売場のブランディング

  • ¥0

    無料

だれでも自分の売場をブランド売場にできる!! VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の企画会社を運営している筆者が教える、ブランド売場づくりのワンポイントアドバイス。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
売場のブランディング
発行周期
不定期
最終発行日
2018年03月29日
 
発行部数
274部
メルマガID
0000167755
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > マーケティング > マーケティング理論

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 売場のブランディング 
━━━━━━━━━━━━ http://www.oval-link.co.jp


Vol 209 わかりやすいアパレルショップのVMDとは



わかりやすいアパレルショップとわかりにくいショップのVMDの違いは何でしょうか。
ズバリ下記です。

●フェイスアウトが多くなるとわかりやすくなる
●型数が少ないとわかりやすくなる
●同一品番のフェイスが多いとわかりやすくなる
●定量が少ないとわかりやすくなる
●色数が少ないとわかりやすくなる
●デザインがシンプルなほどわかりやすくなる
●アイテムが少なくなるとわかりやすくなる
●ルック&テイストが絞られるとわかりやすくなる

ひとつひとつ解説しましょう。

●フェイスアウトが多くなるとわかりやすくなる
服のIPは、フェイスアウト、フォールデッド、スリーブアウトのどれかでフェイスを設けます。
フェイスアウトは、デザイン、シェイプ、色がわかりやすいです。
スリーブアウトは色とサイズ以外はわかりにくいです。
フォールデッドは色と身頃の胸から上のデザインはわかりやすいです。
従って、手に取らずに、店内を歩くだけで服の全容がほぼわかるフェイスアウトは商品をわかりやすくする陳列です。


●型数が少ないとわかりやすくなる
型数とは、Width(広さ)と言ってデザインの種類のことです。
ブラウスやシャツとはいえども、見頃、襟、袖、裾などのデザインは型によって変わってきます。
1200のシングルハンガーに14本スリーブアウトでブラウスをかけるとして、1型×1枚ののべ14型から1型14枚ののべ1型まで並べ方は千差万別。
前者をWidthが広い、後者を狭いといいます。
当然Widthが狭い方がわかりやすくなります。
1型×1枚ののべ14型というと、古着屋のそれで、一枚一枚手に取らないとデザインはよくわかりません。ましてや、ブラウスだけでなく、他アイテムのジャケットやニットなどが混ざるとますますわかりにくくなるでしょう。
アイテム過多の場合、1200mm幅ハンガーの定量を半分の7枚くらいに抑えないと、デザインがよく見えません。
定量が多すぎると、やっぱり古着屋のハンガーになること、うけあいです。


●同一品番のフェイスが多いとわかりやすくなる
同一品番で色違い、サイズ違いの奥行きはあると仮定しても、基本的に同じデザインのものが連続してあると、売場はわかりやすくなります。
H&Mやフォーエバー21などは店舗面積が広いため、同一品番の多フェイス化はあたりまえ。
1200のハンガーに14本同一品番同一色のフェイスがズラッと並んでいるため、とてもわかりやすいです。
百貨店テナントの場合は、1シングルハンガーあたり3型×色違い×2フェイスがよく見るパターンですが、定量が8~14本位と決まっているため、わかりやすいです。
とはいえ、色の並べ方がバラバラだったり、型の揃え方がバラパラだとわかりにくくなるので、色でリピートか型でリピートすることは必須と言えます。


●定量が少ないとわかりやすくなる
これは言わずもがな。
1200シングルハンガーに20本、15本、10本、5本と×数量を減らせば減らすほど、わかりやすくなります。
なぜかというと、減らすことにより、サイドから見頃のデザインが見やすくなります。
ぎっしりパイプに吊るしたのと比べると一目瞭然。ぎっしりパイプの場合は袖しかわからず、手で取らないとデザインはわかりません。
当然定量が少ない方がわかりやすいですし、ペラッとめくれるので見頃のデザインがすぐわかります。


●色数が少ないとわかりやすくなる
売場の服の色が統一されていればいるほどわかりやすくなります。
同品番の色やサイズの違いのことをDepthといいます。特に色はサイズより豊富にあることが多いのですが、全色出してしまうと、お客様は迷いやすいのと、遠くから売場を見た場合、濁色になってしまいます。
最低トーンを同じにしてグラデーションで並べるなどを施せばまだいいのですが、それでも1色、2色に絞られた売場は遠くから目を引き、選ぶ手間も少なくなります。
ZARAやH&Mが売場の色を統一する狙いはそこにあります。
そうして、色を2週・3週ごとにローテションしていけば、売場の鮮度はぐっと上っていきます。


●デザインがシンプルなほどわかりやすくなる
フリル、ペプラム、カシュクール、ティアード、ビジュー、パイピングなどディティールデザインが充実している服は、フェイシングに難があると、手に取ってみなくては正しく商品特徴をつかむことができません。
例えば、ナラカミーチェのフリル付きブラウスはこのフリルのディティールを訴求するためにPPでフェイスアウトするのが普通になっています。
これがスリーブアウトだけだったり、フォールデッドだった場合、すべての特徴をフェイスに表現するのは難しいでしょう。
そのため、ディティールが細かい服はPPをつくるかファイスアウトを最低1か所しなくてはいけません。
その逆で、シンプルでディティールがない服は定量を絞れば、スリーブアウトやフォールデッドでも十分いけます。


●アイテムが少なくなるとわかりやすくなる
単アイテムの集積売場は、ユニクロやジーンズメイトなどでお馴染みです。また、東京シャツやブリックハウスはお店自体がシャツ単品しか扱っていませんので、単アイテム店舗です。
こうした単アイテム集積の売場や店はわかりやすく、同型の色違い、柄違い、ディティール違い(襟元など)がフォールデッドでリピートして並んでいるので、わかりやすく探しやすいです。
あまり服にこだわらないお客様は、コーディネート型売場も併用しているセレクトショップよりも、単品アイテム売場の方が買いやすく、選びやすいです。


●ルック&テイストが絞られるとわかりやすくなる
ルックとテイストは、着た時に他人が見た服の感じ方です。ルックは正統派のスタイル、テイストはルックの一部を取り入れた〇〇ぽいという感じをいいます。
ルック&テイストは、アイテム・色・柄・シェイプ・生地・ディティール・コーディネートなどのパーツにより千差万別に作ることができますが、同一グループ(面積でいうとコーナー)でルック&テイストが違う商品があると、売場はわかりにくくなります。
例えば、マリンルックとカントリールック、ロックルックが交錯しているクループは、通路から見てゴチャゴチャな雰囲気しかありません。



ここまでわかったら、あなたのお店をざっと歩いてみましょう。
わかりにくいなと思ったら、上記の逆を行っているはずです。
型が多くて、数量も多く、色もまとまっていない。フェイスアウトやPPが少ないので、手に取らないデザインはわからない。
同一什器でルックやテイストも違うのが何枚か置かれていて、置き方もリピートしていない。

そんなときは、上記のポイントを直すとと、わかりやすい店になること間違いなしです。
アパレルの皆さん、VMDがんばってくださいね。


===========================================
VMDセミナーのお知らせ 
===========================================

-----------------------------------------
【 神田日本橋 】4月26日(木)
-----------------------------------------

 タイトル  「VMD売場づくりの基礎セミナー」
 とき    4月26日(木) 10:30~11:35
 ところ   内田ビル 売場塾研修ルーム

 ●セミナー案内
 https://www.oval-link.co.jp/seminars/vmd-kisoseminar.html

--------------------------------------------------------

編集後記

今日はメルマガ移行確認メールを送付させていただきました。
当メルマガは、2年前に下記に移行しています。
https://www.oval-link.co.jp/companyprofile/12691325405784a660e405b.html

まだの方は、ぜひメルマガ読者として、上記にご登録ください。
よろしくお願いします。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 
 ■ 発行人 ■
 株式会社オーバルリンク
 
 当社は、売場づくりのプランニング&プロデュース会社です。
 会社ホームページ https://www.oval-link.co.jp
 協会ホームページ http://www.vmd-i.net/
 売場塾facebook  https://www.facebook.com/vmdschool/
 ツイッター https://twitter.com/vmd_i

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 Copy Right ©Oval-Link.Co.,Ltd. All Right Reserved
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ