webマーケティング実践講座【集客と発想の技術】

  • ¥0

    無料

web集客会社代表によるSEO・SEM・アフィリエイトなどwebマーケティング情報配信メルマガ。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
webマーケティング実践講座【集客と発想の技術】
発行周期
不定期
最終発行日
2011年12月27日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000177360
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > ベンチャー

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

ヨイチです、半年ぶりのメルマガになります。


危うくまぐまぐに廃刊にされるとこでした(汗
発行してないから当たり前。


もったいないので発行しておきます。
配信停止したい方はいちばん下から解除できます。


---


まがりなりにこの6年ほど、
インターネットの商売でメシを食ってきて
わかったことがあります。


日本のインターネットマーケティングは、
だいぶエゲツない方向に
捻じ曲げられてることをほぼ確信。確信なう。


「インターネットマーケティング」
という名の下に、大手広告代理店の
エグいことエグいこと。


---


代理店「この広告、反応率がいいから儲かりますよ!」

広告主「あ、そうなんだ。じゃあ出そうかな。1回いくら?」

代理店「200万円です!明日までの入金で30万円値引きです!」

広告主「高いけどしょうがないな・・・えいっ!」


---反応ほとんどナシ---


広告主「おいおい、全然ダメじゃん。170万円ドブに捨てたよ。」

代理店「すいません!今はこっちの広告の方がいいみたいです!」

広告主「そうなの?いくら?」

代理店「300万円です!今ならアレとコレもついてます!」

広告主「こっちで取り返せるならいいや、えいっ!」


---もちろん反応ナシ---


広告主「どうしてくれんのさコレ・・・」

代理店「たぶんHPが悪いんですね!うちで作り直しますよ!」

広告主「いくら?」

代理店「300万円です!リースで月5万円の5年払いです!」

広告主「月5万ならいっか、えいっ!」


---もちろんゴミサイト完成---


代理店「PPCもやりましょう!広告費の2割をマージンでいただきます!」

広告主「じゃあ月120万円の予算でやってよ」

代理店「わかりました!任せてください!」


---当然成果出ず---


代理店「SEOもやりましょう!月30万です!」

代理店「インタレストマッチが儲かります!」

代理店「行動ターゲティング広告がどーのこーの!」


・・・


こういう笑えない事態が毎日、
日本の至るところで繰り広げられてます。


こういう代理店の営業クンの
名刺を見ると、だいたいの場合
肩書きか部署名に「コンサルティング」って
入ってて泣けます。笑い泣けます。



---


何が問題かと言うと、


・営業クンは何もわかっていない割に
 ノリとテンションで広告商品を売りつけまくるよう
 教育されている(だいたい目がイってる)


・SEO、PPC、HP、LP、広告戦略などが
 断片的に提供されているので
 効果は出るものも出なくなる


・反応の良い、効果の高い広告手法は
 商品やサービスによって変わるのに
 代理店は会社の方針か何かに沿って
 画一的に売りつけようとしてくる


・そもそも広告の反応率データなんて
 広告代理店に正確な数字は取れないことも多く
 反応の良し悪しは「感覚」「なんとなく」「ウワサ」
 でしか彼らも把握していない
 (もしくは「反応いい」と言ってるだけ)


とまあ、いろいろあるんですが、
間違いなく最大の間違いは


 広告主に使わせた広告費の○○%が
 広告代理店の報酬になるという構造そのもの


結局、これが存在している以上
広告主と広告代理店の間で
利益相反が生まれ続けることになります。


---


つまり、広告代理店の目的は


×広告主の売上に貢献すること

○広告主に金を使わせること


ってことね。


長期的にみればもちろん前者で行けば
継続的に広告主から予算をもらえる。


でも、そもそも長期目線で動ける
営業クンなんてそうたくさんいないし。

広告代理店内での月次予算の問題もあって
どうしても目先の売り上げを追わざるを
得ないシチュエーションもあるでしょう。



結局、多くの広告主(ネットショップなど)は
広告代理店に搾取され続ける運命にあります。


まあ、広告主側も結局
自分たちの不勉強がいけないんだけどね。


長期目線できちんと提案してくれて
知識もしっかりしてる代理店の担当に
運よく当たればラッキーの中のラッキー。

なかなかないですねえ。


---


本当に広告主のことを考えてるなら、
どこもかしこも「成果報酬」でやりゃいい。


「広告主に使わせた金額の○○%」じゃなくて、
「広告主が儲かった金額の○○%」で報酬もらう。


広告費なんかこっちで持ってやったっていいし、
ページ作成やSEO施策なんかも全部自腹でやって
それでもばっちり利益を出せるだけの
報酬を取る。広告主を儲けさせたうえで。


これができる会社が、
日本にはほとんどないんだよね。

企業アカウントを何千と持ってるはずの
広告代理店がこれをやらない。
ノウハウがないんだね。確信なう。


---


webでモノ売って成果報酬をもらう、
この形を広い意味でアフィリエイトと言うなら、
僕はまだアフィリエイターです。


うちは制作でいくらとかSEOでいくらとか、
広告費たくさん使わせてそこからいくらとか
そういうのはやらない。

断片的に何かを提供しても
広告主のメリットは限定的だし、
報酬の受け取り方としてカッコワルイ。


何より、こういう関わり方だと
どうせ根本的な改善ができないから
燃えないんですよ僕。てかうちの会社。


サイト作成からアクセス集めまで
全部自腹でやりきって、成果で報酬をもらう。

成果が出なければ報酬いらない。
成果さえ上がれば青天井で報酬もらう。


「いや~おたくのおかげで売上ウナギのぼりだよ」

「広告費まで持ってもらって悪いね、
 そっちもちゃんと採算あってるの?」

「成果の分だけガンガン報酬払うから、
 もっともっと獲得頼むよ」


こう言ってもらえるのは
成果報酬ならではです。


アフィリエイトっていい仕事ですよ。


すべてのノウハウが手元に残るし、
広告主にいくら請求しても感謝される。

自分で案件を選ぶことができるし、
顧客対応が発生しないから
仕事のペースも自分しだい。

そして何より、生んだ成果が見えやすいから
プライドを育てることができます。


「業者」になり下がったらおしまいだからね。



2012年も、結局うちの事業は


 成果報酬型インターネットマーケティング


これがブレない軸になりそうです。



これ読んでる人のほとんどと
同じ仕事をしてます。

これをどんだけ高められるか、
どんな気合いで臨めるかで
生める価値が大きく変わるんだと思います。




そんでは、よいお年を。


twitter: http://twitter.com/41hide
facebook: http://www.facebook.com/hidehito.yoichi


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇◇◆ 株式会社WEBCUBE 世一英仁 
◇◆  東京都北区赤羽2-18-2 赤羽ACビル3階
◆   h-yoichi@web-cube.jp
  ◆ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ