もう枯らさない!ベランダガーデニングでうるおい生活

  • ¥0

    無料

緑のある生活って落ち着きますよね♪ベランダのほんの少しのスペースで、ガーデニングを楽しむためのコツや、植物栽培だけに限らず、ベランダを『癒しの空間&パワースポット化』するためのヒントをご紹介します!我が家のベランダガーデンの画像も公開中!

著者サイト
   
 

このメルマガは現在休刊中です

 
メルマガ名
もう枯らさない!ベランダガーデニングでうるおい生活
発行周期
週刊
最終発行日
2006年10月31日
 
発行部数
0部
メルマガID
0000183971
形式
PC・携帯向け/テキスト形式
カテゴリ
生活情報 > インテリア・ガーデニング > ガーデニング

まぐまぐ!メールマガジンの用語集です。
下記の用語以外の不明な点はこちらをご覧ください。

 
発行周期
週1回、月1回などの発行頻度です。
部数
メルマガの配信数を記しています。
カテゴリ
まぐまぐ!に登録されているカテゴリです。
形式
メルマガには以下の配信形式があります。下部「メルマガ形式」をご参照下さい。
 
最終発行日
最後にメルマガが配信された日付です。
メルマガID
メルマガを特定するIDです。
RSSフィード
RSSを登録すると、更新情報を受け取ることができます。

― メルマガ形式 ―

  • PC向け
    パソコンでの閲覧に最適化したメルマガ
  • 携帯向け
    スマートフォンやフィーチャーフォンでの
  • PC・携帯向け
    PC・携帯どちらでも快適にご購読いただけます。
  • テキスト形式
    文書だけで構成された、一般的なメールです。
  • HTML形式
    ホームページのように文字や画像が装飾されたメールです。
  • テキスト・HTML形式
    号によって形式が変更する場合があります。

閉じる

メールマガジン最新号

◆◇◆------------------------------------------------------------◇◆
 ◆   『もう枯らさない!ベランダガーデニングでうるおい生活』
◆ ◆                        
 ◆    第4号    【秋植え球根は楽し】     2006.10.31
◆◇◆------------------------------------------------------------◇◆

ご無沙汰してます、ささき(た)です!
前回、桜の散る季節から半年振りですねぇ。。(ちょっとサボりすぎ)
夏が過ぎ、あっという間に秋。。

そう、植え替えの秋、球根の秋です!

今年の2月に春の到来を告げてくれた、可憐な花スノードロップ。
ほったらかしの、植えっぱなしでもいいようなのですが、ちょっと鉢が窮屈
かなぁと、堀り上げてみると、2つだった球根が6つに増えていました♪

↓これこれ
http://verauru.seesaa.net/article/26426831.html

この時期、ホームセンターなどでも、たくさんの種類の球根が売られています。
かわいい花だけではなくて、球根が増えて、また来年、今年よりも多くの花に
出会えるのって素敵。。(目がハート)

そんな、目がハート状態なあなたに、秋植え球根栽培の魅力をご紹介します!


◆◇◆------------------------------------------------------------◇◆
 ◆            球根栽培の魅力
◆◇◆------------------------------------------------------------◇◆


◆寒さに強い
 逆に、寒さに当てないと、花芽が成長せずに、花つきが悪くなるようです。
 過保護に屋内で育てるより、ドカーンと寒風に当てて、目(芽)を覚まして 
 あげましょう。 

◆栽培が簡単
 球根にはある程度、栄養が貯蔵されているので、種から育てるのに比べて、
 花を咲かせるための基礎体力ができているといえます。さほど神経質になら
 なくても、普通に育てていれば、失敗はないはずです。

◆分球した球根で、また来年も同じ花が今年よりたくさん楽しめる
 これが、今回私を最も球根に惹きつけた魅力です。
 先ほど紹介した、スノードロップの球根もそうでしたが、
 コロンとした球根が、花が終わったあと、いつの間にか増えてるんです♪
 どんどん増えちゃって、鉢を置く場所がなくなったら、また、かぁちゃん
 に怒られちゃうなぁ。。なんて、心配になっちゃうくらい、楽しみです。 
 
 【翌年の球根のためのポイント】
 ・花がしおれてきたら、早めに、花首から摘む
  茎を残すことで、茎も立派に光合成して球根に養分を貯蔵してくれます。
  来年のために、球根をたっぷり太らせましょう。
 
 ・葉っぱがしおれたら球根を掘り上げる
  いよいよ、葉っぱも黄色くなって、しおれてきたら、堀り上げます。
  ほったらかしにしておいても良い種類もありますが、狭いベランダで
  土だけ入った鉢がゴロンと置かれているのも寂しいので、堀り上げて、
  鉢と空間を有効利用した方が良いかもしれません。
  ほったらかしで、OKなスイセンなども、2〜3年で分球した球根が混み
  合ってきて、花つきが悪くなってきたら、掘り上げて十分なスペースをと
  って植え直してあげると良いようです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

っということで、実際ホームセンターに行ってみると、いろいろな球根が
あって迷いますね。迷っちゃったら、気に入ったやつを全部買って大きめ
のプランターか鉢にチューリップ、スイセン、ムスカリ、ヒヤシンス、
クロッカス、はじから、ぜーんぶ寄せ植えしたいなぁ。。

でも〜、1つだけ選ぶとしたら。。。う〜ん。。そうだなぁ。。

やっぱり、チューリップかなぁ。。ということで、、
↓これ!【原種系チューリップ クルシアナシンシア】に決めました。
http://verauru.seesaa.net/article/26493232.html

【選定理由】
1:赤と黄色が見た目にもかわいいし、草丈20cm位とチューリップでは小さめ
2:5球入りで400円ならまぁいいかの価格設定
3:『原種品種なので、非常に丈夫ですから、数年間植え放しでも開花してくれ
   ます』の説明文に惚れた

(か):「なに、とうちゃん、また何か買うのぉ?」
(た):「かぁちゃん、どう?かわいいでしょ、チューリップ?」
(か):「ふ〜ん、、かわいいじゃん、いいんじゃない」
(た):(よかったぁ、、スタスタスタ)
    (↑かぁちゃんの気が変わらぬうちにすかさずレジへ、)
    (↑もちろん、自分のおこずかいから支出)

     〜 久々の一発OKに心から安堵で鼻歌まじりに帰宅 〜

(た):「っで、今晩のおかずはなんだっけ?」
(か):「ギョーザでしょ」
(は):「おとうさん、きょうはねぇ、ザーギョだよ、ザーギョ」
    (↑我が家の天使(3才)業界人ではないが、逆さ言葉が板についてる)
(た):「うむ、ザーギョか、いいねぇ〜、ほんじゃ、ザーギョが焼けるまで、
     さっき購入した、球根をつまみに一杯やるか!」
(か):「え〜!!とうちゃん球根食べるの?よしなよ〜」
(た):「食うわけないじゃん、球根を眺めながら、飲むの!」

  かぁちゃんのマジなのか、ボケなのかわからない言動に、球根の注意書き
  が目にしみる秋の夜だった。。

 『【注意】この球根を口に入れたり、食べたりしないで下さい 』

                                つづく
 
         ◆◇◆    ◆◇◆    ◆◇◆


                       
◆◇◆-----------------------------------------------------------◇◆
 ◆   = 愛でる・芽出る = (編集後記に代えて。。) 
◆◇◆-----------------------------------------------------------◇◆
前回ご紹介した、アロエもそうでしたが、この『簡単に増える』ってのは
とっても魅力的ですよね。
今回のチューリップの球根もどんどん、増えたら、また読者プレゼントに
しますから、期待しててくださいね!

ということで、今年も今日で10月がおしまい!
本当に早いなぁ。。

次回は、今年中に出しますよ〜(きっと)

ではまた〜♪

◆◇◆-----------------------------------------------------------◇◆

『もう枯らさない!ベランダガーデニングでうるおい生活』

【ご案内】ささき(た)
【E-mail】verauru@yahoo.co.jp (←ご意見、ご感想熱望!!)
【ブログ】http://verauru.seesaa.net(←まだまだ発芽したばかり。。)

 *ベランダガーデンのお悩み・ご相談承ります!!

配信の登録・解除はこちらからっ↓(別れがあるから出会いがある)(涙)
 http://www.mag2.com/m/0000183971.html

 ☆世界中のベランダに愛と日照があふれますように。。

◆◇◆------- Copyright(C) ささき(た) All Rights Reserved -------◇◆
メルマガ全文を読む
 

▲ページトップへ

▲ページトップへ