一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発

  • ¥0

    無料

現役司法書士にして大学で司法書士受験指導をしている実務家が一人でも多く、一日も早く若い実務家司法書士を輩出するために、いかに早くいかに確実に合格し一日も早く司法書士になるために、成功哲学と能力開発、など受験生のための情報を提供していきます。

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発
発行周期
週刊
最終発行日
2009年07月14日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000182743
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > 司法書士

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

3分の1の時間で条文を読み込める驚異の学習法!
詳しくは今すぐこちらをクリック↓
http://www.assoonaspossible.jp/category/1183150.html


-----------------------------------------------------

   【一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発】

http://www.assoonaspossible.jp/
発行日 2008年7月14日 
発行者 司法書士 飯山陽平

------------------------------------------------------

------------------------------------------------------
このメルマガの目的
------------------------------------------------------
北海道白老郡白老町で司法書士・行政書士飯山陽平事務所を
経営すると同時に、都内の大学で、司法書士試験の受験
指導をしている中で、一人でも多く、一日も早く若い実務家
司法書士を輩出する必要性を感じました。

いかに早く、いかに確実に合格し、一日も早く司法書士に
なるために、大学では教えられない、成功哲学と能力開発、
加速学習やタイムマネジメントなどの点から受験生に有益
と思われる情報を提供していきます。

バックナンバーはこちらです。
http://blog.mag2.com/m/log/0000182743

------------------------------------------------------


【なぜ司法書士を目指すのか(前回の続き)】

※前回の内容を確認の上,ご覧下さい。


司法書士を目指す理由として,よくありがちな理由を挙げてみます。


1.お金儲けができる。
例えば,お金目当てで司法書士になりたい,と思っていたのならば,
今すぐに司法書士受験をやめることを検討してください。

これは,司法書士が儲かる儲からないとか,儲けてはいけないとか,
そういう意味ではありません。

単純にお金儲けであれば,普通に起業したり,投資等をしたほうが
費用対効果が高いからです。

数年間,たくさんのものを我慢して,必死に勉強し続けるよりは,
楽しんで投資をしたり,気の合う仲間と起業について話しているほうが
健全でしょう。

受験生として,3年以上も勉強を続けていること自体が,お金儲けを
目当てとした場合,あまりにも不採算すぎると考えてみてください。

そして,司法書士として独立したとしても,儲かるかどうかはまた別の話です。

まして,司法書士法上の極めて重い職責と困難な法律問題を目の前に
したときに,お金儲けを目当てにしていた人は

「こんなはずじゃなかった…」

と思うことになります。

よって,お金儲けを理由として司法書士を目指すことは極めて
コストパフォーマンスが悪いと言えます。
お金儲けを目的としている方は受験を継続するかどうか,
今一度検討してください。


2.独立できる
確かに,司法書士という資格は独立しやすいと言えます。
では,独立を目的として司法書士を目指すということはどうなのでしょうか。

独立を目的とするのであれば,すでに述べたとおり,普通に起業する
ほうがローリスクと言えます。

自分の人生において,資格取得のためだけに3年以上も費やしている
時間の間に,小さな失敗を何度も繰り返して,起業家としての知識経験を
積み重ねていくほうが,よほど合理的であると言えます。

また,国家資格であることを理由に独立のしやすさを考えるのであれば,
例えば行政書士や社労士等他の資格でもかまわないはずです。

司法書士試験のような地味な努力を長期間繰り返すよりも,他の,
より難易度の低い試験を合格し,さっさと独立してしまったほうが
よいはずです。


3.人助けがしたい
離婚(※)や借金問題などを扱っていることから,本当に困っている人の
助けになりたい,と思って司法書士を目指す方がいます。

確かに,司法書士(正確には認定司法書士)は債務整理業務を
行うことで,目の前の借金で苦しんでいる人の手助けをすることができます。

しかし,そのことだけを見て,その人を助けたと言えるでしょうか。
実際には,借金で苦しんでいる人は,目の前の借金が片付いたとしても,
過去の借金の苦しみを引きずってしまい,借り入れを繰り返してしまう
人がいます。目の前の法的処理は可能だったとしても,心の傷に関して,
法律は無力です。

人助けがしたいのであれば,司法書士でなく,セラピストやカウンセラー
という道であっても構わないはずです。

※離婚手続に関しては,離婚協議書の作成や相手方への離婚請求の
内容証明文書作成は行政書士業務であり,離婚調停等裁判所に提出する
書類は司法書士業務です。

4.法律の仕事に興味がある
この点に関しては,なぜ法律の仕事に興味があるのかをもっと明確に
すべきです。

私自身の体験から言えば,司法書士には簡裁代理権があるとはいえ,
常にその制限はつきまといます。
例えば,債務整理などで,過払金が140万円を超えてしまう場合,
本人訴訟で手続をとらなければなりません。先日も80歳を超えた方に
法廷に立っていただきましたが,弁護士であれば,80代の方に法廷まで
行っていただかなくて済みます。
また,離婚手続に関しても,調停申立書の作成はできても,自分では
調停期日に同席することもできず,依頼人に心細い思いをさせることになります。

本当に法律の仕事に興味があるのであれば,簡裁代理権という制限付き
ではなく,はじめから弁護士をめざすのが道理ではないでしょうか。
よく聞くのは,
「弁護士は無理でも司法書士ならなんとかなりそうだから…」
という言葉です。

しかし,本気で法律の仕事をしたくて,かつこのような安易な考えで司法書士を
目指した場合,司法書士でしかないことに後悔し続けることになりかねません。

以上,主な4つほどの,よく聞く司法書士への受験動機について簡単に書いてみました。



(後半につづく)

-----------------------------------------------------
少しでも楽に早く、効果的に条文を身につけたい方は、今すぐ
こちらをクリックして下さい。
http://www.assoonaspossible.jp/
-----------------------------------------------------



【シンボルに踊らされている?!】

例えば,お金,というものがあります。目の前に1万円札があることを
想像してください。
1万円札を手に入れたときに,多かれ少なかれ,嬉しいと思う方が
大多数でしょう。

しかし,例えば
「おお,平成21年の新札!すばらしい,額に飾っておこう」
とか,
「やっぱり,この諭吉の表情,すばらしいよなぁ。この手触りもなんとも言えず心地よい…」
などと思う方は圧倒的な少数派だと思われます。

一般的には
「この1万円で,○×が買える!」
「この1万円で,○×を食べに行こう」
「○万円で,旅行に行ける…」
などでしょう。

そう考えると,1万円札そのものが欲しいのではなく,1万円で
手に入るものの方が重要です。
もっと突き詰めると,1万円で何かを手に入れることによる
【体験】の方が重要です。

例えば,ある母子家庭で貧しい生活を続けているときに,
「1万円あれば,家族でおいしい鮨を食べられる…」
という場合には1万円そのものよりも,鮨そのものよりも,日頃食べられない
ものを家族で食べて過ごす,という嬉しい体験そのものが重要である,と言えます。

だから,お金,というものは,ひとつのシンボルに過ぎません。

他には,結婚,というのもひとつのシンボルでしょう。
結婚さえすれば幸せになれる,と考えている人は,きっと痛い目に
遭うはずです。

結婚生活が始まった後に,ちょっとでも不幸せな目に遭ったときに,
「こんなはずでは…」と思い,それで離婚協議に突入していきます。


だから,「稼げる」はもちろん,「資格」や「法律の仕事」,「独立」など,
みんなシンボルに過ぎません。

つまらないシンボルに踊らされているのではなく,あなたが心から,
魂の奥からやりたい「何か」があり,その為に司法書士「でなければならない理由」を
明確にして下さい。

逆に,明確になるまで落とし込むことができないのであれば,もう一度,
本当に司法書士を目指すのかどうかを検討し直してください。
もし,検討し直したときに,司法書士でなければならない理由が見つからない
のであれば,勇気を持って,司法書士試験から撤退するのも選択肢のひとつです。

そして,勇気を持って撤退した場合,
「自分がひとつの目標に向かって努力しつづけることができた」
ということに対して胸を張って,新しい別の目標に向かって人生を立て直してください。

また,「司法書士である理由」そのものが明確でなかったとしても,司法書士になる,
という確信がある方は,これまで以上に確信を持って,勉強を続け,折に触れては
「なぜ司法書士でなければならないのか」という理由を探し続けてください。


【司法書士であることの理由を探す手段】

人生において,自分の夢や目標を探す,ということは決して楽な作業ではありません。
ですから,こうすれば見つかる,というインスタントな手段があるわけでもありません。

だから,まず手始めに出来ることとしては,「なぜ司法書士になりたいのか」という題名で,
作文を書いてみてください。
書き上がったら,自分で何度も読み返して,シンボルに踊らされていないか,
よくチェックし,シンボルだと思うのであれば,その奥にある欲しい体験を
突き詰めて探してみてください。


【作文の良し悪し】

作文には良し悪しがあります。もちろん,これは文章の巧拙ではありません。
自分が正直に心から思っていることをきちんと表現出来ているかどうか,
シンボルに踊らされていないかどうか,という点につきます。

だから,上記で金儲け,人助けなど,いくつか例を出してあえて指摘しましたが,
本当にあなたの心の奥底からそれを目指しているのであれば,それで構いません。
あなた自身にとって,その理由が気高くやりがいの持てる理由であれば,
それでいいのです。


-----------------------------------------------------
今回はここまでです。
今回の内容から、なにを学びましたか?
学んだ事から何か行動に移せるものはありますか?
あったとしたら、それを実践するのは、いつですか?
-----------------------------------------------------


【あとがき】
実際のところ,この作文は非常に難しいです。
身近な受験生数名に対して書いてもらったのですが,ある人は3回くらい
私から「ダメ出し」をくらい,書き直しをしました。

別のある人は4回以上書き直したのですが,まだ私から「ダメ出し」を受け
続けています。

もちろん,ここでダメ出しとはシンボルであったり,曖昧すぎるので,もっと
掘り下げなさい,ということです。

自分で書いてみたものの,シンボルかどうかよくわからなかったり,
曖昧だけど,なにがどう曖昧なのかもわからないような方で,必要であれば
私が添削することも可能です。
http://www.assoonaspossible.jp/article/13488511.html
をご覧下さい。

-----------------------------------------------------
メルマガに対するご意見、質問、感想などをお寄せ下さい。
頂いたメールをメルマガにて公開させて頂いた方には私が制作した
非売品の速聴訓練用CDをプレゼントいたします。

CDの内容は非公開ですが成功哲学を勉強している方に差し上げた
ところほとんどの方から絶賛されております。

こちらのフォームより、お願いいたします。
http://www2.formzu.jp/formgen.cgi?ID=d4420242

-----------------------------------------------------
条文を少しでも楽に楽しく効果的に何度も読み込んでいきたい人は
今すぐこちらをクリック↓
http://www.assoonaspossible.jp/category/1183150.html

-----------------------------------------------------

   【一日も早く司法書士になるための成功哲学と能力開発】

http://www.assoonaspossible.jp/

発行者 
司法書士 飯 山 陽 平
〒059-0905
北海道白老郡白老町大町一丁目2番8号武田ビル2階
TEL:0144-82-3110
FAX:0144-82-3255
iiyama@mbe.nifty.com

  【免責事項】

メールマガジンの内容には万全を期しておりますが、このメール
マガジンによって被った一切の責任は負いかねます。内容につ
いては、各自の責任において、ご活用下さい。

また、各自の責任において、このメールマガジンの転送は自由に
できます。あなたと同じように司法書士を志す友人・知人に転送
していただければ幸いです。

発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000182743.html
------------------------------------------------------
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ