マネーパートナーズ為替分析 武市レポート

  • ¥0

    無料

大手FX会社・マネーパートナーズのチーフアナリスト武市佳史による為替市場週間レポート「今週の為替相場、武市君はこう見る」のほか、今週の指標発表予定&予想も掲載された充実の内容。これを読まずに一週間は始まらない!?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
マネーパートナーズ為替分析 武市レポート
発行周期
週刊
最終発行日
2017年12月04日
 
発行部数
5,723部
メルマガID
0000165108
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > FX・外国為替

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
  マネーパートナーズ為替分析 武市レポート

    発行元 株式会社マネーパートナーズ
                  https://www.moneypartners.co.jp/

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━∞ 2017/12/04 ∞━◎


マネパ史上最大の大還元祭! ◆第14弾◆
□m━━━━大好評につき第2弾!!SUPER乗り換えキャンペーン━━━p□

◇ やればやるほど無制限キャッシュバック! ◆
◆ さらに他社でのFX取引実績の提示で特別ボーナス! ◇

1万通貨につき最大10円!

○【対象】-------------------------------------------○
マネーパートナーズに2017年12月29日までにFX口座を開設され、
且つ他社でFXのお取引経験があるお客様が対象となります。

↓詳細はこちら↓
https://www.moneypartners.co.jp/campaign/2017/11_n.html
○---------------------------------------------------○

☆ 業界最狭水準で全9通貨ペア スプレッド縮小キャンペーンも ★
★ 大好評実施中!↓詳細はこちら↓ ☆
https://www.moneypartners.co.jp/campaign/2017/special_11-1.html
□m━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━p□


─────────────◆ 目 次 ◆───────────────
◇1) 今週の為替相場、武市君はこう見る
◇2) 今週の主要経済指標発表予定と事前予想
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◇今週の為替相場、武市君はこう見る

週初(先月27日)に“110.841円”へと売り込まれる場面が見られたものの、概ね先週は“買い戻し”が優勢でした。

“米12月利上げ示唆”や“好調な米経済指標”、さらには北朝鮮・ミサイル発射に伴った“リスク回避が限定的”に留まったということもありますが、最も大きいといえるのはやはり“米税制改革法案への期待感”でしょう。
割り込んだことで懸念が加速していた“100日移動平均線/200日移動平均線(当時111.60-70円水準)”をあっさり回復すると、112円後半へ順調に値を戻しています。

“米税制改革法案”が実際に可決したことで、“知ったら終い”となる可能性は否めないところです。
またいわゆる“ロシアゲート疑惑”も再燃しているため、“リスク回避”が囃される可能性も考えておかなければならないところです。

一方で、“堅調な米経済”は維持されており、12月利上げは“ほぼ確実視”される状況は変わりません。
来年度の利上げ回数も“3回程度”は依然として有力な選択肢の一つであり、決して“金利先高観が細っている”というわけでもありません。
それでいて、金利先物から見た思惑(見方)は“2回以下”とギャップがあるため、“もう一段の修正”が入っても何ら不思議ではありません。

“日足・一目均衡表先行スパン上限”が切り上がって(先週末:112.883円⇒本日:113.125円)”いるだけに、テクニカル的には“上値は重い”と見るのが自然ではあります。
また週末(8日)に控える“米雇用統計”を前に、“ポジション調整が重石”となる可能性もあります。
このため“上値追い”は簡単ではなく、“113円ライン”と一緒になって上値を押さえ込む可能性を鑑みておかざるを得ないところはあります。
それでいて“北朝鮮&ロシアゲート”を背景にしたリスク回避姿勢は限定されており、冒頭で記した“中長期のテクニカル的な節目”はすでに回復(突破)しています。

「高いところをついて行く」のは躊躇されますが、少なくとも「丁寧に買い拾う」は継続したいところです。
そして“前記113.000-125円”を突破するようなことがあれば、すぐさま「ついて行く」と見たいところです。



◇直近の主要経済指標発表予定と事前予想================================

*日付 *経済指標               *時間   予想


4日(月)
(トルコ) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比] 【16:00】 +1.1%
(英) 11月 建設業購買担当者景気指数(PMI) 【18:30】 51.0
(欧) 10月 卸売物価指数(PPI) [前月比] 【19:00】 +0.3%
(欧) 10月 卸売物価指数(PPI) [前年同月比] 【19:00】 +2.6%
(米) 10月 製造業新規受注 [前月比] 【24:00】 -0.4%


5日(火)
(豪) 10月 小売売上高 [前月比] 【09:30】 +0.3%
(中) 11月 Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
【10:45】 N/A
(豪) 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表 【12:30】 +1.5%
(仏) 11月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
【17:50】 60.2
(独) 11月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
【17:55】 54.9
(欧) 11月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値)
【18:00】 56.2
(英) 11月 サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
【18:30】 55.0
(南ア) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比年率]
【18:30】 +1.7%
(南ア) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]
【18:30】 +0.6%
(欧) 10月 小売売上高 [前月比] 【19:00】 -0.7%
(欧) 10月 小売売上高 [前年同月比] 【19:00】 +1.6%
(米) 10月 貿易収支 【22:30】 -474億ドル
(米) 11月 ISM非製造業景況指数(総合) 【24:00】 59.0


6日(水)
(豪) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前期比]【09:30】 +0.7%
(豪) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]
【09:30】 +3.0%
(独) 10月 製造業新規受注 [前月比] 【16:00】 -0.2%
(スイス) 11月 消費者物価指数(CPI) [前月比] 【17:15】 ±0.0%
(米) 11月 ADP雇用統計 [前月比] 【22:15】 +19.0万人
(加) カナダ銀行 政策金利 【24:00】 1.0%


7日(木)
(独) 10月 鉱工業生産 [前月比] 【16:00】 +1.0%
(欧) 7-9月期 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前期比]
【19:00】 +0.6%
(欧) 7-9月期 四半期域内総生産(GDP、確定値) [前年同期比]
【19:00】 +2.5%
(米) 前週分 新規失業保険申請件数 【22:30】 24.0万件


8日(金)
(中) 11月 貿易収支(米ドル) 【未 定】 +347.0億ドル
(中) 11月 貿易収支(人民元) 【未 定】 N/A
(日) 7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [前期比]
【08:50】 +0.4%
(日) 7-9月期 四半期実質国内総生産(GDP、改定値) [年率換算]
【08:50】 +1.5%
(英) 10月 鉱工業生産指数 [前月比] 【18:30】 ±0.0%
(英) 10月 製造業生産指数 [前月比] 【18:30】 ±0.0%
(米) 11月 非農業部門雇用者数変化 [前月比] 【22:30】 +19.9万件
(米) 11月 失業率 【22:30】 4.1%
(米) 11月 平均時給 [前月比] 【22:30】 +0.3%
(米) 12月 ミシガン大学消費者態度指数・速報値 【24:00】 99.0


注:本メール内における経済指標の予想数値は原稿作成時点でのものであり
変動する可能性があります。


※「MSPゴシック」「MSP明朝」などプロポーショナルフォントをご利用
 の場合、表などがずれることがございます。その場合「MSゴシック」
 「MS明朝」などの等幅フォントをご利用いただくと綺麗にご覧いただ
 けます。
○==================================================================○
・パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格ま
 たはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合
 があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性が
 あるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が
 可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価
 格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。
・取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの
受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。
・パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の
 額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証
 拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごと
 の為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか大きい額
 で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融
 商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算
 モデルを用い算出します。
・CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約
 20倍までの取引が可能です。
・国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料
 (消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消
 費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、
 為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者
 等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の
 変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)がありま
 す。
・取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、
 ご自身の判断にてお願い致します。
・各種情報の内容については万全を期しておりますが、断定的判断を提供する
 ものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても
 当社は一切責任を負いかねます。実際の売買における最終判断はご自身で行
 ってください。
・当社が提供するすべての情報について、当社の許可なく転用、販売すること
 を禁じます。
・このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
 発行しています。(http://www.mag2.com/)
・配信停止はこちらからお願いします。
              (http://www.mag2.com/m/0000165108.html)
○==================================================================○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●発行元:株式会社マネーパートナーズ https://www.moneypartners.co.jp/
     (金融商品取引業者・商品先物取引業者)
 登録番号:関東財務局長(金商)第2028号
 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会
      日本商品先物取引協会    
●住所:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー33階
●お問い合わせ・資料ダウンロード:
https://www.moneypartners.co.jp/support/info/
●カスタマー・サポート:0120-860-894
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ