西野椰季子☆本日の簡単マクロビオティックレシピ!

  • ¥0

    無料

著者サイト

マクロビオティック歴25年の無塩食料理研究家・西野椰季子の簡単で美味しくてハッピーなレシピをネット限定公開! 食べてダイエットでき、健康になって美しく若返る! 薬やサプリに頼らない生活を手に入れよう! マクロビでの疑問や悩みの相談にもお答えします!

 

メールマガジンを登録(無料)

※ご登録いただいたアドレスは大切にお預かりし、まぐまぐ!メールマガジン配信にのみ利用します。

他のサイトIDでメルマガを登録する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ メルマガはサービスでご登録したメールアドレス宛に届きます。

このメルマガを解除する

メールマガジンを解除

他のサイトIDでメルマガを解除する

※ 各サイトのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

 

メールマガジン最新号

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

◆西野の個人相談はこちら
https://www.yasukonishino.com/



『西野椰季子★本日の簡単マクロビオティックレシピ!』Vol.456/20170621

【体に良いから、美味しいからと思い込んで食べていた】

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

こんにちは☆西野椰季子です!


紫陽花の季節になりました。

華やかなその姿には、つい見入ってしまいますね。

しかし今日はあまにりも雨が強くて、重たそうにぐったりと頭を下げていました。。

雨を好む植物なのかと思っていましたが、度を越すと今度はダメージとなってしまうようです。

何事も、やり過ぎはよろしくないということですね。




さて今日は、マクロビが何となく続かなくなってしまった、Iさんのお話です。

--------------------------------------------------------------------------------------------------


【体に良いから、美味しいからと思い込んで食べていた】

Iさんは42歳女性。
マクロビを数年ほど実践してみたけれども、何となく続かなくなって、やめてしまったということでした。
この「何となく」の詳細は、3週間のやりとりの中でだんだんと分かってきました。

ネットセミナーを受講される直前は、米やパン、クッキーを過食していて、卵、揚げ物などを沢山摂っている状態でした。
これらの、穀類、粉などの炭水化物や、油、タンパク質、砂糖などは、非常に依存性の高い食べ物です。

非常に偏った食事になってしまい、自分が何を食べたいのか、よく分からないままに作って食べている……と言うのです。
野菜も、何が美味しいかがもう分からなくて、食事が楽しめない。

セミナー開始時の症状は、冷え性、怒りっぽい、イライラ、精神不安定、悲観的になる。
不妊症、花粉症、鼻炎、耳なり、首・肩のこり、むくみ、腰が重い、疲れやすい、など。

料理がおっくうになってしまい、外食が週に2回以上、そして冷凍食品に頼る日々。
足のむくみがひどく、魚の目が治らない。

特に深刻なのは過食で、自分でマクロビのクッキーを作っては全部食べてしまう。
天然酵母のパン屋で菓子パンを大量に購入し、苦しくなるまで食べてしまう。

甘いものの欲求が特に強く、そのためマクロビ菓子の大量食いとなっていました。
そうした自然派のお菓子では物足りず、砂糖や脂肪たっぷりのケーキにも手が出てしまっていました。

このような過食をやめたいのに、食べている時はそれが美味しいと思っていて、とめどなく食べてしまい、
その後でひどく後悔する……

と、毎日のように繰り返していたそうです。
特に夕食後にお腹が空くという現象が激しく、夜のどか食いがやめられなかったとのこと。

その過食を治したくてマクロビを始められたそうですが、なぜか、何となく続かなくなってしまった。
すると今度は料理がどんどんおっくうになっていき、悪循環に陥ってしまったのです。

玄米は、食べている時は美味しいと思っていたそうですが、何となく続かなかった。
そして、足首がどんどん太くなっていき、ここが非常にお悩みの部分でした。


さて、このようなIさんですが、セミナーを受けられて、様々な排毒症状がありました。
分析すると、この方はまず腎・肝機能が低下していました。
感情の起伏が激しかったり、精神面に問題が出てしまう原因でもあります。
頭が働かず、物忘れがひどくなったり、記憶力が減退し、文字を読むのも苦痛になったりするので、ますます不安に陥ってしまうのです。

また、日常的に野菜不足が続いており、そのため血液がドロドロで、腸の動きも非常に悪くなっておりました。
このような方は、排泄に問題が起こったり、お腹にガスが溜まりやすくなります。
いわゆる“ポッコリお腹”の原因ですね。
そういう体質の人が玄米を食べても、治りません。
治らないどころか、ますます腸の働きを悪くしてしまい、悪循環を加速させます。

従来の玄米塩分過多のマクロビでは、溜まった毒素の処理ができないので、感覚が狂ってしまい、
体にとって必要ないものを欲するようになります。
甘いものの欲求がさらに強くなったりするのは、当然のことなのです。
これは、とても恐ろしいことです。

一つの臓器だけに問題が起こるということはあまりなく、
一箇所どこかが異常であれば、体のあちこちで、必ず複数の問題が起こっているはずなのです。



セミナー後、メールを頂いたのですが、Iさんはふと玄米を食べてみたそうです。
すると非常に美味しくなくて、もう二度と食べたくない!と言うほどだったそうです。
とても不思議に感じたため、メールをくださったのですが、これは感覚が正常になってきたことを表しています。

セミナー以前は不安が強く、何を食べていいか分からなかったため、
「これを食べれば健康になれるかもしれない」という希望と、
「玄米を食べれば治る」という、従来のマクロビ知識によって、
【美味しいと思い込んで食べていた】のです。

それ以前に、過食によって味覚が狂ってしまっていますから、
何が美味しくて美味しくないか、分かっていなかったのです。

セミナー中、Iさんに合うもの、合わないものを、徹底的に修正をかけていったところ、
味覚を少しずつ取り戻していくことができました。

ところで、この味覚の修復ですが、非常に個人差があります。
3日ほどで回復する人もいれば、3ヶ月、半年、一年とかかってしまう人もいます。
それはどうしてかというと、単純に舌の問題だけではないからです。

さきほども書きましたように、体の一部の問題は、
その他のあらゆるところとつながっているので、そこだけを治そうとしても無理があります。

また、非常に厄介なことに、思考の癖である「思い込み」というものが、感覚をコントロールしてしまうのです。
そのため、本当に必要なもの、必要でないもの、
本当に美味しいもの、美味しくないもの、
これらの判断が、分からなくなってしまうのです。

以上のように様々なことが原因で、Iさんは過食になっていました。
過食というのは、本当は美味しくないのに狂った感覚で美味しいと感じ、必要以上にたくさん食べてしまう症状です。
狂った感覚で美味しいと感じている、それを体の声と錯覚してしまうと、とても恐ろしいことになっていきます。

3週間のネットセミナーを続けていくうち、むくんで太かったIさんの足は、どんどん細くなっていったそうです。
精神面も、修了する頃には頭がスッキリしており、イライラしなくなったということでした。

特に、味覚の回復は驚くべきものでした。
甘いものの欲求が無くなり、薄味の野菜がとても美味しく感じられるようになったのです。
素材そのものが美味しいと思うようになったというのは、とても素晴らしいことですね。


Iさんはご自分で「陽性過多で、締めすぎなのではないか」と、思っていたようですが、ちょっと違いました。
私の見立てでは、むしろ太ってむくんでいました。

陽性過多というのは合っていますが、締めすぎという判断は若干違ったようです。
太っている自覚が薄かったようですが、セミナー中に3kg減少し、
体がスッキリ軽くなった感じがするということでしたから、これはむくみが少し取れたということだったと思います。

Iさんの流れを再度確認すると、ご自分の体が今どうなっていて、どこに集中して修正していけばよいか?
というようなポイントが、ご自分で分からなくなっていたのですね。

不妊症と花粉症については長くかかる問題ですので、
これからまたじっくりと、体に向き合っていくことになると思います。

まず第一段階として、とても素晴らしい結果を得られたと思います。
体の声というものは、簡単には分からないものです。それは、どのような人でも同じです。

「分かったつもり」になっているのは、本当に怖いことだなと思います。


-------------------------------------------------------------------------------------------------------------


◆無塩食ダイエット・ネットセミナー詳細はこちら

 ⇒ https://www.yasukonishino.com/


◆体験者の声を読みたい方はこちら

 ⇒ https://www.yasukonishino.com/category/voice




◆◇それでは本日の料理をどうぞ!


゚☆,*:・゚★本日の簡単マクロビオティックレシピ★。・:*,☆゚

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

***セロリと人参の炒り煮***

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

<材料> できあがり量=中鉢一杯分

セロリ…100g、人参…50g、新生姜千切り…小さじ1、

ごま油…小さじ2分の1、出汁(昆布+干し椎茸)…50cc、

しょうゆ…小さじ5分の1



<作り方>

1.厚さ5mmの斜め薄切り。人参は3mm厚さの斜め薄切りにしてから、細切り。

2.フライパンを中火で温め、ごま油を加え、人参を入れて炒める。
 1~2分炒める。ややしんなりしてくる。

3.新生姜、セロリを加え、さらに炒める。

4.出汁としょうゆを合わせて、3に回し入れる。
 
5.汁気を飛ばしながら炒める。
 水分がなくなれば完成。

★パリッと歯ごたえ良く仕上げるため、火加減は調整して下さいね。

★人参は、セロリよりもやや細くして下さい。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

できあがり画像とポイントなどをブログにUPしておりますので、確認してくださいね♪

 ⇒ http://ameblo.jp/nishinoyasuko/

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━


◆DVD&レシピ教材◆

自宅でじっくり学びたいあなたに。
マクロビを間違えないために。

 DVD&レシピ教材の詳細はこちらから
 ⇒ https://www.yasukonishino.com/dvd.html


◆著書◆
 「無塩食で体はこんなにラクになる」
 ⇒ http://www.amazon.co.jp/dp/4396615051/



◆気付いたこと、気になること、ご質問やご相談、ご感想など、
 こちらのフォームからどうぞ。

 ⇒ https://www.yasukonishino.com/contact.html



◆西野椰季子のメルマガ(このメルマガです)
 お知り合いの方にご紹介していただけると嬉しいです。

 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000176643.html





***編集後記****************************


今日の東京は雨がすごかったですね~

歩道が、川になっており、ミミズが泳いで(流されていたというか)おり、

そして強い雨と風。

シュールでした・・・

レインコート&長靴&傘のフル装備で出かけましたが・・・

横からの風によって、雨が防ぎきれず・・・

結果、かっぱで覆われていない、膝などの部分がびしょ濡れに。

帰宅後に着替えました。。。






このメルマガのバックナンバーは、公開しておりません。

あなたとご一緒にマクロ美ライフを楽しみたい♪

西野椰季子でした。

-----------------------------------

◆西野椰季子のサイト https://www.yasukonishino.com/

◆西野椰季子のブログ http://ameblo.jp/nishinoyasuko/

◆西野椰季子のフェイスブック https://www.facebook.com/yasuko.nishino.5

◆西野椰季子のインスタグラム https://instagram.com/yasukonishino/

◆西野椰季子のyoutubeチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCR8DhnOMaSwa-bNGAyU3R0A

-----------------------------------

許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。

メールアドレスの変更、購読停止は下記URLより行って下さい。
http://www.mag2.com/m/0000176643.html
メルマガ全文を読む
 
  • 殿堂入り
 
メルマガ名
西野椰季子☆本日の簡単マクロビオティックレシピ!
発行周期
ほぼ 週刊
最終発行日
2017年06月21日
 
発行部数
4,560部
メルマガID
0000176643
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
グルメ・レシピ > レシピ > 健康・ダイエットレシピ

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

 

▲ページトップへ

▲ページトップへ