TOEIC講師ここだけの話!990点獲得のツボ

  • ¥0

    無料

TOEIC対策スクール現役講師が、990点獲得のノウハウを公開。ほかでは教えてもらえないTOEICの頻出単語、出題パターン、攻略法が満載!読めば読むほど英語が楽しくなる、TOEIC受験者必読のメールマガジン。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
TOEIC講師ここだけの話!990点獲得のツボ
発行周期
週刊
最終発行日
2006年03月05日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000165574
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > TOEIC/TOEFL

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

                        vol.45 2006年3月5日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
TOEIC講師ここだけの話!990点獲得のツボ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          TRAアカデミー発行
                      http://www.tra-academy.jp/



みなさん、こんにちは。TRAアカデミー講師のテリーです。

最近春の訪れをしみじみ感じています。真冬の分厚いコートは先日もうクリーニングに出しました。
早春のこの時期は何か新しいことを始めたい気分です。

さて、今日の問題です。
今日は『Farewell!! 現行PART6』特集の第7回(最終回)で、「冗長」(Redundancy)の問題を扱います。
レベルは上級です。


----------------------------------------------------------------------

■No.45■
Part6
「誤文指摘問題」

The commission urges that the conference committee members to support ratification of the Power Act, but with two important amendments.


(A) urges
(B) that the
(C) but
(D) with

【注】メルマガの都合上、やむを得ずPart6の問題の体裁が実際のTOEICの形式と異なっていることをご了承ください。
----------------------------------------------------------------------
《語注》commission =委員会 ratification =批准 amendment =修正


みなさん解けましたか。

正解(=誤りの箇所)は(B) that theです。
======================================

「冗長」(Redundancy)とは、文中に1語「余計な語」が入っているというタイプの問題です。
「冗長」の問題にも2種類あり、一つは“return back”のような『語句レベルの冗長』です。(backは不要)
これは下線部を見るだけで気付くため比較的容易な問題だと言えます。

もう一つは、本問のような『文構造レベルの冗長』です。
これはただ下線部を見ているだけでは分からず、英文のSVOC構造を分析してみて初めて気付くことです。

さて本問では、“urges that”の部分に注目です。
一見“urges”という動詞の後にthat節が続いているように見えます。
しかし“that”の後をよく見てみると、肝心のS+Vがないため全然that節になっていないのです!
したがって、この“that”は不要であることに気付きます。
この“that”を削除してみると、“urge A to do”で「Aに〜するように促す」となり文意が通ります。

いかがでしたか。文の構造レベルの「冗長」は非常に厄介な問題ですね。
意外とよく出題されていますが、こういう問題が存在するということにすら気付いていない人も多いのです。
そういう意味で『差のつく問題』だと言えます。


┏ 990点獲得のツボ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                                 ┃
┃   ★SVOC構造を分析せよ!                   ┃
┃                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



それでは今日の類題です。同じく「冗長」(Redundancy)の問題です。
正解はどれでしょうか?

----------------------------------------------------------------------

■類題45■
Part6
「誤文指摘問題」

  Tom’s professor, a preeminent scholar in the field, says that the most common name in the world it is Mohammed.


(A) a preeminent
(B) that
(C) most common
(D) it is



 正解はブログに→ http://www.toeic-gasshuku.jp/blog/

----------------------------------------------------------------------

『千里の道も一歩から』(He who would climb the ladder must begin at the bottom.)と言います。
いつの日かきっと叶う990点を目指して、今日という日を大切に!(Let's make each day count!)

それではみなさん、現行制度最後となる3月のTOEIC頑張りましょう!
先日お知らせしたように、4月いっぱい当メルマガは休載させて頂きます。
GW後の5月から『新TOEIC対策』として連載を再開していきますので、また次回をお楽しみに!

“I SHALL RETURN!!”

【前回の類題の解答】
■類題44■
Part6
「誤文指摘問題」

  Pollution control involves identifying the sources of contamination,
development improved or alternative technologies and sources of raw material,
and persuading industries and citizens to adopt them.


(A) identifying
(B) development
(C) improved
(D) to adopt


正解(=誤りの箇所)は(B) development
================================
まずinvolveは後に動名詞を取る動詞なので、(A) identifyingは合っています。

次に“and persuading”の部分に注目。
この“and”は“identifying” “development” “persuading”の3語を結び、“A, B and C”の『並列構造』を作っています。

したがって、まん中の“development”は動名詞“developing”にする必要があります。

《語注》contamination = 汚染


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ