システムエンジニア 格闘の日々

  • ¥0

    無料

数回の転職を経て現在は某大手製造メーカーの社内SEとして働く筆者が、日々発生するトラブル対応の中で感じたことを書いていきます。また、エンジニアのキャリアアップに関する耳寄りな情報も併せてお届けします。業種・職種に関わらず、SEの実態に興味のある方は是非!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
システムエンジニア 格闘の日々
発行周期
不定期
最終発行日
2006年06月25日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000181934
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
ニュース・情報源 > 業界ニュース > IT

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

'********************** メルマガヘッダ **********************
' タイトル  : システムエンジニア 格闘の日々
' バージョン : 0.0.0.2.6
' 公開内容  : SEに技術力は必要か
' 備考    : このメルマガでは、私が某大手製造メーカーの
'       : 社内SEという仕事の中で実際に経験したことを
'       : ありのままに告白します。
'       : 「世の中、こんな仕事もあるんだなぁ。。。」
'       : といった軽い気持ちで読んで頂けたら幸いです。
'********************** メルマガヘッダ **********************

こんにちは!中級SEです。


いよいよ梅雨本番ですね。
私の住む地域でも、かなりの量の雨が降っています。


外出するのが億劫になる季節ですから、
これからの進む道を考えてみたり、
技術書を読んだりするのにいいですね。


あなただけの「雨の日の過ごし方」について
決めておくことも大事なことだったりします。


私は、最近は資産運用のことばかり考えています(^^;
年内に、為替で投資資金を○倍にするつもりです。


私の資産運用のバイブルはこれです。
→ http://www.se-way.net/info/info03.html


それでは、第26号の始まりです。



●SEに技術力は必要か


現在の会社に入社してから、特に感じることがあります。
それは、「社内SEは技術力が低い」ということです。


たまたま、この会社だけに当てはまるのであれば、
それこそ「そういう会社もあるんだ」程度で読んで下さい。


一般的に、SEの仕事を大雑把に言うと、
・システムの要件定義
・設計書の作成
になるでしょう。


これらの業務を遂行する上で、「業務知識」は必須です。
この「業務知識」がないと、
ユーザがシステムに望んでいることを実現するなんて到底不可能です。


ユーザの業務を知らずして、システムは構築できないのです。
ユーザ側からしても、高い金を支払って
「業務知識」のないSEにシステムを構築されるのは心許ないでしょう。


では、「業務知識」さえあれば他は何もいらないのでしょうか?


私の先輩に、業務知識は一通りあるけれども、
技術力はからっきしダメという人がいます。


Excelのマクロに関するユーザからの技術的な問い合わせであったり、
新規システム構築時のサーバ設定など、
技術力を要する局面では、必ず私に仕事を振ってきます。


私としては、新たな技術の習得のチャンスだったりもしますので、
喜んで引き受けています。


しかし、その先輩には一向に技術を習得しようという気が見られません。
「それは俺の仕事じゃない」と自分で線を引いてしまっているのです。


その先輩は、プログラムをまともに組んだことが無いまま、
もう10年近くこの仕事をしています。
これからの将来が心配になると共に、あまりに不憫に思えます。


その先輩が作る仕様書ですが、
・画面イメージ
・機能要件
が書かれている程度です。


確かに、「業務知識」は持っています。
システムとして必要な機能は明確に記されていますから。


ところが、プログラムはそれだけの情報で作れるものではありません。
処理にしろ、ロジックにしろ、「開発標準」というものが必要です。


なんと、先輩はこれを外注業者のプログラマに作らせているというのです。


本来は、この「開発標準」もSEが作成するものです。
これを作るには、技術力が必須です。
プログラム言語の細かいところまで知っている必要はありませんが、
「アーキテクチャ」レベルは要求されます。


オブジェクト指向言語における、
「ポリモーフィズム」や「カプセル化」を知っている・知らないでは、
アプリケーション内部の構造自体が大きく変わってしまいます。


開発生産性や運用後のメンテナンス性を考慮すると、
アーキテクチャの利点を利用した設計は、
これからのシステム設計において必須ではないでしょうか。


もしあなたが「SEには技術力は不要だ」とお思いであれば、
もう一度よく考えてみて欲しいのです。


システムをいかに効率よく作り、ユーザにとって使いやすいものにするか。
そのためにSEが果たすべき役割とは何か。


もっと簡単に考えれば、
サーバへのDBのインストールや最適な設定ができないSEって、
果たしてSEと呼べるのでしょうか?



★用語解説するような言葉はありませんでした(^^;



●編集後記


SEという職種は、
「向上心」を失ったら成長が止まってしまう顕著な職業だと思います。


私の先輩のように、勝手に線を引いてしまったら、
その時点でこの仕事を辞めるべきではないでしょうか。


周囲は本人が思っているよりも迷惑しているのです。
(自分の仕事を止められてしまうので)


こんな先輩に「先輩面」されると非常に腹が立ちますよ。
特に「もっと頑張れよ」といったことを言われた日には、
本当にキレそうになってしまいます(^^;


もちろん、大人ですからキレることはありません。
私ではなく、上司からきつく言ってもらいたいものです。


それでは、また次回お会いいたしましょう。



'********************** メルマガフッタ **********************
' 更新履歴  :(1)Written by 中級SE 2006/06/25
' Mail    :info@se-way.net
' HP     :http://www.se-way.net/
' メルマガ解除:http://www.se-way.net/kaijo.html
'********************** メルマガフッタ **********************
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ