できる!企画書・独立開業計画書の作り方

  • ¥0

    無料

企画、創業など事業計画書の作成に役立つメルマガです。プラン概要、販売計画、マーケティング戦略、市場・立地調査、損益計画、資金調達など、企画や独立開業の計画書作成において、知っておきたい基本ポイントをわかりやすく説明します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
できる!企画書・独立開業計画書の作り方
発行周期
隔週
最終発行日
2012年07月23日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000178196
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

No.192

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『できる!企画書・独立開業計画書の作り方』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




■1 事業計画書の枚数は?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


独立開業の際には、事業計画書の作成が必要になります。

日本政策金融公庫などから、開業資金を借り入れる場合には、
必ず事業計画書の提出を求められます。


それでは、事業計画書は何枚作成すれば良いのでしょう?

私は、10枚程度が一つの目安だと考えています。


なぜなら、事業計画書の必要項目、すなわち、
創業の動機、これまでの経験、事業の概要、セールスポイント、
仕入計画、店舗立地特性、投資計画、損益計画などを盛り込み、
見やすい字体、見やすいレイアウトで作成するとすれば、
おのずから、10数枚にはなるからです。


細かい字で文字数をたくさん書く必要はありません。
パワーポイントやワードを使って、読み易いようにで工夫しましょう。

独立開業希望者の多くは、「事業計画書」を初めて作成います。
また、そのことを、融資担当者は理解しています。


ボリュームをあえて増やすことを考えるより、
必要な項目について、しっかり説明し、読む人が読み易いように
工夫して作ることをおすすめします。



事業計画書は何枚書けば良いという正解はありません。

あなた自身の創業の青写真として、
これまでの経験、やりたい事業の内容、資金計画などを、
簡潔に分かりやすくまとめていきましょう。



■2 おすすめ情報 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★CD-ROM付 ゼロからわかる 事業計画書の作り方
http://tinyurl.com/2dopko8

事業計画書の書き方が分かる!
 http://www.bizspt.com/item/


■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ネットでミネラルウォーターを購入しました。
それほど、高い商品ではないので、「送料」が気になります。

アマゾンや楽天などを見て、送料無料で、出来るだけ安いショップを
選んで注文しました。

私は、ときどきネットスーパーも利用しますが、
その時も、やはり送料が気になりますね・・・・



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行責任者 : 沼田 信夫 http://www.bizspt.com/
              http://resume.bizspt.com/              
        (中小企業診断士、キャリアコンサルタント)

お問合せ先 : nonumata-lj@infoseek.jp  
登録・解除 : http://www.mag2.com/m/0000178196.html 
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ