LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!

  • ¥0

    無料

著者サイト

『LPIC Level2/Level3を受けてみよう!』は、Level2/Level3の例題解説、Level2/Level3を取得することのメリット、活用の事例など、Level2/Level3を目指す皆さんに役立つメールマガジンです。もちろんLevel1をお持ちでない方にも楽しめる学習に役立つメールマガジンです。

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

上記は広告です。LPI-Japanとは関係ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○○○ 「OSSとOpen Technology」の学習に役立つ情報マガジン
○○ 【 エルピーアイジャパン通信 】「Level2・Level3を受けてみよう!」

                        No.285[2017年05月26日]
----------------------------------------------------------------------
                        http://www.lpi.or.jp/m/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!LPI-Japanメールマガジン編集局です。

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃【大阪・東京】クラウドエンジニアを目指す人のための Linuxセミナー ┃
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

OpenStackに、AWSなど、クラウドエンジニアす人はもちろん、
新入社員研修でLinuxの基礎学習を終えた方、サーバ運用はしているけれど、
構築未経験という方、サーバ運用管理者など、参加必須のセミナーです。

「Linuxサーバー構築標準教科書」「Linuxシステム管理標準教科書」
「Linuxセキュリティ標準教科書」をベースに、Linuxの技術解説セミナーを実施します。

<大阪会場>
●Linuxサーバー構築基礎セミナー 6月3-4日(土日) 10:00~16:30
http://www.lpi.or.jp/news/event/page/seminar20170603/ ※1日のみの参加もOK!

<東京会場>
●Linuxサーバー構築基礎セミナー 7月1-2日(土日) 10:00~16:30
http://www.lpi.or.jp/news/event/page/seminar20170701/ ※1日のみの参加もOK!
●Linuxシステム管理基礎セミナー 7月2日(日) 10:00~16:30
http://www.lpi.or.jp/news/event/page/seminar20170702/
●Linuxセキュリティセミナー   7月1日(土・夜)17:30~20:30
http://www.lpi.or.jp/news/event/page/seminar20170701_02/

本日も、Linux/OSS業界の最新ニュースや、LPICの例題解説など、
皆さまに役立つ情報をお届けします。


□□□ CONTENTS xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
01: LPI-Japan事務局からのお知らせ 
02: 技術解説無料セミナー情報
03: LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ
04: レベル2 例題解説
05: レベル3 例題解説
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 01│LPI-Japan事務局からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    認定試験関連速報
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■ LPICレベル2のVersion4.5対応の認定教材が販売開始されました! ■□
【詳細】http://www.lpi.or.jp/lpic2/book.shtml


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    メディアへの登場 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■ ニッポン放送『SuonoDolce』に
             HTML5プロフェッショナル試験認定者が出演 ■□
番組名:『HTML5プロフェッショナル認定試験』について学ぼう!
ゲスト:
 ●株式会社カカクコム「食べログ」サイト制作者(WEBデザイナー)
           / HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1認定者
 https://www.youtube.com/watch?v=eIdqOpt0npU

 ●株式会社フォーク 後藤 はるかさん / 野口 梓さん
          / HTML5プロフェッショナル認定試験レベル1認定者
 https://www.youtube.com/watch?v=duCWYTFKutQ


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    その他のお知らせ 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■ オープンソースカンファレンス2017 Nagoya(5/27)
                      後援・参加のお知らせ ■□
【詳細】http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20170527_01/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ 「アシストフォーラム2017(2017/07/11~19」後援のお知らせ  ■□
【詳細】https://www.ashisuto.co.jp/event/af/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■  「登録インストラクターコミュニティ」に登録しませんか?  ■□

LPIC、OSS-DB、HTML5各種認定を取得している方、ぜひ登録しませんか?
このコミュニティでは、インストラクターの方々やインストラクターを目指す
方々をサポートし、またインストラクターとしての活躍の場を広げるための
活動を展開しています。
【詳細】 https://www.lpi.or.jp/instructor/index.php/

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■  アカデミック認定校制度説明会(LPIC/OSS-DB/HTML5/OPCEL)   ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【6月】1、8、15、22、29日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/m/school/index.php

   +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■         ビジネスパートナー制度説明会        ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【6月】6、13、20、27日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/bp/

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 02│技術解説無料セミナー情報
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    名古屋会場 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 ■HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 名古屋 / 名古屋市中小企業振興会館  〔開催日:5月27日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20170527_01/#lpi_event


 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
    東京会場 
 ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【 OPCEL 】

 ■OPCEL 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:7月22日(土)〕
https://opcel.org/notice/853


【 HTML5 】

 ■HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:6月11日(日)〕
 http://html5exam.jp/news/page2414.html


【 LPIC 】

 ■LPICレベル3 300 Mixed Environment 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:5月27日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/2017/05/event_20170527_01.shtml

 ■LPICレベル3 303 Security 技術解説無料セミナー
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:6月10日(土)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/2017/06/event_20170610_01.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 03│LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ
  │ 
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●  サイオステクノロジー株式会社              ●●
 ●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 サイオステクノロジー 6月15日(木)セミナーのご案内
 Docker 最前線!OSSエキスパート鼎談シリーズ:
 攻めるITはこう実現する!
 OSSインフラナイター Vol1
 お申し込みはこちら→https://connpass.com/event/57763/



 ●   SUSE(ノベル株式会社)                ●●
 ●●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

  6月7日開催!「SAP Tech Days Tokyo 2017」SUSEランチセッション

今年もSAP Tech Days Tokyo 2017に出展致します!
タイトル「事例から紐解くSLES for SAP 及び SUSE ソリューション」

SAP HANAの基盤としてSUSE Linux Enterprise Server(SLES)を採用した
お客様の実例をもとに、OSの機能及び運用に関する実現手法やコスト削減を
ご紹介していきます!
ブースでは最新のライブデモをご紹介&オリジナルノベルティをプレゼント♪

■日時:2017年6月7日(水)12:20-13:00
■場所:虎ノ門ヒルズフォーラム 5F
■セッション番号:TJ-L1
■詳細:http://sap.expoline.jp/techdays/day2.html


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 04│レベル2 例題解説
  │                    ~ 206.2 バックアップ操作
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回はLPIC201試験の試験範囲から、「206.2 バックアップ操作」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<206.2 バックアップ操作>
重要度 3

<説明>
重要なシステムデータをバックアップするシステムツールを使用する。

<主要な知識範囲>
・バックアップに含める必要があるディレクトリについて知っている
・Amanda、Bacula、Bareos、BackupPCなどのネットワークバックアップソリューションについて知っている
・テープ、CD-R、ディスク、またはその他のバックアップメディアの利点と欠点を知っている
・部分的および手作業によるバックアップを実行する
・バックアップファイルの整合性を確認する
・バックアップを部分的または完全に復元する

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
/bin/sh
dd
tar
/dev/st* and /dev/nst*
mt
rsync

■例題
rsyncコマンドで/etcディレクトリ配下すべてのデータを、/data/backup/etcとしてバックアップしたい。
なお権限情報やシンボリックリンクは保持するものとします。
また/data/backup/etcディレクトリは既に存在しているものとします。
この場合に適切なコマンドを選択してください。

1. rsync /etc /data/backup/etc/
2. rsync -r /etc/ /data/backup/etc/
3. rsync -a /etc/ /data/backup/etc/
4. rsync -a /etc /data/backup/etc/

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/201/ex_3045.shtml

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。


□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level2.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 05│レベル3 例題解説
  │              ~ 325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回はLPIC303試験の試験範囲から「325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<325.1 X.509 証明書と公開鍵の基礎>
重要度 5

<説明>
X.509 証明書と公開鍵の基礎について理解していることが求められる。OpenSSLを使用しての認証局を作成したり、さまざまな目的にSSL証明書の発行する方法も含まれる。

<主要な知識範囲>
・X.509 証明書、X.509 証明書のライフサイクル、X.509 証明書のフィールドおよびX.509v3 証明書の拡張についての理解。
・トラストチェーンと公開鍵の基礎についての理解。
・公開鍵と秘密鍵の生成と管理。
・セキュアな認証局の作成と運用。
・サーバー証明書とクライアント証明書の要求、署名、管理。
・証明書と認証局の廃止。

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
opensslとそのサブコマンド
OpenSSL の設定
PEM, DER, PKCS
CSR
CRL
OCSP

■例題
X.509 証明書のフィールドの説明として、誤っているものを選択してください。

1. Subjectフィールドは、証明書の識別子が記述される
2. Issuerフィールドは、証明書を発行した認証局の識別子が記述される
3. SerialNumberフィールドは、証明書を識別するための同一の認証局内においてユニークな値が記述される
4. NotBeforeフィールドは、証明書が無効になる日付が記述される

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/303/ex_3046.shtml

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level303.shtml


□今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
 ご質問・ご意見はこちら → mail@lpi.or.jp

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=--=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

今号のコンテンツはいかがでしたでしょうか?
ご意見をお待ちしております。mail@lpi.or.jp


■学習に役立つ情報
・試験対策
 http://www.lpi.or.jp/m/guide/preparation.shtml
・技術解説無料セミナー等のご案内
 http://www.lpi.or.jp/m/news/calendar/event.shtml
・試験範囲と概要
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/m/app/lpic01.shtml
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/m/app/lpic02.shtml
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/m/app/lpic03.shtml
・出題範囲
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/m/lpic1/range/
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/m/lpic2/range/
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/m/lpic3/range/
・受験案内
 http://www.lpi.or.jp/m/app/
・試験問題作成コミュニティ
 http://www.lpi.or.jp/m/item/

★LPI-Japanアカデミック認定校一覧
http://www.lpi.or.jp/m/school/list/index.shtml
★LPI-Japanスポンサー一覧
http://www.lpi.or.jp/m/sponsor/list/index.shtml
★LPI-Japanビジネスパートナー一覧
http://www.lpi.or.jp/m/bp/list/index.shtml


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回発行予定日は2017年6月9日(金)です。お楽しみに!


■ ご意見                        mail@lpi.or.jp
■ アドレス変更、配信中止   http://www.lpi.or.jp/m/mail/index.shtml
■ LPI-Japanホームページ            http://www.lpi.or.jp/m/


━【LPI-Japan】エルピーアイジャパン通信「Level2・Level3を受けてみよう!」
                      No.285 2017年05月26日)━
■ 発行:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
                       Copyright 2017 LPI-Japan
 【LPI-Japan】本コンテンツの掲載記事を許可なく転載することを禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 
 
メルマガ名
LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年05月26日
 
発行部数
2,043部
メルマガID
0000161444
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ