XMLコンソーシアムニュース(一般公開版)

  • ¥0

    無料

XMLコンソーシアムから各種イベントや部会の開催案内、メルマガなどを発信しています。非会員の方でもご購読いただけます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
XMLコンソーシアムニュース(一般公開版)
発行周期
月刊
最終発行日
2010年02月17日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000166454
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > IT

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

=====================================
XML Consortium News

X M L コ ン ソ ー シ ア ム ニ ュ ー ス (一般公開版)

2010年 2月号
=====================================

 関東では2月に入ってから寒い日が続き、雪も何度か見られました。Twitterか
ら各地の降雪が報告され、リアルタイムで降雪の様子が分かるのは面白い体験で
した。

 -----------------------------------
 本メールマガジンは、XMLコンソーシアムの活動を幅広く知っていただくために、
XMLコンソーシアム会員向けニュースからトピックを抜粋し、会員以外の方々にも
ご紹介するものです。

=====================================
【目次】
=====================================

◆今月のPick Up1
 XMLを語る:「弱視の児童生徒に拡大教科書を」
筑波大学付属視覚特別支援学校 宇野和博教諭
◆今月のPick Up2
 予告:XMLコンソーシアムWeek 3月10~11日、16~18日

◆今後の予定
◆XMLコンソーシアム会員向けニュースの全目次

=====================================
今月のPick Up1
【XMLを語る】「弱視の児童生徒に拡大教科書を」
筑波大学付属視覚特別支援学校 宇野和博教諭
=====================================

 XMLとゆかりのある方々に過去のXMLとの関わり、またはXMLの現状や将来展望な
どについて語っていただきます。今回は筑波大学付属視覚特別支援学校の宇野和
博教諭です。昨年から本会の顧問も務めてくださっています。拡大教科書をめぐ
る実情と展望などを語ってくださいました。(文中、敬称略)

○XMLコンソーシアム:拡大教科書とその背景を教えてください。

○宇野:拡大教科書は弱視の児童生徒のために文字や図形などを大きくした教科
書です。まずは弱視の説明からいたします。一般的に矯正視力が0.3未満が弱視
と言われていますが、見えにくさには個人差があります。視力以外にも視野狭
窄(きょうさく)、暗転、欠損、色覚異常、明暗への順応性、眼振、など、多
岐にまたがります。

現在視覚に障害があり、障害者手帳を持つ人は約30万人います。多くが高齢者
ですが、文部科学省の実態調査によれば、小学校から高校までの学齢段階では
6800人います。うち2000強が拡大教科書を求めています。視力には個人差があ
りますが、およそ18~26ポイントの文字サイズであれば、7~8割の需要をカバ
ーできます。

弱視の見えにくさは十人十色ですので、その程度を分かりやすく理解してもら
うために読書困難度という形で表現してみます。例えば読書困難度10%ですと
ルビなどの小さい文字だけが読めず、90%ですと大きな文字の本文も読めない
といった具合です。ある先行研究によると、視力0.1ですと22ポイントが適切で
あるという報告があります。0.01になるとはっきりしませんが、かなり大きな
文字が必要になります。

○XMLコンソーシアム:必要なものは必ずしも同じではないのですね。

○宇野:大切なのは選択の自由を確保することです。児童生徒が自分の状況に応
じて教科書を選ぶことは保証されるべきです。それは教育の質を確保すること
につながります。健康用語でQOLがあり、これは「Quality of Life(生活の質)」
の略ですが、私の場合「これは別のQOL(Quality of Learning)」だと話して
います。

拡大教科書は高価なものが多く(教科書出版社からは十分に発行されておらず)、
ボランティアの手により制作することも多いです。費用や手間がかかるので十
分に行き渡っていません。

○XMLコンソーシアム:拡大教科書がないとどうするのでしょうか?

○宇野:ルーペや拡大読書器などを使います。なかには「社会に出たら拡大教科
書のようなものはないのだから、ルーペや拡大読書器などを使いこなせるよう
に訓練すればいい」という意見もありますが、こうした道具と拡大教科書はど
ちらがいいかではなく、両方使っていくもの、まさに車の両輪なんです。

確かに道具を使いこなすスキルは重要ですが、道具を使うとそれだけ労力が増
えてしまい非効率です。視覚特別支援学校(いわゆる盲学校)に入学したある
生徒は、初めて拡大教科書を見た時に「これなら目が疲れることなく、思う存
分勉強できる」と喜んでいました。

○XMLコンソーシアム:社会の動向はどうですか?

○宇野:近年、拡大教科書普及に向けた動きが活発化し、(拡大教科書を制作す
る上で著作権の二次利用が支障となっていたため)2003年に著作権法が改正さ
れ、2008年に教科書バリアフリー法が成立しました。原案は民主党から提案さ
れたのですが政権交代前であり、当時の与党内での検討を経た結果、少し後退
してしまいました。義務が努力義務になる、無償化は義務教育の期間中のみで
高校が置き去りにされるなどです。

高校生向きの教科書は種類が豊富で対応するのは大変ですが、視覚特別支援学
校が使う教科書は46点と定められているので、「せめて特別支援学校のものだ
けでも」と訴えています。

○XMLコンソーシアム:教科書会社はどうなのでしょうか?

○宇野:教科書協会内には拡大教科書普及促進小委員会が組織され、文部科学省
では高等学校段階における拡大教科書標準規格等検討会が設置されていますが、
「1冊作るのに900万円近くの追加費用が発生する」という意見もあり、なかな
か厳しいようです。拡大教科書に限りませんが、出版物はDTPソフトを使ってい
るためページ数に比例して労力やコストが増えてしまうからです。

○XMLコンソーシアム:XMLとの出会いはいつでしたか?

○宇野:2003~4年ごろ、XMLなら拡大教科書の普及に役立つと気付くようになり
ました。XMLならコンテンツとスタイルを別に持つことができるからです。その
後、2009年3月ころだったでしょうか、ある講演会でXMLコンソーシアムのクロ
スメディアパブリッシング部会メンバーから声をかけてもらいました。

○XMLコンソーシアム:XSL-FOを研究する過程で、部会有志がXML自動組版ツール
「FANTaStIKK」を開発したころですね。適用分野を模索する中で、先生の講演
をお聞きし、拡大教科書がぴったりはまると気付いたわけです。

○宇野:教科書バリアフリー法では教科書の電子データの提出が義務化されまし
た。しかしまだ多くのデータ型式はPDFです。これがXML文書ならスタイルを変
更すればいいだけで拡大教科書のオンデマンド印刷ができるのに、というとこ
ろです。今後はよりアクセシブルなPDFやXML文書で提供されることを期待して
います。

○XMLコンソーシアム:当会に期待することは?

○宇野:教科書は教育の「一丁目一番地」です。自立支援、社会参加の面からも
重要です。ぜひとも拡大教科書が必要な児童生徒に負担なく行き渡るようにし
たいと思っています。

また読書のバリアフリーは行政サービスにも応用できると思います。教育のバ
リアフリーを突破口に横展開できるといいと考えています。

教育にXMLを活かし、教育のバリアフリーを実現するために、今後も引き続き、
データやマルチメディアなど技術的な提案や助言をいただけたらと思います。

=====================================
今月のPick Up2
【予告】XMLコンソーシアムWeek 3月10~11日、16~18日
=====================================

 XMLコンソーシアムWeekを3月10~11日、16~18日の5日間の日程で開催いたしま
す。今回は「社会とビジネスの明日を支えるXML」をテーマに、各部会の成果報告
を行います。

 基調講演には慶應義塾大学名誉教授であり W3C の Associate Chair for Asia
も務められる斎藤信男先生に御登壇いただけることとなりました。デモやパネル
も豊富に用意しております。

◆第9回XMLコンソーシアムWeek開催のご案内
 http://www.xmlconsortium.org/seminar09/100310-11+16-18/100310-11+16-18-info.html

○3月10日(水) 会場:日立ソフト(品川シーサイド)
 13:00-14:00 基調講演
 14:10-17:10 次世代Web活用部会

○3月11日(木) 会場:日立ソフト(品川シーサイド)
 13:00-14:00 招待講演
 14:10-15:40 クロスメディアパブリッシング部会
 15:50-18:20 XMLDB部会

○3月16日(火) 会場:日本IBM(箱崎)
 13:00-14:00 セキュリティ部会
 14:10-15:40 XML設計技術部会
 15:50-16:50 招待講演(調整中)
 17:00-18:30 全体パネル

○3月17日(水) 会場:日本IBM(箱崎)
 13:00-14:00 気象庁防災情報XMLを使った実証実験
 14:10-16:50 ビジネス・イノベーション研究部会/SOA部会
 17:00-18:00 全体デモ

○3月18日(木) 会場:日本IBM(箱崎)
 13:00-13:30 全体デモ
 13:40-14:40 関西部会
 14:50-15:20 次世代Web活用部会
 15:30-17:00 Webサービス実証部会
 17:10-18:40 ミニパネル

 皆様のふるってのご参加をお待ち申し上げております。

=====================================
【今後の予定】
=====================================

[公式イベント]
◆ 2月15日(月):関西部会
◆ 2月17日(水):Webサービス実証部会
◆ 2月24日(水):BI研、SOA部会
◆ 2月 3日(水)
 XMLマスター:プロフェッショナル(データベース)直前対策セミナー
 http://www.xmlconsortium.org/seminar09/100203/100203-info.html
◆ 3月10~11日、16~18日:XMLコンソーシアムWeek
 http://www.xmlconsortium.org/seminar09/100310-11+16-18/100310-11+16-18-info.html

※詳細はコンソーシアムや部会からの案内をご確認ください

[関連イベント]
(メディア・パートナーである翔泳社様からご案内いただきました)
┏━<Developers Summit 2010>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  技術者コミュニティとの連携から生まれた総合ITコンファレンス ┃
┃  2010年2月18日(木)・19日(金) 会場:目黒雅叙園   ┃
┃  主催:株式会社翔泳社       参加料:無料(事前登録制) ┃
┗━◆最新情報・参加登録はコチラ◆ ⇒ http://codezine.jp/devsumi/2010 ━┛

◆2010年2月18日(木)~19日(金)
 Developers Summit 2010(オフィシャルコミュニティ)
 http://codezine.jp/devsumi/2010/
◆2010年3月9日(火)~11日(木):ソフトウェアジャパン2010(協賛)
 http://www.ipsj.or.jp/10jigyo/forum/software-j2010/index.html

=====================================
【XMLコンソーシアム会員向けニュースの全目次】
=====================================

◆XMLを語る:「弱視の児童生徒に拡大教科書を」
筑波大学付属視覚特別支援学校 宇野和博教諭
◆予告:XMLコンソーシアムWeek 3月10~11日、16~18日
◆活動実績(2010年1月)
◆今後の予定
◆運営委員会から

=====================================
【このメールマガジンについて】
=====================================

 本メールマガジンは、XMLコンソーシアムの活動を幅広く知っていただくために、
XMLコンソーシアム会員向けニュースからトピックを抜粋し、会員以外の方々にも
ご紹介するものです。より詳しくお知りになりたい方は、下記ホームページをご参
照いただき、ぜひXMLコンソーシアムにご入会ください。皆様のご参加を心よりお
待ち申し上げております。

XMLコンソーシアム:http://www.xmlconsortium.org/
入会のお申し込みはこちらから:
 http://www.xmlconsortium.org/nyuukai/nyuukai.html

事務局:〒130-0022 東京都墨田区江東橋 2-19-7 富士ソフトビル
mailto:xmlcons_staff@fsi.co.jp

Copyright(C) 2010 The XML Consortium
掲載記事の無断転載、転用、編集はご遠慮ください。
=====================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ