がんばらずに美肌になる!~軟水で究極スキンケア~

  • ¥0

    無料

乾燥肌、アトピー、ニキビ…肌トラブルの原因の1つは「水道水(硬水)」のカルシウムかもしれません。アトピー体質の私が最終的にたどり着いたスキンケアは『軟水+無添加石鹸』。誰も知らない水質とお肌の関係を、やさしく科学的に解説します♪

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
がんばらずに美肌になる!~軟水で究極スキンケア~
発行周期
週間
最終発行日
2008年11月30日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000165586
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > 生活習慣病

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

----------------------------------------------------------------------
 NHK・朝日新聞も「肌に良い」と取り上げた軟水のすべてが分かる1冊☆
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ☆─────┐☆♪。 *:☆ 
 │\(*^▽)/♪' " ♪" *。   【軟水本、読んだ方には大好評!】
☆└─────┘   
 『 Soft Water Book 〜軟水のお風呂で赤ちゃんの肌に〜』径書房より
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 詳しくは径書房へ→ http://www.komichi.co.jp/bd/4-7705-0192-7.html
 アマゾンでも高評価いただきました!→ http://tinyurl.com/h9ftg
----------------------------------------------------------------------

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆2008.11.30◆◇◆

 『がんばらずに美肌になる!〜軟水で究極スキンケア〜』  37号

                    発行者:かみせきくみこ@軟水
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

   乾燥肌、アトピー、ニキビ・・・肌トラブルの原因の1つは

     「水道水(硬水)」のカルシウムかもしれません。

   アトピー持ちの私が最終的にたどり着いたスキンケアは・・・

           『軟水+無添加石けん!』

  誰も知らない水質とお肌の関係を、やさしく科学的に解説します♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【初めての方へ、ごあいさつ】

----------------------------------------------------------------------

●このメルマガでは、私の専門分野である「水道水の水質」(軟水・硬水)
の話を中心に、肌荒れの原因となるカルシウムを含まない水・・・

 『軟水(=硬度ゼロ水)』

を使ったスキンケアについて、ご紹介します。

※硬度とは、水の中の"カルシウム&マグネシウム"の総称です。


●この「ソフトウォーター(軟水)スキンケア」の特徴は、
ただ、その水を使うだけ。
まったく努力をする必要はありません。

あなたも軟水で「がんばらずに」つるつる美肌・・・手に入れられるかも?


☆★☆★☆ 目次 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【1】本日のテーマ:アトピービジネス撲滅プロジェクト 勉強会報告
【2】お詫びと近況

----------------------------------------------------------------------
【1】本日のテーマ:アトピービジネス撲滅プロジェクト 勉強会報告
----------------------------------------------------------------------

うんヶ月ぶりのメルマガとなってしまいましたが・・・
読者の皆様には、本当に申し訳ありません。
(と、お詫びはさておき)

11月28日(金)京都にて、アトピービジネスに関する勉強会を
開催しました。
その結果をご報告させていただきます。

まず、勉強会を開催するに至った経緯について。
今年は、化粧品業界にとって大きなダメージになるであろう
事件が発生しました。
それが「ステロイド混入化粧品」の事件です。

※詳しくは、ネット検索していただければ情報が出てきます。

私は個人的に、その商品を発売当初から知っていました。
その時点では、単なる煽りPR(薬事法違反)の商品という
認識しかなかったのですが・・・。

私がmixiで管理人をしているアトピー系のコミュニティに
問題のクリームの口コミ(さくら?)投稿がされました。
それが「アトピーが治った!」という、かなり刺激的な内容で、
あちこちに書き込みされたことから、私も含め多くの人が
「この商品、ちょっと怪しい?」と思い始めました。

同じ時期に、この問題に切り込んだ皮膚科医の先生が、
人気ブログ「燃える皮膚科医のスキンケアカフェ」の
PON先生です。
やはり、その商品を使って症状がよくなり、成分について
不安に思った方からの相談があったようです。

結局は、全国に「怪しい」という声が広まるなかで、
消費者センターへ複数名からの通報があり、
国が早めに動いてくれて、3ヶ月のスピードで
「ステロイド検出」という結果になりました。

普通の化粧品と信じて使っていた方には、
大きなショックを受ける結果となってしまいました。
しかし、このような問題は今後も起こりうるかもしれない・・・
その思いがマッチして、PON先生とジョイントで勉強会を
開催することになったのが約2ヶ月前のことです。

------------------------------

勉強会では、以下の2つのテーマで話が進みました。

「アトピーとは?」
「アトピービジネスとは?」

アトピーについては、PON先生より詳細な説明がありました。
アトピーと紛らわしい別の病気がたくさんあり、
まずはきちんと診断してもらうことの大切さを学びました。

また、アトピービジネスについては、すぐに無くなることは
難しいのではないかという見解に。
それは、薬事法など国の決めたルールの隙間をついたり、
医療不信やわらにもすがりたい患者さんの気持ちに
入り込んだり・・・とても複雑な構図だからです。

ただ、今回の事件のように、化粧品業者さんに
悪意やミスがあって、全成分にウソを書かれたら、
消費者はたちうちできません。
私たちは自分を守るために、知識をつけることが大事。

そんなお話を1時間ほどした後に、参加者による
アトピービジネスに関する意見交換をしました。
かなり積極的な発言もあり、時間が足りなくなるくらい
盛り上がりました。

私も、今回はPON先生のサポートがメインだったのですが、
途中ちょっとした「お水関係」の怪しい業者さんチェック方法を
お伝えしたりしました。

参加者さんの一部には、やはり高額なミネラルウォーターを
購入した経験がある方もいらっしゃったようです。

「この水を飲んだら、病気が治るかもしれない!」という
前向きな気持ちが、症状を改善させるきっかけになることも
あるので、とても難しいのですが・・・

やはり、どんな水であっても、栄養素はとても少ないので
体への影響も少ないとお伝えしました。

※もちろん軟水も、飲んだ場合はほとんど影響ありません。
肌を洗うときに、石けんと組み合わさることで、
お肌への影響が変わるのです。


今後は、来年の東京を皮切りに、できればあちこちで
同じ勉強会を開催していきたいと思っています。
また今後の予定については、サイト等で告知しますので、
どうぞお楽しみに☆

----------------------------------------------------------------------
【2】お詫び&近況
----------------------------------------------------------------------

本当に長期間、メルマガを発行できずすみませんでした。
今後は定期発行を目指して頑張りますので、
懲りずにどうぞお付き合いくださいませ・・・

先日、仲良くしているハウスクリーニング屋さんの
ウォッシュテックおかみさんと話していて気づいたのですが、
どうも私は「普通」の感覚がずれているらしいです。

もう、自分にとってはあって当たり前の軟水ですが、
軟水が普通になってしまっている生活って、
一般的には「ぜんぜん普通じゃない」そうで・・・
まったくそのとおりですね。

今後はもう少し、私の「普通の軟水生活」について、
みなさまにお伝えしていけたらなと思います。

 *  *  *  *  *

さて、私は現在金沢に来ています。
大阪〜京都〜金沢と、久しぶりの関西出張です。

ここは絶対「ぶらり途中下車で硬度(水質)測定の旅」を
しようと思ったら・・・
うっかり検査薬を忘れてしまいました・・・はー。

とりあえず、金沢の水だけはペットボトルに入れて
もって帰ったら測定しようと思っています。

今回の宿は、金沢駅付近では唯一の天然温泉宿です。
説明を見ると「塩化物泉」とのことで、なめると超しょっぱい。
ナトリウムが多く、肌へのぬるつきも若干感じるし、
ポカポカになっていい感じです。

とはいえ「我が家の軟水温泉が一番だなぁ♪」と思ってしまう
軟水バカですが。

旅行中は、硬水対策が必須です。
アミノ酸系の洗浄剤は、比較的石けんカスが出にくく、
旅行では重宝します。
今回は「ファンケル」さんのアミノ酸洗顔パウダー(新品)を
持っていきました。

すると、1日目のお風呂後、大浴場にうっかり忘れる。
その後、パウダーちゃんは戻ってきませんでした・・・。

誰か優しい人に拾われて(さらわれて?)、ちゃんと
使い切ってもらっているといいけど・・・くすん。


  ★今回のメルマガはいかがでしたか?
  ご意見・ご質問をお待ちしています! → info@softwater.jp

  掲示板・ブログなどにご報告いただいてもOKです。

    掲示板→http://softwater.jp/bbs/(休憩中)
    ブログ→http://ohadatururi.com/blog/



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 『がんばらずに美肌になる!〜軟水で究極スキンケア〜』

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

□ 発行元:合資会社ソフトウォーター かみせきくみこ(水質研究家)
□ 軟水の総合サイト/ソフトウォータークラブ:http://softwater.jp/
□ ブログ(お肌&ネタ系):http://ohadatururi.com/blog/
□ Mixi:ミクシィ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1049522
   ハンドルネーム「かみせきくみこ@軟水」で登録しています
   相互リンク・マイミクなど大歓迎です☆
□ ご意見・ご感想は info@softwater.jp までお願いいたします♪
□ ご購読・解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000165586.html 

----------------------------------------------------------------------
・転送は、ご自由にどうぞ。たくさんご紹介くださると嬉しいです!  
・転載される場合は、事前にご一報くださいませ。
・相互紹介いただけるメルマガ・サイトも募集しています。
 ※ただし、申し訳ありませんが、科学的かつ効果が立証された商品を
  紹介されているサイト様に限らせていただきます。
  (お水系の商品には、ちょっと怪しい商品もあるので・・・)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【合資会社ソフトウォーター業務内容】
・軟水器の販売支援(取扱い業者さま向け:軟水器販売のいろは教えます)
・軟水関係の研修(企業さま向け:水やスキンケアの楽しい研修します)
・化粧品製造支援(企業さま向け:小ロットから安心な成分で提案します)
・ホームページ製作(企業さま向け:凄腕技術者と組んでコンサルします)
・スキンケア講習会(一般の方向け:呼んでくださるグループ募集中です)
  詳しくは、お気軽にご相談ください♪ →info@softwater.jp
======================================================================
★取材は大歓迎です。
  軟水・硬水・浄水・スキンケア・石けん・乾燥肌・アトピー等、
  体験談〜知識までお話&執筆できます。
  取材・執筆のご依頼は、info@softwater.jp までお願いいたします。
----------------------------------------------------------------------
Copyright(C) 2006- Kumiko Kamiseki, All Rights Reserved.
----------------------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ