69秒後には人生が変わる!~楽しい人生の歩み方~

  • ¥0

    無料

たいしたことないことばかり書いているのですが、このメルマガのひとつの話をたまたま見て、人生救われた!というような嘘みたいな返信メールを度々いただくんです。せっかくのご縁ですので、明るく楽しくのんびり続けていこうと思います。今日も素敵な一日となりますように

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
69秒後には人生が変わる!~楽しい人生の歩み方~
発行周期
隔週
最終発行日
2008年09月12日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000163338
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

『言葉の香りを楽しむ』



毎日がお暑うございます。

皆様、如何お過ごしでしょうか?


先日、大学時代のテニス部の友人と久々に話しておりましたら、

その彼がひとつ話をしてくれました。

「なんだかすごい早口で、かむ奴がいてさ・・・・・・。
 
 おまえと違って、いじると機嫌悪くなる男だから、

 あんまり何回も「えっ?何?」って言うの可哀相じゃん?

 だから、適当にあいづちをうっていたんだけど、

 知らない間に、そいつと海行くことになってた」

言葉には意味がございます。

言葉というのは文字にすれば有形ですが、

意味というのは無形です。

言葉が花だとすれば、

意味は香りと言えるかもしれません。


本は昔の偉人と対話することができる

世界中の人間、全てにとっての財産と言えますが、

その意味をとれるかとれないかは、

花をプレゼントすることができても、

その香りを感じることができるかどうかは、

受け取る本人次第ということに似ています。


現代人のほとんどは鼻が「知識」でつまっている

鼻づまりの状態で、

ほとんど嗅覚が働いていません。

「う〜ん、今朝もすごくいい天氣で氣持ちいいな♪

 なんだか朝ごはんのいい匂いもするぞ!

 ひとり暮らしの僕の家なのに、

 いったい誰が素敵な朝ごはんを作ってくれているのだろう?」

と鼻で感じて朝起きたら、

寝ている間にどうやら自分が漏らしていた大便だった・・・・・・。

というくらいに現代人の鼻はもうつまりたい放題でございます。


ごくごく当たり前の挨拶の中に、

その人の氣持ちからにじみ出る膨大な香りが、

含まれているかもしれません。

有り難う

左様なら

今日は

同じ文字でも、それぞれ香りが違います。

そして、大切なものは、

有形な文字よりも、無形の香りです。

むしろ香りが届くのであれば、

言葉なんていらない場面だってあるかもしれません。


どんな言葉を自分から発しようが、

そこから素敵な香りがほのかに香る・・・・・・。

そのほのかな香りをしっかりと味わえる・・・・・・。

そんなことをやり合える日本人でありたいですね。

人が酒を飲みますが、そのうち、酒が人を飲みます。

人が言葉を発しますが、そのうち、言葉が人を支配します。

人は有形を好みますが、そのうち、有形が人を奴隷にします。

常に、有形の奥にある香りを看ようとする、

静寂な姿勢を持っていたいものですね。

何百万とある言葉の中にわずかに存在する

ほんのかすかな香りに光が当たりますように・・・・・・♪



粋な教師『連』 代表

高草雄士 拝



【編集後記】

お釈迦様は、ある日、霊鷲山というところで、

花(金波羅華)を84000人の大衆に突然、

グーって指し示されたそうです。

84000人の大衆はさっぱりわからず呆然としていたそうですが、

迦葉というお弟子さんだけが、にっこり微笑んだそうです。

花の向こう側にあるは何があったのでしょうか?

そんな疑問を噛みしめながら、

夏の公園を散歩するのもたまにはいいかもしれませんね♪

迦葉さんが感じた香りが、あなたの元に届くかもしれません。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ