TOKYO環境局ニュース

  • ¥0

    無料

東京都環境局が発行するメールマガジンです。当局所管の報道発表、イベント、HPの新着・更新状況、注目施策などについて最新の情報をお知らせします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
TOKYO環境局ニュース
発行周期
月2回(概ね毎月1日、15日)
最終発行日
2017年10月18日
 
発行部数
2,538部
メルマガID
0000182822
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 地方自治体

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

…………… TOKYO環境局ニュース 【第314号】 ……………  

            2017年10月18日発行

■ I N D E X ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
1,新着ニュース(7件)
【温暖化・エネルギー】
┏★ 家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業 参加協力店の追加募集とLED電球の交換実績について
┏★ 羽田空港においてフォークリフト用水素ステーションの整備及び運営を行う事業者を決定しました
┏★ 行動科学を活用した家庭部門における省エネルギー対策検討会(第2回)を開催しました

【自然環境】
┏★ キョン捕獲チームの名称及びロゴマークが決まりました!

【資源循環】
┏★ 「産廃スクラム32」の不法投棄撲滅強化月間における東京都の取組について
┏★ 再生砕石利用拡大支援制度で初めての「基準認証」「基準認証取得証」交付式を行いました!

【その他】
┏★ 平成29年度「東京都環境影響評価審議会」第一部会(第5回)を開催します


2,お知らせ(9件)
【温暖化・エネルギー】
┏★ 助成率1/2・助成額最大4,250万円、ビルオーナーとテナントが協働して取組む省エネ設備改修を支援する「グリーンリース普及促進事業」の第3回募集を開始しました!!

【資源循環】
┏★ スーパーエコタウンの見学会を実施しています!
┏★ 清掃工場・埋立処分場の見学会を実施しています!
┏★ 「大人のための環境見学会」参加者募集!!
┏★ 中央防波堤埋立処分場見学会と食品ロスを考えるワークショップ ~処分場で「食品ロスと世界の飢餓・ごみ問題」を考えよう!~ を開催します!
┏★ 第3回産業廃棄物処理業者向けセミナー 開催日決定!(参加費無料)
┏★ 平成29年度産業廃棄物管理責任者講習会 製造物流系・オフィス系申込受付中!
┏★ 平成29年度産業廃棄物処理業経営改善支援モデル事業の後期募集について(無料)

【その他】
┏★ 認識から行動へ。学生から社会人まで1万9千人が参加した学びの場
「市民のための環境公開講座」 2017年度受講者募集


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
1.新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【温暖化・エネルギー】
┏★ 家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業 参加協力店の追加募集とLED電球の交換実績について
東京都では、家庭の省エネを促進するため、地域の家電店(参加協力店)で、白熱電球2個以上とLED電球1個を交換し省エネアドバイスを行う事業を実施しています。
 電球の交換場所である参加協力店は、本年4月に公募し決定したところですが、交換できる店舗を増やして欲しいなどの声があったことから、参加協力店の追加募集を行うことになりましたので、お知らせします。
 また、これまでのLED電球の交換実績についてお知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/02/03.html

┏★ 羽田空港においてフォークリフト用水素ステーションの整備及び運営を行う事業者を決定しました
国内外から多くの方が東京を訪れる東京2020大会に向けて、空の玄関口である羽田空港において水素の活用を進めることは大きなPR材料となります。
そこで東京都は、羽田空港における燃料電池フォークリフト等、業務・産業用車両の導入を図るため、これらの車両へ水素を充填する水素ステーションの整備及び運営を行う事業者を公募しておりましたが、このたび、事業者が決定しましたのでお知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/02/04.html

┏★ 行動科学を活用した家庭部門における省エネルギー対策検討会(第2回)を開催しました
都内全体のエネルギー消費量の約3割を占める家庭部門における省エネルギー対策を一層推進していくことを目的として、「行動科学を活用した家庭部門における省エネルギー対策検討会(第2回)」を開催しました。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/03/03.html


【自然環境】
┏★ キョン捕獲チームの名称及びロゴマークが決まりました!
伊豆大島において特定外来生物※であるキョンの捕獲に対する機運を醸成するため、捕獲業者や町民を構成員とするキョン捕獲チームを結成することとし、名称及びロゴマークを募集したところ、多くの応募をいただきました。
この度、名称及びロゴマークを決定し、知事による表彰式を実施いたしますので、お知らせいたします。
※海外起源の外来種であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるもの
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/06/04.html


【資源循環】
┏★ 「産廃スクラム32」の不法投棄撲滅強化月間における東京都の取組について
産業廃棄物不適正処理防止広域連絡協議会(通称名「産廃スクラム32」※)が設定した不法投棄撲滅強化月間が始まります。
※「産廃スクラム32」とは、関東甲信越・福島県・静岡県内の32の都・県・市で構成し、産業廃棄物の不適正処理防止に向け連携して取り組んでいる組織です。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/03/04.html

┏★ 再生砕石利用拡大支援制度で初めての「基準認証」「基準認証取得証」交付式を行いました!
環境局では、今後、ビルの建替えや解体などにより大量発生が見込まれるコンクリート塊の再生利用の拡大を目指し、平成29年5月に再生砕石利用拡大支援制度を立ち上げました。
この制度に基づき、初の基準認証を行うとともに、基準認証取得証交付式を行いましたので、お知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/04/06.html


【その他】
┏★ 平成29年度「東京都環境影響評価審議会」第一部会(第5回)を開催します
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/10/12/14.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
2.お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【温暖化・エネルギー】

┏★ 助成率1/2・助成額最大4,250万円、ビルオーナーとテナントが協働して取組む省エネ設備改修を支援する「グリーンリース普及促進事業」の第3回募集を開始しました!!

本事業では、テナントビルのオーナーとテナントが省エネに関して協働し、双方が光熱費削減等の恩恵を受けられる仕組みである「グリーンリース」を条件として、設備改修費用の一部を助成いたします。
今年度は、事業規模を6億円から約21億円に増額し、加えて今回募集からは、1事業者1申請を撤廃し、複数の申請が可能となりました!
つきましては、募集説明会を下記のとおり開催しますので、是非ご参加ください。
なお、事業の詳細等は、東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)の下記ホームページをご覧ください。
https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/gl/index.html

○募集説明会について
【開催日時】
平成29年10月30日(月)、31日(火)14時~16時(両日とも同一内容)
【開催場所】
国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟102室
東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線「参宮橋駅」徒歩7分、千代田線「代々木公園駅」徒歩10分
【内容】
助成事業の概要、助成金交付の条件、申請書類作成時の留意点等
【申込方法】
下記ホームページにて、受け付けます。(150名程度 参加無料)
https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/gl/seminar(クール・ネット東京HP)

○申請について
【申請期間】
平成29年10月2日(月)から平成30年1月31日(水)まで
【申請方法】
必要事項を記入した正本1部及び副本1部を提出してください。
また、提出された申請書類は返却しませんので、必要な場合は控えを一部ご用意ください。
【提出先】
〒163-0810 新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル10階
東京都地球温暖化防止活動推進センター 事業支援チーム

【問合せ先】
東京都地球温暖化防止活動推進センター グリーンリース普及促進事業助成金 ヘルプデスク
電話 03-5990-5089


【資源循環】

┏★スーパーエコタウンの見学会を実施しています!

先進的なリサイクル技術を一堂に集めたスーパーエコタウンの見学にいらっしゃいませんか?東京都は、スーパーエコタウン内のリサイクル工場や埋立処分場を大型バスで巡る見学会(無料)を開催しています!毎回、多くの方にご参加いただいている人気のツアーです。見学は半日単位でも受け付けております。企業の方の研修や大人の社会科見学等におすすめです。
次回は10月25日(水)の開催です。スケジュール等の詳細は東京都環境公社のホームページをご覧ください
★東京都環境公社ホームページはこちら→ https://www.tokyokankyo.jp/kengaku/

【お問合せ先】
公益財団法人 東京都環境公社
 中防管理事務所 見学担当
TEL 03-3570-2230(受付時間 平日8:30~17:00)
※お申込みは電話のみの受付となります。

┏★ 清掃工場・埋立処分場の見学会を実施しています!

「管路収集システムが特徴の有明清掃工場」や「高効率ごみ発電が特徴の大田清掃工場」(他2清掃工場)と「東京港内の最後の埋立処分場」を無料で見学できるバスツアーを実施しています(参加対象者は16歳以上の方)。貴重な埋立最終処分場、壮大なスケールの清掃工場を実際に見ることができ、毎回参加者の方々から「大満足!大人にこそぜひ見てほしい!」とご好評いただいています。私たちの生活の一番身近にある環境問題「ごみ問題」、もう一度見つめ直してみませんか?開催日程や空席状況、お申し込み等はお電話にてお問合せください!
詳細は東京都環境公社ホームページをご覧ください。
コチラ → http://www.tokyokankyo.jp/kengaku/

【お問合せ先】
公益財団法人 東京都環境公社
 中防管理事務所 見学担当
TEL 03-3570-2230(受付時間 平日8:30~17:00)
※お申込みは電話のみの受付となります。

┏★ 「大人のための環境見学会」参加者募集!!
 平日はお仕事などで見学が難しい方等を対象に東京のごみ埋立処分場見学会を11月11、25日(土)(午前午後各1回)に開催します。ぜひこの機会にご参加ください。

http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/landfill/field_trip/cat7698.html

┏★ 中央防波堤埋立処分場見学会と食品ロスを考えるワークショップ ~処分場で「食品ロスと世界の飢餓・ごみ問題」を考えよう!~
東京都環境公社は、都民や事業者の方々を対象に、埋立処分場延命化のため、ごみの発生抑制(最終処分量の削減、適正処理等)を促進するための中央防波堤埋立処分場見学会を実施しています。
 このたび、10月の「世界食料デー」月間と3R推進月間の特別企画として、食品ロスと世界の飢餓の現状を学ぶワークショップ、日常生活で発生させている「ごみ問題」を学ぶ処分場見学会をコラボした特別企画を実施します!(参加費無料)
詳細は東京都環境公社ホームページをご覧ください。
コチラ →https://www.tokyokankyo.jp/15737.html

【お問合せ先】
公益財団法人 東京都環境公社
 中防管理事務所 見学担当
TEL 03-3570-2230(受付時間 平日8:30~17:00)
※お申込みは電話のみの受付となります


┏★ 第3回産業廃棄物処理業者向けセミナー 開催日決定!(参加費無料)
東京都では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を持続可能性に配慮した大会とするため、3Rと廃棄物の適正処理をより一層推進していきます。また、昨年度から廃棄物処理法の改正の検討が進められており、今後は法改正を踏まえた対応が求められるとともに、産業廃棄物処理業界においても2020年とその先を見据えた新たな視点からの長期的な戦略の構築も求められています。

第3回産業廃棄物処理業者向けセミナーでは、廃棄物処理法改正の最新情報のほか、循環型社会に向けて先駆的な取組を行っている事業者の皆様による事例発表を行います。ぜひ奮ってご参加ください!

【開催概要】
日時:平成29年12月6日(水曜日) 13時00分から17時00分まで
会場:連合会館
(東京都千代田区神田駿河台3-2-11 東京メトロ千代田線新御茶ノ水駅B3出口徒歩0分)
費用:無料

【プログラム】
第一部:基調講演「産業廃棄物行政の現状と今後の展望について」 
環境省 環境再生・資源循環局 廃棄物規制課長 成田 浩司 氏

第2部:事例発表
(1)「環境負荷低減と経済性向上のためのITを駆使した次世代型廃棄物資源物流網の構築」
白井グループ株式会社 代表取締役社長 白井 徹 氏
(2)「協業によるリサイクル事業のありかた」
株式会社タケエイ 代表取締役会長 三本 守 氏
(3)「リース会社の3Rと廃棄物処理」
株式会社芙蓉リース販売 取締役社長 荒川 信一 氏


お申込及び詳細はこちら>>
https://www.tokyokankyo.jp/resource-circulation/lecture/shori-seminar-h29

【お問い合わせ先】
公益財団法人東京都環境公社 環境事業部環境事業課
TEL: 03-3634-4030  
メール: sanpaik@tokyokankyo.jp

┏★ 平成29年度産業廃棄物管理責任者講習会 製造物流系・オフィス系申込受付中!

東京都の条例により、都内の産業廃棄物を排出する事業所では、産業廃棄物管理責任者を選任しなければならないことをご存知ですか?
産業廃棄物管理責任者の方を対象に、排出事業者の責任等に関する理解を深め、その責務が果たせるような人材育成を図る内容の講習会を業種別に開催しています。
修了者には、講習会修了証を発行します。産業廃棄物管理責任者及び実務に従事する方は、ぜひご参加ください。
(受講費用:6,480円(テキスト代・資料代)※消費税込)

*募集中のコース*

【第3回 製造・物流系コース】
日時:平成29年10月19日(木曜日) 10時00分から17時00分まで
会場:東京都トラック総合会館(東京都新宿区四谷3-1-8:地下鉄四谷三丁目駅徒歩2分)

【第4回 オフィス商業施設系コース】
日時:平成29年11月9日(木曜日) 10時00分から17時00分まで
会場:東京都トラック総合会館(東京都新宿区四谷3-1-8:地下鉄四谷三丁目駅徒歩2分)

お申込及び詳細はこちら>>
https://www.tokyokankyo.jp/resource-circulation/lecture/kanri-h29


【お問い合わせ先】
公益財団法人東京都環境公社 環境事業部環境事業課
TEL: 03-3634-4030  
メール: sanpaik@tokyokankyo.jp

┏★平成29年度産業廃棄物処理業経営改善支援モデル事業の後期募集について(無料)
東京都環境公社では、優良認定の取得を目指される事業者に、中小企業診断士を派遣して認定取得に向けた支援を行う産業廃棄物処理業経営改善支援モデル事業を実施しています。
9月1日(金)より平成30年度申請予定者を対象とした後期募集を開始しました。

詳細はこちら>>https://www.tokyokankyo.jp/resource-circulation/model

【お問い合わせ先】
公益財団法人東京都環境公社 環境事業部環境事業課
TEL: 03-3634-4030  
メール: sanpaik@tokyokankyo.jp


【その他】

┏★ 認識から行動へ。学生から社会人まで1万9千人が参加した学びの場
「市民のための環境公開講座」 2017年度受講者募集

今年で25年目を迎える「市民のための環境公開講座」は市民の皆さんと環境問題について考え行動していく講座です。
皆様のご参加をお待ちしています。
http://www.sjnkef.org/kouza/kouza2017

[※通年講座は全て火曜日、全て新宿会場で行ないます。シリーズで開催していますが、1回のみの参加も可能です。]
 
■パート1:海から見た環境問題
(1)7/4  国がなくなる?!~地球温暖化・気候変動最前線から・キリバス共和国~
      ケンタロ・オノ 氏 キリバス共和国名誉議事・大使顧問
      (7/4実施済み)

(2)7/11 駿河湾の深海生物を世界のアイドルに!
      石垣幸二 氏 沼津港深海水族館 館長
     (7/11実施済み)

(3)7/18 素潜り水深100mから見た世界の海
      篠宮龍三 氏 フリーダイバー
     (7/18実施済み)

■パート2: 未来世代へのメッセージ
(1)9/5 エシカルな選択が未来を変える~私たちの役割~
      末吉里花 氏 一般社団法人エシカル協会代表理事・フリーアナウンサー
     (9/5実施済み)

(2)9/12 スターバックスの倫理的なコーヒーの調達
      田原象二郎 氏 スターバックスコーヒージャパン株式会社 コーヒースペ
シャリスト
     (9/12実施済み)

(3)9/19 本当の環境問題
      池田清彦 氏 早稲田大学教授 (「ホンマでっか!?」TVでおなじみ)
     (9/19実施済み)

■パート3: 自然災害への備えと環境問題
(1)11/7 気候変動適応策からグリーンインフラへ持続可能で質の高い社会に向けて
       市橋新 氏 東京都環境科学研究所 主任研究員

(2)11/14 地震・噴火頻発期の日本列島 その後の変化と課題
      鎌田浩毅 氏 京都大学教授(地球科学者)
      (昨年好評により、2年続けての講演!)

(3)11/21 異常気象と私たちの暮らし
       飯島希 氏 気象予報士・防災士・環境カウンセラー・元NHK気象予報士
      
<会場・時間>
  損保ジャパン日本興亜本社ビル2F大会議室
  (新宿駅西口より徒歩7分)
   18:30~20:15 *18:00受付開始

<詳細・申込> http://www.sjnkef.org/kouza/kouza2017

<定 員> 各パート250名

<受講料> 年間パスポート[9回分] 2,000円(学生 1,000円)
      各パート[3回分] 1,000円(学生500円)
      受講料は当日受付にて現金でお支払いください。
◆年間パスポートでお得に受講いただけます!ぜひご利用ください!◆

<主 催> (公社)日本環境教育フォーラム
       (公財)損保ジャパン日本興亜環境財団、損害保険ジャパン日本興亜(株)

<お問合せ> 「市民のための環境公開講座」事務局
       TEL:03-3349-9598 FAX:03-3349-3304
       Mail: eco@sjnk.co.jp

【特別講座】
(1) 7/1(土)開催 
 海と陸が出会う場所 砂浜からみた海を学ぶ親子ワークショップ
 (7/1実施済み)

 (2) 10/18(水)開催
 都市を再生しながら自然環境を再生するグリーンインフラ見学会「大手町の森」
 (10/18実施済み)

 *詳細やお申込み方法はウェブサイトに掲載します。
 *特別講座に年間パスポートはご利用いただけません。





★:::::::::::::::::::::::::::::::::::★

『環境局ホームページ』http://www.kankyo.metro.tokyo.jp

ツイッターとフェイスブックによる情報発信を行っています。
『ツイッター』https://twitter.com/tochokankyo
『フェイスブック(日本語版)』http://www.facebook.com/kankyo.metro.tokyo.jp
『フェイスブック(英語版)』https://www.facebook.com/Environment.TMG

また、動画共有サイトにて、東京都の環境施策に関する動画を配信しています。
YouTube『東京都チャンネル』http://www.youtube.com/tokyo/
ニコニコチャンネル『東京都チャンネル』http://ch.nicovideo.jp/tokyo
その他、一覧はコチラ→
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/basic/publications/e/index.html

★:::::::::::::::::::::::::::::::::::★

  ☆メールマガジンに関するご質問やご感想、ご要望は以下のアドレスへお願
いします!

   e-mail kouhou@kankyo.metro.tokyo.jp

  ◎TOKYO環境局ニュース のバックナンバー・配信停止はこちら
 
⇒ http://archive.mag2.com/0000182822/index.html

お申込み・詳細については、環境局ホームページをご覧ください。
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ