ダイエット脳を作る《自己暗示プログラミング》

  • ¥0

    無料

《ダイエット脳を作る、自己暗示プログラミング》あなたはツライ思いをしてまでダイエットなのですか?なまけものダイエッターの贈る成功プログラミングで、生活変えずに健康なダイエット。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ダイエット脳を作る《自己暗示プログラミング》
発行周期
週刊
最終発行日
2006年11月01日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000172744
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ファッション・美容 > ダイエット > 食事

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

●○ダイエット脳を作る、自己暗示プログラミング 
 《ブルーベリーの効用》 ダイ・プロ(60)○●

◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

《眼精疲労》

近頃、夕刻になると目がかすむことがしばしば。
この数年、生来の眼疾、乱視が進行していることが主な原因ですが、年のせいか
も知れません。

ワタシはそもそも視力は悪くなかったのですが、とうとう乱視用のメガネを持ち
歩くようになってしまいました。

ワタシの長年つとめた職種はプログラマー。数ある職業の中で、もっとも目を酷
使する職業の一つ、あるいは最も目に悪い職業かも知れません。ところが、意外
なことにこの職業に従事する人間は、目の良い人間が多いようです。職場でもメ
ガネ率は4分の1程度と結構低かったものです。

とはいえ、乾き目やピンクアイ(視界がサクラ色っぽくなります)はしょっちゅ
うでしたし、目の痛みから偏頭痛を誘発することもしばしば。体力のある若い時
分であっても、目薬は欠かせませんでした。

そういえば、数年前でしょうか、目によいとされるブルーベリーが流行しまし
た。ブルーベリーのサプリメントは今でも薬局などに並んでいますが、ブルー
ベリーとはどんな植物でしょうか・・・

◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

《ブルーベリー》

ブルーベリーはツツジ科スノキ属に分類されるアメリカ原産の落葉低木果樹。
ツツジ科ということで、植え込みのツツジを連想しそうですが、ブルーベリーは
花木としてではなく、果樹として知られています。

ヤマブドウやヤナゴボウのような小さな玉状の実がブドウのように密集して
実り、収穫を目的とする園芸作物として栽培されています。

栽培は酸性土壌で水はけが良い場所が好適とされ、一定の配慮をすれば、無農薬
栽培も可能で、近年では品種改良もすすみ、国内でも栽培されています。

そもそも海外原産の樹木ですから、その実も輸入が主体で、長期輸送・市場流通
に耐久性を持つ品種の実が輸入されていました。先述のように、今では国内でも
ブルーベリーは栽培されており、拙宅の近所でも夏になると観光農園が「ブルー
ベリー狩り」の集客を実施しています。

さて、ブルーベリーと言えば、目に良いと言われ、ブルーベリーサプリやブルー
ベリーガム、キャンディとちなみ商品やあやかり商品(?)も見られます。

これは、目の網膜に良いとされるアントシアニンがブルーベリーに豊富に含まれ
ているというという通説が起源のようですが、実際にはブルーベリーが目に良い
という話は第二次世界大戦中にイギリス軍が戦略兵器であるレーダーの存在を隠
蔽するために宣伝したことに由来し、実際に目によいというわけではないという
説もあります。

ちなみに、目に良い色素はヘレニエンという色素だそうで、こちらは正規の医薬
品として60年以上前から使用されていますが、ブルーベリー系統の医薬品は存
在しないということで、どうやらブルーベリーの効用は評価が定まっていないよ
うですね。

◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

《ブルーベリー》

さて、ブルーベリーの実ですが、おそらくこの時期が入手できる最後の時期にな
ると思います。

ですので、ちょっと物いりですがブルーベリーのジャムなど作ってみてはいかが
でしょうか?今の時期、入手できるのはたぶん輸入もの・・・

今回は作り方のウェブサイトをみつけましたので、手抜きして、こちらでどうぞ・・・
(クリックしてもジャンプしないときはブラウザにURLをコピーしてください)

http://www.outdoor-station.com/pleasure/jam.html

砂糖の分量は、好みで調整しますが、あまり甘くしすぎないようにして素材の酸
味をいかしましょう。作り方全般はイチゴやリンゴのジャムと変わりはありませ
んね。はっきりいって結構いい加減でもよいかも・・・

イチゴのジャムは家庭で作ると色出しに失敗しがちで、豚の挽肉みたいな色にな
って気色悪かったりします。すると、「味はいいんだよ♪」なんていっても説得
力ゼロ。たいてい流し場行きになります。一方、ブルーベリーは濃紫になるだけ
ですので、気色悪いことはナシ。この点でオススメかも・・・

ブルーベリーに限りませんが、ジャムは砂糖が多いことから、トーストや紅茶に
どっさりと入れるのはやめておきましょう。はっきり言って、ジャムがダイエッ
トに良いとも思えませんので、ダイエット的な評価なナシ。
配慮はほどほどにというくらいでしょうか・・・

とにかく、美味しいからといって使いすぎないように。

ティータイムの、ビスケットやクラッカーにぬるもヨシ、紅茶に入れてロシア風
の飲み方にするもヨシ。イチゴやリンゴのジャムにあきた時や、酸味が好きな人
ならブルーベリージャムは結構はまるかも・・・

=====================================================================

学生時代のこと、母校の研修センターが北信濃の某所にありました。
夏、ゼミの仲間たちと、先生を囲んで合宿です。規則破りは若さゆえ?幸いなこ
とに、全く飲まないヤツが居たので、運転を任せることができるので毎晩、駅前
まで10キロも車を走らせ、毎晩スナックがよい。

朝はいつももうろうとしているのですが、近所のペンションのテラスでお茶する
と目が覚めます。男ばかりのお茶でしたが、楽しいひとときでした。

そのテラスでロシアンティーを注文すると、添えられているのがブルーベリーの
ジャム。自家製だそうで、かなり酸味の強いものでしたが、レモンを丸かじりす
るワタシにとってはものの数でもなく、かえってお気に入りになってしまいま
した。

これが、ブルーベリージャムとの初めての出会いで、兄が好んで飲むイチゴジャ
ムの紅茶、ロシアティーもどきとはまるで違う、センチメントな味は今でも憶え
ています。

あれは夏の木立の中でのお茶でしたが、ススキが手招きする秋の陽の中で飲むの
も良いかも知れないですね・・・

ダイエットに挑戦中の方もそうでない方も、今日が良い日でありますように。
それとも十分に良い一日でしたか?

それでは、また。

◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇◆◆◇◇◇

《ヒロセキミヒコの自己紹介》

自己紹介します。
・血液型:A型Rh+。血液型による性格分類は全く信じていません。
     私の作業用ヘルメットには「A型Rh+」と書いてあり
     ます。???)
・星 座:山羊座。昔、同級生に「おまえは性格からすると・・・乙女座の
     AB型だっ!」と決めつけられました。
・生 活:早寝早起き。明るくなると目が覚め、暗くなると眠くなる
     「ニワトリ型」です。
・適 性:論理型。職種は「情報処理業者の端くれ」を自称しています。
     ま、プログラマ崩れですね・・・
・趣 味:魚釣り・スキー・小径裏道徘徊(飲み屋探訪ではありません。
     知らない道を行くのが好きなのです。
     赤瀬川原平先生の世界ですね。)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【作 者】ヒロセキミヒコ
 【連 絡】ochazoo@yahoo.co.jp
 【配 信】毎週水曜日に定期配信、ときどき不定期配信します。
 【登録・解除】登録・解除は下のURLにてお願いたします。
      http://www.mag2.com/m/0000172744.html

このメルマガは雑木林の見える愛知県瀬戸市の片隅より発信しています。
 ----------------------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ