LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!

  • ¥0

    無料

『LPIC Level2/Level3を受けてみよう!』は、Level2/Level3の例題解説、Level2/Level3を取得することのメリット、活用の事例など、Level2/Level3を目指す皆さんに役立つメールマガジンです。もちろんLevel1をお持ちでない方にも楽しめる学習に役立つメールマガジンです。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
LPIC レベル2・レベル3を受けてみよう!
発行周期
隔週刊
最終発行日
2017年11月24日
 
発行部数
1,981部
メルマガID
0000161444
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > パソコン・IT系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

上記は広告です。LPI-Japanとは関係ありません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○○ 「OSSとOpen Technology」の学習に役立つ情報マガジン
○ 【 エルピーアイジャパン通信 】「Level2・Level3を受けてみよう!」

 No.297[2017年11月24日]
------------------------------------
http://www.lpi.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!LPI-Japanメールマガジン編集局です。

本日も、Linux/OSS業界の最新ニュースや、LPICの例題解説など、皆さまに役立つ情報をお届けします。


□□□ CONTENTS xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
01: LPI-Japan事務局からのお知らせ 
02: 技術解説無料セミナー情報
03: LPI-Japanプラチナスポンサーからのお知らせ
04: LPI-Japanアカデミック認定校からのお知らせ
05:LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ
06: レベル2 例題解説
07: レベル3 例題解説
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 01│LPI-Japan事務局からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
LPI-Japan主催イベント/出展・後援イベント
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■ オープンソースカンファレンス2017 Enterprise(12/8)後援・参加のお知らせ ■□
【詳細】http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20171208_01/

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ 「PGConf. Asia 2017」(12月4日~6日)にシルバースポンサーとして出展いたします。 ■□
【詳細】http://www.pgconf.asia/JA/2017/

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ 【2018年2月末まで】受験チケット×認定教材キャンペーン! ■□
~★先着各30名★ HTML5の受験バウチャーと認定教材を15%OFFで購入可能~
【詳細】http://html5exam.jp/campaign/textbook201709/


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
その他のお知らせ 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

□■ 新しいLPICレベル2 認定教材のご紹介 ■□
『最強WEB問題集LPIC Lv2-202(Ver4.5)』
~株式会社Ping-t提供~
【詳細】http://lpi.or.jp/lpic2/book.shtml

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ 「登録インストラクターコミュニティ」に登録しませんか? ■□

LPIC、OSS-DB、HTML5各種認定を取得している方、ぜひ登録しませんか?
このコミュニティでは、インストラクターの方々やインストラクターを目指す方々をサポートし、またインストラクターとしての活躍の場を広げるための活動を展開しています。
【詳細】 https://www.lpi.or.jp/instructor/index.php/

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ アカデミック認定校制度説明会(LPIC/OSS-DB/HTML5/OPCEL) ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【11月】30日【12月】7、14、21日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/school/index.php

 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

□■ ビジネスパートナー制度説明会 ■□
 開催日/毎週火曜日実施:【11月】28日【12月】5、12、19日
【詳細/お申込】https://www.lpi.or.jp/bp/


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 02│技術解説無料セミナー情報
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
東京会場 
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

■HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル1 技術解説無料セミナー
 ≫≫ 渋谷 / TKP渋谷カンファレンスセンター6F ルーム6A 〔開催日:12月8日(金)〕
 http://www.lpi.or.jp/news/event/page/20171208_01/#lpi_event

■HTML5プロフェッショナル認定試験 レベル2 技術解説無料セミナー
 ≫≫ 浜松町 / コンベンションルーム AP浜松町〔開催日:12月16日(土)〕
 http://html5exam.jp/news/event/page2643.html


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 03│LPI-Japanプラチナスポンサーからのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

 ● 株式会社Ping-t ●●
 ●●━━━━━━━━━●

 LPIC&HTML5学習サイト「Ping-t」(登録ユーザー数15万人超)
 ~ LPIC 201/202 Ver4.5対応完了! ~

Ping-tのWEB問題集がLPIC 201/202(Ver4.5)に対応いたしました。
全600問以上を収録し、全ての問題に詳細な解説が付いています。

 どうぞ学習にお役立て下さい。

Ping-t → http://ping-t.com

━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 04│LPI-Japanアカデミック認定校からのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

● MGTカレッジ ●●
●●━━━━━━━━━●

基礎から学べるIoT/ビックデータのための大規模分散システム基盤構築セミナー
第三回(11/25):サーバ構築 -サーバ構築ハンズオン
https://mgt-college.connpass.com/event/70824/

CentOS7に対応した各種サーバをインストール、設定を行い、理解を深める講座です。
WEB、NFS、FTP、Samba、DHCPのインストールおよび基本的な設定を行い、動作確認を行います。

日程:2017年11月25日(土)13:30~16:30(受付開始 13:00)
場所:新宿セミナールーム(新宿区西新宿7丁目4番4号 武蔵ビル 2F)
   ※JR新宿駅,西武新宿駅,小田急線新宿駅,京王線新宿駅より徒歩10分
参加料:4,000円(前払い)、5,000円(当日会場払い)


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 05│LPI-Japanビジネスパートナーからのお知らせ
  │
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━

● SUSE(ノベル株式会社)●●
●●━━━━━━━━━━━━●

12月4日開催!SUSE Open Forum Japan 2017!
https://www.suse.com/sofj/

SUSE Open Forum Japan 2017を虎ノ門ヒルズにて開催いたします!
「SUSECON 2017」のハイライトと最新情報をお届けするとともに、基幹システムをクラウドで実現するのに重要なプラットフォームのあり方、またSUSEが提供するデータマネージメントソリューションについてご紹介!

■日時:2017年12月4日(月)13:30-17:30(開場 13:00)
■場所: 虎ノ門ヒルズ森タワー 4階
■受講料:無料
■対象者:OSS導入に関わる情報システム部門の方
     OSS関連の販売に関わるパートナー様
■URL:https://www.suse.com/sofj/


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 06│レベル2 例題解説
  │ ~207.1 DNSサーバの基本的な設定
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━
今回はLPIC202試験の試験範囲から、「207.1 DNSサーバの基本的な設定」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<207.1 DNSサーバの基本的な設定>
重要度 3

<説明>
権威サーバ、再帰サーバ、キャッシュ専用DNSサーバとして機能するようにBINDを設定する。これには、稼働中のサーバを管理すること、ログの設定も含まれる。

<主要な知識範囲>
・BIND 9.xの設定ファイル、用語、ユーティリティ
・BINDの設定ファイルで、BINDゾーンファイルの位置を定義する
・変更した設定ファイルおよびゾーンファイルの再読込
・代替ネームサーバとしての dnsmasq、djbdns、PowerDNS について知っている

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・/etc/named.conf
・/var/named/*
・rndc
・named-checkconf
・kill
・host
・dig


■例題
以下のDNSサーバの中から、権威DNSサーバとしてのみ動作するものを選択してください。

1. dnscache
2. pdns
3. dnsmasq
4. named

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/202/ex_3200.shtml


■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。


□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level2.shtml


━━┯━━━━━━━━━━━━━━━
 07│レベル3 例題解説
  │~328.1 ネットワークの堅牢化
━━┷━━━━━━━━━━━━━━━
今回はLPIC303試験の試験範囲から「328.1 ネットワークの堅牢化」についての例題を解いてみます。

■トピックの概要
このトピックの内容は以下の通りです。

<328.1 ネットワークの堅牢化>
重要度 4

<説明>
一般的な脅威に対してネットワークをセキュアにする能力が求められる。これには、セキュリティの測定効果の検証も含まれる。

<主要な知識範囲>
・FreeRADIUSを設定したネットワークノードの認証。
・nmapを使用したネットワークとホストのスキャン。異なるスキャン方法を含む。
・Wiresharkを使用したネットワークのトラフィック分析。フィルタと統計を含む。
・不正RA(ルータ広告)とDHCPメッセージの識別と処理。

<重要なファイル、用語、ユーティリティ>
・radiusd
・radmin
・radtest, radclient
・radlast, radwho
・radiusd.conf
・/etc/raddb/*
・nmap
・wireshark
・tshark
・tcpdump
・ndpmon

■例題
FreeRadiusのfilesモジュールのユーザファイルに、以下が設定されているとした場合、
説明として正しいものを選択してください。

[/etc/raddb/users]
user01 Cleartext-Password := "password"
Framed-IP-Address = 10.1.1.10,
Framed-IP-Netmask = 255.255.255.0

DEFAULT Auth-Type := PAM

※PAMの認証モジュールは有効化されているものとする
※PAMの設定も完了しているものとする


1. Auth-TypeにPAMが指定されているため、user01では認証できない
2. この設定では、PAM経由で認証を行うことはできない
3. user01で認証できるのは10.1.1.10/24からのアクセス時のみである
4. user01で認証した場合、Framed-IP-Address属性に10.1.1.10がセットされる

※この例題は実際のLPIC試験問題とは異なります。


■解答と解説はこちら ⇒ http://www.lpi.or.jp/ex/303/ex_3201.shtml

■例題作成者
株式会社デージーネット ソリューション開発部    森 彰吾 氏

※上記の解説とその内容については、例題作成者の監修です。

□関連リンク
LPIC試験の出題について:http://www.lpi.or.jp/examination/level303.shtml


□今回の解説について、理解できないポイントがあればどんどん質問を。
 採用になった方にはLPIオリジナルの記念品を贈呈します。
 ご質問・ご意見はこちら → mail@lpi.or.jp

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

今号のコンテンツはいかがでしたでしょうか?
ご意見をお待ちしております。mail@lpi.or.jp


■学習に役立つ情報
・試験対策
 http://www.lpi.or.jp/guide/preparation.shtml
・技術解説無料セミナー等のご案内
 http://www.lpi.or.jp/news/calendar/event.shtml
・試験範囲と概要
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/app/lpic01.shtml
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/app/lpic02.shtml
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/app/lpic03.shtml
・出題範囲
 レベル1)http://www.lpi.or.jp/lpic1/range/
 レベル2)http://www.lpi.or.jp/lpic2/range/
 レベル3)http://www.lpi.or.jp/lpic3/range/
・受験案内
 http://www.lpi.or.jp/app/
・試験問題作成コミュニティ
 http://www.lpi.or.jp/item/

★LPI-Japanアカデミック認定校一覧
http://www.lpi.or.jp/school/list/index.shtml
★LPI-Japanスポンサー一覧
http://www.lpi.or.jp/sponsor/list/index.shtml
★LPI-Japanビジネスパートナー一覧
http://www.lpi.or.jp/bp/list/index.shtml


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
次回発行予定日は2017年12月8日(金)です。お楽しみに!


■ ご意見                        mail@lpi.or.jp
■ アドレス変更、配信中止    http://www.lpi.or.jp/mail/index.shtml
■ LPI-Japanホームページ             http://www.lpi.or.jp/


━【LPI-Japan】エルピーアイジャパン通信「Level2・Level3を受けてみよう!」
                       No.297 2017年11月24日)━
■ 発行:特定非営利活動法人エルピーアイジャパン
                       Copyright 2017 LPI-Japan
 【LPI-Japan】本コンテンツの掲載記事を許可なく転載することを禁じます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ