ちょっと知りたい「中学校の裏の裏」

  • ¥0

    無料

中学校の現場から何が見えるのか?現実に漂うのではなく、現実を引きよせたい。思考力と対人力のスキルアップをめざして、現役の中学校社会科教師が伝えます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ちょっと知りたい「中学校の裏の裏」
発行周期
不定期
最終発行日
2007年01月12日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000167497
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 先生・専門家の声

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 57号━2007.01.12━━━━

★ちょっと知りたい「中学校の裏の裏」★  
                   
  
あけましておめでとうございます♪
 今年もよろしくお願い申し上げます。

 新学期が始まりました。

 大柄なんだけど、まるまるとしていた
 男の子の体型がきゅんとしまっていました。

 髪型を変えたことで、別人のように
 なった女の子もいました。

 1年生の彼らも、あと数ヶ月もすれば
 「せんぱい」です。

 みんな、成長しているんですね。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 【main contents】「質の向上って?」

 【編集後記】「今年の抱負」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 ●このメルマガの内容は・・・(この部分は、いつも同じです)
--------------------------------------------------------------------- 
 先生だから
 先生のくせに
 義務教育なんだから

 そんな枕詞では、くくられたくない。

 現実に漂うのではなく、現実を引きよせたい。
 思考力と対人力のスキルアップをめざして、
 現役の中学校社会科教師が考えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【main contents】「質の向上って?」
------------------------------------------------------------------------
 
 「質の向上」というとき、みなさんは
 どんなことをイメージしますか?

 ぼくは、「教員の質の向上」という
 言葉を思い浮かべます。

 でも、本当のところは「思い浮かべる」
 というより、抵抗を感じています。


 「教員の質」だなんて…。


 「質」とは人間ではなく、モノや
 サービスを評価するときに使う言葉。

 
 人間をモノ扱いしていることに
 無自覚な感覚。

 誰もそのことに違和感を示さない
 時代の雰囲気。


 そんな感覚や雰囲気の広がりが、
 とても恐ろしい。


 先生をモノ扱いして平気な社会が、
 生徒は人間扱いして大切にする。


 そんなの、悪い冗談です。


*


 「教員の質の向上」が
 「教育サービスの向上」ならば、

 それはめざすべきこと
 だと思います。

 ただし

 質の「向上」とは、低いモノを
 高くすることなのであって、
 
 そのためには何らかの基準と、
 誰かの評価が必要です。

 これは、悪い意味だけでは
 ありませんが・・・
 
 評価とは、突きつめれば
 「好き嫌い」です。

 
 ぼくはある校長から
 「アンタ、子どもが嫌いだろ」
 と決めつけられたり、

 「学級の指導ができないので、
  担任をはずした」
 と言われたことがあります。


 ぼくが提供する教育サービスの内容に、
 極端な違いはありません。

 でも、評価する人が違うと、
 評価の結果は全く違うのです。

 サッカーや野球の選手でも、
 チームを変わるだけで活躍をしたり
 しなかったりするじゃないですか。


*


 産業界で、少し前に「成果主義」
 という言葉が流行っていました。

 でもこの頃は、とんと聞かなくなりました。

 成果主義にもメリットはあるのでしょうが、
 デメリットの方が大きかったようです。


 校長が教員を、より細かに「評価」する。

 そのため各自に「自己評価」をさせる。
 そして、その自己評価を基に、校長が
 正しく評価していく。

 こうして、「教員の質の向上」が、
 一丁上がり・・・。

 そんな、とてもつもなく面倒なこと
 が「せんせい」をじわりじわりと
 追い込んでいく。

 東京都をはじめとして、そのような
 「評価」の動きはすでに始まっています。


*


 教育界は、他分野での「失敗の経験」から
 学ぼうとする意思など、ないようです。

 「評価とは、公正な評価などありえないという
  自覚をもって、その不可能なことに限りなく
  挑戦していこうとする者だけに許されるもの」

 ある企業の人事部長の言葉です。

 ∵*∴         ∵*∴         ∵*∴


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【編集後記】「今年の抱負」 
---------------------------------------------------------------------

 「これでも、けっこう気をつかってんだよ」

 「確かに、つかうとこではすごくつかうけど、
  そうじゃないとこでは、徹底的に無防備
  だけどな」


*


 お正月に飲んだときの、友人とぼくのやりとりです。
 
 どんなときに、無防備なんだ?
 聞きたくなりましたが、止めました。

 聞けば教えてくれたかもしれませんが、
 <それ>を聞くのは、気が重かったし・・・

 なにより<それ>は自分で気づくものだと
 考えたからです。

 やせがまんですよね(笑)


*


 年末年始は、斎藤一人さんの話しを
 iPodに録音をして聴いていました。

 パンダさんのメルマガを購読して
 いると、時々無料で一人さんの
 講演を配信してくれます。

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
 http://www.mag2.com/m/0000182924.html

 
 始業式の日、見事な夕焼けを眺めながら、
 なんとなく一人さんの話しを思い出していました。

 すると・・・

 あっ! そうか!

 「気は配るものであって、
  つかうものじゃない」

 頭の中にぽーんと、そんな言葉が
 飛び込んできました。

 確かに、ぼくは気を「つかって」きた
 かもしれないが「配っていなかった」。

 気をつかう人間は、
 「こんなに気をつかってるのに」
 と、ボヤくことがあります。

 でも、気を配ってる人が、
 「こんなに気を配ってるのに」
 と、嘆くことはありませんよね。

 ぼくにとって「気」は、
 自分のためにつかうものであって、
 
 相手のために、配るもの
 ではなかったのです。


*


 「気づかい」より「気配り」

 今さらながらそんなことに、気づくなんて
 恥ずかしい限りです。

 でも、新年早々気づいたわけで・・・
 今年はツイてる予感がします!

 あなたに、ツキを配る。

 今年は、そんなメルマガをめざします。(笑)


 ∵*∴         ∵*∴         ∵*∴

---------------------------------------------------------------------
 ★ご購読ありがとうございます。丸(まる)と申します。
 
 公立中学校で、社会科の教員をしています。
  丸のプロフィールは、ブログを見ていただけると
  幸いです。http://blog.livedoor.jp/menmaji/
 
  ■購読の解除は、こちらから出来ますよ・・・
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000167497.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★お便りをいただけると、うれしいですっ!!お返事します・・・
  E-MAIL:mar@on-ly.net
 アドレス、変えました。そうしないと、ゴミメールに埋もれて
 しまいそうで・・
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◎ちょっと知りたい「中学校の裏の裏」のバックナンバー
⇒ http://blog.mag2.com/m/log/0000167497/

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ