石川県ふれあい昆虫館メールマガジン

  • ¥0

    無料

昆虫館における日頃の飼育の様子、ちょっとかわった昆虫の習性や生態などを中心に紹介します。その他、展示昆虫の変更のお知らせ、企画展・観察会のご案内や飼育担当職員の四方山話など、盛りだくさんの内容となっております。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
石川県ふれあい昆虫館メールマガジン
発行周期
月刊
最終発行日
2018年07月01日
 
発行部数
370部
メルマガID
0000162674
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 科学・研究 > 自然科学

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

ISHIKAWA INSECT MUSEUM MAGAZINE 第157号       2018年7月1日
石川県ふれあい昆虫館メールマガジン
======================================================================
目次  1)昆虫館トピックス
       《企画展・イベント案内》
    2)虫むしおもしろ話
    3)その他の催し物等のご案内
======================================================================

 
―――――――――――――――
| 1)昆虫館トピックス  |
―――――――――――――――


《企画展・イベント案内》


●開館20周年特別展「オオゴマダラのふるさと沖縄」

   期  間:7月14日(土)~10月8日(月・祝)※7月17日(火)のみ休館
  場  所:2階 特別展示コーナー
 内  容:今年でふれあい昆虫館は開館からなんと20年!
         この展示では、チョウの園の主役オオゴマダラを中心に、
         沖縄のチョウや昆虫たち、自然について紹介します!
         
    ・「沖縄でみつかったチョウ」
      沖縄のチョウ、約170種を一挙に展示するほか、国内最大級のチ
      ョウ「オオゴマダラ」の生態解説をします。

    ・「沖縄のスゴイ・カッコイイ・おもしろい虫」
      チョウ以外にもいろいろな虫が沖縄にはたくさんいます。沖縄最
      大級のクワガタ「サキシマヒラタクワガタ」や宝石のような光沢
      を持った「ナナホシキンカメムシ」など、生きた沖縄の虫を展示
      します。

    ・「天然記念物の虫」
      国の天然記念物に指定されている「ヤンバルテナガコガネ」、沖
      縄県の天然記念物「ヨナグニサン」など、とても希少でなかなか
      みることのできない2種の大型昆虫を展示します。

    ・「オオゴマダラのふれあいタイム」
      国内最大級のチョウで当館一番人気のチョウの「オオゴマダラ」
      の幼虫やサナギなどにふれあうことのできるイベントです。       

       日 時:7月14日(土)~9月2日(日) 14:00~14:30
       場 所:2階 休憩コーナー     


●イベント「こん虫夏まつり2018」

   期  間:7月14日(土)~9月2日(日) ※7月17日(火)のみ休館
   場  所:館内各所
   内  容:以下記載

    ・外国産・国内産カブト・クワガタの生体展示
      個性ゆたかな世界のカブトムシとクワガタムシが大集合!
     カブト界最強といわれるコーカサスオオカブトのほか、ネプチューン
     オオカブト、パラワンヒラタクワガタ、ギラファノコギリクワガタな
     どかっこいいカブクワの生体が集まります!迫力ある姿をぜひお楽し
     みください!

       日 時:期間中毎日 終日
       場 所:1階 多目的ホール


    ・ヘラクレスとツーショット
      毎回人気のコーナーです。世界最大のカブトムシ、ヘラクレスオオ
     カブトと一緒に写真を撮ろう!(カメラは各自でご用意ください)

       日 時:期間中毎日 11:00~15:00
       場 所:1階 多目的ホール



    ・野外生態園での昆虫採集体験
       職員と一緒に昆虫採集体験をします。いろんな虫を捕まえよう!
      
       日 時:期間中毎日 10:00~10:30
       場 所:野外生態園(1階休憩コーナー集合)
        ※雨天時は、アクティオンゾウカブトとの撮影会を行います。


    ・ぼくの、わたしのカブトじまん
      生きた日本産カブトムシ(オス)の大きさを競います。採集した
     り、飼育した自慢のカブトムシを持って、昆虫館にお越しくださ
     い。上位3名には素敵な記念品をプレゼント。20位まで昆虫館の
     オリジナル認定証をお渡しします。おまけ企画として、小ささを
     競う「ミニじまん」もありますよ(オスのみ)。エントリーは8月
     26日までですので、お早めに!

       日 時:7月14日(土)~8月26日(日)
       場 所:1階 エントランスホール右奥

     (表彰式 9月2日予定(時間未定)※入賞者へお知らせします)



    ・工作コーナー
      毎年人気のこん虫お面が登場します。色をぬって切りぬいて、自
      分だけのお面を作りましょう。今回は昆虫館のオリジナルキャラ
      クター「むし太郎」や「クワ吉」もお面になって登場します。
      お楽しみに!

       日 時:期間中毎日 終日
       場 所:2階 情報コーナー



●「カブトの森」オープン!

   期  間:7月6日(金)~8月19日(日)
   場  所:1階 むしむしハウス奥 野外アミ室
   内  容:生態園内に設置したアミ室で、カブトムシを放し飼いに
        し、自然に近い状態で観察することができます。
        君は何匹のカブトムシを見つけることができるかな?



●「ミツバチの巣箱観察」【現在開催中】

   期  間:9月30日(日)までの毎週日曜日 11:00~
   場  所:1階 休憩コーナー
   内  容:職員がセイヨウミツバチの巣箱をあけて、中の様子をお見
        せします。無数に飛び交うハチは迫力がありますよ!

   ※観察はガラス越しに行いますのでミツバチと接触することはありま
    せん。
   ※雨天および風の強い日は室内でのミツバチの解説となりますので、
    ご了承ください。
   ※こん虫夏まつり期間中(7/14~9/2)はお休みします。



●「ミツバチのハチミツしぼり」イベント

   日  時:8月5日(日) 14:00~15:00(予定)
   場  所:生態園 野外学習舎
   内  容:ハチミツの日(8月3日)にちなんで、昆虫館で飼育してい
        るミツバチの巣箱から取り出した巣板から、ハチミツをし
        ぼります。とれたてのハチミツの試食もできますよ!




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・



―――――――――――――――
| 2)虫むしおもしろ話  |
―――――――――――――――


「二シキキンカメムシ」
 
 夏真っ盛り、昆虫採集するときは熱中症に気をつけないといけません。私はい
つもスポーツドリンクやお茶を2リットルほど持っていきます。皆さんも外に行
くときは水分補給をしっかりとしましょう。今回は私もまだ出会ったことのない
憧れのカメムシ「二シキキンカメムシ」を紹介します。
 二シキキンカメムシは、体長2センチ程のキンカメムシの仲間です。ツゲの群
生地で見ることのできる珍しいカメムシで、緑色の体に赤色の線、金属光沢のあ
る体が特徴です。幼虫も赤と緑のキラキラした体色でとても綺麗です。名前には
「ニシキ(錦)」とついており、まるで錦織の着物のような模様からその名がつ
いたのかもしれません。
 見つけることが非常に難しい二シキキンカメムシですが、飼育することは可能
で、以前紹介したアカスジキンカメムシのように生落花生があれば飼育繁殖が可
能なようです。出会うことすら難しく、生きた姿を見ることが困難なカメムシが
飼育できるとは驚きです。もし、出会うことができたらぜひ、飼育に挑戦してみ
たいカメムシです。
 カメムシの仲間は美しい見た目をしている種類がたくさんいます。カメムシた
ちがどんな模様をしているか調べてみるのも楽しいですよ。




~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・ 



――――――――――――――――――
| 3)その他の催し物等のご案内 |
――――――――――――――――――



●石川県の昆虫コーナー「職員イチオシの虫」【現在開催中】

   期 間:7月16日(月・祝)まで
   場 所:2階 石川県の昆虫コーナー
   内 容:職員がおすすめする虫を紹介する「職員イチオシの虫」。
       今回は「フタホシコオロギ」です。昆虫館での飼育方法や
       飼育の時に工夫していることを紹介しています。



●石川県の昆虫コーナー「職員イチオシの虫」リニューアル

   期  間:7月18日(水)~10月29日(月)
   場  所:2階 石川県の昆虫コーナー
   内  容:毎回、職員がおすすめの虫を紹介する「職員イチオシの虫」。
        次回は「カラスアゲハ」を紹介します。


●むしむしハウス「夏にみられる虫たち」

   期 間:7月4日(水)~9月3日(月)まで
   場 所:1階 むしむしハウス
   内 容:カミキリムシやコガネムシなど、夏に見られる昆虫を展示します。




◎ミニイベントのお知らせ 


 ○オオゴマダラとツーショット
  日 時 :日曜日と祝日の終日
   場 所 :チョウの園
   内 容 :チョウがとまるふしぎな帽子をかぶって、記念撮影ができます。


※以下の3つのミニイベントは、「こん虫夏まつり2018」期間中(7/14~9/2)は
 お休みします。


 ○館内うらがわ探検
   日 時 :日曜日と祝日 14:00~
   場 所 :1階エントランスホール集合
   内 容 :ふだんは見ることができない飼育室を職員と一緒に探検
        します。


 ○飼育員の気ままガイド
   日 時 :土曜日 11:00~
   場 所 :館内各所(紹介内容により、集合場所が異なります)
   内 容 :職員が館内展示や飼育昆虫について解説します。

  
 ○虫たちのお食事タイム
   日 時 :土曜日 14:00~
   場 所 :1階 昆虫ウォッチングコーナー
   内 容 :ゲンゴロウがエサを食べるようすを間近で観察するこ
        とができます。



 ●○●お知らせ●○●


●県政メールマガジン『メルマガ石川』
   役立つお得な情報を配信します! ぜひご登録ください!
   ↓以下のアドレスへ、空メールを送って登録
   regist@ishikawa-mmag.com

   ↓詳細はこちら
   http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kenmin/kouhou/mmag/index.html


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 
 ●のとじま水族館情報


  【 水族館裏側探検隊 】
  
  普段見ることができない水族館の裏側を飼育係が案内します。
  水族館の裏側は迷路のよう。大水槽の裏側やエサ切り場、隠された水槽や
生きものをじっくり見学できます。何気なく見ていた水族館も、裏側を知
ることで、もっともっと楽しめるようになります。
(ベビーカー、車いすではご参加いただけませんのでご了承ください。)

   毎週土曜日(ただし、繁忙期はお休み)

   時 間: 10:40/13:40(約40分)

   定 員: 各回とも先着10名

   場 所: 本館出口集合 イルカプール解散

   申 込: 当日券売所にてお申し込みください


   水族館の情報はこちらから→http://www.notoaqua.jp/



 
 ●いしかわ動物園情報
  

   【 動物園工房 】

探険のテーマ: ゆらゆらアニマル

   日    時: 7月8日(日)13:00~15:00

   会    場: 動物学習センター レクチャーホール

   内    容: ゆらゆら揺れて元通り。動物の絵を描いた
起き上がりこぼしを作ってみよう。


 
   動物園の情報はこちらから→ http://www.ishikawazoo.jp/


 ※両施設ともメールマガジンを配信しています※



~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~


<メルマガについてのお知らせ>
「まぐまぐ」よりメルマガの配信ドメインが順次変更になる旨のお知らせ
がありました。もしメルマガが届かなくなるようでしたら、お手数ですが、
下記の「まぐまぐ」ヘルプページへお問い合せくださいますよう、お願い
いたします。

●メルマガが届かないとき
http://help.mag2.com/000335.html

======================================================================
石川県ふれあい昆虫館メールマガジン               第157号
 発  行:石川県ふれあい昆虫館
 編集担当:須田 将崇(すだ まさたか)・判 園恵(ばん そのえ)
 〒920-2113 石川県白山市八幡町戌3番地
TEL:076-272-3417 FAX:076-273-9970
E-mail:kontyu@furekon.jp
URL:http://www.furekon.jp/
このメールマガジンは、『まぐまぐ』 http://www.mag2.com を
利用して発行しています。
解除は http://www.mag2.com/m/0000162674.html から行うことが可能です。
バックナンバーは
http://archive.mag2.com/0000162674/index.html からご覧ください。
======================================================================
 みなさまからのご意見・ご質問を上記E-mailで受け付けています。
「こんな内容のメルマガが読みたい!」というアイデア等がございましたら、
ご遠慮なくどしどしご提案くださいね。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ