弁理士試験卒業したら平野式特許事務所開業ゼミ

  • ¥0

    無料

弁理士の独立・開業、年収・収入アップについての情報を提供するメールマガジン。21世紀に固定客なしで独立を果たす方法は?知的財産関連の特許事務所、商標事務所、翻訳事務所開設の開業ノウハウ満載。弁理士試験を卒業した知財関係者の登竜門。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
弁理士試験卒業したら平野式特許事務所開業ゼミ
発行周期
ほぼ 月刊
最終発行日
2015年11月18日
 
発行部数
741部
メルマガID
0000179782
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ビジネス・キャリア > 独立・起業 > 会社設立・独立準備

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

======================================

■■■■■□ 『弁理士試験を卒業したら平野式特許事務所開業ゼミ』
□□□□■□
■■■□■□   2015/11/18 *** 6ヶ月間戦線を離脱したら
□□■□■□
■□■□■□  弁理士の独立・開業・収入アップ
        21世紀に対応する経営モデルを考えるメルマガ
======================================

★これから特許事務所を開設される方はこちらから。
 http://kaigyo-zemi.com/
======================================

★こんにちは、平野式特許事務所開業ゼミの管理人の平野泰弘です。

このメルマガは弁理士向けのものです。中でももうすぐ経営者になろうと
している方、経営者の方を対象としています。

これからも末長く親しんで頂けるよう工夫を重ねて行きます。よろしくお
願い致します。

もしよろしければ、知り合いの弁理士の方にもこのメルマガを紹介して下
さいね。

======================================
★【このメルマガのコンセプト】
弁理士の独立・開業・収入アップに関する情報をお届けします。
特許事務所開設トラブル事例、解決のポイント等を紹介します。
======================================

★ダイヤモンド社から出版されました。
『社長、商標登録はお済みですか?』
  ↓   ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4478083193

======================================

今日は特許事務所の各所長に向けてメールを書きます。

あなたの場合、
今日から6ヶ月間、突然戦線を離脱したとして、
6ヶ月後にご自身の特許事務所に戻ってきた時に、
あなたの特許事務所は現在の状況のままきちんと機能していますか。

それとも跡形もなくなくなっていますか。

いかがですか。

・・・たとえばこんな状況を想定してみましょう。

日本でテロが起こってあなたがその巻き添えになってしまった、とします。

意識不明のまま半年間の時間が流れた、とします。

この場合、無事病院を退院したとして、
今の事務所に戻ってきたとしたらどうですか。

おそらく・・・

おそらくですが、
このメールを見ている方のほとんどの方が、
ご自身が持っているほぼ全てを失っているのではないですか。

あなた、それで良いのですか。

これが今日のテーマです。



特許事務所を開設して経営していく上で、
最初に解決しておかなくてはならない問題が、
実はこれなのです。

あなたが大丈夫、と胸を張って応えてくれるなら
それに越したことはありません。

けれどもそうでないなら、事前に手を打っておく必要があります。


売り上げの問題とか、
人材育成の問題とか、
新規顧客開拓の問題とか、
いろいろ問題はあるかと思います。

その中で私が最初に意識した問題が、
「突然、私が半年間戦線離脱したとしても機能し続けることのできる特許事務所を作る」、
ということです。

私の事務所でも、
所長である私が突然半年間いなくなれば、
現場はもちろん相当混乱するでしょう。

けれども特許事務所が混乱のまま消えてなくなるということはなく、
スタッフの弁理士・弁護士たちの手で、今日と変わりなく
私の特許事務所は運営されていきます。

なぜそうなのか、というと、
そうなるように私はこれまで時間をかけて準備してきたからです。

私がいなくても機能する特許事務所を
時間を掛けて作ってきたのです。

あなたが特許事務所を経営する上で
最も重要な課題の一つが、
ご自身の特許事務所に、
この「自立性」を与える、ということです。

仮にあなたの特許事務所に自立性がなければ、
あなたが倒れた段階で、あなたの特許事務所が倒れます。

この場合はあなた自身があなたの特許事務所を支える
つっかえ棒になっているのに等しいです。

どんなにうまくいっている特許事務所でも
つっかえ棒がなければ
倒れてしまうのは当然の結果です。

またあなたの特許事務所に自立性がなければ、
重大な突発事件があなたの特許事務所で発生した場合に、
あなた自身がその突発事件の解決にタイムリーに立ち向かうことができません。

もしかすると、
あなた自身があなたの特許事務所のつっかえ棒になっていないですか。

どうですか。違いますか。

仕事がいっばいあって、忙しいことはよいことですよ、もちろん。

けれどもその状態がずっと続いているのは相当危険であることも自覚してほしい。
この状態をいちはやく解消しなければならない、ということです。


次にご自身の特許事務所に自立性を与える際に注意すべきことは、
自立性を備えている特許事務所の「構成要件」だけを純粋に考える、
ということです。

現在は余剰資金がないからこれはできない、とか、
人間が現在これだけしかいないからこれもできない、
とかは一切考慮不要です。

机上の空論で全く問題ありません。

なぜ机上の空論でよいかというと、
現時点では自立性を備えたあなたの特許事務所は
未だ実現していないからです。

まさに絵に書いた餅の状態ですね。

その餅を現実の世界で実現するために必要なことが浮き彫りになってくると、
あなたが取り組むべき事柄が次第に明確になってきます。

ですので最初は机上の空論でよいのです。

あなたの場合について
自立性を備えている特許事務所の「構成要件」だけを
純粋に考えた結果を書き起こしてみてください。

不要な構成要件を含まず、簡潔に実施可能に書き起こす作業は、
他のどの分野の方々よりもあなたは得意のはずです。

そうして書き起こされたものが
あなたの特許事務所の数年後の姿になります。

今日からあなたはその姿の実現に向けて動くことになります。




======================================

☆ 発行人:弁理士 平野 泰弘
  東京都中央区日本橋本町4-14-2
  電話03-6667-0247

☆ ホームページ:『弁理士試験卒業したら平野式特許事務所開業ゼミ』
☆ http://kaigyo-zemi.com/
☆ メール:patentattorney■kxd.biglobe.ne.jp
  (■を@にして下さい。)
☆ まぐまぐID 0000179782
☆ 本メールは転送自由です。是非、社内外のお知り合いの方に紹介して下
  さい。

★ 購読の解除はこちらから手続きすることができます。
  まぐまぐ:http://archive.mag2.com/0000179782/

======================================
☆ 独立開業相談は1時間6万円から申し受けています。
  相談には事前予約が必要です。
======================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ