LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!

  • ¥0

    無料

『LPIC Level2/Level3を受けてみよう!』は、Level2/Level3の例題解説、Level2/Level3を取得することのメリット、活用の事例など、Level2/Level3を目指す皆さんに役立つメールマガジンです。もちろんLevel1をお持ちでない方にも楽しめる学習に役立つメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年09月08日
 
発行部数
1,997部
メルマガID
0000161444
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

上記は広告です。LPI-Japanとは関係ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○○○ 「OSSとOpen Technology」の学習に役立つ情報マガジン
○○ 【 エルピーアイジャパン通信 】「Level2・Level3を受けてみよう!」

                        No.292[2017年09月08日]
----------------------------------------------------------------------
                         http://www.lpi.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!LPI-Japanメールマガジン編集局です。

┏━━━━━━━━━━┓
┃秋の公開ペーパー試験┃試験実施日:2017年9月24日(日)
┗━━━━━━━━━━┛   
★ 9月末までに受験を目標としている方、秋に転職を目指している方注目 ★

LPIC/OSS-DB/HTML5/OPCEL技術者認定試験の公開ペーパー試験を実施します!

●受験日程:9月24日(日)
●受験会場:日本電子専門学校(最寄駅;JR大久保、新宿など)
●対象試験:LPIC-1、LPIC-2、OSS-DB Silver/Gold、HTML5-1、HTML5-2、OPCEL
●公開ペーパー試験詳細 http://www.lpi.or.jp/pbt/20170924/


本日も、Linux/OSS業界の最新ニュースや、LPICの例題解説など、
皆さまに役立つ情報をお届けします。

□□□ CONTENTS xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
01: LPI-Japan事務局からのお知らせ 
02: 技術解説無料セミナー情報
03: LPI-Japanアカデミック認定校からのお知らせ
04: LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ
05: レベル2 例題解説
06: レベル3 例題解説
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 01│LPI-Japan事務局からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    LPI-Japan主催イベント、出展・後援イベント
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■ オープンソースカンファレンス2017 Tokyo/Fall(9/9、10)
                      後援・参加のお知らせ ■□
【詳細】http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20170909_01/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ オープンソースカンファレンス2017 Fukuoka(10/7)
                      後援・参加のお知らせ ■□
【詳細】http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20171007_01/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■  【2018年2月末まで】受験チケット×認定教材キャンペーン!  ■□
~★先着各30名★ HTML5の受験バウチャーと認定教材を15%OFFで購入可能~
【詳細】http://html5exam.jp/campaign/textbook201709/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ HTML5の最新事情をお届けするセミナー「HTML5感。」開催のご報告 ■□
   ~HTML5で広がる未来とこれから使いたいHTML5のテクニック~
【報告ページ】http://html5exam.jp/newsdetail/seminar20170826_report/


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    その他のお知らせ 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■       新規加入ビジネスパートナーのご紹介       ■□
          ~ 株式会社アイティーシー ~
【詳細】http://www.lpi.or.jp/bp/list/itc/
    https://www.itc-tokyo.com/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■      新規加入HTML5アカデミック認定校のご紹介      ■□
          ~ 静岡産業技術専門学校 ~
【詳細】http://html5exam.jp/measures/learning_24.html
    http://www.sangi.ac.jp

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■  「登録インストラクターコミュニティ」に登録しませんか?  ■□

LPIC、OSS-DB、HTML5各種認定を取得している方、ぜひ登録しませんか?
このコミュニティでは、インストラクターの方々やインストラクターを目指す
方々をサポートし、またインストラクターとしての活躍の場を広げるための
活動を展開しています。
【詳細】 https://www.lpi.or.jp/instructor/index.php/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■  アカデミック認定校制度説明会(LPIC/OSS-DB/HTML5/OPCEL)   ■□
 開催日/毎週木曜日実施:【9月】14、21、28日【10月】5、12、19、26日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/school/index.php

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■         ビジネスパートナー制度説明会        ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【9月】12、19、26日【10月】3、10、17、24、31日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/bp/


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 02│技術解説無料セミナー情報
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    東京会場 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【 HTML5 】

 ■HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:9月9日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20170909_01/#lpi_event


【 OSS-DB 】

 ■OSS-DB Exam Silver 技術解説無料セミナー 
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:10月21日(土)〕
 https://oss-db.jp/news/event/2017/10/event_20171021_01.shtml

 ■OSS-DB Exam Gold 技術解説無料セミナー 
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:9月30日(土)〕
 https://oss-db.jp/news/event/2017/09/event_20170930_01.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 03│LPI-Japanアカデミック認定校からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●   MGTカレッジ                   ●●
 ●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

【有料セミナー】
基礎から学べるIoT/ビックデータのための大規模分散システム基盤構築セミナー
第一回:Linux入門 -OSのインストールから基本コマンドとviのハンズオン

LPIC試験の勉強をするためには実際にコマンド操作することが必要です。
本セミナーでは、CentOSのインストールを実際に行い、Webサーバのインストールをサンプルとして、基本的なコマンドを勉強して頂くための講座です。

日 程:2017年9月23日(土)13:30~16:30(受付開始 13:00)
場 所:新宿セミナールーム(新宿区西新宿7丁目4番4号 武蔵ビル 2F)
    最寄り駅:JR新宿駅/西武新宿駅/小田急線新宿駅/京王線新宿駅 徒歩10分
参加料:4,000円(前払い)、5,000円(当日会場払い)
お申込み:https://mgt-college.connpass.com/event/66143/
お問合せ:info@mgt-college.com

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 04│LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●   SUSE(ノベル株式会社)             ●●
 ●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

   9月14日開催『SUSE / HPEによるOpenStack実践セミナー

 SUSE・HPE共同セミナーを開催します!
 OpenStack環境を構築する上で注意すべきポイントを始め、注目のクラウド
 関連技術に関する「現場の声」をお届けします。
 OpenStackに取り組まれているお客様だけでなく、今後クラウド技術の採用
 をご検討されているお客様にも有益な情報をお伝え致します。

 ■詳細は下記URLより■
 http://www.suse.com/openstack-tokyo/

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 05│レベル2 例題解説
  │     ~ 203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は201試験の試験範囲から「203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する >
重要度 2

<説明>
AutoFSを使用して、ファイルシステムのオートマウント設定をする。これには、ネットワーク上およびデバイス上のファイルシステムに対するオートマウントの設定が含まれる。また、CD-ROMなどのデバイス用のファイルシステムの作成および暗号化されたファイルシステムの基本的な機能に関する知識も含まれる。

<主要な知識範囲>
・autofsの設定ファイル
・automount の単位を理解している
・UDF および ISO9660 のツールとユーティリティ
・その他の CD-ROM のファイルシステム (HFS)について知っている
・CD-ROM の拡張ファイルシステム (Joliet, Rock Ridge, El Torito)について知っている
・データの暗号化(dm-crypt / LUKS)についての基本的な機能の知識

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/auto.master
・/etc/auto.[dir]
・mkisofs
・cryptsetup


■例題

LUKSパーティションの暗号化パスワードの設定状況を確認するcryptsetupのサブコマンドは何か。

1. luksDump
2. luksKey
3. luksList
4. luksPassword
5. luksStatus

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/201/ex_3136.shtml


■例題作成者

■例題作成者 LPI-Japan 中谷徹

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。


□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level2.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 06│レベル3 例題解説
  │                        ~ 392.5 国際化
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は300試験の試験範囲から「主題392Sambaの基礎」の「392.5 国際化」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。
<392.5 国際化>
重要度 1

<説明>
国際化された文字コードとコードページに対処できること。

<主要な知識範囲>
・国際化された文字コードとコードページを理解する
・非英語環境において、共有、ファイル、ディレクトリ名における、Windows と Linux / Unix の間での名前空間の相違を理解する
・非英語環境におけるユーザとグループの名前付け規則における、WindowsとLinux/UNIXの間での名前空間の相違を理解する
・非英語環境におけるコンピュータの名前付け規則における、WindowsとLinux/UNIXの間での名前空間の相違を理解する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・国際化
・文字コード
・コードページ
・smb.conf
・dos charset、 display charset および unix charset


■例題
Linuxに設定したsamba共有をWindowsのドライブに割り当て、コマンドウィンドウでDIRコマンドを実行したところ、
日本語のファイル名が化けた。
下記はsmb.confの一部だが、修正すべき行は次のうちどれか。なお、Windowsの地域設定は日本語である。

1. unix charset = UTF-8
2. display charset = UTF-8
3. dos charset = UTF-8
4. default case = lower
5. case sensitive = yes

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/300/ex_3135.shtml

■例題作成者 LPI-Japan 中谷徹
※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level300.shtml


□今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
 ご質問・ご意見はこちら → mail@lpi.or.jp

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

今号のコンテンツはいかがでしたでしょうか?
ご意見をお待ちしております。mail@lpi.or.jp


■学習に役立つ情報
・試験対策
 http://www.lpi.or.jp/guide/preparation.shtml
・技術解説無料セミナー等のご案内
 http://www.lpi.or.jp/news/calendar/event.shtml
・試験範囲と概要
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/app/lpic01.shtml
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/app/lpic02.shtml
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/app/lpic03.shtml
・出題範囲
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/lpic1/range/
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/lpic2/range/
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/lpic3/range/
・受験案内
 http://www.lpi.or.jp/app/
・試験問題作成コミュニティ
 http://www.lpi.or.jp/item/

★LPI-Japanアカデミック認定校一覧
http://www.lpi.or.jp/school/list/index.shtml
★LPI-Japanスポンサー一覧
http://www.lpi.or.jp/sponsor/list/index.shtml
★LPI-Japanビジネスパートナー一覧
http://www.lpi.or.jp/bp/list/index.shtml


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回発行予定日は2017年9月22日(金)です。お楽しみに!


■ ご意見                        mail@lpi.or.jp
■ アドレス変更、配信中止    http://www.lpi.or.jp/mail/index.shtml
■ LPI-Japanホームページ             http://www.lpi.or.jp/


━【LPI-Japan】エルピーアイジャパン通信「Level2・Level3を受けてみよう!」
                       No.292 2017年09月07日)━
■ 発行:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
                       Copyright 2017 LPI-Japan
 【LPI-Japan】本コンテンツの掲載記事を許可なく転載することを禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ