ド素人が3年で年収1,000万。5年で女性IT社長に!

  • ¥0

    無料

私は普通のOLでした。いつも何かのタイミングで転職をし、確実に収入をUPした。PCド素人のがWindowsをはじめてみてから約3年で年収1,000万を越すIT技術者へ。その2年後、アメリカに会社を設立し、1年後には日本の有限会社を設立。女性IT社長になるまでの体験記です。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
ド素人が3年で年収1,000万。5年で女性IT社長に!
発行周期
不定期
最終発行日
2006年10月31日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000176588
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備
  • 各用語がわからない方へ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

サンプル誌

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Project - ∞】 ド素人が3年で年収1,000万。5年で女性IT社長に!vol.1
        <http://www.gfinf.net>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆様、こんにちは!
IT資格取得では徐々に有名になってまいりました、Project - ∞(有限会社G.F.
インフィニティ)の代表取締役社長の田中芳美です。
今現在、私は、Golden Forest Inc.というアメリカ法人の会社も経営しています。

私は、周りの友人達に薦められ、まったくITとは無縁だった私がIT企業の社長に
なったサクセスストーリー(?)をメールマガジンで発行することになりました。
特に私と同じ女性の方の何らかのきっかけになってもらえるメールマガジンに
なればと思っています。
最初は私のなんとなーく生きてきた人生を綴っていますので、面白みにかけるかも
しれませんが、後半は今現在の私をリアルタイムにお伝えできればと思います。

有料メルマガをご購入の方には、毎月2回まで、Project - ∞ のコースにある
内容でわからない点があれば無料でサポートします!(今現在CISCOは除きます)
http://www.gfinf.net/html/course.html

それでは、スタートです!


===========================================================================
●田中芳美ってどんな人よ???
===========================================================================
女でIT社長。。。会社を2つ持っている。。。ちょっと前までIT無縁っと
わけのわからない私のプロフィールを書いてみます。

私は、岡山県津山市出身です。旧姓は金森芳美といいます。
Oracle認定講師をしていましたので書籍等は全て「金森芳美」となっています。
もしかするとあれ?聞いたことがあるかもっと思われた人もいるかもしれませんね。

津山市ってところはとっても田舎で、これといって何もない。。。
(津山市の人ごめんなさい)
私は一人娘で何不自由なく、両親の愛をいっぱいもらって育ちました。
・・・が、性格が悪かった (^^ゞ
気性が激しく、負けず嫌いでとても短気だった。それに加えてプライドが高かった。
今から思えば超生意気なガキでした。(口が悪くてごめんなさい)

小学校の時には親友といえる友達は誰もいなかったかもしれません。
性格が悪ければ当然です。。。
中学生になった時、グレてしまい、両親は心中を考えるほど悩んでいた事も
あったそうです。
しかし、中学3年の時、ある人との出会いで私の人生は大きく変わりました。
ある人とは、大学ゼミ等を行っている会社に勤めている「本田恵三」という
人物です。本田さんは母の友人の旦那様になります。
この後、私が色々な岐路に立たされた時に、本田さんから学んだ事がとっても
役立ちます。後で登場する人物ですので覚えておいてくださいね。
本田さんの出会いがきっかけで受験勉強に励み、市内では2番目に難しいとされた
高校にも入学できました。

中学3年のころから高校にかけて、付き合っている友人の層も代わり、
そのころの友達は今でも大親友です。
このころから、私は人との付き合いを一番大事にするようになりました。

高校の時には、情報処理の授業がありました。しかし、まったく興味が
わきませんでした。
この時に私はITに向かないと自分でも判断していました。
それが、今はITで生計を立てているなんて。。。自分でも信じられません。
その後、地元の女の子たちが花嫁修業にといく短期大学へ入学し、この時も
遊ぶ事に一生懸命で、ギリギリ卒業できたような状況でした。
卒業後は、適当にOLをして適当に地元で結婚して専業主婦になればいいという
事しか考えていませんでした。

しかーし、今から考えれば不純な理由ですが、その当時大好きだった人が
東京に居たので、「一度東京で暮らしてみたい」っと思いつき、
地元が本社で東京支店のある会社に就職しました。
めでたく希望通りに東京に上京することになりました。
最初の就職先の会社はソフト開発をしている会社でした。しかーし、
私は総務部でまったく無縁の事務仕事をしていました。
PG等の仕事を横目で見ながら「私には絶対無縁だなー」っと思ってしまい、
この時にもまったくITに興味を示しませんでした。

東京の生活は恐怖の連続です。地元は1時間に1本一両編成の汽車がある程度
だったので、満員電車を見たときにはびっくりしました。
待っても待っても人がワンサカで乗れず、最初は何かのお祭りでもあったのかと
真面目に考えていました。
電車に乗って通勤するだけでも体力の限界。。。
それに加えて、初めての自炊。ちょっとしかない給料では本当に貧乏暮らし
でした。同僚の地方出身の子は、お金がなくなると親に仕送りをしてきて
もらっていました。とっても羨ましくなり、うちの両親に仕送りして欲しいと
頼むと、なんとお金ではなく現物支給。お米や野菜がギッシリ入った
ダンボールを送ってきました。
お金を送ってくれればこっちで買えるのにっと両親の事を
「気が利かない奴」と思ってしまいましたが、私の為を思って安易にお金を
渡さない様に両親は考えていたようです。
この頃から、どうせ働くならもっと効率よく稼ぎたいなーっと漠然と
考える日々がはじまります。

やっと東京生活に慣れて1年経った時、業界自体が不景気だったので、
東京支店は閉鎖になり、全員本社勤務を命ぜられます。
地元に友人もたくさんいましたし、両親と一緒に暮らすほうが楽でしたので
本社に帰ろうかと思いましたが、何か自分にはやらなければいけない事が残って
いる感じがし、東京で再就職をすることにしました。

両親が宅地建物取引主任者の免許を持っているので、一緒に何かできればと
ITには無関係な不動産屋に転職します。
この不動産屋に約4年勤めました。この不動産屋は中央区証券取引所の近くで
バブルがはじけて地代が下がり、不況な時期でした。
バブルがはじけて殺されちゃった人がいたり、辛い思いをした人達を
たくさん見ることになります。
ここである意味、度胸がついたのかもしれません。

この不動産屋には一人娘がいます。
まったく私と同じ家族構成なのですが、この社長が娘には甘い。
海外旅行に行きたいといえば、ポイとお金を渡し、福山雅治のおっかけが
したいといえば、車をポイと購入してやっていました。
自宅の車庫だと「練馬ナンバー」になるといって、わざわざ中央区に
車庫を借りて「品川ナンバー」の車にのって我侭し放題でした。
短大を卒業したら、「銀行にしか勤めたくない!」と親のコネで何とか
銀行に入ろうとするが、そんなに世の中甘くない。
すると、就職できないから適当に専門学校に行きたいといい始め、専門学校へ。
私も実家では我侭し放題でしたが、この姿をみて、こうなったら人生終わりだと
感じてしまうのでした。

何だか飽きやすい性格なのか、もう不動産業界で働きたくないと思い始めた。
その時友人から「派遣社員の方がいいよ。ちょっとパソコンを使えたら
時給1,700円だよ」の一声で転職する決心をつける。
これがきっかけでIT業界に入る事になるのだが、それまでパソコンを見たことが
なかった。
不動産屋で使っていたのはワープロのみ。。。
だが、この言葉をきっかけにパソコンを習う気になりました。
これがIT業界に入る第一歩になり、私の人生を大きく変えました。
 
<次号に続く>


┏┏┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・ 
┏┏┏┏┌ Golden Forest Inc. ゴールデン フォレスト インク
┏┏┏┌      G.F.Infinity Inc. (有)G.F.インフィニティ
┏┏┌ 〒103-8246 東京都中央区日本橋2-6-5-A51
┏┌  <http://www.gfinf.net>
┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌


『Project - ∞』は有限会社 G.F.インフィニティの登録商標です。
【Copyright 2005 G.F.Infinity Inc. 無断転載を禁じます。】
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ