押忍!インターネット起業家道場

  • ¥0

    無料

『ネットの世界でゴールドラッシュが起こっている。しかし、ほとんどの起業家はその成功ノウハウを知らない・・・。』数々の経営者や起業家を、短期間にゼロから年収2000万~1億円超へ導いたインターネットのスーパーテクニックを集客請負人・平賀正彦が大公開。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
押忍!インターネット起業家道場
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2018年01月29日
 
発行部数
26,659部
メルマガID
0000162030
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > ネットビジネス > ネットマーケティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●平賀のゴールド会員詳細はこちら(1/31受付終了)
https://www.hiragamasahiko.jp/support-menu.php



■押忍!インターネット起業家道場 180129配信■



こんにちは、平賀です。



「人は趣味と教育にお金を使う」


先日、友人が犬を飼い始めたということで写真を送ってもらいました。

まだ生後2ヶ月くらいの子犬なのですが可愛いですね。

私も高校生の時くらいまで実家で犬を飼っていたのですが、
世話役である私が東京の大学へ行ったこともあってそれ以来飼っていません。

しかし、可愛い子犬を見ると久しぶりに飼いたくなりますね。



私の会員さんでは犬を始めとしたペット事業で業績を伸ばしている方が多くいます。

ブリーダーさんと購入者との仲介サイトをやっている方。

ドッグフードやキャットフードを販売している方。

犬やネコの専用ドリンクを販売している方などなど。

特に仲介サイトは検索エンジン対策がうまくいったこともあって、
驚異的な業績を上げていました。

犬やネコだけではなく、過去には爬虫類や観賞用のエビを販売している方もいました。

いずれも、「へー、そんなに売れるんですね」、という感想を持ったことを覚えています。

それでは、なぜペット関連の商品が売れるのでしょうか。

要するに趣味の世界だからです。


趣味の世界と言えば、男性だと車とかオートバイが考えられますね。

この業界はアフターパーツの販売や洗車グッズなどさまざまな商品があります。

また、比較的高価な商品が存在します。

例えば、私はここ最近大型のオートバイに乗っているのですが、
春夏用のメッシュの革ジャンを買おうと思ってネットを検索していたんですね。

海外の一流メーカーだと10万円くらいするんですよ。

国産の安いものでも5万円くらいするわけです。

これは肩やヒジ、背中などにプロテクターが内蔵されているからですね。

こういった高価な商品を扱うと当然利益もそれなりに取れますから、
ビジネス的には良いと思います。

趣味の世界は高価な商品であってもお金を払う傾向がありますから。


一方で女性の場合は美容にお金を使う傾向があります。

皆さんの奥様や彼女が美容やダイエットに結構なお金を使っているケースを
目にすることも多いでしょう。

以前、私の会員さんで海外在住の方から聞いたのですが、
マックスファクターのSK2というスキンケア商品が海外でバカ売れしているみたいです。

これが1セット揃えるとかなり高額になりますね。

日本円でも高いのに、通貨の安い国でパッと高額を支払うのは凄いと思いました。



趣味と並んで私が注目しているのは教育産業です。

教育といってもさまざまあって、身近なところでは英会話とか大学受験などですね。

語学と言えば英会話が代表的なのですが、
私の会員さんではロシア語とか韓国語のオンライン教室をやっている人がいました。

英会話に比べるとかなりニッチなところを狙っていますが、
業績は結構良かったと記憶しています。

また、私の会員さんが長年販売している子育ての教材販売などもあります。

この教材は10年以上にわたって売れていますから、
子育てのノウハウというのはいつの時代もそれほど変わらないのかなと思います。

ニッチなところで、以前このメルマガでも紹介した医師免許を持つ熊野さんなどは、
ご自身の子供を医者にしたい親御さん向けの教材販売を行っています。

ターゲットの数としてはそれほど多くはないのですが、
金額を高く設定できるため客単価が高く利益が取れるわけですね。

私が行っているコンサルティングなども、教育という側面がありますね。

皆さんも、「教育」というキーワードでネタを探してみると良いかもしれません。



以上をまとめてみますと次のようになります。


1.趣味や教育の業界を狙ってみる。


2.その中でもニッチな市場を見つける。


3.高額な商品やサービスを提供できるかどうかを考える。


先程も書いたように、まずは趣味や教育の業界を大まかに捉えてみると良いでしょう。

例えば、大まかに「釣り」という趣味を捉えてみます。

釣りといってもさまざまな種類があって、海釣りとか渓流釣りがありますよね。

当然使う道具も違ってくるわけです。

仮に渓流釣りにターゲットを絞った場合、どんな魚を釣るのかを考えていくのです。

私は高校生の時にブラックバスを狙ったルアーフィッシングをやっていましたが、
道具もピンきりでしたね。

私たちのような学生が使う道具は安いものですが、10万円近くする道具もありました。

バス釣りというのはメジャーですが、探していけばニッチな市場があるかもしれません。



ビジネスには二通りの考え方がありまして、ニッチな市場で高額商品を扱う場合と、
巨大な市場で安価な商品を扱う場合があります。

先ほど教育のところでも書きましたが、
英会話教室とロシア語教室では市場の大きさがまったく違います。

しかし、英会話よりもロシア語のほうが値段を高めに設定できるかもしれません。

また、ライバルも少ないため価格競争が起きにくいという面もありますね。

というわけで、ビジネスを考える際には先ほどの3つを検討すると良いでしょう。


●平賀のゴールド会員詳細はこちら(1/31受付終了)
https://www.hiragamasahiko.jp/support-menu.php
●平賀の”無料”直接相談はこちら
https://www.hiragamasahiko.jp/soudan.php



★平賀正彦の独自配信メルマガ(このメルマガとは別の内容です)
お知り合いの方にご紹介していただけると嬉しいです。
https://www.hiragamasahiko.jp/maga.html


現在ご入会の方には、下記の特典がついています。

1.ご入会時にネットビジネス基本編のDVDを配送
2.売れるテンプレートの提供(ワードプレス版+html版)
3.隔月で定期的に学習教材のDVDを配送
4.誰でもできるSEO対策・内部調整編
5.0円集客の達人が語るアメブロ集客法(全24ページ)
6.アドワーズ広告の海外への出し方
7.輸出ビジネス・ターゲット国リサーチ法
8.輸出入ビジネス・初心者マニュアル
9.ネットビジネスで使える英語例文265
10. 人生を変えた10冊の本をご紹介(動画45分)
11. リスティング広告の正しい設定方法
12. SEO対策ガイドブック
※入会特典は随時追加しております。

※このメールはすでに会員の方にお送りしている場合があります。
ご容赦くださいませ。



■平賀正彦のFacebookページはこちら
https://www.facebook.com/MasahikoHiraga



■メルマガバックナンバーはこちら(独自配信版、まぐまぐ版)
http://www.hiragamasahiko.com/



■平賀の著書一覧はこちら
https://www.hiragamasahiko.jp/kyozai.php



********************************
発行人:平賀正彦
http://www.hiragamasahiko.jp/
master@hiragamasahiko.jp
********************************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ