TOKYO環境局ニュース

  • ¥0

    無料

東京都環境局が発行するメールマガジンです。当局所管の報道発表、イベント、HPの新着・更新状況、注目施策などについて最新の情報をお知らせします。

著者サイト
 

メールマガジンを登録(無料)

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。
※ 各サービスで登録しているメールアドレス宛に届きます。

メールマガジンを解除

もしくは

※ 各サービスのリンクをクリックすると認証画面に移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 
メルマガ名
TOKYO環境局ニュース
発行周期
月2回(概ね毎月1日、15日)
最終発行日
2018年04月09日
 
発行部数
2,507部
メルマガID
0000182822
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
行政・政治・地域情報 > 政治・行政・自治体 > 地方自治体

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

…………… TOKYO環境局ニュース 【第325号】 ……………  

            2018年4月9日発行

■ I N D E X ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
1.新着ニュース(17件)
【温暖化・エネルギー】
┏★ <家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業>白熱電球2個以上とLED電球1個を無料で交換  どなたでも代理受領が可能となりました
┏★ 環境局関連イベントにおけるLED電球交換事業の実施について
┏★ 「平成29年度第3回東京都建築物環境計画書制度改正に係る技術検討会」の開催について
┏★ ビックカメラ、コジマ、ビックアウトレットとの家庭の省エネルギーに関する協定の締結について
┏★ 自治体初!グリーンリースに取り組むことができる実践的な手引!! 「グリーンリース実践の手引」を公開しました!
┏★ 量産型燃料電池バスが導入されました
┏★ 「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」の実施について
┏★ クールスポット創出支援事業の実施について

【環境改善】
┏★ 平成30年度貨物輸送評価制度の申請受付開始 ~CO2削減に努力する運送事業者を実走行燃費により東京都が評価~

【自然環境】
┏★ 世界自然遺産小笠原諸島管理計画の改定について
┏★ 自然公園事業に関する住友林業株式会社との協定締結

【資源循環】
┏★ 東京都食品ロス削減パートナーシップ会議(第3回)の開催について
┏★ レジ袋削減に向けた意見交換会(第2回)の開催について
┏★ 産業廃棄物処理業者に対する行政処分について
┏★ 建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施しました
┏★ 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」 PR映像の制作及び「年度末宝探しキャンペーン」の実施について

【その他】
┏★ 平成29年度「東京都環境影響評価審議会」第12回総会を開催しました


2.お知らせ(4件)
【温暖化・エネルギー】
┏★ 助成率1/2・助成額最大4,250万円!!ビルオーナーとテナントが協働して取組む省エネ設備改修を支援する「グリーンリース普及促進事業」
┏★ エネルギー最適化PJのリーフレット、点検ツール、説明会資料を公開しました!

【資源循環】
┏★ 平成30年度産業廃棄物処理業新入社員向けスタートアップ研修会を開催します!(主催:東京都環境局 (公財)東京都環境公社、後援:(一社)東京都産業廃棄物協会)
┏★ 平成30年度産業廃棄物処理業経営改善支援モデル事業の募集開始について(無料)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
1.新着ニュース
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
【温暖化・エネルギー】
┏★ <家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業>白熱電球2個以上とLED電球1個を無料で交換  どなたでも代理受領が可能となりました
東京都では、家庭の省エネを促進するため、家電店(参加協力店)で、白熱電球2個以上とLED電球1個を無料で交換し、省エネアドバイスを行う事業を実施しています。
LED電球の交換のために参加協力店に出向くことができない方の代理受領について、心身の障害、高齢、病気療養中などの理由がある場合に限っておりましたが、都民の皆様の交換機会の拡大、利便性の向上のため、要件を限定せず、どなたでも交換可能といたしましたので、お知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/20/07.html

┏★ 環境局関連イベントにおけるLED電球交換事業の実施について
東京都では、家庭の省エネを促進するため、家電店(参加協力店)で、白熱電球2個以上とLED電球1個を無料で交換し、省エネアドバイスを行う事業を実施しています。
このたび、「食品ロスもったいないフェスタ」及び「アースアワー2018消灯セレモニー」に出展し、本事業のPR及びLED電球交換を実施しましたので、お知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/20/06.html

┏★ 「平成29年度第3回東京都建築物環境計画書制度改正に係る技術検討会」の開催について
東京都建築物環境計画書制度の再構築について検討することを目的とし、「平成29年度第3回東京都建築物環境計画書制度改正に係る技術検討会」を下記のとおり開催しましたので、お知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/20/17.html

┏★ ビックカメラ、コジマ、ビックアウトレットとの家庭の省エネルギーに関する協定の締結について
東京都は、家庭における省エネルギーのさらなる促進を図ることを目的として、3者【注】と連携協定を締結しました。
協定に基づく具体的取組の第一弾として、家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業に参加・協力していただくことになりましたのでお知らせいたします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/22/13.html

┏★ 自治体初!グリーンリースに取り組むことができる実践的な手引!! 「グリーンリース実践の手引」を公開しました!
都では、テナントビルのオーナーとテナントが協働して省エネ対策を進める「グリーンリース」の普及に取り組んでいます。このたび、グリーンリース普及促進事業【注】の情報を活用し、グリーンリースの実例や手順を分かりやすく解説した「グリーンリース実践の手引」を作成し、環境局のホームページに公開したので、お知らせいたします。
これから設備改修によってビルの価値を高めたい、テナントの満足度を向上したいと考えているビルオーナーの方、ビルの改修工事や管理・運営等に携わる事業者の皆様は、本手引をご覧いただき、グリーンリースをご検討ください。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/22/14.html

┏★ 量産型燃料電池バスが導入されました
東京都は、水素社会の実現に向けて、水素ステーションの整備拡大や燃料電池自動車・バスなどの普及に取り組んでおります。このたび、量産型燃料電池バスを交通局が3両導入し、都05-2系統(東京駅丸の内南口~東京ビッグサイト)で3月29日より運行を開始することとしましたので、お知らせします(昨年3月から運行の2両と合わせ計5両となります。)。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/28/16.html

┏★ 「東京2020大会に向けた暑さ対策推進事業」の実施について
東京では、猛暑日や熱帯夜が増加するなど夏の暑さが課題となっており、また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催といった観点からも、暑さ対策を進めていくことが求められています。
そこで、東京2020大会競技会場周辺で、かつ、観光客等が多く集まる注目度が高い地域において、人の感じる暑さを緩和するクールエリアを創出する事業を平成29年度から開始しました。平成30年度も引き続き当事業を実施し、多様な主体による暑さ対策を誘導・促進していきます。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/04/05/05.html

┏★ クールスポット創出支援事業の実施について
東京では、都市化の進展等によりヒートアイランド現象が継続しており、また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、都民や観光客への暑さ対策が重要な課題となっています。
 そこで、都は、省エネや緑化の推進といったこれまでのヒートアイランド対策に加えて、人の感じる暑さを緩和する対策として、暑熱対応設備の設置に対する補助制度を平成27年度から開始し、クールスポットの創出を促進しています。
平成30年度も当補助制度を実施し、都民や観光客等が涼しさを感じる場所を増やしていきます。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/04/05/08.html


【環境改善】
┏★ 平成30年度貨物輸送評価制度の申請受付開始 ~CO2削減に努力する運送事業者を実走行燃費により東京都が評価~
 都は、自動車からのCO2を削減する取組として、緑・黒ナンバーの貨物運送事業者のエコドライブなど日常的な努力を実走行燃費で評価する「貨物輸送評価制度」を実施しています。
このたび、平成30年度における申請受付を開始いたしますので、お知らせいたします。
多くの事業者が本制度の評価取得を目指すことがCO2の削減につながりますので、環境配慮に前向きに取り組む事業者のみなさまのチャレンジをお待ちしています。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/04/05/09.html


【自然環境】
┏★ 世界自然遺産小笠原諸島管理計画の改定について
環境省、林野庁、文化庁、東京都及び小笠原村は、平成22年1月に「世界自然遺産推薦地小笠原諸島管理計画」を策定し、同計画に基づいて、小笠原諸島世界自然遺産地域(以下「遺産地域」という。)の保全管理を行ってきました。
近年、小笠原諸島をめぐっては、新たな地域への外来種の侵入に伴い、総合的な外来種対策の見直しが必要となっている一方で、特定の外来種対策の進展に伴い、固有種の回復が確認されるなど、現行計画の策定から8年の間に、世界自然遺産登録もはさみ、様々な状況の変化が見られます。このため、新たな知見や状況の変化を踏まえて現行計画を見直し、「世界自然遺産小笠原諸島管理計画」を策定しましたのでお知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/29/37.html

┏★ 自然公園事業に関する住友林業株式会社との協定締結
このたび、東京都(知事:小池百合子)と山林管理や緑化事業に関し多くの実績やノウハウを有する住友林業株式会社(代表取締役社長:市川晃)は、自然公園事業のさらなる充実を図ることを目的として、連携・協力を行うこととなりました。
本連携事業の実施において、東京都と住友林業株式会社は4月4日に協定締結式を実施しましたのでお知らせいたします
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/29/29.html


【資源循環】
┏★ 東京都食品ロス削減パートナーシップ会議(第3回)の開催について
東京都は、食品製造業から卸売業、小売業までの各事業者団体、消費者団体及び有識者が一堂に会し、食品流通段階で発生する食品ロスの削減策を検討し、協働で取り組んでいく場として、「東京都食品ロス削減パートナーシップ会議」を設置しています。
食品ロス削減策とその推進について協議するため、東京都食品ロス削減パートナーシップ会議(第3回)を下記のとおり開催いたしましたので、お知らせします。
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/basic/conference/resource/cat.html

┏★ レジ袋削減に向けた意見交換会(第2回)の開催について
東京都は、レジ袋削減に向けた取組を推進するため、業界団体・消費者団体との意見交換会を行いましたので、お知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/20/19.html

┏★ 産業廃棄物処理業者に対する行政処分について
東京都は、平成30年3月22日付けで産業廃棄物処理業者1者に対して、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(以下「廃棄物処理法」という。)に基づき、下記のとおり許可取消しの行政処分を行いましたのでお知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/22/15.html

┏★ 建設リサイクル法に関する一斉パトロールを実施しました
東京都では区市と共に、建築物解体現場等における建設副産物のリサイクル等を適正に進めるために都内全域で一斉パトロールを行いましたのでお知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/22/06.html

┏★ 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」 PR映像の制作及び「年度末宝探しキャンペーン」の実施について
東京都は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、「東京2020組織委員会」)による「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト(以下、「本プロジェクト」)」に協力しています。春の引っ越しシーズンを迎える時期に合わせ、本プロジェクト及び東京2020大会開催気運の醸成を図るため、下記のとおり、プロジェクトPR映像を制作するとともに、キャンペーンを行いましたので、お知らせします。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/23/18.html


【その他】
┏★ 平成29年度「東京都環境影響評価審議会」第12回総会を開催しました
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/03/20/20.html



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
2.お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

【温暖化・エネルギー】

┏★ 助成率1/2・助成額最大4,250万円!!ビルオーナーとテナントが協働して取組む省エネ設備改修を支援する「グリーンリース普及促進事業」
「グリーンリース」とは、ビルオーナーとテナントが協力して行う省エネ対策(設備改修等)を契約書や覚書で取り決め、光熱費の削減メリットを双方が受けられるようにする取組です。
本事業では、このグリーンリースを主な条件として、設備改修費用の一部を助成いたします。事業の詳細等は、東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京)の下記ホームページをご覧ください。 
https://www.tokyo-co2down.jp/company/subsidy/gl/index.html
【主な助成対象事業者】
都内中小テナントビルを所有する中小企業基本法で規定する中小企業者等(資本金10億円未満の会社含む)
【主な助成対象条件】
(1)ビルオーナーとテナントで設備改修のグリーンリースを実施すること
(2)設備改修後のベンチマーク評価がA2以上となることが見込めること
【助成対象経費】
調査費、機器費、工事費
【助成金額】
助成率1/2、最大4,250万円
【申請期間】
平成30年度も申請の受付を予定しています。(平成29年度は4月24日から受付開始)
【問合せ先】
東京都地球温暖化防止活動推進センター グリーンリース普及促進事業助成金 ヘルプデスク
電話 03-5990-5089

┏★ エネルギー最適化PJのリーフレット、点検ツール、説明会資料を公開しました!
都は、都内に約66万事業所ある前年度の原油換算エネルギー使用量が1500kL未満の中小規模事業所に対して、着実かつ効果的に省エネ対策を進める上で有効な手段となる「設備の最適化」を普及する為、都内の10事業所においてチューニングの実証とダウンサイジングの効果の検証を行い、その結果を実証対策の事例と共に整理しました。また、ビルのエネルギーコストの削減余地と省エネルギー対策の実施状況を、事業者の皆様が点検できるツール皆様の事業所におけるCO2排出量及びエネルギーコストの削減に、対策の事例や点検ツールをご活用ください。

◇設備の最適化とは
設備の運用方法を改善するチューニングと、設備改修時に必要な設備容量とするダウンサイジングを合わせて行う効果的な省エネ手法です。
【チューニング】
使用実態に基づき、設備を適切に運転することでエネルギーロスを抑制
例:換気量調整、照度調整、運転スケジュールの設定など
【ダウンサイジング】
使用実態に基づき、設備改修時に必要な容量とすることで定格時の性能向上と、軽負荷時の効率低下を抑制
例:熱源機、ポンプ、ファン等を設備容量が小さいものに更新など

◇実証結果
容易に取組めるチューニング対策の説明、チューニング対策の取組手順や削減メリットを整理した事例、更新時のダウンサイジングのメリット等を紹介
・リーフレット「設備の最適化のススメ」

◇点検ツール
容易に実施可能なチューニング対策を発見し、削減効果(コスト)を算定できるツール
・チューニング対策簡易診断ツール
リーフレット、チューニング対策簡易診断ツール及び説明会資料のダウンロードは下記のページ↓↓
URL: http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/climate/businesses/chuning.html


【資源循環】

┏★ 平成30年度産業廃棄物処理業新入社員向けスタートアップ研修会を開催します!(主催:東京都環境局 (公財)東京都環境公社、後援:(一社)東京都産業廃棄物協会)
東京都及び東京都環境公社では、東京都の産業廃棄物処理業の許可を持つ事業者の方向けに、入門編となる「新入社員向けスタートアップ研修会」を開催します。
産業廃棄物処理業界に新たに入られた方を対象に、業界の位置づけや重要性、適正処理の基礎知識(入門編)の講義を行うほか、ワークショップではロールプレイングや参加者同士の意見交換を通じて、新入社員の方が身に着けておくべき知識やビジネスマナーを幅広く学ぶことができます。ぜひお気軽にご参加ください。
◆日時
平成30年6月12日(火曜日)13時00分から17時00分まで
(受付開始12時30分)
◆場所
飯田橋レインボービル 大会議室
(東京都新宿区市谷船河原町11番地 飯田橋レインボービル JR飯田橋駅6分、地下鉄飯田橋駅B3出口徒歩5分)
◆対象
 東京都の産業廃棄物処理業の許可を取得している事業者の社員
 (平成29年6月から平成30年6月までに入社した方)
 ※1社につき1名まで引率者の同行が可能です。
○詳細・お申込はこちら>>
https://www.tokyokankyo.jp/resource-circulation/lecture/startup-h30

┏★ 平成30年度産業廃棄物処理業経営改善支援モデル事業の募集開始について(無料)
東京都環境公社では、優良認定の取得を目指される事業者に、中小企業診断士を派遣して認定取得に向けた支援を行う産業廃棄物処理業経営改善支援モデル事業を実施しています。4月23日(月)より平成30年度申請予定者を対象として募集を開始します。
○詳細はこちら>>https://www.tokyokankyo.jp/resource-circulation/model


★:::::::::::::::::::::::::::::::::::★

『環境局ホームページ』http://www.kankyo.metro.tokyo.jp

ツイッターとフェイスブックによる情報発信を行っています。
『ツイッター』https://twitter.com/tochokankyo
『フェイスブック(日本語版)』http://www.facebook.com/kankyo.metro.tokyo.jp
『フェイスブック(英語版)』https://www.facebook.com/Environment.TMG

また、東京動画にて、東京都の環境施策に関する動画を配信しています。
『東京動画』https://tokyodouga.jp/

★:::::::::::::::::::::::::::::::::::★

  ☆メールマガジンに関するご質問やご感想、ご要望は以下のアドレスへお願
いします!

   e-mail kouhou@kankyo.metro.tokyo.jp

  ◎TOKYO環境局ニュース のバックナンバー・配信停止はこちら
 
⇒ http://archive.mag2.com/0000182822/index.html

お申込み・詳細については、環境局ホームページをご覧ください。


メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ