必読!プロジェクトコミュニケーション

  • ¥0

    無料

現役SEかつITCの立場から、システム開発プロジェクトにおけるコミュニケーションについて考えてみます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
必読!プロジェクトコミュニケーション
発行周期
週刊
最終発行日
2006年04月04日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000168976
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
インターネット・パソコン > ソフトウェア > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□----------------------------------------------------<20060404>□■
□  〜現役SEかつITCが考える〜                   □
■    必読!プロジェクトコミュニケーション #24        ■
□        関連サイト・・・→ http://procomi.seesaa.net/) □
■□--------------------------------------------------------------□■

こんにちは、森岡です。

今日のテーマは『プロコミの品質と等級)』です。

----------------------------------------------------------------------
◆ プロコミの品質と等級
----------------------------------------------------------------------
●品質の復習

プロコミ(プロジェクトコミュニケーション)での品質は下記でした。


プロコミの3つのゴール(認知・判断・行動)を達成すること、
達成率を向上させることです。


つまり、ゴール(要求)への適合度と言い換えられます。


●等級とは

PMBOKでは等級(Grade)を以下に定義しています。

(抜粋)-----------------------------------------------------------------

機能的用途は同じだが品質に対する要求事項が異なるものを識別する際に使う、
区分または順位。

-----------------------------------------------------------------------

あくまで要求事項を区別するものです。


例えば・・・


パソコン(PC)を選ぶときは『用途』に応じて『等級』を選んでませんか!?!


PCはCPUやメモリなどの機能・スペックの違いにより

等級 ↑ ハイエンド
− ミドルレンジ
↓ エントリー(ローエンド)

などに分類されます。

『等級』は『品質』ではありませんので、

・ハイエンドモデル・・・・壊れにくい
・エントリーモデル・・・・壊れやすい

とは定義されません。

壊れやすい・壊れにくいは『品質』です。


ゴールを達成するために、適切な『等級』を見極める必要があります。
要求される『等級』より高くても低くても良くありません。
(これって結構難しいですが・・・)


[等級が低すぎる場合]

要求事項を満たしてないため、プロコミのゴールを達成出来ません。


[等級が高すぎる場合]

等級が高い分無駄が生じます。
特に時間があると等級を勝手に高くする傾向があると思います。

これは、金メッキ(Gold Plating)と呼ばれます。

効率・コスト面から考えると良い事ではありませんね。






必ずしも
『等級』が低い事は問題ではありませんが、『品質』が低い事は問題です。


『低品質』では
プロコミのゴールが達成できませんから手直し作業(Rework)が発生します。


これは効率悪化・コスト増につながりますね。


コミュニケーションの発信者は受信者が要求する『品質』と『等級』を考慮し
て下さいね。


本日はここまでです。


次号は『プロコミのC(コスト)』について考えます。


----------------------------------------------------------------------
◆ 編集後記
----------------------------------------------------------------------
『ワンセグ』(ケータイ向け地上波デジタル放送)が始まりましたね。

画面見ましたが、結構きれいでした。

端末価格が高いのと、バッテリーのモチが気になりますが・・・

ここまでくるとモハヤ『電話』ではないですね。

何なのでしょう??


ご意見等ありましたら是非communi1116@yahoo.co.jpまでお願いします。


*最後まで読んでいただいて有難うございます。
*次回号でお会いしましょう!!


----------------------------------------------------------------------
[発行者情報]
□発行責任者  :森岡
□メールアドレス:communi1116@yahoo.co.jp
□配信日    :毎週火曜日(予定)
□配信変更・解除:http://www.mag2.com/m/0000168976.html
□関連サイト :http://procomi.seesaa.net/

[免責事項等]
■メルマガの内容は個人的な意見です。
実行はみなさんの責任でお願いします。
■メルマガの内容で生じる損害・トラブル等について責任は負いません。
■メルマガの転送は良いですが掲載された記事の内容を許可なく
転載すことを禁じます。問い合わせ下さい
----------------------------------------------------------------------










メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ