マネーパートナーズ為替分析 武市レポート

  • ¥0

    無料

大手FX会社・マネーパートナーズのチーフアナリスト武市佳史による為替市場週間レポート「今週の為替相場、武市君はこう見る」のほか、今週の指標発表予定&予想も掲載された充実の内容。これを読まずに一週間は始まらない!?

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
マネーパートナーズ為替分析 武市レポート
発行周期
週刊
最終発行日
2017年10月16日
 
発行部数
5,759部
メルマガID
0000165108
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
マネー > 各種金融商品 > FX・外国為替

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◎
  マネーパートナーズ為替分析 武市レポート

    発行元 株式会社マネーパートナーズ
                  https://www.moneypartners.co.jp/

◎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━∞ 2017/10/16 ∞━◎


スプレッド縮小キャンペーン大幅延長!!
□m━━━━━━マネパ史上最大の大還元祭! ◆第12弾◆━━━━━━p□

ユーロ円(EUR/JPY)0.6銭⇒0.4銭
豪ドル円(AUD/JPY)0.7銭⇒0.6銭
トルコリラ/円(TRY/JPY)2.9銭⇒1.9銭
…など、9通貨ペアで業界最狭水準のスプレッド!!

もちろん米ドル/円は0.3銭!
★☆★ スプレッドは原則固定!(例外あり) ★☆★
コアタイム8:00~28:00 (トルコリラ/円のみ10:00~28:00)において
↓詳細はこちら↓
https://www.moneypartners.co.jp/campaign/2017/special_09-3.html

○新規の方も!既に口座をお持ちの方も!SUPER乗り換えキャンペーン●
● 大好評実施中!↓詳細はこちら↓ ○
https://www.moneypartners.co.jp/campaign/2017/special_09-1.html
□m━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━p□

─────────────◆ 目 次 ◆───────────────
◇1) 今週の為替相場、武市君はこう見る
◇2) 今週の主要経済指標発表予定と事前予想
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

◇今週の為替相場、武市君はこう見る

日米休場でスタートした10月第2週は“揺れ動き”に終始しました。
リスク回避姿勢の緩和にて“上値を模索”しても、113円台に届くことはありませんでした。
一方で、“北朝鮮リスク+インフレ/消費関連の米経済指標悪化”が重なった週末には“下値を模索”する場面も見られたものの、終値ベースでは“200日移動平均線(先週末は111.808円)”超へと値を戻しました。
このためテクニカル的には『長期トレンドにサポート』され続けている格好であり、基本的には『112円台を中心とした揺れ動き』『やや下振れ』といった動きで今週へとつないでいます。

こうした中、今週は“米韓軍事演習(16日~)/中国共産党大会(18日~)/衆議院選(22日)”が予定されています。
“積極的なポジショニングは手掛けにくい”と見るのが自然であり、先週以上に“上値の重さ”が囃される可能性も否めないところです。

しかしながらインフレ/個人消費関連の米経済指標が悪化しても、“米年内利上げ観測”が変わることはありませんでした。
イエレンFRB議長も「緩やかな利上げの正当化を見込んでいる」としており、“米年内利上げの示唆”は続けられています。
“2018年の利上げペース引き下げ”を懸念する声が一部から聞こえてきますが、現時点でそれを囃すのは“あまりにも早過ぎる”…。
つまり“北朝鮮リスク”“米経済指標の悪化”、さらには“トランプ政権の先行き懸念”や“次期FRB議長人事の不透明感”等のネガティブばかりが囃されているものの、それでいて『大きくは崩れない』…。

間近に控えるスケジュール感から、特に週前半は“リスク回避に傾斜しやすい”と考えておく必要がありますが、『知ったら終い(事実で買い戻し)』が期待できる10月第3週と考えます。
『高値を追いかける』は時期尚早ではありますが、『丁寧に押し目を拾っていく』は継続と考えたいところです。


◇直近の主要経済指標発表予定と事前予想================================

*日付 *経済指標               *時間   予想


16日(月)
(中) 9月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比] 【10:30】 +1.6%
(中) 9月 生産者物価指数(PPI) [前年同月比] 【10:30】 +6.4%
(米) 10月 ニューヨーク連銀製造業景気指数 【21:30】 20.5


17日(火)
(NZ) 7-9月期 四半期消費者物価(CPI) [前期比]【06:45】 +0.4%
(豪) 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
【09:30】 N/A
(英) カーニー英中銀(BOE)総裁、発言 【17:15】 N/A
(英) 9月 消費者物価指数(CPI) [前月比] 【17:30】 +0.3%
(英) 9月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比] 【17:30】 +3.0%
(英) 9月 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI) [前年同月比]
【17:30】 +2.6%
(欧) 9月 消費者物価指数(HICP、改定値) [前年同月比]
【18:00】 +1.5%
(独) 10月 ZEW景況感調査(期待指数) 【18:00】 20.0
(欧) 10月 ZEW景況感調査 【18:00】 N/A
(米) 9月 鉱工業生産 [前月比] 【22:15】 +0.2%
(米) 10月 NAHB住宅市場指数 【23:00】 64.0
(米) 8月 対米証券投資(短期債除く) 【29:00】 N/A


18日(水)
(南ア) 9月 消費者物価指数(CPI) [前月比] 【17:00】 +0.4%
(南ア) 9月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比]【17:00】 +4.9%
(欧) ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言 【17:15】 N/A
(英) 9月 失業保険申請件数 【17:30】 N/A
(英) 9月 失業率 【17:30】 N/A
(英) 8月 失業率(ILO方式) 【17:30】 4.3%
(米) 9月 住宅着工件数 [年率換算件数] 【21:30】 117.5万件
(米) 9月 住宅着工件数 [前月比] 【21:30】 -0.4%
(米) 9月 建設許可件数 [年率換算件数] 【21:30】 124.0万件
(米) 9月 建設許可件数 [前月比] 【21:30】 -2.5%
(米) 米地区連銀経済報告(ベージュブック) 【27:00】 N/A


19日(木)
(日) 9月 貿易統計(通関ベース) 【08:50】 +5598億円
(豪) 9月 新規雇用者数 【09:30】 +1.5万人
(豪) 9月 失業率 【09:30】 5.6%
(中) 7-9月期 四半期国内総生産(GDP) [前年同期比]
【11:00】 +6.8%
(中) 9月 小売売上高 [前年同月比] 【11:00】 +10.2%
(中) 9月 鉱工業生産 [前年同月比] 【11:00】 +6.4%
(英) 9月 小売売上高指数 [前月比] 【17:30】 -0.1%
(米) 前週分 新規失業保険申請件数 【21:30】 24.0万件
(米) 10月 フィラデルフィア連銀製造業景気指数 【21:30】 22.0
(米) 9月 景気先行指標総合指数 [前月比] 【23:00】 +0.1%


20日(金)
(日) 黒田東彦日銀総裁、発言 【15:35】 N/A
(加) 9月 消費者物価指数(CPI) [前月比] 【21:30】 +0.3%
(加) 9月 消費者物価指数(CPI) [前年同月比] 【21:30】 +1.6%
(加) 8月 小売売上高 [前月比] 【21:30】 +0.5%
(加) 8月 小売売上高(除自動車) [前月比] 【21:30】 +0.3%
(米) 9月 中古住宅販売件数 [年率換算件数] 【23:00】 530万件
(米) 9月 中古住宅販売件数 [前月比] 【23:00】 -0.9%


注:本メール内における経済指標の予想数値は原稿作成時点でのものであり
変動する可能性があります。

※「MSPゴシック」「MSP明朝」などプロポーショナルフォントをご利用
 の場合、表などがずれることがございます。その場合「MSゴシック」
 「MS明朝」などの等幅フォントをご利用いただくと綺麗にご覧いただ
 けます。
○==================================================================○
・パートナーズFX、パートナーズFXnanoおよびCFD-Metalsは、取引時の価格ま
 たはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合
 があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性が
 あるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が
 可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価
 格と買付価格とには差額(スプレッド)があります。
・取引手数料は無料です。ただしパートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの
受渡取引に限り、1通貨単位あたり0.10円の手数料をいただきます。
・パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の
 額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの証
 拠金は、取引の額の4%の額と、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごと
 の為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額のうち、いずれか大きい額
 で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。為替リスク想定比率とは、金融
 商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算
 モデルを用い算出します。
・CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約
 20倍までの取引が可能です。
・国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.7%の手数料
 (消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,700円(消
 費税込み)をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、
 為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者
 等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の
 変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)がありま
 す。
・取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、
 ご自身の判断にてお願い致します。
・各種情報の内容については万全を期しておりますが、断定的判断を提供する
 ものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害についても
 当社は一切責任を負いかねます。実際の売買における最終判断はご自身で行
 ってください。
・当社が提供するすべての情報について、当社の許可なく転用、販売すること
 を禁じます。
・このメールマガジンはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
 発行しています。(http://www.mag2.com/)
・配信停止はこちらからお願いします。
              (http://www.mag2.com/m/0000165108.html)
○==================================================================○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●発行元:株式会社マネーパートナーズ https://www.moneypartners.co.jp/
     (金融商品取引業者・商品先物取引業者)
 登録番号:関東財務局長(金商)第2028号
 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会
      日本商品先物取引協会    
●住所:東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー33階
●お問い合わせ・資料ダウンロード:
https://www.moneypartners.co.jp/support/info/
●カスタマー・サポート:0120-860-894
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ