
教室」、「コウモリ観察会」などお子様にも楽しんでいただけるイベントも
開催します。ぜひ、図書情報館へお運びください。皆様のお越しをお待ちいたして
おります。

さて、県立図書情報館メールマガジン「Lib Info NARA-奈良県立
図書情報館通信」第314号をご覧いただき、ありがとうございました。
次回第315号は8月1日(水)に配信する予定です。
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

◎このメールマガジンは、「まぐまぐ」を利用して発行しています。
 http://www.mag2.com/ 
 「新着情報版」「ウィークリーまぐまぐ」の配信が不要な場合は、こちら
 で解除できます。
 http://www.mag2.com/wmag/

◎トラブル等の対処については、「読者 まぐまぐ!ヘルプ」のページをご
 覧ください。
 http://help.mag2.com/read/

◎当マガジンの解除は、こちらへ。
 http://www.library.pref.nara.jp/libinfonara

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
【 県庁各課等のメールマガジン 】 ◇ 読者登録をお願いします!◇
     http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-1324.htm
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏ 奈良県立図書情報館
┏┏  〒630-8135 奈良県奈良市大安寺西1丁目1000番地
┏   TEL 0742-34-2111 FAX 0742-34-2777
┌   HP http://www.library.pref.nara.jp
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ