不思議大好き、わくわく冒険日記

  • ¥0

    無料

心も体も意外なことで簡単に治すことができます。前世療法、インナーチャイルド、トラウマヒーリングで明るく元気に人生をリセットしましょう。新しい知恵と情報、日常の面白いお話もたくさんお送りします。。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
不思議大好き、わくわく冒険日記
発行周期
不定期
最終発行日
2018年07月17日
 
発行部数
110部
メルマガID
0000161572
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > こころ > カウンセリング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

~あるがまま、ありのままでいいんです~
あなたはあなたでありさえすれば、充分豊かなのです。
すべては上手く行っています。

世界的な建築家、坂茂(ばんしげる)さんは、建築のノーベル賞といわれるプリツカー賞をはじめとして数々の受賞をしている世界的な建築家です。巨大で有名な建物も素晴らしいのですが、彼は弱者とともにある建築を志し、世界中の災害の避難者のための仮設住宅なども手掛けてきました。
今回の西日本豪雨災害でも、体育館の避難者のために段ボールベッドや紙パイプの仕切りカーテンなどを寄付し組み立てました。
以下はWikipedia からの引用です。・・・・
「マイノリティ、弱者の住宅問題に鋭い関心を寄せ、ルワンダの難民キャンプのためのシェルターを国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) に提案し開発・試作した。
1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)後の紙のログハウス(仮設住宅)や教会の集会所を特殊加工された「紙(紙管)」で制作。トルコ、インドで起きた地震に際しても仮設住宅の建設を行った。
2005年に津波災害を受けたスリランカキリンダ村で復興住宅、
2008年に大地震の被害に遭った中国四川省の小学校の仮設校舎
、2011年の地震で被害を受けたクライストチャーチ大聖堂の仮設教会の建設を
提案した。東日本大震災では、体育館などの避難所に避難したものの、
ひとつの空間で多くの人々が同居している状態で、プライバシーがまったく無くて
苦しんでいるが言いだせない人々のために、紙パイプと布を使いプライバシーを確保する提案(間仕切り)をし、各地の役所職員たちを説得してまわり、また仮設住宅の建設、質の向上にもかかわった。女川町で坂茂が提案した海上輸送用のコンテナを使い家具を作り付けにした2-3階建仮設住宅は快適で、期限が来てもそのまま住み続けたいと希望する人々が多いと報じられた。
阪神・淡路大震災後に被災地神戸で手がけた「紙の教会」では1995年第41回毎日デザイン賞大賞[、
第3回関西建築家賞大賞、1997年度JIA新人賞、
「家具の家・カーテンウォールの家」で1996年吉岡賞、東日本大震災被災地にて活用された「紙の建築」で平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞を
受賞。
グローバルに問題を考えており、建築資材などをあらかじめ確保しておき、どこかの国で大災害が起きた時にそれを供給するしくみ作りも
進めている。そうしたことを行うにあたって、
ただ慈善や寄付だけに頼るのではなく、通常の経済の循環の中に組み込み継続性を持たせることも進めており、
それに関して坂茂が思いついたアイディアは、まず途上国に仮設住宅の工場をつくり、その工場で作られる住宅を、災害の無い時には各国のスラム街の住環境を改善するのに用い、もし災害が起きたらそれを仮設住宅として供給するという方法で、これで、途上国で雇用も作りだしつつ、住環境改善も実現し、災害時には苦しむ人々を救うということもできるというものである」以上引用終わり

お読みくださいまして、有り難うございます。

 鈴木まり
(maygby@yahoo.co.jp)

 http://www.geocities.jp/maygby/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ