これで安心!3分で身につくクレジット実践講座

  • ¥0

    無料

著者サイト

このメールマガジンには、金融やクレジットカード業界の基本知識が満載です。これを読んでいただければ、クレジットや各種ローンあるいはクレジットカード審査やキャッシングなどで悩む必要はありません。あなたに快適なクレジットライフをご提供いたします。

   

メールマガジン最新号

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

   〜これで安心!3分で身につくクレジット実践講座〜
                       発行部数1,750部
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 2007年12月20日発行 第40号


 クレジットカードや各種ローンの審査に通らない方のための
 実践マニュアル

 「もう悩まない!一人で出来るクレジット審査攻略のための秘術」
   ↓ ↓ ↓
 http://www.moneyinfo2005.com

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 『クレジット相談者の90%以上の方が
  知らなかったクレジット業界の基本中の基本』はこちらから★
   ↓ ↓ ↓
  http://mag-zou.com/report_get.cgi?id=m0000170360

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ずっと安定した成績を誇るFXノウハウはこれ!
 FX初心者でも安心・簡単のFX取引指南書
   ↓ ↓ ↓
 http://a8.yume-fx.com

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ★アフィリエイトの現状から見える金融業界Part2★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 いやあ〜

 再び約半年振りのメルマガ配信になってしまいました。(大汗

 この間、私は、
 その時間のほとんどをFXに費やしていました。

 ま、でも、
 このメールマガジンはクレジット業界のものなので、
 FXの話はあまりしないでおきますね。


 ちなみに、
 もしあなたがFXに興味があるようであれば、
 下記のサイトの中ほどにある無料メールマガジンに
 登録していただければと思います。


 http://a8.yume-fx.com
 


 それでは、
 本題に入らせていただきますね。


 今日は、前回に引き続き、
 アフィリエイトの現状から見える金融業界について
 書かせていただきますね。

 え〜っと、金融業界では、
 今月の19日から貸金業規制法改正で、


 ■借り手への過剰な貸し出しの禁止

 ■50万円を超える融資には所得証明が必要


 となるなど、
 これ以上多重債務者を増やさないための処置が行われており、
 私たち借り手側としては、今後ますます貸し渋りが表面化
 されるのではないかと危惧されています。

 そんな中、
 現在金融関係のアフィリエイトでは、
 広告に関する規制が強く、
 

 審査が甘い
 ~~~~~~~~~~~~
 他社借り入れ●件までOK
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 など、
 借り入れを助長させるような文言の使用を禁止するように
 なってきています。


 これらの事からも分かるように、
 今後の金融業界(特に消費者金融)では、
 
 
 貸したいけど貸せない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 という事例が多くなる事が予想され、
 結果経営不振に陥る金融会社が増える可能性は
 否定できない状況となっています。


 するとどうなるのか?


 金融業界側では、
 経営不振から闇金業へ転身する会社が増大する事が予想され、
 借り手側では、消費者金融からの借り入れが出来ないので、
 結果闇金へ走る債務者の増大が予想されます。

 つまり、
 結局のところ、根本的な問題は何一つ解決出来ないのでは、
 という不安があります。

 ただ、
 今回の改正のプログラムの中には、
 闇金の撲滅に向けた取締りの強化という項目がありましたので、
 この効果に期待するしかありませんが。。。

 しかし、
 果たしてこれがどこまでの効果を発揮するのかは、
 少々疑問が残ります。
 
 というのも、
 闇金業者というのは、
 あの手この手を駆使して違法な活動を行っていますので、
 国がこうしたらああするなどの、
 ただのいたちごっこになるのではという可能性も否定できません。


 ただ、
 こればっかりは、
 実際に取り締まりの効果が現れるか否かは、
 少々時間が掛かるかと思いますので、
 今後の推移を見守りたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ★編集後記★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今年も残すところあとわずかとなってしまいました。

 私のこの1年は、
 とても忙しかく、山あり谷ありの日々でしたが、
 その分とても充実した1年でした。

 この調子で、
 来年も頑張りたいと思います。 
 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ★この号からご購読のみなさまへ★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 こんにちは!

 この40号から

 「これで安心!3分で身に付くクレジット実践講座」

 を購読されている方、はじめまして、発行者の佐藤と申します。

 このメールマガジンの目的、それは・・・


 「みなさんに金融やクレジット業界の基本知識を知っていただくこと」


 です。

 私は簡単なプロフィール(このメールマガジンの下部にあります)にも書
 いてありますが、サイドビジネスとしてこれまでいろいろな金融相談を受
 けてきました。

 その中で感じたことが

 「相談者のほとんどが、金融やクレジット業界の基本知識を知らない」

 ということです。

 そのために、初歩的なミスを犯してしまい、クレジットやローンを申し込
 んでも却下されていたのです。

 この基本知識を知っていれば通ったであろうクレジットやローン審査を・


 ただ、普通にインターネットで調べてもなかなか見つかる物ではないので
 知らなくて当然といえばそうなのですが。

 そんな訳で、このメールマガジンでは、みなさんにそういった初歩的なミ
 スを犯さないで、快適なクレジットライフを送っていただくための情報を
 提供していきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ★本日も、長文をご購読いただき、どうもありがとうございました。★

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 発行人 佐藤 力(さとうつとむ)

 プロフィール:新潟県十日町市松之山出身で現在新潟県十日町市在住
        現在37歳で妻1人とかわいい娘1人の3人家族
        現在はごく普通のサラリーマンだが、約5年前までは借金地
        獄で首が回らない状態に・・・
        そんな時、元金融業者のA氏に出会い、そのA氏より金融業
        の基本から裏技(もちろん合法です)まで幅広く習得する。
        その間、サイドビジネスとしてクレジット関係から自己破産
        まで延べ十数件の相談を受け、着実に実績を積みながら現在
        にいたっております。

 目標:自由な時間とゆかいな仲間たちを手に入れること!


 ■ 発 行 地  〒948-0055 新潟県十日町市高山538-7
 ■ 発 行 者  マネーインフォメーション 佐藤 力
 ■ サ イ ト  http://www.moneyinfo2005.com/
 ■ ブ ロ グ  http://credit.livedoor.biz/
 ■ お問い合わせ info@moneyinfo2005.com

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ※このマガジンは『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
 以下のアドレスから購読・解除ができます。

 気が向いたらまた、読んでくださいね。

 購読・解除はこちらから
  ↓ ↓ ↓
 http://www.mag2.com/m/0000170360.html
メルマガ全文を読む
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
これで安心!3分で身につくクレジット実践講座
発行周期
週1回
最終発行日
2007年12月20日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000170360
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 雑学・豆知識 > 生活

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ