頑張れ!!マイナー種牡馬とその産駒たち

  • ¥0

    無料

種付け頭数の少ないマイナー種牡馬とその産駒の応援誌。毎週産駒を数頭ピックアップして紹介します。また有料版では、緻密なレース解説、詳細な血統解説、読み応え十分のコラム、レース結果一覧、ピックアップ種牡馬、種牡馬リーディングを掲載しています。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
頑張れ!!マイナー種牡馬とその産駒たち
発行周期
週1回
最終発行日
2009年02月11日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000170640
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
エンターテイメント > 競馬 > ロマン派

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
□                                            
■   頑張れ!!マイナー種牡馬とその産駒たち  vol.255  09/02/11
□                                       
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□




再び三場開催に戻った今週は、東京で良積が集中しました。
マイナーっ仔たちって、ローカル開催があるときは大体ローカルで好走する馬が
続出するパターンが多いんですけどね。

さて、東京で好走した馬たちを見ると、その明暗を左右したキーワードとして「息
の長い末脚」がやはり浮かび上がってきました。
これ、競馬をある程度知る人ならもう説明不要だと思いますが、直線の長いコー
スですから、一瞬の瞬発力ではなく、良い脚の持続力が要求される訳ですね。
競馬評論家の柏木さんも日曜の予想コラムの中でもその点を指摘し、トニービン
系の馬が東京コースで良積が集中しているのも「息の長い末脚」が使えるからと
解説していました。
それにさらに付け加えるなら、それを生みだす要因としてトニービンの血を引く
馬の体形があります。
トニービンの血が強く出ている馬は、大体トニービンに似て胴長脚長の体形をし
ています。
跳びが大きいストライド走法のため器用さの要求される小回りコースではコーナ
ーでもたついてしまい力を発揮できずに終わってしまうことが多い一方で、直線
の長い東京や新潟コースでは直線で瞬時に加速できなくとも一旦加速するとグン
グンと伸びる脚を使える訳ですね。

母父がトニービンのアイレンベルクも京都の外回りコースよりさらに持ち味の息
の長い末脚が活きるのはやっぱり東京コースでしょうね。
トニービンの血がよく出ているのか、脚の長い体形をしていますからね。
この馬がどうしてもスタート後に行き脚がつかないのもその体形によるところが
大きいと思います。

という訳でそんなところに観点に置き、解説版ではもっと詳しく解説したいと思
っています。

また、明日は号外でアイレンベルク特集の発行も予定しています。
この機会にぜひご購読をお願いします。
購読申込当月は無料となっています。




<プレミアム版のご案内>

読者登録は下記URLからできます。
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/72/P0007267.html

購読料:630円(税込み)/月 (購読申込当月は無料。)
発行周期:毎週日曜、月曜。
主な内容:日曜・・前週のレース解説など。月曜・・土日のレース結果速報など。
     号外も頻繁に発行。


「アイレンベルク特集」  2月12日(木) 発行予定




FPの会という引退馬の余生をサポートしている会の会報で「エスケープハッチ
の会」を設立することを知りました。
エスケープハッチは両親ともアングロアラブなんですが、高知競馬でアラブ種の
レースが全廃となってからもサラ系のレースで走り続け、通算54勝を挙げて地
方競馬最多勝新記録を更新した馬ですね。

彼のファンである佐々木幸子さんという方が発起人となり立ち上げた会らしいで
す。
ここまでできる程の好きな馬への思い、素晴らしいと思います。

ご興味のある方はこちらをご覧になってみて下さい↓
http://www.intaiba.net/escapehatch/





☆★☆ マイナーファンの声 ☆★☆


こんばんわMです


メルマガいつも楽しく拝見しております♪
どんどん中身が濃くなって、写真もたくさんで、すごく充実されていますね〜☆
キャラ分析もわかりやすくて、とてもいいですねっ!


モアザンスマートの特集号良かったです☆
幼少時代の可愛らしい姿をみると、なんて言うか・・・
「わぁ〜」って感動しますね(涙)

たかが1勝…と思う人もいるのかもしれませんが…
でも、わたしには「奇跡」のようにさえ思えます。

ぬいぐるみみたいに可愛い耳長クンが、立派な競走馬に…ですもん。
きっと、わたしの想像をはるかに超えた険しい道のりだったんでしょう。
本当に、すごい事だと、偉いなぁと、あらためて思いました。


「1勝の重み」を、ずしんと感じました。


彼を産んだマイベッピン母さん♪にも
愛情たっぷりに育てられた元茂さん♪にも
お祝いの「おめでとうございます」が伝わるといいなぁと思います。

これからも、ケガしないように、頑張って欲しいです☆


ハナちゃんも、気になりますね…。
どうしているのかなぁ…。
弟クンに続いて頑張ってくれるといいですね。


それと、スーパーパワー☆彡強かったですね〜!あんなスタートになって、凄い
マクりっぷりで、まさか最後にあれほどグイグイ突き放すとわ‥‥(☆o☆)

恐れ入りマシタ
(´∀`人)

まさに
スーパーパワーでしたね!

2連勝ですね☆
これで、地方に行ってから…5戦4勝〜☆彡スゴイなぁ(o゜▽゜o)


確かハナちゃんにちょっかい出して噛まれてた…ですよね?(笑)

あれ?
そっか、ハナちゃんと同厩になったんでしたね、まだ会ってないか〜。覚えてな
いものなんですかね〜。

思い出して頑張ってくれるといいなぁ〜☆
ハナちゃんも続いてくれるといいですね☆




(2月7日、8日開催分)


☆★☆ 勝ち上がり馬 ☆★☆


ヤマニンセラフィム産駒
 ヤマニンリュバン 牡4  2回東京3日10R 金蹄S ダ・左 2100m 4歳上1600万下

  血統  母 ヤマニンファニオン、 母父 ソヴィエトスター 
  毛色 栗毛
  戦績  17戦4勝
  生産者  錦岡牧場(新冠町)
  調教師  西園正都(栗東)


「わし不器用じゃけん、広々とした所でゆっくり行くのがええのう」
不器用でスタミナ豊富なサウスポーがベストの東京2100mで能力全開。息の長い
しぶとい末脚で見事な差し切り勝ち。


●レース後のコメント (酒井学騎手)
「ズブいので距離はあった方がいいタイプですね。スタミナは凄いですよ。自信
を持っていけます。位置取りはもっと前に行きたかったんですが、ズブくて行け
ませんでした。ただ、行きっぷりはスムーズでしたよ。直線は前2頭を見ながら
しっかり反応してくれましたが、追い出すとモタれましたし、抜けてからはソラ
を使っていました。使い詰めになっていましたので、これでひと息入れさせると
思います」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


ダイワテキサス産駒
 ダイワカレン 牝3    2回東京4日6R 芝・左 2000m 3歳新馬

  血統 母 ダイワノブレス、 母父 サンデーサイレンス 
  毛色 栗毛
  戦績 1戦1勝
  生産者 社台ファーム(千歳市)
  調教師 的場 均(美浦)


「わたくし、カレンと申します。殿方、ごめん遊ばせ!」
可憐なお嬢の鮮烈デビュー!小柄な良血牝馬が男たちをスパッと撫で切り、して
やったりの快勝。目指すは新緑のじゅうたんが敷かれた東京の大舞台!


●レース後のコメント (武士沢騎手)
「真面目な馬と聞いていましたが、その通りでしたね。スタートも内枠からタイ
ミングよく決まったので、上手く流れに乗れました。緩いペースになりましたが、
終始いい手応えでした。もたれると聞いていたんですが、直線もそんなところは
なくしっかり伸びてくれました。まだ成長の余地が十分あると思います」



☆★☆ 2009年クラシックロード ☆★☆


ゴールドヘイロー産駒
 アイレンベルク 牝3 5着 2回京都3日 9R エルフィンS 芝・右・外 1600m 3
歳OP

後方待機、大外回し、直線一気。想定通りの競馬で追い込むも5着まで。外を回
したロスが響く…。馬群を突けるようになれば…。

●レース後のコメント (武幸騎手)
「流れに乗れてスムーズな競馬ができました。最後は脚色が一緒になりましたが、
堅実に走れるタイプですね」



☆★☆ 注目馬 ☆★☆


ゴーカイ産駒
 オープンガーデン 牡5 4着 2回東京3日8R 春麗JS 障害・芝→ダ 3300m 障
害4歳上OP

直線で猛追も…。いくらなんでも位置取りが後ろ過ぎ。まだ粗削り、今後の成長
に期待。


●レース後のコメント (江田勇亮騎手)
「後半は飛越もスムーズで上がって行けるんですが、スタートが悪く前半で置か
れてしまうので…。もう少し前に行けるようにならないと…」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


ゴールドヘイロー産駒
 シーフォーアイ 牡3 2着 2回東京4日7R ダート・左 1600m 3歳500万下

決め手不足…。一瞬しか脚を使えず2着がやっと。完敗もレースセンスと勝負根
性は見所あり。次走に期待。

●レース後のコメント (横山騎手)
「状態は前走より良くはなかったんですが、距離が短くなった分最後まで踏ん張
ってくれました。よく頑張ってくれましたね。今日は相手が悪かったです。中山
だったらもう少し違っていたかもしれないけどね」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


スマートボーイ産駒
 スマートダズル 牝3 2着 2回東京4日2R ダ・左 1400m 3歳未勝利

これが東京コースの醍醐味。皇成と工真、若手同士の長い長い壮絶な追い比べ。
長〜い直線で息の長〜い末脚発揮も僅かハナ及ばず…。


●レース後のコメント (伊藤工真騎手)
「抜け出すとソラを使うジワジワとしぶとく伸びてくれたんですが、結果的にも
う少し早く追い出せばよかったですね」






(1月31日、2月1日開催分)


☆★☆ 勝ち上がり馬 ☆★☆


ウイングアロー産駒
 パルティアシチー 牡6   2回京都2日 4R 障害・芝→ダ 3190m 障害4歳上
OP

  血統 母 オースミジュエリー、 母父 ナリタブライアン 
  毛色 黒鹿毛
  戦績 23戦3勝(地方4戦0勝)
  生産者  下河辺牧場(門別町)
  調教師  田所秀孝(栗東)


屈腱炎からの復活劇。1年4カ月振りの勝利。春の大舞台へ向けいざ再出発!


●レース後のコメント

(北村浩平騎手)
「追走も楽だったし、勝負どころでは自分から動いてくれました。終いもよく伸
びてくれましたよ。休養前の走りから地力があるのは分かっていましたが、まだ
本調子には戻っていないので、これからさらに良くなってくると思いますよ」

(田所秀孝調教師)
「帰厩後、競走中止などアクシデントがありましたが今回はいつも通りのレース
を見せてくれました。今のところ脚元は異常ないので、今後も次走に向けて慎重
に進めていきます」



☆★☆ 注目馬 ☆★☆


スエヒロコマンダー産駒
 メトロシュタイン 牡5 7着 2回京都2日10R 松籟S 芝・右・外 2400m 4歳上
1600万下

馬場に泣く。苦手の道悪でモタつき、名手ルメールもお手上げの完敗。


●レース後のコメント(ルメール騎手)
「もっと前につけるつもりだったんですが、気合をつけても行けなくて…。直線
もジリジリとしか伸びませんでした」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


ニホンピロニール産駒
 スーパープライド 牡4 3着 2回東京2日9R 立春賞 芝・左 1800m 4歳上1000万


苦手の道悪で力出せず。またしても1番人気に応えられず…。


●レース後のコメント
(内田博幸騎手)
「前走より馬は良くなっていましたが、ここ最近のように伸びそうで伸び切れま
せんでした。もっと良くなるのは、暖かくなってからじゃないでしょうか」

(谷原師)
「勝てると思ったんですがね…。行きっぷりなど前走より断然よかったですから
ね。切れる脚がない悲しさですね。それに下をずっと気にしていましたね。良馬
場でやらせたかったです」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


ゴールドヘイロー産駒
 アポロラムセス 牡4 3着 2回東京1日12R ダ・左 1300m 3歳上1000万下

距離が長いか?直線で伸び切れず1番人気を裏切る3着。


●レース後のコメント
(勝浦騎手)
「外枠だったので内を見ながらレースを進めました。久しぶりに乗りましたが、
馬は良くなっていました。最後にもうひと伸びできるようになればいいんですが」

(柴崎調教師)
「ちょっと仕掛けが早かったけど、1番人気だったし、仕方ないかな」





(1月24日、25日開催分)


☆★☆ 勝ち上がり馬 ☆★☆


バトルライン産駒
 ダスタップ 牡3   1回中京5日 2R ダート・左 1700m 3歳未勝利

  血統 母 マチブセ、 母父 フジキセキ 
  毛色 鹿毛
  戦績  2戦1勝
  生産者 山本 通則(日高町)
  調教師 田中 章博(栗東)

前走2着はフロックなんかじゃない。ブービー人気の前走から一転1番人気。実
力を見せつける逃げ切り勝ち!

●レース後のコメント(中舘英二騎手)
「きつい流れでしたが、よく頑張ってくれました。今日は馬をほめてやって下さ
い。まだキャリアが浅く、道中に遊んだりするところもあるので、これからまだ
よくなると思いますよ」


☆★☆ 注目馬 ☆★☆


ロサード産駒
 メスナー 牡4 4着 1回京都8日10R 伏見S 芝・右・外 1400m 4歳上1600万下

「俺の好きなように走らせてくれ!」
相変わらずの掛かり癖…。距離短縮も抑え切れず逃走。それでも僅差の4着は能
力の証。

●レース後のコメント(角田騎手)
隣の馬と接触したときに行きたがってしまって。道中にもっと力を抜いて走れる
ようになればもっとよくなりますよ。このクラスでもやれるメドは立ちましたね。


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


ヒシアケボノ産駒
 オオヒメ 牝5 2着 1回京都8日12R ダート・右 1200m 4歳上1000万下

「冬場のダイエットはこれに限るわ!」
輸送ダイエット成功!減量に苦しむ大姫が10キロ減で切れ味増。勝利まであと
僅かの2着。

●レース後のコメント(藤岡佑介騎手)
「乗りやすい馬ですね。スムーズに運べたし押し切れると思ったんですが…。勝
った馬が強かったです」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


ゴールドヘイロー産駒
 モエレオフィシャル 牡3 2着 1回中山8日 9R 若竹賞 芝・右 1800m 3歳500
万下

北からゴールドヘイロー旋風の猛威。JRAにゴールドヘイロー注意報発令。
芝で激変!前週のモエレビクトリーに続きゴールドヘイロー産駒転入組が激走で
波乱を演出。


●レース後のコメント(江田騎手)
「レース前から聞いていたんですが、やっぱり芝の方ががいいですね〜。今日は
ちょっと行ってくれとのことだったので、前につけたんですが、逃げた馬を深追
いしなかったので、直線もよく伸びてくれました。抜け出してからもしぶとかっ
たですね」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


セイウンスカイ産駒
 マイヨール 牡3 10着 1回中山8日 9R 若竹賞 芝・右 1800m 3歳500万下

逃げれず惨敗…。精神面がまだ子供。逃げれば違うはず。次こそ思いっきり逃げ
てくれ!


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


スピードワールド産駒
 キューバンエイト 牡3 7着 1回中京5日 10R なずな賞 芝・左 1200m 3歳500
万下

これが若駒の怖さ…。道中掛かって直線伸びず。1番人気を裏切るよもやの凡走

●レース後のコメント(北村友一騎手)
「もっとじっくり行きたかったのですが、折り合いを欠いてしまって…。その分、
終い伸びませんでした」


    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


ウイングアロー産駒
 マイネルパルティア 牡4 2着 1回中京6日 6R ダート・左 1700m 4歳上500万下

チークピーシーズの効果覿面。最内からスルスルと伸びて、1年振りの馬券絡み。
さあ、ここから再出発だ。


●レース後のコメント
(丸田騎手)
「チークピーシーズの効果もあり行きっぷりが違いました。馬がガラッと変わっ
てきたので、いよいよ本物になってきた感じです」

(武市調教師)
「硬さが取れてきたことが好走できた原因のひとつでしょう」




(1月17日、18日開催分)

☆★☆ 注目馬 ☆★☆


メジロブライト産駒
 マキハタサイボーグ せん7 9着 1回京都4日11R 日経新春杯 芝・右・外
2400m 4歳上OP


テイエムプリキュアが単騎で逃げて後続を引き離す展開の中、後続馬群の外から
追走。3コーナーで外から押し上げる。だが、直線を向いたとき先頭とはまだか
なりの差。この馬なりにジリジリと伸びてはいたが、次々と交わされ9着。


『ポイントは展開』

 このレースで勝敗を左右したのが展開だった。
テイエムプリキュアが単騎で逃げて後続を引き離していたが、見た目ほど飛ばし
ていたという訳でなく、4ハロン目からペースを落としてしっかり息が入ってい
た。
これに対し、後続各馬はテイエムプリキュアを軽く見ていたのか、互いに牽制し
合っていたのか、これを捕まえに行く馬は皆無。道中に上手く脚を溜めていたテ
イエムプリキュアに逃げ切りを許してしまった。
状態の良さや軽ハンデ、雨で湿った馬場、そして荻野琢真騎手の好騎乗なども好
走の要因としてあるが、やはり後続各馬の仕掛けが遅れた展開に助けられことが
大きかった。

 これには、アドマイヤモナーク、ナムラマースといった実績のある有力馬が自
分から動いていくタイプではなく、後方で脚を溜めて末脚を活かす“決め打ち”
的なタイプだけに、それを意識した各騎手が「自分から動いてしまっては相手の
思う壺」という意図が少なからず働いたのかもしれない。
つまり、各騎手の意識が逃げているテイエムプリキュアより後方の有力馬の方に
偏っていたことがこの逃げ切りを許す展開を作りだしたとも言えるだろう。

 アドマイヤモナークに騎乗した川田騎手は、「もっと流れてくれるとよかった
けど、これだけ落ち着いてしまうと苦しいね。終いは伸びているんだけどね」と
仕方ないといった感じ。

 一方、1番人気のヒカルカザブエに騎乗した武幸騎手は「1番枠がアダになり
ました。誰も動かなかったですから…」と動きたいときに動けなかったことを悔
やんだ。もし、この馬が内枠ではなく、外枠だったら、展開はまた変わっていた
かもしれない。1番人気だけにこの馬が先に仕掛けて、各馬がそれについていく
という展開だ。

 その仕掛けどころという点では、スタミナ豊富な本馬こそもっと早めに仕掛け
てテイエムプリキュアを捕まえに行くべきだったはず。瞬発力に劣るこの馬の特
徴を考えれば、他馬と同じようなタイミングで仕掛けて、同じような位置から末
脚比べをしても分が悪いのは分かり切っていること。もっと早く仕掛けてスタミ
ナ勝負に持ち込むべきだった。

 今後、この位の距離のレースで誰も積極的に逃げていかない場合は、同じメジ
ロブライト産駒で先日の許波多特別を逃げ切ったドリームキューブのように逃げ
て自分でレースを作った方が持ち味のスタミナが活かせるだろう。逆にこの位の
距離ではそのような積極的な競馬をしなければ、よほど展開に恵まれない限り、
好結果を残すのは難しいだろう。


 見事な勝利を飾ったテイエムプリキュアの頑張りは賞賛するが、もし他馬が早
めに押し寄せてくる展開になっていれば、このレースの結果はまた違ったものに
なっていたはず。
長距離レースでは、人気薄の馬がノーマークに乗じて、そのまま逃げ切ってしま
うという展開は度々あるが、今回はその典型的なレースだった。



『展開とは』

 このように競馬において、展開は重要なファクターになる。
競馬初心者の方は、この展開とペースを混同してしまうかもしれないが、両者は
似て非なるもの。
展開というのは、先頭馬だけでなく、それ以外の馬の位置関係や動きで、一方ペ
ースはレースの速さ。それぞれまさに文字通りである。
ペースはラップタイムとして区間ごとに計測されるが、これはその区間における
先頭の馬のラップタイムを表したものに過ぎず、展開を表しているものではない。

 例えば、このレースでもテイエムプリキュアが今回とまったく同じペースで逃
げていたとしても、その他の馬の動きによって展開はまったく異なってくる。
各馬がもっと早めに仕掛けて、あるいはテイエムプリキュアをマークするように
2番手を追走する馬がいて、テイエムプリキュアがゴール前で差し切られたとし
よう。ラップタイム上ではほぼ同じであっても、展開はそれぞれまったく違う。
あるいは、同じペースでも単騎で逃げている場合と、馬群が団子状態になってい
る場合、馬群が長くなっている場合では、展開はそれぞれ異なる。

 また、例え同じようなペースでも逃げている馬の実力によっても展開は変わっ
てくる。
昨年の有馬記念がその典型的な例。
逃げているのがダイワスカーレットだからこそ、あのような展開になったのだろ
う。
もし、逃げているのがダイワスカーレットではなく、人気薄の馬だったら展開は
また大きく変わっていただろう。

 レースのラップタイムはその区間における先頭の馬のラップタイムを表してい
るだけなので、当然のことながら出走全馬の動きや特徴は表してはいない。
例えば、後方一気の差し馬がゴール前で失速した逃げ馬を差し切って勝ったレー
スでは、そのラップタイムには差し切った馬の特徴がまったく表れていないこと
になる。つまり、このレースをラップタイムだけで分析してしまうと、後方から
末脚を伸ばした馬が最後に差し切って勝ったという本質を見逃してしまう訳だ。

 このように例えペースが同じでも展開は出走している馬によっていかようにで
も変わる。
だから、このラップタイムの数字だけに頼って、これにあたかも全馬の動きや特
徴が表れているかのような単純で偏った考え方をしてしまうのは間違いなのだ。
もし、このラップタイムだけを見て、展開を語ろうとするならば、それは想像、
妄想の域を脱することはできないだろう。



『データの正しい活用』

 競馬に限らず、何かを分析する際に、データの使い方や見方を間違ってしまう
と、まったく的外れの分析をしてしまうことになる。
例えば、後期高齢者医療制度導入の際、厚労省は自分たちに都合が良くなるよう
な条件でデータを抽出し、あたかも新制度によって保険料の負担が軽減するよう
な報告をまとめたが、あれは人為的な数字のまやかし。
データはその扱い方によって、有効なものにもなれば、まったく意味のない単な
る数字遊びにもなってしまうのだ。
データを活用する際、大事なのはその本質を見誤らないこと。
前述のラップタイムで言えば、それはその区間における先頭馬のラップタイムを
示したもので、展開を示したものでもなければ、出走全馬の動きや特徴を示した
ものではないということだ。

 競馬においても、データ、数字がよく用いられるが、その際前述のように本質
を見誤ってしまうとまったく的外れなものになってしまう。
予想でも、馬の能力を数値化することで思考を単純化する手法がしばしば見受け
られるが、これは予想という行為の本質から外れた単なる表面的な数字遊びと言
ってもいいだろう。
実際、結果的に見てもそのような手法の予想ではほとんど当たらないのというが
現実なのではないだろうか。
データ、数字は競馬においても使いようによってはとても有効なものとなる。そ
れを上手に活用し、結果に繋がる有効なものにして、競馬を楽しみたいものだ。






頑張れ!!マイナー種牡馬とその産駒たち ブログ版
exciteブログ→ http://masashige.exblog.jp/
DTIブログ→ http://massy.4.dtiblog.com
ブログ版では、いち早い情報や地方競馬を中心に書いています。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●発行者:石沢真重

ご意見・ご感想・ご要望はこちらにどうぞ
○e-mail : masa_ishizawa@nifty.com

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ