私の大事な身体です。1番安全な治療でお願いします!

  • ¥0

    無料

皆さん!現在受けている治療は本当に安全ですか?身体に優しいですか?取り返しのつかないことしてないですか?…。治療歴15年、アメリカのカイロプラクティックカレッジ卒の筆者が施術者の本音、安全、最新の治療情報について徹底追及します。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
私の大事な身体です。1番安全な治療でお願いします!
発行周期
月刊
最終発行日
2008年10月27日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000181813
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > 健康・医療 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

こんにちは。
カイロプラクティック学士の平井です。



『病院なんて行かないよ〜
何回も行ったけどいつも同じ診断だし。。』



『同じこと何回も起こしているから自分の方がよく判っているんだ!
痛みは未だに引きずっているけどね。。』



そして本当の原因を知ることが出来なくなっていませんか?
とてもシンプルであるにも拘らず。。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回もよろしくお付き合いくださいませ。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

  【私の大事な身体です。1番安全な治療でお願いします!】

  こんな症状 ⇒ あなたならどうしますか?
  今、あなたの受けてる治療!ホントに的確ですか? 
         
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
   2008/10/27 vol.034
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             -今回のお話-
   
    ■ 医療検査は受けるべき
   ■ あなたの腰痛。病院へ行くべきか!
   ■ 今日の一言
    ■ 編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              -ご挨拶-

 お忙しい中、このメルマガをお読みいただき感謝いたします。
このメルマガでは、かつては悩める患者さんであり、
現在はカイロプラクティック学士の私が、身体の痛みについてあれこれお話し
ています。(一般的な考え方に、かなりの『私見を織り交ぜて』います。)


安全な治療、または避けなければいけない治療、こんな時どうしたらいいのか
など、絶対に知っていた方がよいと思う簡単な知識と最新の健康情報を惜しげ
なくお話ししていきます。


中には良かれと思ってしていた事が、身体を壊していたり、取り返しのつかな
いことになっているなんていう例も多く見受けます。


『ご自身の大事な身体です!』
しっかり守って痛みのない生活を送っていきましょう。[礼]

発行者 平井陽児
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          【医療検査は受けるべき】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◎前回のお話


  

          ここから↓↓↓




ここでもう一つのある提案がされています。
それは、脊髄神経自体の良性・悪性を問わない腫瘍です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


脊髄に出来る腫瘍も脊髄病変と成り得ます。
腫瘍が神経伝達自体を詐害したり、腫瘍が神経組織を圧迫するということです。



腰に関して言えば腰髄です。
神経障害の自覚症状は、通常両足に出てきます。



医療的な診断はおそらく最終的にはMRIです。
そこに至るまではレントゲンや反射のテスト。。



でも先ほど述べましたように
MRIで何でもないなんて事はよくあることです。



ここで仮に、医療検査では発見できないような腫瘍が有ったとしたら。。
画像ではわかりません。



おそらく、検査としての腫瘍マーカーは存在しないと思いますが。。
有ったら教えてください。(専門家の方大歓迎)



MRIで腫瘍が無ければ、ここで異常なしとされることが殆んどです。
どんなに苦しんでいてもです。



このような場合は、最終的な診断は『うつ』とかの診断となり、
薬物療法の対象として神経組織を益々鈍磨にしてしまいます。





    
        ここまで↑↑↑




といった内容が前回のお話でした。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回のお話は、





  
   『まずは病院で検査する』です。






体調不良を感じた時、病院に行くことがまずは第一です。
これは現代医療の順番です。



さもないと誤解を生んでしまうことが多々有ります。
検査を後回しにして民間治療を受けていたら症状が悪化してしまった。



よく調べてみたら重大な疾患が隠れていた。
なんてことはよく聞くお話です。



不調を感じたら病院で医療検査を受診することで
その後の方針、その他が決定するのです。



何もその病院でずっと治療を受ける必要はありません。
現状を把握したら、治療方法を選択するのは患者さん御自身なのですから。



ただし、全てを医療機関に任せてしまうのは無責任です。
自分の身体を自分でよく知って、現状を把握することです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


他人の病気を医師が治すことは出来ないのです。
また、病気はどんな優れた治療を受けようと
自分で治すしか方法はありませんし、
自分の治る力でしか治ることは出来ません。



時と場合によっては、薬物療法や手術などの必要もあると思います。
でも最終的に治るのは、ご自身のお力なのです。



ただし、このメルマガの読者様は、
おそらくそんな簡単な疾患で苦しんでおられるのではないのではないでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ここで、検査値異常なしの人はどうしたらいいのか。。



この場合は、他の方法を探っていきます。
また、じぶん身体をよく研究することも大切です。
体調不良があるのに原因が無いわけ有りませんから。
診断が不可能なだけなのです。



ですから自分で研究していく他ないのです。
人間の体は小宇宙です。だからこそ可能性は無限です。



漠然と感じている体調不良
はっきりとした具体的なことを探ることの難しさ



そして、この体調不良は実はなんでも教えてくれるのです。
どうしたらこの痛みは軽減するだろうか。
身体を捻ってみるのがいいのか。
断食するといいのか。
運動がいいのか。



これはご自身にしか判らない事なのです。
そして、これらの積み重ねは体調不良から大きな病気まで
克服することが出来る可能性も大いに秘めているのです。



逆に怖いのはまったく健康であると信じきっている人たちです。
そんな人いるわけないのです。



特に身体が鈍くなってしまっている時
病が進行していても何も感じません。神経系統が鈍くなってしまっているから。



身体に変調が起きた時、細かな異常もしっかりと感じられることが大切です。
不調をしっかりと受け止めて、無理せずに早期に回復し、
病気の目をつむことが可能なのですから。



今までの経験上、(自分の身体での経験を含む)
多くの疾患というか、不定愁訴は、原因が皆近いものと感じています。



全て『脳と脊髄神経が知っていること』
なのだと思っています。



だからこそ姿勢は大切であり
昔から守られてきたのだと思います。



そして背骨を正す理由もそこに有ります。
そして、更に精度よく正すことは、様々な疾患に対応することになるのです。



正しい生活習慣は背骨を正します。
何故なら神経系統がしっかりとしているからです。



ではいかにこれをご自身で実行するのかが
このメルマガの醍醐味であり、存在理由の一つでもあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そしてその大きな答えの一つの要素が食事であるということです。
沢山の栄養を摂ると言うことではありません。



どちらかといえば、『必要なもの以外はなるべく身体に入れない』
ということです。



        






簡単でしょ〜^^;
お試しあれ〜



簡単じゃないか^^;




今日はここまで。



皆様の健康を心よりお祈りしています。
話ナガ! ^^;
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       【あなたの腰痛。病院へ行くべきか ?!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     
          −チェックシート10−

□ 一度も医療検査を受けていない

□ しびれや痛みが両側に存在している

□ 最近風邪が治らない

□ 何時と違う痛みがでてきた

□ 特に普通の生活に支障は無い

□ 半身に不調がある

□ 不調が進行していく 

□ 足に力が入りにくくなってきた

□ お腹が痛い 

□ 寝ていても痛い 





全ての項目をチェックしてみてくださいね〜。 幾つありましたか? 
「全部!」なんて人はいないと思いますが・・・





わっ。。 いましたかw


 


☆ポイント1〜3個・・ 一度は現状把握を !
☆ポイント4〜7個・・ 一度は診断してもらう必要性あり!
☆ポイント8個以上・・ まず病院へ。。



あくまで『指標』です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※注意 病状は、人それぞれの現れ方があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
おかしな自覚症状は、必ず病院で診断してもらいましょう(念のために)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いかがでした? 
あくまで指標ですが、近所の老人会でよく当たると評判です。。
【 マギー○郎風に】 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             【今日の一言】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『病院に行きました?』



『行ってません。』



そんな方が増えています。



医療費の高騰や医療のサービスの低下や質の問題
または不正治療や医療過誤といった不信感



これらが患者さんの医療離れを起こしているのは確かだと思います。
しっかりとした信頼と安心を医療側に確保してもらわなければ



せめて安心して検査を受けたいものです。
ここから治療が始まるわけですから。



仮に異常なしであってもです。。




正しい情報を皆さんにお伝えできますよう心がけております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            【編集後記ぷらす私事】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もうすぐ航空ショーというイベントが埼玉県入間基地で行われます。
今年も11・3だと思いますが、毎年見学に行ってます。


最近は同じ飛行機ばかりで少し物足りないと感じていますが
今年はどうでしょうか。。


会場に入るとテントがあって
立ち食いそばをやっているのです。


ここでまず腹ごしらえが僕の楽しみ方の一つになっています。
今年も天ぷらそば食べたいな〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
皆さんにお便りを頂きます。どうもありがとうございます。
この場をお借りして、御礼申し上げます。【礼】



全て目を通させていただいています。いつでもお便りお待ちしております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
私の家には、2人の子供がます 。上の子がお腹の中にいる時、私が母親の
お腹のどこを触っても、お腹の中の子供が押し返してきました。
不思議でした!



きっと一つのコミュニケーションなのだろうと考えています。



当時は面白くてよくやっていましたが、不思議でなりませんでした。
人間には目に見えない何かが存在し、それに生かされているのだなとよく感じ
ていました。今では治療を通して、もっとこの事実を実感しています。
 
       

        【気】と呼んでよいのでしょうか・・・
            おそらく自然の摂理です。



○身体の調整も、これに逆らわないような調整をしないといけません。少なく
ともそれを心がけています。



世に間違った情報・治療がはびこらないように祈っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          <免責・注意事項> よくお読み下さい
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
○現在、治療中の方は、担当者によくご相談下さい



○なるべく簡単な言葉を用いて説明する意向で発行しておりますので厳密な医
 学的表現とは異なる用語を引用する場合があります。



○本メールマガジンの情報には万全を期しているつもりですが、ご利用は自己
 責任でお願いいたします。



○ご意見、ご感想をお待ちしております。なるべく、お返事させていただきま
 すが、出来ない場合はご了承ください。


     
 どうぞよろしくお願いいたします。



※ 当メルマガの著作権は、全て管理者 平井陽児に属します。
※ 当メルマガは当分の間、相互紹介募集中です。是非お問い合わせください
※ 当メルマガは月刊ですが、今後、変更の可能性がございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
---------------------------------------------------------------------


 
        最後まで読んでいただき感謝いたします。
         
 
         
          ありがとうございました。【礼】


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
---------------------------------------------------------------------
    『私の大事な身体です。1番安全な治療でお願いします!』

    発行者  カイロプラクティック学士 平井陽児
    メール  kiku@hs-hc.com(ご意見・ご感想はこちらへ)

    発行システム:『まぐまぐ!』http://www.mag2.com/
    配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000181813.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
---------------------------------------------------------------------
      copyright(C)2008 yoji hirai All rights reserved

     

メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ