月刊 遊恵盆栽

  • ¥0

    無料

遊恵盆栽は盆栽及び盆栽に関する資材一式(鋏・鉢・肥料など)を揃えている盆栽専門店です。季節ごとのオススメやお手入れに関する豆知識をご紹介致します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
月刊 遊恵盆栽
発行周期
月刊
最終発行日
2014年01月13日
 
発行部数
232部
メルマガID
0000172557
形式
PC・携帯向け/テキスト・HTML形式
カテゴリ
生活情報 > インテリア・ガーデニング > ガーデニング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽
遊恵盆栽
      http://www.y-bonsai.co.jp  
▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

◇2014年も、どうぞよろしくお願い致します!

当店は6日から営業を開始致しました。
 今年も皆様に満足して頂ける商品・サービスをご提供
 できるようスタッフ一同頑張ります。
 今年も宜しくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 目次

【1】 お得な情報──春に先駆け、入荷ラッシュ始まってます!
【2】 今月の盆栽の楽しみ──新春の花物盆栽といえば、やはり「梅」!!
【3】 当園「養庄園」の今月のお手入れ
─────────────────────────────

【1】 お得な情報──春に先駆け、入荷ラッシュ始まってます!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
 「梅」「椿」など、新春に咲く花物盆栽に加え、
 「桜」「藤」など、春に咲くものも、続々入荷中!!

 たとえば、下記のようなものがございます。

 椿
http://y-bonsai.ocnk.net/product/3788

 桜
http://y-bonsai.ocnk.net/product/3788

 藤
http://y-bonsai.ocnk.net/product/3110


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
【2】 新春の花物盆栽といえば、やはり「梅」!!
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

 苗木から大品盆栽まで多数揃っております。
http://www.y-bonsai.co.jp/cgi-bin/item_list.asp?Cmd=Search&Mode=Category&CategoryCD=130102

 梅は古来より新春を彩る縁起の良い花として愛されてきました。
 例年は、1月中旬から2月にかけて開花します。

 とくに、1本で紅白の花が楽しめる「紅白梅」がおすすめです☆
http://y-bonsai.ocnk.net/product/3050
 
 梅は、咲くととても香り高く、とくに朝の方が香りが強いそうです!
 ぜひお手元の1鉢で試してみて下さいね。
 花色も、白やピンク、濃いピンクに赤まで、バリエーション豊か!
 当園でも、早い物はちらちら咲き始めてきましたが、おおむね2月頃の開花と
なりますので、ようやくつぼみが膨らみ始めてきたものがほとんどです。
 スタッフも開花をとっても楽しみにしています(^^)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
【3】 当園「養庄園」の今月のお手入れ
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
 「遊恵盆栽」は盆栽専門店「養庄園」の通販部です。
 「養庄園」は盆栽に関する全ての商品を取り扱っていますので、
 「遊恵盆栽」も幅広い商品をご提供することが可能な体制になって
 おります。

 さて、そんな「養庄園」の今月の様子は、
 1月4~5日に、当園にて新春展示会を開催しました。
 たくさんの皆様にお越しいただき、盆栽を愛でながら新春のあいさつができ、
 和やかで楽しい展示会となりました。

 1月9~12日は、「雅風展」が開催されました。
 「雅風展」は小品盆栽を中心とした展示会では日本最大の展示会
 で日本各地の銘木が集結致します。近年はミニ盆栽(樹高が10cm
 まで)の飾りも増え、毎年レベルアップしております。
 展示会場にはたくさんの業者の方もいて、相談コーナーもあります
 ので、気軽に普段の悩み・疑問を相談することができます。

 その後は、出展していた木を保護室に戻して、
 すべての木に消毒をします。

 冬の消毒は「石灰硫黄合剤」を使用します。
 だいたい30倍程度に薄めて消毒します。
 「石灰硫黄合剤」は卵の状態に効果が高いので、冬の代表的な
 消毒になっています。
 かなり強い消毒なので、春?秋の気温の高い時に行うと薬害が
 でやすいので、気温の低い冬に行います。
 小品盆栽のみの場合でしたら、樹がすっぽりはいるぐらいの
 大きさのバケツなどがあれば、そこに消毒液を作って、頭から
 どぼんとつけます。樹の部分だけです。あまり用土に染み込ま
 ない方が良いです。
 消毒後は木は白っぽくなりますが、徐々に元に戻ります。

 この消毒をしてあると、春の虫による被害が激減しますから、
 おすすめです。強い薬ですので、木が休眠する冬の時期に行ないます。

 寒さが厳しい毎日ですが、皆様お体、盆栽とも体調管理にお気をつけ下さい。

本年も、魅力ある盆栽たちを皆様にお届けできるよう、スタッフ一同全力で取り組んでまいります!
今年も「遊恵盆栽」をよろしくお願い致します(^^)

* 次号の◇ニュースレターは、2月5日配信予定です。◇
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ