ろうむの玉手箱

  • ¥0

    無料

社会保険労務士が、経営者と労働者のトラブルを防ぐために、色々なアドバイスをしています。もめごとを起こさないためのルール作りの参考にどうぞ。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
ろうむの玉手箱
発行周期
月2回
最終発行日
2018年01月15日
 
発行部数
236部
メルマガID
0000169201
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 経営 > コンサルティング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

▽ろうむの玉手箱▽   -+-+労務お役立ミニ情報-+-+-+

                  2018年(平成30年)1月15日

 http://www.sr-onomoto.jp/

 ----------------------------------------------------from 新潟-----

  小野本 社労士事務所です ⇒ http://www.sr-onomoto.jp/

事務所と自宅のある新潟市西区は、先週の木曜午後からの雪で大変です。

  細い道では車がスリップして動かなくなったり、センター試験の開始が
 遅くなったり・・・

 駐車場の雪かきで、汗だくになっています。 

 ==================================
 

厚労省の助成金は平成29年4月から大きく変わっています。

「助成金をうまく活用して働き方改革につなげてほしい」

   そんな思いでセミナーを開催します。


 【日時】1月19日(金)13:30~16:30

 【場所】新潟ユニゾンプラザ(新潟市中央区上所2-2-2)

   ご案内は www.sr-onomoto.jp  からも ご覧いただけます。

お申し込みはwww.sr-onomoto.jp セミナー情報からどうぞ。

   ================================    

 ▽今日のテーマ▽ 

★★ メンター制度で助成金がもらえます! ★★

 「違う部署の人とは話したこともない」そんな従業員が多い会社であれば、
メンター制度の導入で、社内のコミュニケーションがよくなるかもしれません。


■  重要ポイント  ────────────────────────


 職場のコミュニケーションが希薄になっているといわれる中、「メンター制
度」がひとつの有効な方法と考えられています。

 メンター制度を導入すると助成金も受給できます。


■  メンター制度の意味 ──────────────────────


 メンター制度とは職場における人材育成法の一つです。

 知識や経験の豊かな先輩社員(メンターmentor)と後輩社員(メンティment
ee)が、1対1で、後輩社員のキャリア形成上の課題や悩みについて、先輩社員
がサポートする制度です。

1980年代アメリカが発祥です。


■  メンター・メンティの関係 ───────────────────

 直属の上司や先輩は部下に指示や命令を出す関係です。メンターは直属の上
司以外の先輩(異なる職場の先輩社員など)がなり、メンティをサポートしま
す。双方向の対話を通じて、メンターはメンティのキャリア形成上の課題解決
や悩みの解消を援助し、個人の成長を支援します。

 メンター・メンティの関係は、職場において自然に発生する、先輩・後輩間
の育成的な人間関係を制度的に作り上げるものです。斜めからの支援というい
い方もされます。


■  メンタリングのやり方 ─────────────────────

 定期的にメンターとメンティが面談(メンタリング)を行います。メンター
はメンティの仕事上の課題や悩みなどに耳を傾け、相談にのります。メンティ
がメンタリングの中で気づきを得て、自らその解決に向けて意思決定し、行動
できるよう支援します。


■  メンター制度の効果 ──────────────────────

 メンター制度は、メンティのための制度のように思われがちですが、そうで
はありません。メンティのモチベーション向上はもちろんですが、メンター自
身もメンティへの支援を通じて人材育成意識が向上することなど、メンター、
メンティ双方にメリットがあります。

部門・部署を超えたメンター、メンティのマッチングにより、組織横
断的な連携・ネットワークが可能となり、組織風土の活性化につながることも
メンター制度の効果です。


■  メンタリングの期間 ──────────────────────

 1カ月に1回、1時間程度を1年くらい行うのが効果的であると考えられて
いるようですが、目的に応じて、期間、頻度を設定すればよいでしょう。メン
ター・メンティの信頼関係が深まり、「気づき」が得られるようなメンタリン
グの期間が望ましいと考えられます。


■  メンター制度の導入でもらえる助成金 ──────────────

 職場定着支援助成金の雇用管理制度整備助成の中の一つに、メンター制度を
導入すると10万円がもらえるというものがあります。メンター制度導入により
従業員の離職率が低下した場合、さらに57万円(生産性要件に該当する場合は
72万円)がもらえます。

 制度を導入する1カ月以上前に「雇用管理制度整備計画」を出しておくこと、
整備計画の期間に就業規則にメンター制度を規定し、メンター研修を受講して
もらい、社内でメンタリングを実施します。


■  メンター制度の就業規則の規定例 ────────────────

 就業規則には以下のように規定します。

【メンター制度】
会社は、労働者がかかえるキャリア形成上の課題及び会社における問題の解決
を支援するため、メンター制度を実施する。

2 メンティは、入社後3年未満の社員を対象とする。

3 メンターは、入社後3~5年を経過する労働者の中から、本人の了解を得
て会社が指定する。

4 会社は、メンター及びメンティに対し、メンター制度の実施に関する事前
説明を行う。

5 会社は、メンターに対し、研修費用の全額を会社負担してメンター研修を
受講させる。


■  まとめ ───────────────────────

 メンター制度で社内コミュニケーションがよくなり、業務の効率アップも期
待できるでしょう。

 女性の活躍を推進するためにも有効な方法の一つと考えられています。


※ メンター制度については厚生労働省
  「メンター制度導入・ロールモデル普及マニュアル」平成24年度を参考に
しました。



==  いろいろある助成金、働き方改革を進めるためにも使えます ==

           セミナーのご案内   

    ★★ 【助成金を活用して進める『働き方改革』】 ★★


「働き方改革」も助成金を使って進めることができます。

セミナーでは無理なくもらえる助成金の申請の実例をお話しします。


□ 日 時: 平成30年1月19日(金)  13:30~16:30

□ 会 場: 新潟ユニゾンプラザ4階 研修室2(新潟市中央区上所2-2-2)
    
□ 定 員:  先着20名 
    
□ 受講料:  1人 5,000円(消費税込み)

□ 講 師:  小野本 社労士事務所   小野本 美奈子

  【お申し込み方法】

   小野本事務所ホームページ http://www.sr-onomoto.jp/

            セミナー情報から今すぐお申し込みください。


==============================
          
 ★ 「どんな助成金がもらえるのだろう??」

      御社が活用できる助成金がきっとあります。

      セミナーでご確認下さい。
  
 ★ 社会保険の手続きはプロに、小野本事務所にお任せください。 
  
 ★ 小野本事務所は=いざというとき会社を守る就業規則=を作成します。

  

   〒950-2101 新潟市西区五十嵐1の町7229-2
          小野本 社労士 事務所

 発行人* 特定社会保険労務士
           小野本  美奈子(おのもと みなこ)

 電話:025-268-6120/FAX:025-268-6130

 お問い合わせは メール: info@sr-onomoto.jp

 ホームページ http://www.sr-onomoto.jp/


┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

メルマガの解除はこちら
  http://www.mag2.com/m/0000169201.html
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ