3分でわかる!広告の達人~3分の1の予算で3倍の効果

  • ¥0

    無料

日本経済新聞元記者、菅直人(前首相)元ブレーンの広告・PRコンサルタントが、マスコミ歴20年のウラ技ノウハウ・最新情報を披瀝します。まだムダな広告費を使っていませんか?マスコミ人脈MAP無料プレゼント!相互紹介募集。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
3分でわかる!広告の達人~3分の1の予算で3倍の効果
発行周期
週1回
最終発行日
2015年04月15日
 
発行部数
2,691部
メルマガID
0000163760
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

○このメルマガは、名刺交換させていただいた方、メルマガ登録をしてい
ただいた方、人脈マップお申込みの方にお送りしています。

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
△▼3分でわかる!広告・PRの達人 ▼△
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼VOL.231 2015年4月15日発行 11869部発行(まぐまぐ+直接配信)
「まぐまぐ」の<殿堂入り>

▼著者:伊藤雄一郎
・・・日本経済新聞記者出身。マスコミのウラまで知り尽くした広告PRコン
サルタント。

★今日のテーマ★
「起業塾の流行について」

こんにちは、伊藤雄一郎です。

〇久々に起業塾へ

最近、コーチング・カウンセリングの新しい会社を立ち上げようと考え、初心
に戻るべく、起業塾に参加してみました。

現状のリミテッド株式会社を設立するときには、経営コンサルタントの主宰す
る起業塾に参加し、多くを学びました。マスコミ人は世間知らずで、ビジネス
マナーさえ頓珍漢であったので、大変勉強になりました。
すでに10年以上前の話です。

 今回は、授業の内容というより、主宰する自治体との長いつながりを考えて
いたため、かなり気楽に参加しました。

〇参加していた人々とは

毎週1回の開催で全5回のコース。資金調達や、ネットマーケティング、事業計
画の立て方などの講義がありました。私としては、すでに現実の話なので、
「そういえば、こういうことも学んだなあ」などと適当に受講していました。

参加者は最初に53人ほどいたと思います。申し込んだとき、すでに定員の40
人を超えていたので、ダメかなと思ったのですが、事務局が「かまいませんよ。
どのみち減っていくので」というので、入れてもらいました(笑)

前半くらいは40人を超える出席者があったのですが、徐々に欠席や遅刻が増え
始め、4回目にはすでに30人にまで落ち込んでいました。講義の一環として、
いろいろほかの人たちと話してみると、さまざまな業種から、さまざまなアイデ
アを持って、やってきているのがわかりました。

このつながりを無くすのは惜しいと考え、皆にメーリングリストの作成と自己紹介、
飲み会の開催を提案しました。多くから賛同を得たので、結局27人のリストと、
14人が参加する飲み会を開催できました。

〇なぜ流行しているのか

とくに飲み会では延々と話がはずみ、ユニークな人たちがたくさんいました。ちょ
うど求めていた人材にも出会え、今後の展開が楽しみになってきました。 

ただ、事務局の人が言っていたのは、「<会社員を続けながら、いずれ起業したい>
と話す人は、ほとんど起業しないで終わる」ということでした。実際に起業する人は、
こういう塾にくるときに、すでに始めているか、すでに会社を辞めてしまっている
人なのだそうです。

そういえば、以前の起業塾でもそうだったような気がします。サラリーマンだった
人が、その後起業したという話をほとんど聞いていません。「腹をくくる」「覚悟
を決める」というレベルの話でしょうが、自分で決められないと、いくら知識を仕
入れ、学習を繰り返しても、実行できないのかもしれません。
将来への不安から、とりあえず「お勉強」しにきたというところでしょうか。

「新たな産業の育成を」という政府や経済界の掛け声から、かつてより、起業塾は
あちこちで開催され、金融緩和の金余りで資金調達が簡単になり、「ベンチャー
バブル」ともいわれます。

しかし、平和で豊かな日本、徐々にアジアに押されていく日本にあって、人生の
リスクをとってまで、起業しようという人は少ないようです。景気はかつてより
上向きになりましたが、保守的な傾向はなかなか変わらないようです。

=============================
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
【発行者】リミテッド株式会社 代表取締役 伊藤雄一郎
【活動拠点】本社:東京都新宿区西新宿1-26-2新宿野村ビル32F
【ホームページ】 <http://www.limited1.jp/>
【問い合わせ先】info@limited1.jp <mailto:info@limited1.jp>
【解除】<http://www.mag2.com/m/0000163760.html> 
   あるいは、info@limited1.jp <mailto:info@limited1.jp>まで    

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ