目指せ!消費生活アドバイザー

  • ¥0

    無料

消費生活アドバイザー試験に向けてのモチベーション管理、学習計画をサポートします。週1回、今週の課題や参考サイトなどバラエティ豊かなアドバイスを一次試験用、二次試験用に分けてお送りします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
目指せ!消費生活アドバイザー
発行周期
週刊
最終発行日
2015年10月06日
 
発行部数
959部
メルマガID
0000182808
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
語学・資格 > ビジネス系資格 > その他

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

==========================================================
目指せ!消費生活アドバイザー  2015/10/6
==========================================================
【お知らせ】
論文文例集、科目ごとにお申し込みできるよう改訂しました。
http://www.shouhiseikatsu.com/講座-テキスト-消費生活アドバイザー試験用/論文文例集/
==========================================================

☆試験おつかれさまでした

一次試験を受験された方、おつかれさまでした。
解答が発表されていますので、多くの方は自己採点されたでしょうか。
まだ解答を見るのがもったいない、どうせなら発表まで待っておこう、という方もおられるでしょう。
私が受験生だったら・・・たぶん後者です。

ただ自己採点された方でも、発表までは心配ですね。
65%前後の方が多いと思いますので、厳密には何点以上が合格になるかよくわからない。
解答が公表されるようになって以降、私が得た情報の範囲での話ですが、
自己採点65%以上で不合格だったという話は聞いていませんが、
自己採点で65%に満たなかったが合格していたという話は聞いたことがあります。
その年の問題の難易度や平均点により、多少考慮されることがあるのかもしれません。

さて、曖昧な手応えながら、二次試験の準備を始めよう、と考えはじめる時期ですね。
今週末くらいは久しぶりの休日なのでゆっくりして、来週から二次の準備を始めましょうか。

二次試験準備のポイントを3つ挙げておきます。

・二次試験は論文・面接とも知識を問われるものではない

知識ではなく、適性・資質などが重視されるのが二次試験です。
有資格者に求められる知識量についてはすでに一次試験で判定がついたためです。
したがって、二次試験では丸暗記のような知識は不要です。
ただ、論文を書くためには土台となる知識がなければ何も書けません。
細部より、全体像をつかむような勉強をするようにしましょう。

・論文は、基本の文章力、本番の対応力、意見と見識の三面を鍛える

基本の文章力とは常識力のようなもの。けして素晴らしい表現力が求められるわけではありません。
しかし人に伝える能力、説明能力は必要です。
わかりやすい文章、(小学校で習う程度の)原稿用紙の常識、簡単な漢字を間違えない、など、
常識的な範囲での文章力は当然求められます。
そして、論文の内容で評価対象となるのは、意見や説明力など資質が求められる部分です。
引用したデータの数字が間違えていたからアウト、などということは一切ありません。

これらの能力を60分間で、制限字数の範囲でアピールしなければなりません。
そのためには本番の形式に慣れておくことも大切です。

・時間は少ない。書き方がわかったら、ネタを増やして

本番形式で論文を書く練習は最低3回程度はやっておいた方が良いです。
しかし、60分以内で形にするコツがつかめたら、もうその練習は終了して良いです。
60分というまとまった時間をとることは現実問題として大変なことですし、論文を量産して、
書きっぱなしになっても意味がありません。
ましてや、練習した論題がそのままの形で出題される可能性はゼロに等しいです。

本番形式で論文を作れる自信がついたら、残り時間でやるべきことは、書けるネタをできるだけ増やしておくことです。
ひきだしを増やしておけば、いろんな論題に、いろんなアプローチで対応することができるようになります。
書けるネタを増やし、考える時間をたくさん持つことは、論文・面接対策だけでなく、あなた自身のスキルアップに結びつきます。

==========================================================
【LICCの講座・テキスト】

【二次試験】

◯論文解説集(独学用テキスト)
http://www.shouhiseikatsu.com/講座-テキスト-消費生活アドバイザー試験用/論文解説集/
過去の論文演習で使用した問題と解説を科目ごとにまとめてあります。
1科目10問分の問題・解説の他、自分で知識を肉付けするためのスペースも作ってあり、練習ノートとして使えます。

◯論文文例集(独学用テキスト)
http://www.shouhiseikatsu.com/講座-テキスト-消費生活アドバイザー試験用/論文文例集/
私が作成した論文です。現在改訂を行っており、試験終了後の10/5から発売します。


【消費生活専門相談員】
○消費生活専門相談員試験過去問解説
http://www.shouhiseikatsu.com/消費生活専門相談員テキスト/消費生活専門相談員過去問解説/
WEBで発表されている過去問題の解答の導き方を解説しています。

・速習テキスト消費生活専門相談員要点まとめ
専門相談員の試験範囲に沿った暗記用テキストです。
平成23年からの本試験を参考に範囲を絞ってあります。
http://www.shouhiseikatsu.com/消費生活専門相談員テキスト/消費生活専門相談員速習テキスト/

・消費生活専門相談員試験対策問題集
正誤判定問題800問の一問一答式問題集です。
平成23年からの本試験を参考に出題しています。
http://www.shouhiseikatsu.com/消費生活専門相談員テキスト/消費生活専門相談員問題集/

========================================================
【本メールマガジンのバックナンバーはこちら】
http://archive.mag2.com/0000182808/index.html
【購読解除はこちら】
http://www.mag2.com/m/0000182808.html
========================================================
【発行】生活情報支援センター(LICC) licc@u01.gate01.com
【WEBサイト】
(公式HP) http://www.shouhiseikatsu.com/
(別館ブログ)http://licc.cocolog-nifty.com/licc/
==========================================================
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ