これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介。

  • ¥0

    無料

発刊一年以内、アマゾンランキング5万位以内をめやすに本をご紹介しています。話題の本の情報ばっちり。普通の主婦が語ります。本音トークも炸裂です。就活婚活営業トークに、さまざまお役立てください。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介。
発行周期
日刊
最終発行日
2013年01月15日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000176248
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
アート・文芸 > 文芸 > 批評・論評

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

こんにちは!活字中毒のモモちゃんです。
遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

昨年より、体調の変化が続く中、ぼちぼち掃除をしていた私な
んですが、ちょっとしたグッズを見つけて切ない気持ちになっ
てしまったよ。

清盛の萌えイラストのついたお菓子の空き缶や、マツケンさん
のりりしい横顔のポストカードなど。そう、昨年大河の便乗商
品の数々です。

実家が兵庫で、ちょうと物語の舞台になるので、実家近辺の知
人もそこそこ浮かれてたみたいなのね。ちょっとした手紙に添
えて、送ってくれたりしたんですよ。

兵庫港もブームになるかも、須磨のお寺にも人が来るかも。夏
には一緒に展覧会に行ってみようかなど、言っていたのに、ま
さかああなってしまうなんてねえ。

知事さん本人が「けんか売った」ときには、もう終わりだなと
思ったわ。

地元にスポットライトが当たること。なんだかんだ言って晴れ
がましい気分になるんだから、なあ。今年は絶対がんばっても
らいたい。


-----------------------------

本日は ◆たまには教養系

-----------------------------

新島八重のことがマンガで3時間でわかる本  津田 太愚
¥ 1,365  明日香出版社 (2012/10/16)

-----------------------------

昨年もはじめのうちは、実家のほうの友達から、平清盛の話も聞
かされたりしていたんだけど。今年はうまくやってほしいな。

2013年NHK大河ドラマ「八重の桜」の主役となるのは、幕末に生き
た会津の女性、新島八重という人物だ。結婚祝いにもらった銃で
戊辰戦争を戦ったというから、相当な女傑であったのだろう。

見開き左側にマンガ、右側に解説という構成。文章にはやや難が
あった。レディーファーストをファーストレディなど、あからさ
まな間違いも見られ、雑だなあ、という印象は残る。

ただ、ざっと知識を得るという意味では、それなりに楽しかった。

さて。八重さんが生まれたのは江戸時代の超末期。誕生の翌年に、
浦賀にアメリカの船が現れたというから、まさに時代の変革期を
生きたわけだ。

会津藩の砲術師範の家柄だ。兄の覚馬が江戸で洋式砲術を学んで
おり、八重は彼から銃の扱い方を教えてもらった。

裁縫など、女性らしいことは苦手だったみたいだ。体格はよく、
米俵を持ち上げることもできたらしい。

二十歳の折、兄の紹介で一度目の結婚をする。夫は川崎尚之助と
いい、丹波(兵庫県)の出身だった。このとき、八重は兄から七
連発のウィンチェスター銃を贈られている。

八重二十三歳、戊辰戦争が勃発し、会津のお城は薩長の官軍に囲
まれる。八重は京都で亡くなった弟の着物を着て参戦し、結婚祝
いの銃を片手に大奮闘した。

夜間の奇襲に自ら参加し、不発弾についての講義を領主の前で
行った。運び込まれる傷病兵の看護にもあたったという。

しかし、奮戦空しく会津は敗れた。男は捕らえられ、蝦夷や江戸
に送られた。八重は夫の尚之助と別れ、残った女たちと力を合わ
せて自給自足の生活に励む。暮らしは厳しかったようだ。

そんな八重たちのもとに、京都からの手紙が届く。差出人は兄覚
馬だった。覚馬も、弟とともに鳥羽伏見で死んだと思われていた
のに。彼は目を負傷し、薩摩藩に囚われて生きていたのだった。

八重の人生の転機。兄に呼ばれて京都へ旅立つ。ここで女性たち
が集う学校に入り、二人目の伴侶となる新島襄と出会うこととな
る。

新島襄についても触れられている。安中藩(群馬県)の藩士の子
として生まれた彼だが、ジョン万次郎と出会ったことで、アメリ
カに魅せられてしまう。

渡米するのだが、これが密航だったというからスゴイ。昔の人は
皆さん行動力があるね。それがなにやらパスポートを出してもら
えることになり、やがて留学生の扱いとなり、帰国後にキリスト
教の学校を作るまでになった。

そのとき、学校のために土地と資金を提供したのが八重の兄、覚
馬であったということだ。


戊辰戦争では、亡くなった人がたくさんいた。自害した人も多く
いたようだ。有名な白虎隊には、八重さんの家の隣の少年も含ま
れていたという。

八重さんは生き残った。運が強かったというのもあるのだろう。

生き残り、「日本の女性らしからぬハンサムレディ」と呼ばれて
新島襄に愛され、キリスト教者となり、やがて看護師にもなった。

生き抜く強さとたくましさ。そうしたものの輝きを感じられる女
性だと思った。

残された写真を見る限りでは、綾瀬はるかちゃんとはまったく違
うたくましウーマンって感じだけど、そこもまたいいよね。はる
かちゃんがどこまでやれるのか、これからの楽しみだよね。

ほんと、昨年の二の舞にだけはなってほしくないわ。









本日ご紹介の本はこちらから↓
http://wadainohon.seesaa.net/article/313507537.html

-----------------------------

●ツイッター始めました♪ ID:momohonです。

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

読んでいただいてありがとうございました。

このメルマガは「基本的に発刊1年以内」の新刊を紹介しています。
なるべく話題性の高いものを選びたいと思っていますが、
発行人の独断と偏見によるところも多々あります。
ご注意、ご感想、オススメの本などありましたらお気軽にメール
ください。
chiuchiumania@hotmail.com

それでは、今日があなたにとってすばらしい一日になりますように!

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆

これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介。
発行者       モモ
ご連絡はこちらまで chiuchiumania@hotmail.com
Twitter       momohonで検索してね!
バックナンバー   http://wadainohon.seesaa.net/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000176248.html

☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆---☆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ