英語で学ぶアメリカ法

  • ¥0

    無料

米国弁護士の山本寿賀(J.D., M.B.A., 国際法曹協会会員, 米国法曹協会会員)が、アメリカ合衆国の法律を英語で解りやすく説明します。姉妹紙「USリーガルニュース」(本誌日本語版:併読で2ヶ国語での法律知識アップに最適)と「USビザサポート」もどうぞ。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
英語で学ぶアメリカ法
発行周期
週刊
最終発行日
2016年02月22日
 
発行部数
10部
メルマガID
0000171192
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > 英語 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆☆☆☆★★★★★          アメリカ合衆国弁護士
☆☆☆☆★★★★★  山本寿賀, J.D., M.B.A.
☆☆☆☆★★★★★           の
★★★★★★★★★    英語で学ぶアメリカ法
★★★★★★★★★           http://mtbook.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
MtBook US Legal Services: 日本人米国弁護士の日本語によるリーガル・サービス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★バックナンバー: http://archives.mag2.com/0000171192/  
★関連サイト USリーガルサービス: http://mtbook.com
USビザサポート: http://mtbookusvisa.com
インターナショナル・リーガル・サービス: http://mtbook.info
★御意見・御感想等: hyamamoto@mtbook.com
★姉妹紙「USリーガルニュース」
(本誌日本語版:併読で2ヶ国語での法律知識アップに最適):
http://archives.mag2.com/0000132991/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Flying Drones in the U.S.

If you are living in the United States and are one of the many people
who has recently purchased an unmanned aircraft system (commonly referred to
as a "drone"), you should be aware of the U.S. rules and regulations about
drone use. In the United States, the Federal Aviation Agency (FAA) regulates
all manner of flight - whether by airplane, helicopter, or even drone. Failure
to comply with these regulations can result in very serious penalties. Just
last year, a company in Chicago was fined $1.9 million for failing to comply
with FAA regulations.

If you want to fly a drone in the United States, the first question
you have to ask yourself is what is the reason for your activities. If you
are simply flying a drone for pleasure, all you need to do is register your
drone with the FAA and make sure you operate your drone in a safe manner away
from restricted areas (such as airports). You can register your drone online
for $5 here: https://www.faa.gov/uas/registration.

If you are planning to fly a drone as part of your business (no matter
how minor the role of your drone is in your business) then the process is much
more complicated. Currently, the only way to do this is to apply for what's
called a Section 333 waiver from the FAA. In your waiver application, you need
to explain to the FAA the purpose of your operations and how you will perform
your operations in a safe manner.

Be advised that under current rules and regulations, in order to fly a
drone as part of your business requires you to be a licensed pilot. This is an
extreme rule that will almost certainly be done away with once the FAA issues
new drone specific regulations in the next year or so. But if you fail to
comply, you could find yourself being fined by the FAA.

If you are looking to fly a drone for fun, chances are you won't need
special permission from the FAA. But you will need to make sure you comply with
certain rules and regulations. If you own a business and are looking to use a
drone (either as a primary function of your business or just as a small part of
your business), you are going to want to talk to a lawyer to help you navigate
the ever-evolving FAA regulatory scheme. While you almost certainly won't meet
the same fate as the Chicago company facing the $1.9 million fine, you could
very well find yourself with an FAA Civil Penalty on your hands.


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★発行人:アメリカ合衆国弁護士山本寿賀 http://www.mtbook.com/
★連絡先(全て山本弁護士に直接つながります。日本語でどうぞ。)

  電話(日本): 03-5288-5239
  ファクス(日本): 03-5288-5955
  電子メール:hyamamoto@mtbook.com

  〒100-0005
  東京都千代田区丸の内1-8-3丸の内トラストタワー本館20階
  オフィス・マウントブック

★本サービスは、一般的なアメリカ合衆国の法律原則を説明したもので法律的なアドバ
イスを意図しておりません。本サービスにより、弁護士とクライアントの関係は一切発
生いたしません。いかなる決定や判断も、本サービスに基づいて下されるべきではなく、
個々の案件については、必ず事前に専門家のアドバイスを受けて下さい。
★本メールマガジンの利用者はすべて、ウェブサイトhttp://www.mtbook.com の定め
(Disclaimerを含みますが、それに限定しません。)並びに本メールマガジンの定めに
同意したものとみなされます。尚、これらの定めが変更された場合には、その変更にも
同様に同意したものとみなされます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★☆★無断複写・複製・転載厳禁 著作権(C)2016年 山本寿賀★☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ