日本神話の恋と友情 あなたの願いを叶えてくれる神様

  • ¥0

    無料

日本神話には個性的な神々がたくさん登場します。その神々のエピソードを知ることで、深く共感できる神様が一柱・二柱おられることでしょう。「共感できる神様はおられないかな?」とおっしゃるあなた、お手伝いいたします。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
日本神話の恋と友情 あなたの願いを叶えてくれる神様
発行周期
隔週刊
最終発行日
2007年10月07日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000161166
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
              日本神話の恋と友情
   ★☆★                 ★☆★
           あなたの願いを叶えてくれる神様
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ─────────────────────────
        ▼第64号2007年10月 7日発行 ※ 発行部数151部
      ─────────────────────────


皆さんは、悩み事がある時、どんな人に相談したいと思いますか?

同じ悩みを持って、それを克服した人。
その悩み事について、経験が豊富な人。
自分に深く共感してくれる人。

そんな人に相談するのではないですか?

日本の神々は、とてもイキイキとした感情を持っておられます。
あなたの願い事に一番共感してくださる神様はどなたでしょう?

なんてことで、神話に登場する神様のエピソードを、
2週間に一度、メルマガにて紹介していきたいと思います。」

また、「近所にこの御祭神をお祭した神社はありませんか?」などのご質問があ
りましたら、norichan@norichan.jpまでご連絡ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○

第六十四号 天忍人命


彦火尊・・・というよりも、彦火出見(ほほでみ)命、もしくは、山幸彦と
呼ぶほうがわかりやすいでしょうか。

瓊々杵尊と木花開耶姫の皇子で、彼の子供が、初代・神武天皇にあたります。
つまり、日本史上、非常に重要な人物ですね。

彼が、兄である海幸彦の釣り針を探しに海の宮殿へ赴いたとき、一人の美女
と出会いました。豊玉姫ですね。

彼女の助けで、無事釣り針を見つけ出し、地上に戻ってきたわけですが、月
が経って、豊玉姫が出産することになりました。

彦火尊は海辺に産室をたて、鵜の羽根で屋根を葺いたのですが、出来上がる
前に、姫は産気づいてしまい、室の中に入ってしまいました。

「出産のところは見ないでください」
という姫の懇願を裏切って、彦火尊は覗いてしまい、
そのことが、豊玉姫と彦火尊の永遠の別離・・・ひいては海と陸の永劫の別
離を招くのですが・・・それは別の話。

今はまだ、姫は出産の途中でした。
このとき、がんばっていたのは、姫だけではありませんでした。
産室のそばで、箒でもって蟹を掃いていた神がおられます。
その名こそ、天忍人命。掃守(蟹守)連の始祖とされる神でした。

そしてそのおかげで、豊玉姫は無事出産できたのでした。


◇ ◇ ◇ 


蟹を掃くということに、なんの意味があるのか、実はあまりよくわかってい
ません。

ただ、妊婦の腹を箒で掃くと安産になるという伝承を持つ地域があったり、
子供の体を蟹に這わせるという風習のある地域があったりということから、
蟹は生命力の象徴ではないかと考えられているようです。

沖縄の民謡に「ユンタ」というものがありますが、その中に、「網張の目高
蟹ユンタ」があります。

これは、目高蟹の誕生日をいろいろな蟹が祝うという趣旨のものですが、そ
の構成が、乞食にでてくる天稚彦の葬儀のシーンにとても似ています。

天稚彦の葬儀で、蟹の役目をするのは鳥。
鳥は、魂そのもの、もしくは魂を運ぶ動物ですね。

では、蟹は?
なにやら、ひじょうな生命力を感じるのは私だけでしょうか?

そんな蟹を掃いて安産を運ぶ神様に、何を祈りたいですか?


◆◆原典◆◆

  古語拾遺 彦火尊と彦渚尊

◆◆登場する神を祀る神社◆◆

 ○天忍人命

  志々伎神社 長崎県下県郡厳原町大字尾浦31番地
  志々伎神社 長崎県下県郡厳原町大字久田向山788番地
  葛木倭文座天羽雷命神社 奈良県北葛城郡當麻町加守1045
  高忍日売神社 愛媛県伊予郡松前町徳丸



○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○o○

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 「のりちゃんず」
 http://www.norichan.jp/
 ご意見、ご感想は
 norichan@norichan.jp
 まで


++編集後記++

ということで、前号で予告しました通り、今回で一応最終回ということにさ
せていただきます。

2年にわたって、どうもありがとうございました。

また時間ができたら、ひょっこり再開するかもしれません。
そのときはどうぞよろしくお願いいたします。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ