中学生の勉強 ゼロからの特別進学プログラム

  • ¥0

    無料

学校成績に悩む中学生、やる気に悩む中学生の保護者向けメールマガジン。筆者は大手運送会社に21年勤務。自ら行った現場最前線での社員教育が環境を大きく変え、常識を超える結果を導くことを体感。教育に果てしの無い憧れを持ち平成16年3月学習教室を開設し学校教育の世界に身を投じる。平成16年12月、教室に通う中学生に触れ合いながら、教育の現場最前線から勉強について保護者向けに情報を配信しつづけている。小・中・高生保護者、教育関係者必読のメールマガジン。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
中学生の勉強 ゼロからの特別進学プログラム
発行周期
不定期
最終発行日
2017年07月19日
 
発行部数
696部
メルマガID
0000178170
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
教育・研究 > 教育実践 > 教育全般

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

中学生の勉強 ゼロからの特別進学プログラム    
発行周期 不定期              
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



こんにちは、石嶌之広です。


私の住む静岡では暑い日が続くようになってきました。

いかがお過ごしでしょうか。


自宅にあるプチトマトが次々と色づき始めました。

そして気がついたのですが、植えてあるプチトマトは黄色のプチトマトでした。

きんかん色のプチトマトはとてもおいしいです。



まもなく夏休みが始まります。


夏休みは、朝から夜まで子供たちと勉強をともにしていますので、メールマガジン
は8月末までお休みにいたします。



今回は、記憶についてと環境についてのお話しを何とはなしに少しだけいたします。


何かを記憶するというのは、記憶していない状態から、記憶している状態に脳を
変化させるということです。


脳を記憶している状態に変化させると「覚えた」ということになります。


私たちは、何かを覚えることを意図的にすることはできます。


しかし「忘れる」ということを意図的にすることはできません。


ずっと以前、天才バカボンという漫画で、バカボンのパパが
「忘れようとしても思い出せない」言っていましたが、

一度、「覚えた」状態になったものは、思い出せなくても忘れないものです。


「思い出せない」状態になっても、もう一度学習することでる記憶を強化
させることができます。


覚えようとして、なかなか覚えられなくて、すぐに忘れてしまっても、
覚えようとする情報に接触を重ねることで、「覚えた」状態に
変化させていくことができます。


そしてその変化の経験が重なると、より柔軟に変化が起きるようになる。



最初は大変です、でも少しでも少しでも、ちょっとでも毎日繰り返す環境を
整えることが大切だと思います。



そして記憶はストレスに弱い。


「覚えなければならない」というのは、覚えようとする動機になりますが

「どうしてもテストまでに覚えなければならない」というのはストレスになります。



定着した記憶にするには、やはり環境そのものを整えて、自然体で向き合える
状態で取組みするのがよいのです。



そして勉強の環境を整えるときに気をつけたいのは「期待」です。



ピグマリオン効果ということで、「期待」は重要視されていますが、反対に
「期待」によって、過剰なストレスを持たせることであまり良い環境にはなり
ません。


「ウチの子はやればできるのに何故?」というときは、一度見直してはどうでしょうか。

次の学校テスト範囲について、学校で行っている授業の次の内容等、
行うべき勉強の現場について本人以上に詳しくなっていませんか。

中学生時代の前半などには、その理解はとても良いことだと思います。

そしてその時に重要になるのが「建設的な無関心」です。

具体的な取組み手順などの勉強という行動への関わりを無くしていく努力です。


小学生時代は手とり足取り一緒になって学びに取組みすることで能力を伸ばして
あげることができますが、中学生になってからはそうはいきません。


手とり足取りすると伸びなくなります。

そして伸びようとしなくなることもあります。



塾という場で個別学習システムに取組みしている私はマンツーマン個別や
家庭教師で、保護者の方や生徒の満足度は高いけれども、ポテンシャルを
引き出しきれないという歯がゆい経験を何度もしてきました。


中学生になってからは「自律」をテーマにした環境形成が大切なのです。


そのために「建設的な無関心」ということが大きな課題になります。


勉強は、幼児期の子に公園にあるちょっと大きい滑り台で遊ぶ方法を
初めて教えるのと同じように、最初は手とり足取り、そしてタイミングをみて、
自律性をもたらす方法に切り替えることが重要です。

過剰な保護状態にあったなら、勇気を出して、手を離す環境を考えます。



自然体で学ぶことができる状態で学習することで、記憶するという脳の変化を
よりしやすくすることができるということになります。



長くなってしまいました。

勉強のお話をし始めるといつまでも続けてしまいそうになります。

勉強のお話は、ここまでにいたします。




今月は2回、静岡を出て東京に行く機会がありました。

東京という都会は、人が多い、そして建物が多い。

多くの人にとって便利なところだなあと思いました。



夏休みが終わったあとのお話しですが、
東京で勉強に関する企画をしてみようかと思います。



ずっと前に、中学生保護者の方に集まっていただいたことがありますが、
今度は、中学生の勉強企画にしようかと考えています。



●一日中英単語レッスン

●数学基礎、小学1年生から中3年生までを、大雑把学習

●歴史1問1答演習

●隔週土曜か隔週日曜など、半定期的に、数学や英語の1日学習

●土日を使った、ショートステイ学習



「こんな企画をしてほしい」というのがありましたら、お気軽にご連絡ください。

メールで件名「こんな企画」

info@1singaku.com

でお願いします。


石嶌之広



追伸



夏休み勉強合宿 受付け中

http://study054.com/natu/


まもなく受付け終了になります。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
●発行者ふくろうの森 http://www.study054.com/

●お問合せ Email info@1singaku.com 電話054-367-4830
発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000178170.html

塾長のお気軽ブログ配信中
バックナンバーも気まぐれ掲載
http://study054.com/blog/
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ