初心者でも読める!英文ビジネス書を読んで収入倍増!

  • ¥0

    無料

英語の最先端のビジネス情報をライバルよりも先に手に入れよう!現役翻訳者が、米国トップマーケター達(ジェイ・エイブラハム、ダン・ケネディ)のビジネス書、レポートの読み方を判りやすく解説中。英語のビジネス書を読んでライバルに差をつけて目指せ収入倍増?!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
初心者でも読める!英文ビジネス書を読んで収入倍増!
発行周期
週刊
最終発行日
2008年12月26日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000164666
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > 初心者向け

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

▼△━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△▼
┃ 初心者でも読める!英文ビジネス書を読んで収入倍増!
┃                  2008/12/26 配信 第163号
┃     ** 休刊前の最終号 **
▲▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━Eビズ・ブックリーダーズ━▽▲
[目次]

1.編集前記(休刊前の最終号にあたって)


2.復習“21 Power Principles Of Business Builders Who Get Rich”
・・・No.20:“Develop Multiple Income Sources”・・・
収入源を複数へと育てていくための“心得”

3.“21 Power Principles Of Business Builders Who Get Rich”
・・・No.21:“Know Your Niche”・・・
あなたの立ち位置(ビジネスのビジョン)を明確に・・


4.編集後記 (発行企画・運営パートナーからの感謝メッセージ)

**********************************************************************
1.編集前記(休刊前の最終号にあたって)
**********************************************************************
☆こんにちは、Eビズ・ブックリーダーズの大山口です。


今回もご購読頂いている読者の皆さん、
ありがとうございます!


今回も英文ビジネス書を読んで、ご自分のビジネスに活かす
ためのプラクテイス、一緒にがんばりましょうね。



さて、いよいよ今回をもって本メールマガジンは、休刊させて
頂くことになりました。


私自身の今後の展開ですが・・・今の処、秘密です・。

と言っても一部の方達には、すぐに判ることになってしまいます
のであまり大きな事を言うつもりはありません・・。


今はただ、3年あまり、163号という配信を購読してくださった
読者の皆さんに感謝をしたいだけです。


本当に長い間、ありがとうございました!


皆さまのこれからの英語学習・ビジネスのますますの
進展を陰ながら祈念しております。


**********************************************************************
2.前回の復習
21 Power Principles Of Business Builders Who Get Rich”
・・・No.20:“Develop Multiple Income Sources”・・・
収入源を複数へと育てていく“心得”
**********************************************************************
◎前回は、前に予告したとおりに、

視野の広いマーケティング”の具体例をご紹介しながら、収入源を複数へと
育てていく“心得”をお伝えしていきました。


手始めに英文から参りました♪




There is nothing inherently wrong about a doctor,
or a hospital,or an assisted-care facility using creative,
colorful,effective advertising.


「医者や病院や介護施設が、個性的で色彩に富み印象的な広告を展開したと
しても、本来、何らおかしなことではないんです。」




日本と違って米国では、病院等の広告が頻繁に行われている
ようです。


ただし、日本に来た外国人が必ずと言っていいほど驚くのは、
駅等にある、病院やクリニックの広告の多さのようですが・・。




In fact,one of the most provocative commercials
I’ve ever heard is a two-or three-minute radio spot
for a chest-pain examination and treatment center in Virginia.



「実際、私がこれまでに聞いた中で最も刺激的なCMは何のCMかと言うと、
バージニア州にある胸部の検査・治療を行う施設が打ったラジオの
スポット広告でしたから。」



日本もTVでは、美容整形外科のCMが花盛り・・・と言えますが、
米国ではラジオで胸部の検査・治療を行う施設の広告をするんですね・・
(フムフム)




ここからが今回の内容の一つの山場とも言える場所なので、
しっかり読んでいただきたかったんです・・。


引き続き英文でした・・。




The spot passes all my tests:

そのスポット広告は、全ての私が設定している“関門”をクリアしました。
その理由は・・・




a)it lets people know of a service that can improve their lives,
and possibly save their lives,and


その広告は、健康を改善し、命を救うことさえあるサービス内容を
明確に示しています。





b) it explains in specific terms how that can be done,
and why the center is unique,and



施設で提供されるサービスの具体的な期間や、その施設でしか受けることが
できないサービスの独自性について説明がされています。






c) it asks radio listeners to respond right away,and
tells them how to respond.


ラジオのリスナーがそのスポット広告に対して
すぐに反応可能となるよう、問い合わせの方法について
伝えています。



a)からc)まで読まれたら、このメルマガを読まれてこられた読者のアナタ
であれば、大きく頷かれたここと思います。



いい広告の条件って、少なくともこの3つが必要だと言うことは
エイブラハム氏が折に触れて述べて来られたことですから・・。





まだ、続きがあったので・・・さらに英文を・・・。


In other words,it“asks for the order”−something some people
in business sometimes fail to do!



「つまり、ラジオのリスナーに『注文してもらうように促す』わけです。
この肝心なことをやり忘れている人が時々いらっしゃるのですが・・・。」



そうそう、注文を促すという、本当に大切なことを忘れてしまう、
格好悪いからやらない、人が結構いらっしゃるので注意が必要でしたよね・。





ここからは、大成功を収めた方が、どうやって複数の収入源を得る
ようになったかについてのぐらい的な方法について説明します。




The real super-achievers I’ve known take on one really good idea at a time.



「大成功をおさめた人たちというのは、本当に良いアイデア1つに集中します。」




Then they spend the time and attention necessary to fully perfect
and optimize all the avenues of sustainable profit that one idea holds.



「そして、1つのアイデアで上げられる最大の利益を獲得するために、あらゆる方法
を完成させ、それを最大限に利用するために、必要な時間と注意を投資するのです。」




Then,after they have fully developed all the facets of potential existing in that concept,
they carefully integrate the concept into an ongoing,perpetual part of their business.



「さらに、そのアイデアの中に潜在しているすべての要素を十分に発展させた後で、

慎重にそのアイデアを現在のビジネスに取り入れ、

自分のビジネスの永続的な要素へと統合して行くんです。」



なんのこっちゃ・・?!と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが・・。


つまり、いいアイデアが浮かんだら、その1つのことに経営資源を集中し、
それがある程度上手くいってから、慎重にそのアイデアを既存のビジネスに
取り入れていく・・・ということです。




そのことについて、エイブラハム氏はこうおしゃっていました・・



Only after they have assured themselves that Concept“A”is a permanent part
of their business do they move on to Concept“B.”



「「彼らは、アイデア“A”が自分のビジネスの永久的な一部になったことを確信して
はじめて、アイデア“B”へとシフトしていきます。」




By layering one solid concept on top of another,
a company can very quickly build fabulous streams of
income resulting in a perpetual money machine that can’t be stopped.



「1つの堅実なアイデアをもう1つのアイデアの上に重ねることによって、
企業は並はずれた収入の流れを急速に構築することができます。
そして、それは永続する“マネー・マシーン(稼ぎの構造)”となり、
もう誰にも止められなくなるのです。」




そして、エイブラハム氏は、知る人ぞ知る、米国の超有名マーケター
の言葉を借りて、真実を伝えようとしていましたっけ・・・



Marketer John Caples once said it very well:
“Test everything on a small scale before you spend money on a large scale.”


「ジョン・ケイプルスというマーケッターは、このことを絶妙に表現しました・・・

『大きく勝負に出る前に、小さく試してみなさい。』・・・と


ということで、前回はここまでご紹介しました。

**********************************************************************
3.“21 Power Principles Of Business Builders Who Get Rich”
・・・No.21:“Know Your Niche”・・・
あなたの立ち位置(ビジネスのビジョン)を明確に・・
**********************************************************************
□今年1年間ご紹介してきた“第21の法則”も、
いよいよ最後の法則となりました。



思えば、長かったような、アッという間だったような・・・



しみじみとした気分になってしまいますねぇ〜。(少し涙目)


と同時に、最終回で最後の法則をご紹介できるという
“ジャストのペース配分”に、我ながら惚れ惚れしちゃいます。(大笑)




というような戯言はさておいて、最後の法則をご紹介していきましょう。



タイトルは・・・



“Know Your Niche=自分の適所を知りましょう”



・・・“適所”というのは、あなたのビジネスにおける“立ち位置”
ということです。



“自分の適所を知る”ということは、

“あなたのビジネスのビジョンを明確に持とう”ということになる
のでしょうね。



え?・・・大きくまとめすぎですって?


わ、わかりました。(汗)



では、あまりごちゃごちゃ言っていないで、英文に進んでいく
ことにしましょう・・・




Think about your past experiences as a customer in light of
the“USP”examples I gave you on page 5.


「“USP(独自のウリ)”の実例(注:5ページ参照)に照らし合わせて、
あなたがお客さんとして経験したことを思い出してください。




When you are in the market for something,wouldn’t you respond to
a company that strongly presents one of the basic USPs I mentioned?


何かを買おうとしているとき、あなたが反応する企業というのは、
(私が以前お話ししたような)基本的な“USP(独自のウリ)”を強力に
打ち出している企業ではありませんか?」



・・・この“5ページ”というのは、今年の2月頃にご紹介した
“第3の法則=Build and Profit From a USP”のことを指しています。




当時からの読者の方なら、覚えてくだっているはず・・・(笑)



Of course you would!
However,remember this.
You will never appeal to everybody.


「きっとそのはずですよ。
ただし、だからといって勘違いしてはいけません。
あなたは決して“全員”をお客さんにしようとしてはならないのです。」




・・・あなたが買う立場の場合、お客さんとして、数ある企業の中から1社を選んで、
商品やサービスを購入した経験をお持ちのはずです。



それは、その企業の“USP=独自のウリ”があなたにとって魅力的だったから・・・
ですよね。



・・・と言うことは、逆に言うと、残りの数多くの企業はあなたにとって
魅力的ではなかったということです。



買う側から売る側に立場が変わった場合、こうした経験を生かさない手は
ありませんよね。



あなたのビジネスは、買う側の全員にとって魅力的でありえるはずはない・・・
ということをしっかり念頭に置いていなければいけないわけです。



ここから再び英文です・。



The question really is which particular niche do you,
as a business owner,want to fill?


「重要なことは、ビジネスオーナーとしてあなたはどの“客層”を
ターゲットにするのかということです。




There is a vast gulf between upscale clients and bargain seekers.


“上のレベル”のお客さんと“バーゲン・ハンター(安い物だけを狙う人)”
とでは、雲泥の差がありますから。




To assure your success,let’s first identify the specific segment
of the market that you want to capture,and then horn your Unique Selling
Proposition to a sharp edge,
so that we can slice off as much of that market for you as possible.



確実に成功するためには、まずあなたが攻めたいターゲットを明確に絞り込んで
ください。次に、あなたの“USP”を鋭く削り上げ、狙った市場を出来る限り
自分にが望む形に整えるんです。」




・・・“自分の適所を知る”ためには、まず“自分の客層を絞り込む”ことが重要なんですね。

そのターゲットにあなたの魅力的な“USP=売り”で攻め込んでいくのです。




Remember,your USP must not only fill a market void,
but also produce adequate volume,customers,action and profit
to satisfy your psychological and financial needs.



「あなたは“USP”によって単なる“場所取り”をするだけではいけません。

取引量・お客さんの数・ビジネス活動・利益も十分に確保しなくてはならないのです。
それがあなたの心理的、経済的なニーズを充足してくれるのですから。」


・・・ただし、“客層を絞り込む”、“独自の売りで攻める”だけでは、
ビジネスは成り立たないことが多いんです、実は・・・(しみじみ)。



上で述べられている“量の確保”が結構大切なんですね。



「この場所、取ぉ〜った!」・・・だけでは、
単なる“自己満足”で終わってしまいます。



ビジネスを安定的に持続させていくことこそ、
あなたの究極の目標のはずなのですから・・・。



ということで、これで、ジェイ・エイブラハム氏著

“21 Power Principles Of Business Builders Who Get Rich”
の本メールマガジンでの解説は、完了しました。


**********************************************************************
4.編集後記 (発行企画・運営パートナーからの感謝メッセージ)
**********************************************************************
□では、最後に、

本メールマガジンの発行企画・運営パートナー
である 角野 洋一氏から読者のみなさんに対する感謝メッセージ
を述べてもらいます。


「当メルマガ創刊以来3年余り、大山口さんと一緒に本メールマガジン
を運営してきました角野 洋一です。

 運営にあたっては、原文の意味するところを守りつつ、出来るだけ
わかりやすい表現にすることに腐心してきたつもりです。

 このメールマガジンを通じて、エイブラハム氏が言おうとしている意味が
読者の皆さんに上手く伝わっていたとしたら幸いです。

 当メルマガはしばらく休刊となりますが、また別の形で皆さんのお目に触れる
ことを心から楽しみにしています。

 長い間ありがとうございました。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇メルマガ『初心者でも読める!英文ビジネス書を読んで収入倍増!』
◇発行者=Eビズ・ブックリーダーズ 大山口 靖 
◇発行企画・運営パートナー=角野 洋一
◇登録解除はこちらから→ http://www.mag2.com/m/0000164666.html
◇ファンレターや励ましのおたよりはこちら→ kirklander1@gmail.com
※広告その他でご案内しているサービス・商品をご利用になられてのトラブル
 等について、当方では一切責任を負いかねますので予め御了承ください。
Copyright (c) 2008 Eビズ・ブックリーダーズ All rights reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ