LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!

  • ¥0

    無料

『LPIC Level2/Level3を受けてみよう!』は、Level2/Level3の例題解説、Level2/Level3を取得することのメリット、活用の事例など、Level2/Level3を目指す皆さんに役立つメールマガジンです。もちろんLevel1をお持ちでない方にも楽しめる学習に役立つメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年07月21日
 
発行部数
2,028部
メルマガID
0000161444
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

上記は広告です。LPI-Japanとは関係ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○○○ 「OSSとOpen Technology」の学習に役立つ情報マガジン
○○ 【 エルピーアイジャパン通信 】「Level2・Level3を受けてみよう!」

                        No.289[2017年07月21日]
----------------------------------------------------------------------
                        http://www.lpi.or.jp/m/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!LPI-Japanメールマガジン編集局です。


┏━━━━━━━━━━┓
┃秋の公開ペーパー試験┃試験実施日:2017年9月24日(日)
┗━━━━━━━━━━┛   
★ 9月末までに受験を目標としている方、秋に転職を目指している方注目 ★

 LPIC/OSS-DB/HTML5/OPCEL技術者認定試験の公開ペーパー試験を実施します!

 ●受験日程:9月24日(日)
 ●受験会場:日本電子専門学校(最寄駅;JR大久保、新宿など)
 ●対象試験:LPIC-1、LPIC-2、OSS-DB Silver/Gold、HTML5-1、HTML5-2、OPCEL
 ●公開ペーパー試験詳細 http://www.lpi.or.jp/pbt/20170924/

本日も、Linux/OSS業界の最新ニュースや、LPICの例題解説など、
皆さまに役立つ情報をお届けします。

□□□ CONTENTS xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
01: LPI-Japan事務局からのお知らせ 
02: 技術解説無料セミナー情報
03: レベル2 例題解説
04: レベル3 例題解説
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 01│LPI-Japan事務局からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    LPI-Japan主催イベント、出展・後援イベント
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃ HTML5の最新事情をお届けするセミナー┃2017年8月26日(土)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 HTML5感。~HTML5で広がる未来とこれから使いたいHTML5のテクニック~

7/25までのお申込で早期割引特典もあります!お申し込みはお早めに。

【詳細】http://html5exam.jp/newsdetail/seminar20170826/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ オープンソースカンファレンス2017 Kyoto(8/4-5)
                      後援・参加のお知らせ ■□
【詳細】http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20170804_01/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ 『OpenStack Days Tokyo 2017』@東京 出展&講演のお知らせ  ■□
【開催日程】7/20(木)-21(金)
【講演】16:00-16:40 / 5F Hall A3 / セッション枠『5-A3-8』
【会場】虎ノ門ヒルズフォーラム
【詳細/参加登録】http://openstackdays.com/


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    その他のお知らせ 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■      新しい OPCELアカデミック認定校のご紹介      ■□
          ~ NTTテクノクロス株式会社 ~
【詳細】https://opcel.org/training

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■     LPICレベル2 Ver 4.5 の新しい認定教材のご紹介     ■□
『徹底攻略LPIC Level2 問題集[Version 4.5]差分対応 徹底攻略シリーズ』
 発売元:株式会社インプレス
【詳細】http://www.lpi.or.jp/lpic2/book.shtml

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■  「登録インストラクターコミュニティ」に登録しませんか?  ■□

LPIC、OSS-DB、HTML5各種認定を取得している方、ぜひ登録しませんか?
このコミュニティでは、インストラクターの方々やインストラクターを目指す
方々をサポートし、またインストラクターとしての活躍の場を広げるための
活動を展開しています。
【詳細】 https://www.lpi.or.jp/instructor/index.php/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■  アカデミック認定校制度説明会(LPIC/OSS-DB/HTML5/OPCEL)   ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【7月】27日 【8月】3、10、24、31日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/m/school/index.php

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■         ビジネスパートナー制度説明会        ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【7月】25日 【8月】1、8、22、29日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/bp/


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 02│技術解説無料セミナー情報
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    京都会場 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【 OPCEL 】

 ■『OPCELアカデミック認定校メンバーが語る!最新OpenStack事情』
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 丹波口 / 京都リサーチパーク      〔開催日:8月5日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20170804_01/#lpi_event


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    東京会場 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ■HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:8月5日(土)〕
 http://html5exam.jp/news/event/page2487.html

 ■HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:9月2日(土)〕
 http://html5exam.jp/news/event/page2513.html


【 OPCEL 】

 ■OPCEL 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:7月22日(土)〕
https://opcel.org/notice/853


【 OSS-DB 】

 ■OSS-DB Exam Silver 技術解説無料セミナー 
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:8月19日(土)〕
 https://oss-db.jp/news/event/2017/08/event_20170819_01.shtml

 ■OSS-DB Exam Gold 技術解説無料セミナー 
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:9月30日(土)〕
 https://oss-db.jp/news/event/2017/09/event_20170930_01.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 03│レベル2 例題解説
  │                 ~ 211.1 電子メールサーバの使用
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回はLPIC202試験の試験範囲から、「211.1 電子メールサーバの使用」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<211.1 電子メールサーバの使用>
重要度 4

<説明>
電子メールサーバを管理する。これには、電子メールのエイリアス、クォータ、仮想ドメインの設定も含まれる。また、内部的な電子メールリレーの設定および電子メールサーバの監視も含まれる。

<主要な知識範囲>
・postfixの設定ファイル
・postfixの基本的な TLS の設定
・SMTPプロトコルに関する基本的な知識
・Sendmailとeximを知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・postfixの設定ファイルとコマンド
・/etc/postfix/*
・/var/spool/postfix
・Sendmailエミュレーション層のコマンド
・/etc/aliases
・/var/log/のメール関連のログ


■例題
下記のログの解説として、適切でないものを選択してください。

------------------------------------------------------------------------------------------------
67FBB1ACA2AD: to=<user01@example.com>, relay=local, delay=54, delays=54/0.06/0/0.01, dsn=2.0.0, status=sent (delivered to mailbox)
------------------------------------------------------------------------------------------------

1. このログはpostfixのログである
2. 「67FBB1ACA2AD」はメッセージIDを表している
3. このログは、メールの配送に成功したログである
4. このログは、ローカルのメールボックスにメールを配送したログである

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/201/ex_3097.shtml

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。


□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level2.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 04│レベル3 例題解説
  │               ~ 334.3 フェイルオーバークラスタ
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回はLPIC304試験の試験範囲から「334.3 フェイルオーバークラスタ」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<334.3 フェイルオーバークラスタ>
重要度 6

<説明>
Pacemaker クラスタのインストール、設定、保守およびトラブルシュートの経験。 Corosyncの使用を含む。 Corosync 2.x の Pacemaker 1.1.

<主要な知識範囲>
・Pacemaker アーキテクチャとコンポーネント (CIB, CRMd, PEngine, LRMd, DC, STONITHd).
・Pacemaker クラスタ設定
・リソースクラス (OCF, LSB, Systemd, Upstart, Service, STONITH, Nagios).
・リソースのルールと制約 (location, order, colocation).
・高度なリソース機能 (templates, groups, clone resources, multi-state resources).
・pcs を使用した Pacemaker の管理
・crmshを使用した Pacemaker の管理
・Pacemakerと使用するcorosyncの設定と管理
・他のクラスタエンジンの認知 (OpenAIS, Heartbeat, CMAN).

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・pcs
・crm
・crm_mon
・crm_verify
・crm_simulate
・crm_shadow
・crm_resource
・crm_attribute
・crm_node
・crm_standby
・cibadmin
・corosync.conf
・authkey
・corosync-cfgtool
・corosync-cmapctl
・corosync-quorumtool
・stonith_admin


■例題
Pacemakerの設定の説明として適切なものを選択してください。

1.「colocation」には、順序制約を定義できる
2.「location」には、配置制約を定義できる
3.「order」には、同居制約を定義できる
4.「position」には、位置制約を定義できる

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。

■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/304/ex_3098.shtml

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level304.shtml


□今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
 ご質問・ご意見はこちら → mail@lpi.or.jp

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

今号のコンテンツはいかがでしたでしょうか?
ご意見をお待ちしております。mail@lpi.or.jp


■学習に役立つ情報
・試験対策
 http://www.lpi.or.jp/m/guide/preparation.shtml
・技術解説無料セミナー等のご案内
 http://www.lpi.or.jp/m/news/calendar/event.shtml
・試験範囲と概要
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/m/app/lpic01.shtml
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/m/app/lpic02.shtml
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/m/app/lpic03.shtml
・出題範囲
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/m/lpic1/range/
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/m/lpic2/range/
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/m/lpic3/range/
・受験案内
 http://www.lpi.or.jp/m/app/
・試験問題作成コミュニティ
 http://www.lpi.or.jp/m/item/

★LPI-Japanアカデミック認定校一覧
http://www.lpi.or.jp/m/school/list/index.shtml
★LPI-Japanスポンサー一覧
http://www.lpi.or.jp/m/sponsor/list/index.shtml
★LPI-Japanビジネスパートナー一覧
http://www.lpi.or.jp/m/bp/list/index.shtml


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回発行予定日は2017年8月4日(金)です。お楽しみに!


■ ご意見                        mail@lpi.or.jp
■ アドレス変更、配信中止   http://www.lpi.or.jp/m/mail/index.shtml
■ LPI-Japanホームページ            http://www.lpi.or.jp/m/


━【LPI-Japan】エルピーアイジャパン通信「Level2・Level3を受けてみよう!」
                      No.289 2017年07月21日)━
■ 発行:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
                       Copyright 2017 LPI-Japan
 【LPI-Japan】本コンテンツの掲載記事を許可なく転載することを禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ