中学生の勉強 ゼロからの特別進学プログラム

  • ¥0

    無料

学校成績に悩む中学生、やる気に悩む中学生の保護者向けメールマガジン。筆者は大手運送会社に21年勤務。自ら行った現場最前線での社員教育が環境を大きく変え、常識を超える結果を導くことを体感。教育に果てしの無い憧れを持ち平成16年3月学習教室を開設し学校教育の世界に身を投じる。平成16年12月、教室に通う中学生に触れ合いながら、教育の現場最前線から勉強について保護者向けに情報を配信しつづけている。小・中・高生保護者、教育関係者必読のメールマガジン。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
中学生の勉強 ゼロからの特別進学プログラム
発行周期
不定期
最終発行日
2017年10月02日
 
発行部数
670部
メルマガID
0000178170
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

中学生の勉強 ゼロからの特別進学プログラム    
発行周期 不定期              
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


こんにちは石嶌之広です。


中山間地の朝は少し冷えて心地の良いこの頃です。


昨日の朝は、町内の神社お掃除にいってきました。

田舎の人達の朝は早いです。

集合時間20分前に行ったのですが、もっと早くから集合している人がほとんどで
着いたときは半分以上お掃除が終わっていました。


お掃場所の一部は栗の木があり、栗がコロコロといくつか転がっています。
一緒に参加していた小学生がそれを喜んで拾っていました。

私も2個だけ拾ってきました。




今回は英語についてお話しします。


勉強合宿の準備が始まる前と夏休みが終わってから英語の勉強についてずっと考えていました。

英語の勉強方法ってどういうのがあるだろう。

小学生に合った英語の勉強、中学生になってからの英語の勉強、社会人になってからの英語の勉強。

どんなときにどんな勉強をするのか、その方法はどんな感じの勉強になるのかを試しながら考えてきました。



たとえば


小学生や中学生が単語や連語を覚える簡単で格安に使うことができるソフトの開発を検討。
(そうしたソフトを作る専門の人と打ち合わせして打ち合わせ費だけを使いましたが実際には作りませんでした。)


英語についてのホームページを検索していてTOEICの点数を格段に上げた方法というのが
あって、必要な本やCDを買ってその方法で学習をしました。

CDはMP3に変えボイスプレイヤーに入れて持ち運び。
バスや電車に乗っている間にそれをイヤホンマイクで使いました。完全に学生気分になりました。


また、ビジネス英語について書かれているホームページもありそこに紹介されているおすすめ本を
購入して何度か読み返しました。寝る前と朝起きたら。仕事の合間の時間を使いまいた。


ネイティブスピーカー(訛りはあります、でも私にはわかりません)と時間を気にせずネットで
会話できるシステムというのがあり、会員になって長時間利用しました。
(毎日一日中利用してもお値段は一緒です。とってもおすすめです。)


実際に学習体験をしながら、あれこれ英語の勉強方法について考えていたわけです。


こうして行動しながら考え続けてわかったこと、さらに理解を深めたことがいくつかあります。


また、漠然と「英語の勉強ってこういうところがあるんだよな」とか「英語の勉強のココって
こういうものなんじゃないかなあ」と思っていたことを、英語指導専門の方から「それはこうだよ」と
はっきりした形に判別してもらったところもあります。


今後はその中の一部を時々機会をとってボチボチとメールマガジンで紹介していくことができると思います。



そして今回は、学校英語について少しだけお話します。


最近は現在の学校英語学習について否定的な意見が多くあります。

文法学習は特にそう言われています。


実際、学校英語で高得点をとっていても、英語圏で英語を使った活動はできなかったという経験を
する人はとても多い。


だから「学校英語を6年以上やっていても英語を使うことができないような学習方法」

というのが学校英語を否定する主な理由になっているようです。

その中で文法については、「be動詞やら一般動詞やら・・・」という内容で始まる否定のお話し。
とっても多いです。お笑いになったりもしています。



この夏休み前後の英語について考え続けてわかった一つ。

学校英語の文法学習は本当に大切だということ。be動詞やら一般動詞の学習、本当に大切です。


日本語だけの環境で育ってきた中学生にとって文法学習が置き去りになる学習に集中するのは
英語を深めていくためにはあまり良い選択とは思われません。

中学校時代の英語学習を有効活用するのであればあるは程度のレベルまで文法知識と活用の学習は
必須です。


英語のテストで点がとれなくて悩んでいる中学生で

小学生のとき、近所にネイティブスピーカーの先生がいる英会話スクールに通っていて英語は好きで得意科目だった。

でも2年生になり3年生になったとき英語は苦手科目になっていたという子は少なくないと思います。



そうした子が今年の夏休み勉強合宿にも何人か参加してきました。

そんなときはどうするかというと、中学1年生からの文法を総復習していきます。


結果としては、「やっぱり英語は面白かった」と言って帰っていきます。



あれこれ考えてみつけた中の一つ、足りないところや変えてほしいようなところは
あるけれど、現在の学校英語学習はけっこういいんじないかということ。

文法学習については特にそうです。中学3年間で習う文法は特に大切だと思います。

文法と英会話については、今度、機会がありましたらお話ししようかと思います。


でも


ご家族が英語を日常で標準に使っているご家庭。英会話は当然バッチリです。

こうしたときの日本の英文法学習は、今回のお話とは違う考え方が必要ですね。



英語の勉強は色々あって楽しいですね。



今回は以上です。



石嶌之広




追伸



勉強の話をするのが大好きで、時間があるときは(気ままですが)メールマガジンの発行をしたり
ブログを更新したりしていますが、保護者の方の勉強に関する子供たちの様子を聞くのも大好きです。


いつか学校の勉強についてメールマガジン読者の方と直接お話ししたり聞いたりする場をつくることが
できたらなあと時々思います。いつかできるといいですね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
●発行者ふくろうの森 http://www.study054.com/

●お問合せ Email info@1singaku.com 電話054-367-4830
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000178170.html

塾長のお気軽ブログ配信中
バックナンバーも気まぐれ掲載
http://study054.com/blog/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ