e-メンタルヘルスメールマガジン

  • ¥0

    無料

日本総合病院精神医学会という総合病院を中心として診療を行っている精神科医・医療スタッフから、こころの病気の最新情報や予防・介護に役立つ方法を発信していきます。

 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
e-メンタルヘルスメールマガジン
発行周期
隔週刊
最終発行日
2018年05月30日
 
発行部数
387部
メルマガID
0000163460
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

===========================================================
e-メンタルヘルス・マガジン 第109号
2018年5月30日発行
===========================================================

このメールマガジンは日本総合病院精神医学会(GHP)広報委員会が
編集する精神医学の現場からの情報をお届け(精神医学;精神科、
心療内科の領域)するものです。当メールマガジンでは、まず、メ
ンタルヘルス(精神医学)の主な病気について、それぞれ何回かの
シリーズで掲載していく予定です。


----------------------------------------------------------------------------
Dr.小松の「アルコール関連疾患」 その13 「その気がない本
人をどうやって治療につなげるか」2
----------------------------------------------------------------------------


実は、アルコール依存症のご本人はしばしば悩んでいます。


ご家族や職場の方が「お酒を控えたほうがいいんじゃない?」など
と言うと『ほっといてくれ ! 自分の金で好きな酒飲んで、どこが
悪い? !』とか怒り出したり、不機嫌になったり、周囲が「こりゃ
あ治療を始める気なんてないよ」と思うような状態であっても、
『昨日は飲み過ぎたなあ…』とちょっぴり反省している時もあるの
です。



『酒なんか、全く止める気はないよ』と豪語している時でも、実は
"ちょっぴり反省、やっぱりこのままではマズイかな…"という気持
ちが30 %くらいあり、"何にも問題なんかないぞ、このまま飲むぞ !
"が70%くらいだったりします。この30%を40%→60%と広げてい
くことが、治療に繋げる原動力になります。



具体的には、前々回に紹介した

1.イネイブリングの中止に加えて、
2.しらふの時にご本人と「飲酒と断酒のメリット・デメリット」を
整理してみることが役に立ちます。



A4版の紙を4等分して、それぞれのマスに「飲酒するメリット」
「飲酒するデメリット」「断酒するメリット」「断酒するデメリット」
と題名を書いたものを用意します。



「ねえ、この頃、お酒についてどう思っている? ちょっと整理してみな
い?」とご本人に声をかけて、まず「飲酒するメリット」から書いても
らいます。ご本人が何を書いても批判をせず、黙って見守りましょう。
出てくる項目があまりに少ない時は「他には ?」「それから?」と声をか
けます。



この方法が優れているのは、周囲が飲酒のデメリットを言いつのる→それ
に対抗して本人が飲酒のメリットを声高に主張する→ますます本人を治療
から遠ざける、という悪循環を自然に避けられることです。 お試しくだ
さい。



___________________________________________________________
【発行】 「総合病院精神医学会」広報委員会
【編集】南 雅之(編集長)船橋北病院

【MAIL】 ghp-pr@mbp.nifty.com
【back number】http://blog.mag2.com/m/log/0000163460
___________________________________________________________
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ